HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

≫ EDIT

アンネミラーズで制服を 森伸之

アンネミラーズで制服を (1)

【アンネミラーズで制服を】
出版年:1998年 著者:森伸之


アンネミラーズで制服を (3) 

 著者の森伸之氏といえば、自分の時代には「東京女子高制服図鑑」や「森伸之の原色制服図鑑」などがありました。

 「制服」ブームのはしりといえる本でしたが、内容は
制服をメインとしたエッセイイラスト集。

 この本では
ファミレス、コンビニ、ホテル、病院など多岐にわたる女性制服の考察をイラストとともに紹介しています。

 画像を見れば分かる通り、そのイラストは明るく健康的で丸みのある80年代特有の絵柄。

 制服考察も長年観察し続けてきただけあって、それなりの話が聞けてそこそこ面白かったりします。

 ただ現在ではこういう制服イラスト(またはエッセイ)は溢れっ返っていますし、絵の技術もハイレベルのが増えました。

そんな今の「制服ブーム」を著者はどう考えているのかな?

 久しぶりに森氏のイラストを見ましたが、懐かしさより今更感の方が強かったな(^ー^;


アンネミラーズで制服を (2)  








スポンサーサイト

| その他の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都市伝説の真実 皆神龍太郎

都市伝説の真実 (1)
  
【都市伝説の真実】
出版年:2014年 著者:皆神龍太郎

   
都市伝説の真実 (2)


【著者のデータ】
【皆神龍太郎 みなかみりゅうたろう】
【1958年1月6日~】
日本の作家、疑似科学ウォッチャー。と学会運営委員。ASIOS会員。本業は会社員(朝日新聞社勤務)東京都出身。東京工業大学物理学科大学院修了。1超常現象と疑似科学について強い関心を抱いており、1989年頃より本格的に研究をしている。


 皆神龍太郎氏はこのブログでも取り上げたASIOS(アシオス)の会員でもあり、オカルトなど疑似科学批判の本を数多く出しているジャーナリストの方です。

 その皆神氏が今回取り上げたのが、いわゆる都市伝説。この本では世に語られている、都市伝説が真実かどうかを検証しています。

 第一章では有名な「フリーメイソンの陰謀」について。まぁ、日本ではいろいろ語られるフリーメイソンだけど、要は16世紀後半にイギリス辺りで起きた友愛結社。

 フリーメイソンの基本理念は「自由、平等、友愛、寛容、人道」という5つを基に結成された友愛団体、つまりはただの慈善団体にすぎない。

 それを面白おかしく取り上げたのが、本でも取りげられている「やりすぎ都市伝説」。そしてそこに出ているミスター都市伝説こと関暁夫。

 自分はこの手の番組も関暁夫も好きじゃない…関って怪しげな情報を本当っぽく語った挙句「信じるか信じないかは、あなた次第」と責任を相手に丸投げだもの…。

 それって詐欺師が壺の効能を語った挙句「この壺を100万円で買うかどうかはあなた次第」というのと変わんねーよw

 なのでこういう人間に騙されないためには、たまにこういう本を買って読んでも損はない気はしますね。




「都市伝説」関連書籍

だれも知らない都市伝説の真実: 世界は陰謀で動いている!!

都市伝説の真実 (祥伝社黄金文庫)

最新 都市伝説の正体 (祥伝社黄金文庫)










| 超常現象関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻

機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (1)

【機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻】
出版年:2007年


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (2)
 
 この本読んだ時「さすが学研!!」とか思いましたw

 そう「学研」が2007年に出版したのが、この「機動戦士ガンダム一年戦争全史 上下巻」。

 どういうことかというと、学研は
「歴史群像」シリーズというのを出版しているんですが…下の画像がそれ ↓ ↓





 そうこの
「学研 歴史群像」シリーズの、パロディとして「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を解説した本なのですw

 当然「歴史群像」シリーズ
で培ったノウハウを元に、構成やレイアウトそのままで「一年戦争」を解説していますw


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (3)

 機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (4)

 この本が優れているのは、あくまで「歴史群像」シリーズのパロディを遵守している点。

 上の画像を見ても分かる通り、あたかも実在の兵器のようにMS(モビルスーツ)などを解説しています。

 それでいてこの手の本にありがちな、現実の戦争と一年戦争を無理矢理比較しようとする事はしていません。

というかそれをやると、どうにも無理が出てくるんですよ。

 なのでそこを避けるため、というか逆手に取ってあくまで
「歴史群像」シリーズのパロディに徹したのは正解でしょう。


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (5)

 機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (7)

  上の画像でも、あたかも実在の人物のような解説してありますし、いかにもそれっぽい肖像画でもありますねw

 
「歴史群像」シリーズのような本を作り続けている学研だからこそ、出来た荒業(パロディ)といえるでしょう。

 この本は「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を使った
「歴史群像」シリーズパロディとして読めば、十分楽しめる一冊でした(^ー^;



機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (6)






| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幕末史 半藤一利

幕末史・1

【幕末史】
出版年:2012年 著者:半藤一利



著者のデータ】
【半藤 一利 はんどう かずとし】
【(1930年5月21日~)】
 1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。


 この本を読むとわかりますが、著者の半藤一利氏が講演などで話した内容を、そのまま文章化しているために語りかけの口調になっています。

 本では幕末史を扱っていますが、著者の半藤氏のスタンスは本人も語っているとおり反薩長史観。

 氏は戦争中、父の生家の新潟県長岡市へ疎開した経験があるので、そりゃそうなりますねw

 その史観から薩長の倒幕とは軍事クーデターであり、それが故に明治日本がどう危うい状態で世界に乗り出したかを解説しています。

 それとこの本での幕末は、ペリー来航(1853年)から明治11年(1877年)の西南戦争までとしています。

 自分としては幕末の話も面白かったですが、明治維新から西南戦争に至るまでの過程が興味深く、ここで近代日本ができたのだということが分かります。

 しかし半藤氏が語る通り西南戦争以後、誰もその先の国家像を描けていなかったとのこと、後に残されたものは「軍の統帥権の独立」だけだったと…

 幕末を知るというよりその先の、近代日本の基礎がどうできたのかを知ることができた一冊でしたね。



半藤一利 











| 半藤一利関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジ録11 マグノリア




【ラジ録11 Windows版】 
制作年:2017年 マグノリア


ラジ録11 Windows版とは?】
 ラジオ番組を録音できるソフトでインターネットラジオ「ラジコ」のタイムフリー(有料プランにも)、「YouTube動画」の音声録音も可能になっている。その他予約録音、NHKネットラジオ「らじる★らじる」、コミュニティラジオにも対応している。


 前に自分はラジオ党だといいましたが、そんな自分が使っているソフトが『ラジ録11 Windows版』


メーカーは
【マグノイワ】【ラジ録11】


その名の通りラジオ番組を録音できるソフト。


 ラジオを聞いているとテレビ番組のように録音したくなるのが人情wそこで色々探して見つけたのがこのソフト!

 この
『ラジ録11 Windows版』は「ラジコ」のタイムフリーに対応しているので、聴きたい番組を探して時間のあるとき録音し、その後ゆっくり聴けるんで非常に便利。

 自分は昼間にTBSラジオで放送している「
伊集院光とらじおと」を「ラジコ」からダウンロードして夜に聴いていたりします。

 それだけでなく「ユーチューブ」などの動画の音源をダウンロードして、尚且つ編集とか出来たりします。聴きたい曲などを見つけたときダウンロードできるんで使い道が多いw

 
自分は『ラジ録11 Windows版』ラジオ番組を録音して、手持ちの「オーディオプレイヤー」で聴いていたりします(どんだけラジオを、聴いているんだよってことですがw)

 
ラジオ番組が好き!っていう方は購入して損はない、ソフトだと自分は思いますね(^ー^;










| ラジオについて | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 コミック・ファンブック

117・ガラスの仮面ファンブック・1

【ガラスの仮面コミック・ファンブック】
出版年:2010年


 117・ガラスの仮面ファンブック・2

 上の画像は本に掲載されている「ガラスの仮面」ファンのタレントさんによるコスプレ!!

右上はマツコ・デラックスさん。
左上は「オアシズ」大久保佳代子さん。
下2枚は
「オアシズ」光浦靖子さん。


 この方たちはテレビでも公言している、「ガラスの仮面」ファンとして有名なので迫力ある写真(^ー^;

 本の中身はガラスの仮面ファンの漫画家さんたちのトリビュート漫画や美内先生のインタビューなど非常にオーソドックスな作り。

 漫画家仲間やアシスタントさんたちの身内話や、そこからの美内先生自身の人となりなどが知れて興味深い内容が満載。

 こういうファンブックを読めば読むほど「ガラスの仮面」は長年に渡り、幅広いファンを持つ漫画だと思い知らされました。


117・ガラスの仮面ファンブック・3



…しかし、ながら…


 その「ガラスの仮面」は長期の休載が多すぎ!単行本最新刊49巻が2012年10月発売なので、もう5年近く休眠状態…

 正直こうも作品が終わらないと、ファンのモチベーションも下がる一方…確か1975年連載開始で、42年経ってまだ完結しないとさすがにきつい…(ファンも年食うからなw)

 ファンやってきてこういうのは何だけど、やはり作品というものは適度なところで終わらせるものだなと思う、今日この頃だったりしますw



117・ガラスの仮面ファンブック・4
 












| ガラスの仮面関連書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三国志最強は誰だ?

三国志最強は誰れだ・1

【三国志最強は誰だ?】
出版年:2011年


三国志最強は誰れだ・2

 この本はコンビニなどによく置いてある、通称「コンビニ本」でタイトル通り「三国志」の志士たちを扱っています。

 というか前に記事で扱った
「真説幕末最強は誰だ?」同じ一水社が出版している「最強は誰だ」シリーズ

 コンビニ本にありがちな大雑把な人物紹介やその歴史的解説など、暇なときに読むには最適な一冊でしょう。

 イラストも豊富で、各人物を大志・剣力・知力・財力・魅力といったパラメータ割りで分かりやすく紹介。

 また三国志に詳しくない人向けに、大まかな歴史を追いつつ各人物、事件、兵器なんかもそれなりに紹介しています。

 ただコンビニ本にありがちなボリュームはあるが、歴史の表層的なことしか取り上げていないのは相変わらずw

 まぁ、歴史もののコンビニ本は初心者向けばかりなので、しかたががないといえるでしょう。

 言い方をかえると三国志についてある程度の知識がある人には、さほど読む価値はない気はしますね。



三国志最強は誰れだ・3  

















| 歴史関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT