HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (1)

【コスチューム描き方図鑑 2 インナー篇】
出版年:2002年


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (2)

 コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (3)
 
 「コスチューム描き方図鑑シリーズの「インナー篇」で、男女の下着の描き方が掲載されいるイラスト資料本。

 正直出版年(2002年)がかなり古く、今更これを記事にするのはどうかと思いますが、一応持っていたんで紹介しようかなと…w

 内容は現代女性の下着(ブラジャー、パンツ、スリップなど)が大多数で、反面男性の下着は少ないです(そもそもパンツやシャツくらいですから)


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (4)

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (5)

 そのために女性の下着、ブラジャーやパンツ、スパッツ、ストッキングなどが掲載され、それらを描かれる人には便利といえるでしょう。

 ただ下着の着用状態のポーズが、思ったより少なかったのが残念な気はします(下着そのものより、着用してのポースの方が描くの難しいわけですから)

 それと民族衣裳のインナーの資料は必要だったのでしょうか?…ものすごく要らない気が…w

こういう民族衣装で使用する下着資料が必要な人ってどのくらいいるのでしょう??

 …まぁ、歴史物やファンタジー漫画などを描きたい人にはいいかもしれませんが、どうにもねw


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (6)

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇 (7)

 本の内容は掲載写真画像を見ればわかるように、イラストのクォリティはさほど高くありません(むしろ低いですw)

 なので模写して使うにはかなり無理があるんで、自分なりにアレンジして描く必要はあるでしょうね。

 まぁ、そもそも論でいえばコスチューム描き方図鑑シリーズで使用さるるイラストって微妙なのばかりですがw


 この「コスチューム描き方図鑑〈2〉インナー篇」は古い資料本ですが、その分紹介している下着の種類が多くその面ではかなり使える本といえます。

 しかも古い本なので比較的安く入手できるので、基礎資料として買ってもいい気はしますね。










スポンサーサイト

| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新・萌え絵の教科書 6U☆(ろくゆー)

新・萌え絵の教科書 (1)

【新・萌え絵の教科書】
出版年:2014年 著者:6U☆

 
新・萌え絵の教科書 (9)


 この「三才ブックス」の「萌え絵の教科書」シリーズは、前回「萌え絵の教科書 応用編 (三才ムック vol.528)」を紹介しました。


■前回の記事→
「萌え絵の教科書 応用編」


 この「萌え絵の教科書」シリーズの続刊が、「新・萌え絵の教科書 (三才ムックvol.692)」になり、今回はその内容のご紹介!



↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

萌え絵の教科書 応用編

萌え絵の教科書 応用編 (1)

【萌え絵の教科書 応用編】
出版年:2012年 著者:refeia


萌え絵の教科書 応用編 (2)  

 「萌え絵の教科書」シリーズは
「萌え絵の教科書 (三才ムック vol.385)」があり、その後がこの「応用編」になります。

  自分は
「萌え絵の教科書 応用編 (三才ムック vol.528)」
の方を購入したので、その「応用編」の紹介です。


萌え絵の教科書 応用編 (3)  

 「応用編」の著者はrefeia氏ですが、「萌え絵の教科書」シリーズは本一冊に絵師が一人なので、好み絵師の本を購入した方がいい気はしますね。


萌え絵の教科書 応用編 (4)  

 基本は色の塗り方がメインで、デッサンや構図の取り方などはほんの少し取り扱っているくらいです。

 つまりある程度絵が描けるけど、色の塗がまだよく分からないという中級者向けの本かもしれません。


萌え絵の教科書 応用編 (5) 

 服の影のつけ方など人物の色塗りがメインで、背景の塗りはほとんど掲載されていません。

 なので背景塗りが苦手な人にはあまり役に立たないので、その場合は背景塗り専門の本を買う必要がありますね。


萌え絵の教科書 応用編 (6)  

 肌の陰影のつけ方など、refeia氏の絵柄が好きな人には真似をしながら描くと大変参考になると思いますね。


 この本では一応デッサンや構図、ポージング、テクスチャなどの効果的な描き方なども広く浅く説明しています。

 そして「応用編」では絵師refeia氏のイラストの描き方のみ掲載しているので、この著者の絵柄が好きな人向けの本かな?

 複数の絵師の描き方を参考にしたい初心者より、ある程度画風が固まった中級者向けの本かもしれませんね。


萌え絵の教科書 応用編 (7) 









萌え絵の教科書 (三才ムック vol.385)

新・萌え絵の教科書 (三才ムックvol.692)

萌え絵の教科書 白 (三才ムックvol.825)

萌え絵の教科書 応用編 (三才ムック vol.528)






| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)

115・デジ絵の教科書・1

【デジ絵の教科書(100%ムックシリーズ)】
 出版年:2016年


 115・デジ絵の教科書・7


 前に「デジ絵の便利帖(100%ムックシリーズ)」
を紹介したしましたが、今回はその「100%ムックシリーズ」の「デジ絵の教科書 」の紹介!

 「デジ絵の便利帖(100%ムックシリーズ)」
と同じく、現在(2016年出版当時)人気の絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説している技法書です。

 色々な絵師さんの絵の描き方(特に彩色)が分かり、かなり役に立つ一冊(この手の本にしては、値段が安いのもありがたいですしw)


115・デジ絵の教科書・5

115・デジ絵の教科書・4

115・デジ絵の教科書・5

 基本的に色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説されていません。

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になる技法書といえます。

 画像を見れば分かりますが彩色だけでなく、レイヤーやペンの設定などの細かなペイントソフトの使い方が分かり初心者にも分かりやすいイラスト技法書ではないでしょうか?

 ただ他の「100%ムックシリーズ」とイラストの「かぶり」が結構多いので、その辺は確認してから  購入した方がいいです。

 付属のDVDに掲載されている絵師さんのイラストデータなどが収録されており、本の値段などを考えるとかなりお得な本だと思いますね。















| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

touch(タッチ)Vol.6(100%ムックシリーズ)

124・タッチtouch6・1

【touch(タッチ)Vol.6(100%ムックシリーズ)】
出版年:2011年


 
124・タッチtouch6・2

124・タッチtouch6・3


 前に紹介した「touch(タッチ)Vol.4(100%ムックシリーズ)」と同じ晋遊舎からの出版された、イラスト技法書シリーズです。

 タイトルは「touch(タッチ)」といい2009年
Vol.1~2015年Vol.15」まで出版されていて、その後デジ絵 (100%ムックシリーズ)などのシリーズに移行しました。

 この
「touch(タッチ)Vol.6」では2011年出版当時の人気絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説しています。


124・タッチtouch6・4

124・タッチtouch6・5

124・タッチtouch6・6

 色々な絵師さんのデジタルツールでの色の塗り方が分かり、かなり役に立つ一冊です(今となっては値段が安いのもありがたいですしw)

 ちなみに基本的に色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説されていません。

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になる技法書でしょう。


 画像を見れば分かりますが彩色だけでなく、レイヤーやペンのなどの細かなペイントソフトの使い方が分かります(かなりざっくりではありますが…w)

 ただ他の「touch(タッチ)シリーズ」とイラストの「かぶり」が結構多いので、その辺は確認してから購入した方がいいです。

 付属のDVDに掲載されている絵師さんのイラストデータなどが収録されており、本の値段などを考えるとかなりお得な本だと思いますね。










| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジ絵テクニック大全(100%ムックシリーズ)

118・デジ絵テクニック大全・1 

【デジ絵テクニック大全(100%ムックシリーズ)】
出版年:2017年


118・デジ絵テクニック大全・2

 現在(2017年出版当時)の人気絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説しているイラスト技法書!

 色々な絵師さんのデジタルツールでの色の塗り方が分かり、かなり役に立つ一冊です(この手の本にしては、値段が安いのもありがたいですしねw)

 ちなみに基本的に色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説されていません。

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になる技法書でしょう。


118・デジ絵テクニック大全・4

118・デジ絵テクニック大全・3  

 画像を見れば分かりますが彩色だけでなく、レイヤーやペンのなどの細かなペイントソフトの使い方が分かります(かなりざっくりではありますが…w)

 ただ他の「100%ムックシリーズ」とイラストの「かぶり」が結構多いので、その辺は確認してから購入した方がいいです。

 付属のDVDに掲載されている絵師さんのイラストデータなどが収録されており、本の値段などを考えるとかなりお得な本だと思いますね。


118・デジ絵テクニック大全・5













デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)

デジ絵の便利帖 (100%ムックシリーズ)

デジ絵の文法 【DVD-ROM1枚付き】 (100%ムックシリーズ)

デジ絵を簡単マスター ペイントツールSAI スーパーテクニック






| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジ絵の便利帖 (100%ムックシリーズ)

  
98・デジ絵の便利帖・1  

【デジ絵の便利帖 (100%ムックシリーズ)】
出版年:2015年


98・デジ絵の便利帖・3  

 今回は2015年に購入したイラスト技法書「デジ絵」シリーズの「デジ絵の便利帖 」の紹介!!

 前に同系の
「デジ絵イラスト完全ガイド―無料ソフトを活用してpixivデビュー!」を紹介しましたね。

 これと同じく現在(2015年当時)人気の絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説している本です。

 基本的に
色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説していません。

98・デジ絵の便利帖・4

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になりました。

 画像を見れば分かるでしょうが、結構細かく説明されていてデジタル彩色の大まかな流れがわかります。

98・デジ絵の便利帖・5

 画像を見ればわかると思いますが、全てデジタルでの彩色の仕方のみ解説されているので、デジタル彩色をより詳しく知りたい方にはオススメの本といえるでしょう。

98・デジ絵の便利帖・6

 この手のデジタル彩色の難しいところは、その彩色の仕方を理解するのが非常に大変ということ。

 何せ塗りだけでもペンの選び方、レイヤーの使い方、水彩塗り、アニメ塗り、厚塗りと多岐にわたるので、読んでもそのすべてを把握するのは無理w

 個人的に気に入った絵師さんの描き方をそのまま真似して、そこから自分流の描き方を編み出すのがうまくなる方法でしょうね。

 その点では複数の絵師さんのデジタル彩色が分かるこの本はオススメかな(あと値段が安いのも助かりますしねw)








| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT