HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プロレス 覆面レスラーの正体

 プロレス覆面レスラーの正体 (1)

【プロレス 覆面レスラーの正体】 
出版年:2014年

プロレス覆面レスラーの正体 (2)   

プロレスの面白さといえばなんでしょうか?

 色々あるでしょうが、自分はなんといってもマスクマン!
これほど特異なキャラが存在する格闘技は、プロレスしかありませんw

 この本では昭和から現在まで活躍した「マスクマン」にスポットを当て解説したプロレス初心者向けの本。

 自分がプロレスをよく見たのは小学生の頃、1980年辺りの「
ワールドプロレスリング(テレビ朝日)」

 この時は新日本プロレスの試合を放送しておりアントニオ猪木、長州力、藤波辰巳、ハルクホーガンなどが活躍していた時代です。

 そんな中にあって当時大人気のマスクマンといえば、なんといっても、タイガーマスク!!

 というかマスクマンやプロレスという枠をはるかに飛び越え「タイガーマスクブーム」を巻き起こすほどの人気を博しました。

 そして自分はタイガーマスクを思い出す時、ある漫画を思い出します。
「少年サンデー」で連載されていた



【プロレススーパー列伝】
【ータイガーマスク編ー】
原作:梶原一騎 作画:原田久仁信


 そこで「タイガーマスクは誰なんだ?」とか煽りに煽りまくっていたんですよね……

 当時「少年サンデー」を読んでいた自分も疑うことなく「タイガーマスクは誰?」とか本気に信じ込んでいました!

 まぁ、梶原一騎のハッタリにまんまと騙されまくっていた訳ですが~(´;ω;`)
 普通に考えればプロレス団体に所属するレスラーは決まっているんだから、誰かがマスクを被れば正体はすぐに分かりますわなw

 この本ではタイガーマスクや中身の佐山サトルさんについても解説しているんで、当時の事情を知ることができます。

 自分ように昔プロレスを見ていた程度の人間には、ちょうどいいマスクマン解説書でした。



 …それよりタイガーマスク引退後、後釜的に現れた「ザ・コブラ」が何者なのか知ることができてそっちの方が良かったです(下の画像がその「ザ・コブラ」)

プロレス覆面レスラーの正体 (3)  






スポンサーサイト

| プロレス関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |