HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「ガンダム」を創った男たち。 大和田秀樹

ガンダムを創った男たち (1) 

■[まとめ買い] 「ガンダム」を創った男たち。(角川コミックス・エース)

【「ガンダム」を創った男たち。上下巻】
出版年:2014年 著者:大和田秀樹


【著者のデータ】
【大和田秀樹(1969年9月19日~)】

 デビュー作は「たのしい甲子園」。ガンダムオタクを自称しているが、観たのは初代「機動戦士ガンダム」だけで、以降のシリーズ関係作品は殆ど観ていない。


ガンダムを創った男たち (3)

 今も新作が続く「機動戦士ガンダム」の一番最初の作品、いわゆる「ファーストガンダム」の誕生秘話を描いた伝記漫画。

 作者は
「機動戦士ガンダムさん」でお馴染みの大和田秀樹氏で、総監督富野由悠季氏を主人公にすえギャグ風に描いているのが特徴。

 内容は1979年の「機動戦士ガンダム」誕生秘話や、そのブームが起こりそれが日本全国に広がるまでの一連の出来事を描いています。

 富野由悠季、安彦良和、大河原邦夫、板野一郎、古谷徹、池田秀一などのスタッフが、おもしろおかしく描かれていてその辺は好き嫌いはあるかも?

 でもスタッフのガンダム制作に対する熱意やそれに絡むスポンサー、その後に来る「ガンダムブーム」の熱気をよく描いている。

 そう、自分も小学生の頃に、この「ガンダムブーム」という「熱の中」にいたのを思い出し懐かしく感じたw

 エピソードなどはフィクションなところも多いけど、当時の「ガンダムブーム」にいたる「熱気」を知ることが出来る作品でありましたね。


ガンダムを創った男たち (2)







スポンサーサイト

| 漫画(コミック) | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |