HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話 金村義明

80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話・1

【80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話】
出版年:2016年 著者:金村義明



【著者のデータ】
【金村義明 かねむら よしあき 1963年8月27日~】
 兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手。現在は野球解説者、タレント。 2000年、在日韓国人3世であることを自著「在日魂」で公表した。旧名は金義明だった。現役引退後は帰化して日本国籍を持っている。現役生活18年、通算成績打率.258、本塁打127本、打点487点。



80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話・2

80年代のパ・リーグは色々な意味ですごかった!

 客はこないし来ても数百人程度…球場は閑散としているし、新人選手は入りたがらない(指名拒否もよくあった!)

 そんな寒い時代のパ・リーグに1982年~1992年まで
近鉄バッファローズ」の選手として所属した、金村義明氏が「80年代パ・リーグ」について赤裸々に綴ったのがこの本!

 当時のパ・リーグを知るファンには懐かしさがこみ上げる内容で、その時代の選手だった金村氏の話はまさに興味深かった。

 この本で金村氏は当時所属球団だった「近鉄バッファローズ」の選手仲間や監督コーチについてその実情を紹介している。

 特に一回り年上で当時の4番打者だった栗橋茂氏について「栗橋さんは試合が終わるとすぐさま夜の街に繰り出し酒女と遊び翌日そのまま試合に出る」とその凄さを紹介。

 その中で高知県でキャンプしていた夜、スナックで地元の漁師と大喧嘩になり栗橋氏は相手を皆コテンパンにしたけど、翌日その漁師仲間が「栗橋をだせー」と乗り込んできたというw

なんというか…80年代のパ・リーグ選手はやることがぶっ飛んでるw

 当時のパリーグの選手は知名度が低くてマスコミに見つからなかったとはいえ、
驚くやら呆れるやら…w

 それと読んでいて気になったのが、当時近鉄球団内でビックワン」といわれた鈴木啓示氏についての辛辣な評価。

 鈴木氏は当時現役晩年280勝程していたからか、なんとローテも自分で全て決めていて、そのローテで対戦する相手は下位球団ばかりにしていたそうだ。

 金村氏曰く鈴木氏のやり方は、良い言い方をすれば自分の築いたものを守りぬくプロフェッショナル、悪い言い方だと自分さえ高い年俸を貰い続けられればつチームが強かろうが弱かろうが関係ないというスタンス。

 その後鈴木氏は1993年に監督として帰ってくるが大物選手時代と変わらず選手の名前を覚えず「バッテリー交代、アイツとソイツ」などといったり…金村氏はその手腕については疑問符をつけている。

 その後トレーニングコーチの立花龍司氏と考え方が合わずクビにし、それが「野茂氏反発→メジャー行き」という流れになるのはなるべくしてなったと…

 う~ん、まさしく名選手、名監督にあらずを地でいっているけど金村氏は選手としても監督としても鈴木氏とは合わなかった感が伝わってくるな~

 それ以外では監督で恩師である仰木彬氏に対しては、最大級の賛辞を送っていたりと「80年代パ・リーグ」の内情を懐かしさとユーモアで綴った良著でした。


80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話・3 




在日魂 (講談社文庫)

プロ野球勝てる監督、負けるボス

仰木 彬 パリーグ魂

元祖いてまえ男金村義明のプロ野球警戒警報!






スポンサーサイト

| プロ野球関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」

森西武9年間の黄金伝説・1

【森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」】
出版年:2013年 著者:加古大二


森西武9年間の黄金伝説・2 

『常勝レオ軍団』

あの時の『西武ライオンズ』は強かった…。


 1986年~1994年までの9年間、森祇晶(もりまさあき)監督率いる西武ライオンズの戦いの歴史を追ったノンフィクション本である。

 この本では「常勝西武」を率いた森監督にスポットを当て、その
チーム作り、戦い方、戦略、采配などを読み解いていく。

 そう、この時代のプロ野球を見ていた者なら皆知っている「常勝西武」だけど…信じられないほど強かった。

 強力な投手陣、
クリーンナップで本塁打100本近くの長打力、バントで手堅く送る緻密さと堅守など、これほど走攻手に完璧なチームがあったのが信じられない。

 それは数字にも現れていて9年間で8回のリーグ優勝、6回の日本一という、驚異的な記録を残している。

 自分としては1990年の日本シリーズで対戦相手の巨人を4タテし、圧勝したのを鮮明に覚えている!

 当時選手会長だった岡崎郁選手をして「私の野球観が変わった」との言葉を残したのも分かる試合展開だった。

 読めば読むほど当時の森監督の目指した野球がハイレベルであったのが分かるし、何よりそのハイレベルな野球を指揮実行できた森監督能力の高さを思い知る。

 それだけに1994年に追われるようにして監督を辞任したのが寂しい。その後横浜ベイスターズの監督になったけど、チームを2001年3位、2002年6位にしたせいで無能扱い…。


 なんというか西武時代はチーム自体が強かったからで、誰でも勝てるみたいな感じにされていたのが悲しい…。

 この本に書かれているように巨人のV9を達成した川上哲治氏に次ぐ大監督が
森祇晶氏だと思うけど、世間の評価が低すぎだよな。

 でもこの時代の西武を語る時いつも思うのは、1989年に近鉄に僅差で負けて2位になったけど、もし優勝できていたなら…

 1986年~1994年まで9年連続リーグ優勝、日本一は(1989年に勝てたとして)1986年~1992年7連覇
になるんだよな…机上の空論いっても仕方がないけどw

 まぁ、冷静に考えれば、この絶頂期の常勝西武に勝った近鉄も凄かったんだけど、いやー、この時代パ・リーグが熱かったよな~(^ー^;




価格:6264円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)




価格:2999円(税込、送料別) (2017/8/17時点)







| プロ野球関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 プロ野球&メジャーリーグ 「大記録」のウラ側

120・プロ野球大記録の裏側・1

【別冊宝島 プロ野球&メジャーリーグ 「大記録」のウラ側】
出版年:2008年


120・プロ野球大記録の裏側・3

 「日本プロ野球NPB」と「メジャーリーグ」の 大記録のウラ側を考察した別冊宝島社のムック本です。

 ただ出版が2008年なので使われているデータが古く、「記録」を考察したムック本としては現在読む価値はないでしょう。

 ただ記録の考察部分はともかく、インタビュー記事は結構面白くこの部分に関しては読む価値あるかもしれません。

 インタビューは2人のプロ野球OBで、まずは上の画像に登場する日本プロ野球歴代2位の350勝を挙げた米田哲也氏。

 あまり語られることのない勝利数2位の米田氏ですが、読むと色々興味深いかったりします。

 通算300勝以上しているのは弱小球団の投手ばかりとか、江川さんがさほど活躍できなかったのはライバルが不在だったからとか。

 自身の経験を踏まえての、うんちくのあるインタビュー記事で意外に面白く読めました。


120・プロ野球大記録の裏側・4 

 そしてもう一人は「TBS サンデーモーニング」の、スポーツコーナーでの「喝!」でお馴染みの張本勲氏!

 色々いわれているお方ですがw、通算3085本安打は今も日本プロ野球第1位(イチローの4000本以上の安打は日米通算)


その張本氏の拘りはなんといっても「記録」!!

 インタビュー記事でも「記録は野球人の生命であり記録が人格をつくる」といい切っておられます。

 その強い拘りがわかるのは本人が今も悔いが残るといっている、1962年~1966年までの5年間を上げていること。

 張本氏いわく1961年に20歳で首位打者を獲ったが、翌年慢心から首位打者を逃しその後自分の打撃を取り戻すのに5年間を要したというもの。

 張本氏はこの時の慢心がなければ、3割をあと2回は打てて首位打者も3回は獲れていたと語っています。

 でもそうはいっても、その慢心していた5年間で内3年は3割を打っているのですが…


それでも悔いが残るのかい!?(;゚Д゚)!


 そもそも張本氏は生涯23シーズンで16回も3割を打ち、首位打者は日本記録の7回獲っているのに、まだ飽き足らなかったのかとw

 なんというか振り返れば、もう思い残すことはなかったと思いきや未だに後悔してるって…記録に拘りすぎです~

 逆に言えばここまで記録にこだわったから、あんな大記録が生まれたんだな~と思わざるを得ない。

 色々な意味で張本氏の執念というか人間性というか、凄みを感じたインタビュー記事でした。


120・プロ野球大記録の裏側・2

| プロ野球関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (1)

【プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」】
出版年:2009年


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (2)  

 プロ野球の歴代監督のについての「采配力と人間力」について解説したムック本だが、2009年出版とかなり古いのが、アレだけどw

 冒頭に「野村克也の10の老獪戦術」「WBC監督原辰徳の采配」「虚像のホビー・マジック」などを詳細に考察。

 この手の監督を解説した本ではお馴染みの野村監督もそうだが
、WBCで日本を優勝に導いた原監督の手腕なども高く評価している。

 逆に「虚像のホビー・マジック」というように、2004年に千葉ロッテマリーンズの監督に就任したボビー・バレンタイン監督についての評価は低い。

 なぜならバレンタイン監督はリーグ優勝がない(2005年はプレーオフ優勝でリーグ順位は2位)や日替わりオーダーを組むその采配は場当たり的だと指摘。

 まぁ、自分も千葉ロッテファンだけど、バレンタイン監督って、明るい性格やパフォーマンスのせいで過大評価され過ぎな感はあるな~

 対して
2003年に同じ外国人監督として、北海道日本ハムファイターズの監督に就任したトレイ・ヒルマン監督については高く評価している。

 それも当然で2007/08年と外国人監督初のリーグ連覇達成の偉業を達成し、そのヒルマンイズムは今に続く日本ハムファイターズの基礎を作ったんだからね。

ヒルマン監督はもっと評価されるべき!!


 …まぁ、それと引き換かわからないが、今の日ハムはビックリするくらいドライな球団になったけどね(^ー^:


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (3)

 ちなみに史上最低監督も考察しており、成績的には東北楽天イーグルス1年目(2005年)田尾安志監督になるけど…いくらなんでもこれは少々可哀想(本でもそう指摘されている)

となると史上最低の監督は上の写真に掲載されている、
石毛宏典氏ということになるw

 2002年オリックス・ブルーウェーブの監督に就任し、1年と少しで(2年目で解任されている)トータル57勝99敗4引 勝率.364。

 成績をみれば普通に石毛氏が史上最低監督になるか~色々な諸事情があったとはいえ、やっぱりね~(>_<;





| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歴代プロ野球監督の査定ファイル

歴代プロ野球監督の査定ファイル (1)

【歴代プロ野球監督の査定ファイル】
出版年:2008年


歴代プロ野球監督の査定ファイル (2) 

 歴代プロ野球監督を査定した本ですが出版が2008年なので、掲載されているシーズンは2007年までとなります。

 なのでかつての名将川上哲治氏、森秖晶氏などはいいのですが、当時現役監督だった原辰徳氏、落合博満氏については2007年までの成績査定ということになっていて、やや半端な印象。

 そのプロ野球の監督は当然日本で12人しかなれないのですが、その監督を何年にも渡り勤めてきた人たちの業績を知ることができ意外に楽しめました。

 何より興味を引いたのが出身ポジション別監督力比較という記事、1974年~2007年までの34年間で日本一になった回数。

捕手13回 遊撃手9回 投手4回 一塁手3回 三塁手3回 二塁手1回 外野手1回

 こう見ると捕手出身監督が圧倒的に多く、森祇晶6回、野村克也3回、上田利治3回、伊東勤1回などそうそうたるメンバー。

 正直この辺はプロ野球ファンなら誰でもよく知っていることですが、問題は外野手出身の監督について。

 野球のポジションは9つそのうち外野は3つなので、日本一監督の3分の1が外野手出身の監督で占められてもいいはず。

 しかし現実は外野手出身で日本一になったのは、若松勉氏しかいないという事実(この辺はメジャーも同じ)

 本では外野手は現役時代から試合全体を把握してプレイをしていないため、監督には向かないためではと分析しています(要は外野手は頭をあまり使わないw)

 そういえば野村克也氏も外野手の監督さんの采配には微妙な評価していたし…今年もプロ野球の外野手監督さんが心配だ~(^ー^:
 




プロ野球「スキャンダル事件史」大全

プロ野球 愛された男たちの墓碑銘 (宝島SUGOI文庫)

懐かしの昭和プロ野球 (別冊宝島 2080)

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」 (宝島SUGOI文庫)






| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真っ向勝負のスローカーブ 星野伸之

35・真っ向勝負のスローカーブ

【真っ向勝負のスローカーブ】
出版年:2003年 著者:星野 伸之



【著者のデータ】
星野伸之 ほしののぶゆき】
(1966年1月31日~ )
1966年旭川市生まれ。野球解説者。旭川工業高校卒。84年ドラフト5位で、阪急に入団。オリックス(球団名変更)を経て、2000年FAで阪神に移籍。02年引退。176勝140敗2S。通算2041奪三振。


 ある年代には「遅球王」として馴染みのある、元プロ野球選手の星野伸之氏が自身の野球人生を記したご著書。

 星野氏といえば130キロ代のストレートと100キロのスローカーブそしてフォークを武器に、プロ野球生活19年で通算176勝、2041奪三振などの成績を残した大投手。

 この本では星野氏自身が投手として長年活躍できた秘訣について事細かく、しかも分かりやすく解説しています。

 ストレート、カーブ、フォークの3種類が持ち球になった理由やその必然、そしてそれをどう投げ分けるかなどの投球術。

 ピッチングでもセオリー通りの配給をするとバッターに読まれるので、あえてど真ん中に投げ込み「こいつ何投げるかわかんない奴」と思わる幻惑術など。

 そう、投球術もそうだが、なによりこの本を読んで思ったのは、星野氏のかなり割り切ったものの考え方。

要は「1点もやらない投球」ではなく
「3点取られてもいい投球」というものだ。


 「1点もやらない投球」は神経がすり減るだけ、ならば「3点取られてもいい」と考え大雑把に投げるw

 星野氏いわく、そのくらいのおおらかな気持ちでやらないと、1シーズンはおろかその日の登板でも投げきれないとのこと。

 この理屈ではわかるけど実際やろうとすると簡単にできない考え方を実践し、成績につなげたのが凄い。

 その割り切りのよさは阪急(現オリックス)に入団した当時からしていたようで、入団時にすでに大投手だった山田久志氏を見て「好調時ではなく、不調時の山田氏のピッチングを目指そう」と考え練習に励んだりと驚くばかり。

 ビックリするくらいの割り切り方と大胆な考え方、そしてそれを実行する度胸、しかし星野氏自身は目の前の試合にどうやって勝つかを考えていただけとか。

 でもそれが結果的に芸術的な投球術にまで到達する偉業、それは星野氏の自らの実力を冷静に判断し今できることを積み上げた結果だと、この本でよーく理解できました。

 ただ2000年にFAで阪神タイガースに移籍するも、2001年に患った頻脈が原因で2002年36歳で現役引退したのが残念。これがなければ200勝もいけたでしょうね。




遅球に乾杯!―星野伸之・究極の投球術

オリックス・バファローズ 星野伸之ピッチングアカデミー〜98キロのスローカーブで2041奪三振の投球術〜 [DVD]

スローカーブを、もう一球 (角川文庫)






| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンダースロー論 渡辺俊介

27・アンダースロー論

【アンダースロー論】
出版年:2006年 著者:
渡辺俊介



【著者のデータ】
渡辺俊介 わたなべしゅんすけ
(1976年8月27日~ )
 栃木県出身の元プロ野球投手、世界一低いといわれるアンダースローが特徴で2001年から2013年まで千葉ロッテマリーンズに所属。(通算成績87勝82敗防御3.65)2015年からは新日鐵住金かずさマジックにコーチ兼投手として在籍。



27・2006年千葉マリンスタジアム

 2001年から2013年まで千葉ロッテマリーンズで、下手投げことアンダースロー投法で一時代を築いた、渡辺俊介氏が自身のことを書いた本です(出版は2006年)

 当時(そして今)も非常に少ないアンダースロー投手の体験談が聞ける、ある意味貴重な本といえるでしょう。

 本書はまず根本的なアンダースローの技術的なことから投げ方、負担のかからないフォーム、投球術論などを渡辺氏自身の体験談から記しています。

 なのでアマチュア野球(少年野球など)をプレーしていてアンダースローに興味がある人は、一読するのをお勧めしたい。

 しかしそれ以上に面白いのが渡辺氏自身の試行錯誤を繰り返しながらアンダースロー投法を習得する過程だ。

 そもそもアンダースロー投手になったのは父親が野球を続けるためにと提案した、下手投げをたまたま選んだからだという。その後は父親と二人三脚でそのアンダースローを習得。

 しかしプロに入ってからは苦難の連続で、中々成績が伴わない日々、そして最後の登板と覚悟したマウンドで打者を抑え切った時の感動と自信。

 「もしアンダースローの投手でなかったら、いまの僕は絶対に存在していないでしょう。」

 渡辺氏の本心でありアンダースロー投手としての紺地だと思いますね。
 

27・2006年渡辺俊介

 上の写真は千葉マリンスタジアム(当時)で買った渡辺俊介選手の背番号「31」の入ったミニタオルw

 余談ですが自分は千葉マリンスタジアムでよく渡辺投手の投球を見ましたが、はまった時の打者を打ち取る投球術の素晴らしさといったら~すごかったw

 …が反面、一旦打者に捕まるとつるべ打ちされるシーンも多かった(特に現役晩年)やはりアンダースロー投手が生き残る厳しさも、よく理解できましたね。




アンダースロー関連書籍

野球アンダースロー (スポーツ極みシリーズ)

Baseball Clinic (ベースボール・クリニック) 2013年 12月号 [雑誌]

松沼兄弟の“投球フォーム別パーフェクトバイブル” Vol.2 『アンダースロー編』 [DVD]





| 投手関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT