HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小公女 ~A LITTLE PRINCESS~イギリステレビドラマ版

イギリスドラマ小公女・1

【小公女】
【~A LITTLE PRINCESS~

【イギリステレビドラマ版】

 今回紹介するのは、イギリスのドラマ版「小公女 ~A LITTLE PRINCESS~」、調べると1986年に本家イギリスで制作されたテレビ映画で30分全6話の約3時間くらいの作品。

 同時期に「世界名作劇場」で放送されていた「小公女セーラ(1985年放送)」のヒットを受けて輸入されたみたいで、いくつかのキャラクターの声がアニメ版と同じ
だったりします(「セーラ=島本須美」「ラビニア=山田栄子」などなど)

 本家イギリスで制作されただけあり原作に忠実で、威厳に満ち溢れたセーラが見られます(アニメのような過剰なイジメは少ないので、その辺も安心できる作りw)

今回はその辺の、登場人物、物語、感想などを紹介。


イギリスドラマ小公女・12   
(左)インド (右)イギリスロンドン

イギリスドラマ小公女・13
 (上)ミンチン学園での生徒たち。


イギリスドラマ小公女・14
(上)アーメンガードをいじめるラビニア。



↓ ↓ ↓ 続きを読む。

スポンサーサイト



| 世界名作劇場の関連書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ

56・私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・1

【別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ】
出版年:2003年

56・私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・2

 別冊宝島の「私たちの好きな」シリーズ(「僕たちの好きな」シリーズの女の子版)の「アルプスの少女ハイジ」を扱った一冊。

 「アルプスの少女ハイジ」の全52話解説、キャラクター紹介、高畑勲監督へのンタビューなどが掲載されています。

 ただ、設定資料とかはないので、そういうのを楽しみにしている人(自分とかw)からするとその辺は残念だったかな~

 
56・私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・3
  
 グッズなども紹介されていますが、さすがハイジ!有名なだけあって今もたくさんの関連商品が売られています。

 現在も「家庭教師のトライ」のCMにも「ハイジ」は使われていますが、放送開始から40年以上にわたり現役で活躍するハイジにはただただ頭が下がる思いw


56・私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・4
    
 インタビューではこの前亡くなられた監督の高畑勲さんで、ハイジへの「愛」を語っておられました。当時の制作模様や裏話などの、裏事情を知ることができ大変興味深く読めます。

 ただ監督以外のスタッフさんや声優さんへのインタビューなどがなかったのが残念、この辺も、多少はフォローして欲しかった。

 一応原作についての話やアニメと原作の違いなどがあり、「アルプスの少女ハイジ」の入門書としてはちょうどいい内容の本でした。




ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)









| 世界名作劇場の関連書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「赤毛のアン」のお料理BOOK

49・赤毛のアンのお料理BOOK・1

【「赤毛のアン」のお料理BOOK】
出版年:1992年


49・赤毛のアンのお料理BOOK・2

 日本で一番有名な海外の児童文学である「赤毛のアン」に出てくる、19世紀後半のカナダ料理やそのレシピを紹介した本。

 そういえば2014年上半期NHK朝の連ドラで「花子とアン」という、「赤毛のアン」の翻訳者村岡花子女史をモデルにしたドラマがありましたね。


 「花子とアン」を見て「赤毛のアン」熱が再燃したり、もしくはその素晴らしさを知った人も多いでしょう。

 この本ではそんな「赤毛のアン」の時代、19世紀後半から20世紀初めに出版された当時のクックブックを、著者が現在の私たちが作れるようにアレンジして紹介しています。

「キャロット・ケーキ」「アップルバター・クランチ」「りんごとはちみつのケーキ」「アップルパイ」などなど。

 美味しそうな料理の写真やレシピもそうですが、この本を読めばどっぷり「赤毛のアン」の世界を堪能できますねw




















| 世界名作劇場の関連書籍 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界名作劇場大全 (20世紀テレビ読本)松本正司

18・世界名作劇場大全  

【世界名作劇場大全 (20世紀テレビ読本) 】
出版年:1999年 著者:
松本正司


 この本でいう 「世界名作劇場」とは日本アニメーションが制作し、フジテレビ系列で放映された「フランダースの犬(1975年)」から「家なき子 レミ(1997年)」までの23作品をさします。

 本の内容については各作品のキャラクターやストーリー紹介、原作と原作者について、監督の楠葉宏三氏とプロデューサーの松土隆二氏のインタビューなど一通りのものはあります。

 しかしキャラクターや背景をはじめとした設定資料のような、ビジュアル的なものは殆どありません。なのでその手のものが好きな人にとっては、物足りない内容といえるでしょう。

 そして肝心の内容についてですが、著者の各作品についての好き嫌いが露骨に現れています。「世界名作劇場」初期の作品については高評価になっていますが、中期以降の作品については辛口でした。

 「愛の若草物語(1987年)」原作軽視で演出が「斜めに構えすぎている」とか、後期の「七つの海のティコ」でシャチのティコを殺してしまったことを「世界名作劇場が死んだ」とも。

 当たらずとも遠からずのところはありますが、人によっては好き嫌いが分かれる書き方だったと思います。管理人も正直、微妙な感情を抱いたりもしましたからね…

 それよりときおり入る、著者の自慢話の方が気になりました。妻との馴れ初めとか書いてあるのですが「もしその妻と離婚したらどうするのか?」とかこういうこと書く人考えないのかな?

 自分も「世界名作劇場」ファンなので
多くの人に楽しんでもらいたい気はしますが、この本を強くオススメする気にはなれませんねw
 



世界名作劇場関連商品

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

思い出の世界名作劇場オフィシャルガイド―感動の全23作品のすべてがここに! (双葉社スーパームック)

世界名作劇場「赤毛のアン」メモリアル・アルバム

ロミオの青い空 10周年オフィシャルファンブック





| 世界名作劇場の関連書籍 | 00:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Everyday Fashions,1909-1920 フランクリンシモンファッシンカタログ

Everyday Fashions・1

【Everyday Fashions,1909-1920】
(フランクリンシモンファッシンカタログ)

ペーパーバック: 144ページ
出版社:DoverPublions(1995/7/31)
言語 英語 商品の寸法: 30.2 x 22.6 x 1 cm


【Frankli Sirron フランクリン・シモン】
ニューヨーク フィフス・アベニューの名店、Frankli Sirron(フランクリン・シモン)の1909年~1920年を扱ったカタログの復刻本。Frankli Sirron(フランクリン・シモン)とは男女の服やアクセサリーなどを、提供してきたアメリカの高級百貨店です。


ああ


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 世界名作劇場の関連書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロミオの青い空 10周年オフィシャルファンブック

23・ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック・01

ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック
出版年:2005年


23・ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック・03

 自分はこのブログの前に世界名作劇場雑記」を運営していたんで、そのつながりから今回紹介するのはこの本。

 世界名作劇場第21作目1995年作「ロミオの青い空」の、放映10周年を記念したオフィシャルファンブックです。
       

↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 世界名作劇場の関連書籍 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界名作劇場「赤毛のアン」メモリアル・アルバム

67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・1

【世界名作劇場「赤毛のアン」メモリアル・アルバム】
出版年:2005年


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・2

 世界名作劇場第5作目1979年作「赤毛のアン」のメモリアル本。フィルムストーリー、井岡雅宏の美術、近藤喜文のキャラデザイン、宮崎駿のレイアウト、プリンスエドワード島、グリーン・ゲイブルズの世界、高畑勲監督のインタビューまで網羅しています。


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 世界名作劇場の関連書籍 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT