https://blog-imgs-77.fc2.com/h/a/g/hagi0002/hagifavicon.ico HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

≫ EDIT

少女小説から世界が見える 川端有子

少女小説から世界が見える

少女小説から世界が見える
出版年:2006年 著者:川端 有子



【著者のデータ】
【川端 有子 かわばた ありこ 1962年生~】
京都生まれの児童文学研究者。日本女子大学家政学部児童学科教授。イギリスの19世紀小説、イギリス文化、英語圏の児童文学を研究している。

  
この本は19世紀後半から20世紀前半までの少女を主人公にした、いわゆる「古典的少女小説」を解説、分析した本です。

 取り上げられているのは「若草物語」「家なき娘」「小公女」「赤毛のアン」「あしながおじさん」などの有名5作品。

 現代以上に女性の立場が弱かった時代に、この作品のヒロインたちは何をどう思い乗り越えていったのか?

 著者はそれぞれの作品を時系列順に並べ、各作品のヒロインたちを比較することで当時の社会情勢、ジェンダー問題などを解説しています。

 時系列では「若草物語(1868年)」「家なき娘(1893年)」「小公女(1905年)」「赤毛のアン(1908年)」「あしながおじさん(1912年)」の44年間。

 この時代の流れの中で主人公の少女たちの環境や立場が変わることで何が見えるのか?その辺の考察は非常に興味深く読めましたね。

 ただそんな中で著者は「古典的少女小説」の、闇というか裏側の事情にも言及しています。

 例えば「あしながおじさん」の主人公ジュディを援助する「あしながおじさん」の行為を「気に入った少女を見つけ自分好みの女にする」という、いわゆる「ピグマリオン・コンプレックス」だと。

 そしてアメリカの少女小説はこれが多く、それでいてこの男のファンタジーを書くのは女性作家が殆どだと指摘。

 これは男のピグマリオン幻想と女性のシンデレラ幻想が、共依存しているからという分析も思わず納得しちゃいます。

 そして続編の「続あしながおじさん」では、孤児院を運営する主人公サリーが優良な人間を残すべきだとする「優生思想」に目覚めたりする危ない箇所などなど…

(その辺については自分のブログ記事「続あしながおじさん」と「優生学」を参考にしてください)

 多方面から「少女小説」を分析されていて、「世界名作劇場」系の作品が好きな自分には面白く読めましたね。

 ちなみにこの本で紹介された作品は「世界名作劇場」でアニメ化されていますが、その感想も書かれていました(作品の内容について著者は、納得されていないようでしたがw)









スポンサーサイト

| 歴史関連の書籍 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 僕たちの好きなテレビゲーム 90年代懐かしゲーム編

僕たちの好きなテレビゲーム90年代・1

【別冊宝島 僕たちの好きなテレビゲーム】
【90年代懐かしゲーム編】
出版年:2009年


 
僕たちの好きなテレビゲーム90年代・2
 
 前回記事で紹介した「別冊宝島 僕たちの好きなテレビゲーム 80年代懐かしゲーム編」の「90年代懐かしゲーム編」。

 取り扱っているのは「ファミコン」「スーパーファミコン」「プレイステーション」「セガサターン」「ゲームボーイ」「メガドライブ」など90年代を代表するゲーム機!

 しかし中心的に扱われているのは「プレイステーション」などのゲームであり「スーパーファミコン」のゲームがそれほどでないのですよ。

 ゲーム史を考えると「ファミコン」→「スーパーファミコン」の流れは必須ですが、90年代という時間で括られるとこうなってしまうのが残念。


僕たちの好きなテレビゲーム90年代・3

 本の構成は「別冊宝島 僕たちの好きなテレビゲーム 80年代懐かしゲーム編」と同じで、ゲームソフトをコラムとゲーム画像を交え、最大2ページで紹介するカタログ形式で紹介。

 計90本近い作品を当時の出来事と同時に振り返ったりして、懐かし思い出に浸りながら読むことができます。

 しかしこの90年代は「ロムカセット」から「CD-ROM」にかわり、ゲームの内容が急速に進化していった時代。

そう、2Dから3Dのポリゴンに変化していきましたね。

 この本を読むとそんな90年代ゲームの変遷を俯瞰して見ることができて、ゲーム史的にも楽しめました。

 ただ各記事のライターの書き方に癖があるんで、その辺は注意して読んだ方がいいですがw



僕たちの好きなテレビゲーム90年代・4







| ゲーム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀河漂流バイファム コミックボンボン 漫画版 すがい優

バイファムすがい優(1)

■銀河漂流バイファム(1) (コミックボンボンKC)

■銀河漂流バイファム(2)完 (コミックボンボンKC)

【銀河漂流バイファム コミックボンボン 漫画版】
出版年:1984年 
原作/星山博之 神田武幸
作画/すがい優

バイファムすがい優 (3)
 
 1983/84年に放送された「銀河漂流バイファム」ですが、同時期に「コミックボンボン」に漫画版が連載されていたのを知っていますか??

それがこの漫画版
「銀河漂流バイファム(1) (コミックボンボンKC」)「銀河漂流バイファム(2)完 (コミックボンボンKC)」です。

 原作はアニメの脚本家星山博之氏と監督の神田武幸氏が担当されていますが、漫画版にどこまで関わっていたかは不明。

 そのアニメは全46話あるのですが、その長い話を漫画版はわずか2巻にまとめているという、ある意味すごい作品w


バイファムすがい優 (2)

 当然お話は要点を拾っているだけですので、感動のラストシーンもハイスピード展開で終了~w

えええ!?もう終わり??と当時読んでいて
ビックリしました~(^ー^;

 要はアニメは週4本放送ですが「コミックボンボン」は月刊誌ですので月1話30ページほど。

 なのでアニメ4話を、漫画は1話30ページで描くという無理がこういうハイスピード展開になったのでしょう。

 まぁ、当時の「コミックボンボン」のアニメの漫画版は皆同じような感じで、ハイスピード展開が当たり前でしたけどw

 でも作画をされた、すがい優先生は今何をしているのでしょうか?色々検索してみましたが分かりませんでしたが…多分これ1作で終わったのでしょうか?


バイファムすがい優 (4)
  





| バイファム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女性キャラを描いてみよう!―描くコツとポーズ集

女性キャラを描いてみよう (1)

【女性キャラを描いてみよう!―描くコツとポーズ集】
出版年:2005年


女性キャラを描いてみよう (2)

女性キャラを描いてみよう (3)

 この本が出版されたのは2005年…なので上の画像を見れば分かると思いますが、絵柄が古い…w

その辺を理解した上で商品解説を、読んで頂ければいいかなと(^ー^;

 肝心要の本の内容ですがタイトルの「女性キャラを描いてみよ」と思っている方には基本向いていないのですよw


・前半は顔の表情やふかん、あおり、胸の描き方など。

・中盤は服の種類やシワのつき方、靴の描き方など。

・後半は色んなポーズやシチュエーションの絵などなど。




女性キャラを描いてみよう (4)

女性キャラを描いてみよう (6)

 一通りのイラストの描き方は説明されており、その辺は使えるといえば使えるでしょう…

 しかしどう考えても添え物的に説明されているだけで、この本はどう見ても「イラストポーズカタログ!」

 これでは骨格や、体の動き、パースの付け方を知りたい人には物足りないというか役に立たない…。
 
なので体格や筋肉骨格など基本を学びたい人には、この本はまったくオススメはできません。

 反面この絵のポーズを模写しながら使う分には、かなり役に立つでしょう。まぁ、イラストポーズ集と思えばお得かなと(今は安値でこういう本が手に入るのでね)







すぐにできるキャラクター作り―キャラ設定自由自在! (激マンシリーズ)

10ステップで完成!今すぐマンガが描ける本 (激マンシリーズ)

マンガ・イラストテクニック大百科―コミッカーズマンガ技法書 テラ激マン (Tera激マン コミッカーズマンガ技法書)

今すぐマンガが描ける本 応用編 (激マンシリーズ)







| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊集院光の深夜の馬鹿力の放送が…

深夜の馬鹿力

【伊集院光の深夜の馬鹿力の放送が…

 前の記事「二ッポン放送 ショウアップナイター ヤクルト対ソフトバンク」でも述べましたが、自分はラジオ党です。

 ナイターだけでなく色々な番組も聴いていて、その中でもお気に入りが「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」!

 この番組は1995年から放送し、23年間もの長きに渡り続いている老舗の深夜番組。

 その伊集院光 深夜の馬鹿力を7月2日に聴いていたんですよ…そうしたら放送が途中で終わった…。


…何故に??


まぁ…理由はいうまでもないでしょう…


ロシアワールドカップ

日本vsベルギー戦中継のため!!


 そう「日本vsベルギー」戦はラジオでも放送されたんですよ(何もサッカーを深夜のラジオでやらなくてもとは思うんだけど)

 仕方がないんで
伊集院光 深夜の馬鹿力」の残りの放送はタイムフリーで聴きましたがね。


そんな自分はサッカーを見たかというと…


ああ、もちろん見ていません

寝ていました、


この歳で徹夜したら死にますw


朝に結果を知り「ああ~負けたのか~」でしたね。

自分はサッカー興味がないので「にわかファン」にすらならなかったです(^ー^;



| 雑記 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・エクスプレスの頃

47・クリスマスエクスプレスの頃・1

【クリスマスエクスプレスの頃】
出版年:2009年 著者:三浦武彦 早川和良




 「クリスマスエクスプレス」とは、1980年代後半から90年代中盤にかけて放送された「JR東海」のCM。

 当時は頻繁に放送されていましたし、見た人の殆どがそのストーリー性のあるCMが印象に残ったでしょう。

 これらのCMは、
ディレクター早川和良氏とプランナー三浦武彦氏との2人により作られシリーズ化されました。

 この2人によるCMは他に「ハックルベリー・エクスプレス」「プレイバック・エクスプレス」等の「エクスプレスシリーズ」や、ライオンの企業広告シリーズなどがあります。いうまでもなくその最大の特徴は

「ストーリーCM(コマーシャル)」

といわれる物語性をCMに持ち込んだこと。
CMに「日常のドラマ」を持ち込み、視聴者に等身大の感動や共感を与えましたね。

 本書ではCM制作誕生秘話や三浦氏と早川氏の対談、作品の解説、カメラマンなどの制作スタッフ、クライアントなど多くの関係者の証言も収録しています。

 絵コンテなど当時の資料も掲載し、なにより代表CM13作品を収録したDVDが付いているのはありがたいところ!

 それらのCMを見ながら、懐かしさを味わえる一冊でした(^ー^








| テレビ関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (1)

【コスチューム描き方図鑑 2 インナー篇】
出版年:2002年


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (2)

 コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (3)
 
 「コスチューム描き方図鑑シリーズの「インナー篇」で、男女の下着の描き方が掲載されいるイラスト資料本。

 正直出版年(2002年)がかなり古く、今更これを記事にするのはどうかと思いますが、一応持っていたんで紹介しようかなと…w

 内容は現代女性の下着(ブラジャー、パンツ、スリップなど)が大多数で、反面男性の下着は少ないです(そもそもパンツやシャツくらいですから)


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (4)

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (5)

 そのために女性の下着、ブラジャーやパンツ、スパッツ、ストッキングなどが掲載され、それらを描かれる人には便利といえるでしょう。

 ただ下着の着用状態のポーズが、思ったより少なかったのが残念な気はします(下着そのものより、着用してのポースの方が描くの難しいわけですから)

 それと民族衣裳のインナーの資料は必要だったのでしょうか?…ものすごく要らない気が…w

こういう民族衣装で使用する下着資料が必要な人ってどのくらいいるのでしょう??

 …まぁ、歴史物やファンタジー漫画などを描きたい人にはいいかもしれませんが、どうにもねw


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (6)

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (7)

 本の内容は掲載写真画像を見ればわかるように、イラストのクォリティはさほど高くありません(むしろ低いですw)

 なので模写して使うにはかなり無理があるんで、自分なりにアレンジして描く必要はあるでしょうね。

 まぁ、そもそも論でいえばコスチューム描き方図鑑シリーズで使用さるるイラストって微妙なのばかりですがw


 この「コスチューム描き方図鑑〈2〉インナー篇」は古い資料本ですが、その分紹介している下着の種類が多くその面ではかなり使える本といえます。

 しかも古い本なので比較的安く入手できるので、基礎資料として買ってもいい気はしますね。










| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT