HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

水彩画プロの裏技 (The New Fifties)

 水彩画プロの裏技 (1)

【水彩画プロの裏技 】
【(The New Fifties)】

発行年2002年 著者:奥津国道


【著者のデータ】
奥津国道 (おくつ くにみち)】
【(1932
年~ )
 1952年に「二科展」へ入選を果たしているが、しばらくは美術担当の会社員として生活していた。一般大衆誌「平凡パンチ」の表紙を手がけ多くの人が目とまるようになり、1980年頃より精力的に個展を開催している。


水彩画プロの裏技 (4)

 いつもはデジタルイラストの描き方の本を紹介していますが、今回は正統派の水彩画技法を満載した技法書の紹介です。

上の画像を見れば分かりますが、その絵は素晴らしいの一言!

このようなハイレベルの技法とはどういったものなのでしょう?

↓ ↓ ↓ 続きを読む。

スポンサーサイト

| 背景ポーズ写真集 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編

112・マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編・1

【マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編】
出版年:2009年



112・マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編・2

 画像を見れば分かる通り、人物(女性)の基礎デッサンの描き方を掲載している初心者向けの本といえるでしょう。

 全ページ白黒ですが技法書としてはそれなりのもので、基本を押さえつつデフォルメやアレンジの仕方が分かる良著だと思います。


112・マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編・3

112・マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編・5

 ただ画像を見ればわかると思いますが、掲載されているイラストは複数の絵師さんが描いているので、バラつきがあり統一感がないのが難点。

 この辺は絵師さんの作例図のレベルで、そのイラスト技法書の良し悪しが決まるのでどうにかしてもらいたかった。



112・マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編・7

112・マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編・9

 技法書としては頭身のバランスについて詳しく解説してあり、これによりバランスよい体形やポーズの取り方が分かります。

 その他に髪の毛のボリュームの違いやその髪のくくり方、足のつけ根、腰周りや座った時の足腰の立体的かつ構造的な説明。



 全ページ白黒ですが192ページとボリュームがあり、本の大きさも25×19×2cmと見やすいので使える本といえるでしょう。

 ただし服のしわなどは殆ど取り扱っておらず、あくまで身体の基礎デッサンメインですのでその辺はあしからず。

 この本は絵を描く初心者の方が、人間のデッサンなど基本を学ぶにはうってつけのイラスト技法書といえるでしょう。












| 背景ポーズ写真集 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連写ポーズライブラリー 子供編 究極アングル&決定的瞬間満載!!

92・連写ポーズライブラリー 子供編 究極アングル&決定的瞬間満載!!・1  

【連写ポーズライブラリー 子供編】
【究極アングル&決定的瞬間満載!!】
出版年:2011年

ケイトルーシー・1 

 自分はヘタですが、色々な絵を描く趣味があります。上は世界名作劇場8作目1982年「南の虹のルーシー」のケイト・ポップルとルーシー・メイ・ポップルの姉妹です。

 ここも前は
「世界名作劇場雑記」というファンブログでしたから、よく世界名作劇場系のキャラクターの絵を描いていました。

 ただその時、意外に困るのが子供の描き方。というか描けることは描けますが、子供というより小さい大人みたいな感じになったりするんですよね…w

 そんな時よく参考にするのがこの「連写ポーズ ライブラリー 子供編: 究極アングル&決定的瞬間満載!! (人物ポーズフォトブック)」です。



↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 背景ポーズ写真集 | 21:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック

95・キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック・1

【キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック】
出版年:2010年


95・キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック・2

 本のタイトル通り内容は色彩の解説や背景の色が与える印象の違い、人物と背景の組み合わせなどが解説されています。

 前半は人物と服の色の組み合わせ、中盤は背景色の表現例、後半は人と背景色の組み合わせといった具合。

 あまり突っ込んだ専門的な内容はなく、どちらかといえば広く浅くという感じの内容なので初心者向きかな?

 あと「カラーテクニック」というタイトルですが、色の塗り方や描き方の方法は掲載されていません。

 なにより画像を見れば分かりますが、アニメのキャラとその服装といった感じで、厚塗り、水彩塗りのカラーテクニックなどはありません。

 色彩というものに特化した内容は特筆すべきですが、逆にいえばそれ以外はさほど価値はない感じ。

 自分の描くカラーイラストの色彩を印象的に見せる方法を知りたい人は、買う価値はあるかもしれませんね。


95・キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック・3  











| 背景ポーズ写真集 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動画見本帳 中根敏裕

動画見本帳・1

【動画見本帳】
出版年:2003年 著者:中根敏裕

動画見本帳・2

 タイトル通り「動画の見本」として使える本で、上の画像のような絵が掲載されているアニメ制作の実用書です。

 自分がフラッシュアニメ制作に凝っていた時期に購入した本で、その時はかなり役に立ちましたね。

…まぁ、フラッシュアニメそのものは数本制作しただけですがw


 内容はアニメの基本になる「歩く、走る、座る」などの一連の動きの絵がコマで描かれていて分かりやすかったです。

 特に付属のCD-ROMに、それらの動きのコマ絵のデータが収録されているのがありがたかった。

 そのデータをパソコンに取り込んで、その上から自分で絵を描いて、自分の絵を動かすことができましたから~(^ー^;

 それらのコマ絵の解説だけでなく、著者自身のアニメ制作秘話などがありそれらも面白く読めましたね。

 アニメを制作したい、アニメーターになりたいという人にはアニメの基本制作を理解できる本ではないでしょうか。




アニメーション制作関連本

AfterEffects for アニメーション BEGINNER [CC対応 改訂版]

はじめてのアニメーション制作―チームでつくる、現場がわかる

アニメーションの基礎知識大百科








| 背景ポーズ写真集 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |