HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ガンダムセンチネル

ガンダムセンチネル (1)

【ガンダムセンチネル】
出版年:1989年

ガンダムセンチネル (8)

ガンダムセンチネル (2)

 この「ガンダムセンチネル」は、1987年~1990年にかけて模型雑誌「モデルグラフィックス」にて掲載された企画のひとつでした。

 企画の意図は要するに「俺ガンダムを作る!」というものwしかしながらそこに、様々なクリエイター諸氏が集まりました。

 
カトキハジメ氏、高橋昌也氏、あさのまさひこ氏などなど、今となっては「ガンダム」になくてはならない人たちw


ガンダムセンチネル (5)

ガンダムセンチネル (6)

 でもこの「センチネル」は当時は本家「バンダイ」から無視された存在だったんですよ。

…まぁ、模型誌が勝手に始めた企画というのもありますし、色々とゴタゴタがあったのもそうですしねw

 でもこの「ガンダムセンチネル」で描かれるのは「Z」と「
ZZ」の狭間を描いたガンダムサイドストーリー。

 この狭間の時期をあえて選んだという事は、本気で正史になりうる「ガンダムサイドストーリー」を作ろうとした証拠。

 この「センチネル」がきっかけで、本家サンライズから「1st」と「
」の間の物語を描いた「0083」が作られたようなもんだものな~


ガンダムセンチネル (3)
 
ガンダムセンチネル (4)
 
 この企画で生まれた「Sガンダム」「ゼータプラス」などは人気のモビルスーツにのし上がりました(「ゼータプラス」は「ガンダムUC」にも出演しましたし)

なんというか、当時の「俺ガンダム熱!」が
凄かったな~とw

 逆に今は「ガンダムA」という雑誌があるように「俺ガンダム!」が溢れすぎてしまったので、この頃のような熱気はもう戻ることはないでしょうね~う~ん、残念w





 ちなみに「Ex‐Sガンダム」のプラモデルは、作るのが大変で有名です(パーツの数が尋常じゃないくらいに多いから)

 自分はそれにもめげず、昔この「1/144 HGUC
Ex‐Sガンダムガンダム」 に挑戦しましたよ、おもいきって…

…が箱を開けてパーツを見て、ソッコーで押入れに封印しましたけどね(^ー^;







スポンサーサイト

| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士Zガンダム 小説 富野由悠季

Zガンダム小説

【機動戦士Zガンダム】

出版年:1985年~1986年 著者:
富野由悠季


【著者のデータ】
【富野由悠季とみの よしゆき1941年11月5日~】
 日本のアニメ監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家。日本で最初の連続テレビアニメ番組「鉄腕アトム」の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその草創期から知る人物。代表作は「機動戦士ガンダム」などのガンダムシリーズなどが有名。


 「機動戦士ガンダム」の生みの親で、総監督でもある富野由悠季氏の書かれた「機動戦士Zガンダム」の小説。

 前回富野氏の書かれた「機動戦士ガンダム 小説 富野由悠季」を紹介しましたが、今回は続編でもある「機動戦士Zガンダム(小説)」の紹介です。

 内容は基本的にテレビ版と同じですが登場人物の立ち位置やカミーユの最後も変わっていたりと、全5巻を一気読みする面白さはありました。

 この小説はアニメが作られたあと書かれているので、登場人物の造形などがより富野氏の考えに沿っていてその辺小説とアニメの違いを楽しむと面白いかも。

 自分としては劇場版の制作を聞いた時、この小説をもとにして作られるのかなと思っていましたが…違いましたw

 個人的には主人公カミーユの崩壊を克明に描いた小説は好きですし、なんというかグリプス戦役を突っきった感じのラストが一番しっくりきましたね。








| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム一年戦争全史 下巻

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (1)

【機動戦士ガンダム一年戦争全史 下巻】
出版年:2007年

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (3)


 前回「機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻」を紹介しましたが、今回はその「学研」が同年に出版した「機動戦士ガンダム一年戦争全史 下巻」の紹介。

 「学研」はいままで
「歴史群像」シリーズという歴史関連の本を出版しているんですが(下の画像がそれ)





 そう、この
「歴史群像」シリーズの、パロディとして「機動戦士ガンダム一年戦争」を解説した本なのです。

 当然「歴史群像」シリーズ
で培ったノウハウを元に、構成やレイアウトもそのままで「一年戦争」を大真面目に解説しているのが特徴。


機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (2)

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (4)

 この本が優れているのは、あくまで「歴史群像」シリーズのパロディを遵守している点でしょう。

 上の画像を見ても分かる通り、あたかも実在の戦争のように「星一号作戦」
(ソロモン、ア・バオア・クー攻略戦)などを両軍の戦略戦術、要塞攻略方などを詳しく解説…


なんというかいかにもそれっぽい作りw


 
戦力の分析だけでなく、政治的背景などもそれなりに扱っていて凝った作りになっています。


機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (6)

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (7)
 

 上の画像でもギレン総帥があたかも、実在の人物のような解説されていて読んでいて思わずニヤリとしてしまいましたw

 
「歴史群像」シリーズのような本を作り続けている学研だからこそ、出来たパロディ本といえるでしょう。

 この本は「機動戦士ガンダ一年戦争」を使った
「歴史群像」シリーズパロディとして読めば、十分楽しめる一冊でした(^ー^



機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻 (5)






| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻

機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (1)

【機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻】
出版年:2007年


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (2)
 
 この本読んだ時「さすが学研!!」とか思いましたw

 そう「学研」が2007年に出版したのが、この「機動戦士ガンダム一年戦争全史 上下巻」。

 どういうことかというと、学研は
「歴史群像」シリーズというのを出版しているんですが…下の画像がそれ ↓ ↓





 そうこの
「学研 歴史群像」シリーズの、パロディとして「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を解説した本なのですw

 当然「歴史群像」シリーズ
で培ったノウハウを元に、構成やレイアウトそのままで「一年戦争」を解説していますw


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (3)

 機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (4)

 この本が優れているのは、あくまで「歴史群像」シリーズのパロディを遵守している点。

 上の画像を見ても分かる通り、あたかも実在の兵器のようにMS(モビルスーツ)などを解説しています。

 それでいてこの手の本にありがちな、現実の戦争と一年戦争を無理矢理比較しようとする事はしていません。

というかそれをやると、どうにも無理が出てくるんですよ。

 なのでそこを避けるため、というか逆手に取ってあくまで
「歴史群像」シリーズのパロディに徹したのは正解でしょう。


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (5)

 機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (7)

  上の画像でも、あたかも実在の人物のような解説してありますし、いかにもそれっぽい肖像画でもありますねw

 
「歴史群像」シリーズのような本を作り続けている学研だからこそ、出来た荒業(パロディ)といえるでしょう。

 この本は「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を使った
「歴史群像」シリーズパロディとして読めば、十分楽しめる一冊でした(^ー^;



機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻 (6)
















| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コア・ブースターとセイラさん。

コアブースターセイラ・1

【「コア・ブースター」とセイラさん。】


 「機動戦士ガンダム」といえば言わずもがなの、リアルロボットアニメの先駆け作品!!

 その「ガンダム テレビ版(79年)」に出てきた戦闘機が

G・アーマー!!

 これにセイラさんやスレッガー中尉などが、パイロットとして乗りこみ、バシバシ活躍していました~

 …がしかしこの「G・アーマー」、リアルな世界を描いた「ガンダム」では浮きまくりの戦闘機w




 そんな時に「ガンダム 劇場版(80年)」に登場したのが

コア・ブースター!!

 その戦闘機然とした姿に「Gアーマー」よりカッコよく、リアルだと思いましたw

 それでいてこのコア・ブースターでセイラさんやスレッガー中尉がドムやゲルググ倒しまくるので余計カッコよく見えました。

…がしかし、冷静になればなるほど

それ、まずくないか??

 そもそもこのコア・ブースターを持ってきたマチルダ中尉が「安価で数を揃えられる機体」と言っているけど…

 その安価で数を揃えた「コア・ブースター」でガンダム世界では最新鋭機のドムやゲルググを倒しちゃダメじゃんw

MSの存在意義が…w

 子供心に「コア・ブースター」を量産すればいいんでは?とか思ったし…

 でもまだコア・ブースターはいいだろう、がその後のに出てきた…




ジェットコア・ブースターって、どうよw


「機動戦士ガンダム第08小隊(96年)」で出てきたやつだけどコア・ブースターの量産機???

 そんなのありなのかと思ったし…「ガンダム」って何でもアリになってきたなと思った瞬間だった(^ー^;

| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム 小説 富野由悠季

ガンダム小説  

【機動戦士ガンダム】
出版年:1979年~1981年 著者:
富野由悠季


【著者のデータ】
富野由悠季 とみのよしゆき
【1941年11月5日~ 】
日本のアニメ監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家。日本で最初の連続テレビアニメ番組「鉄腕アトム」の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその草創期から知る人物。代表作は「機動戦士ガンダム」などのガンダムシリーズなどが有名。


 自分の小学生時代に大ヒットしたアニメ「機動戦士ガンダム(1979年)」、その総監督富野由悠季氏が書いた小説版。

 内容がアニメとかなり違うことが話題になった小説版ですが、なによりも特徴的なのはエロいということw

 なにせアムロとセイラが肉体関係を持っているんですから、中学生の時に読んだら、
そりゃ、驚きますよ(^ー^

 ただ読み進めるとエロ描写とかそんなことより、そのアニメと全く違う内容に驚く!というかついて行けなかったw

 正直アニメと共通しているのはキャラの名前くらい、はっきりいえば「ガンダムキャラ」の名前を使った別作品といえる。

 それと小説とアニメの違いは先のアムロ×セイラが大人(肉体)もありますが、それ以上に有名なのが「アムロの死」!

そう、主人公のアムロは死んじゃいます。

意外にあっさりと…(>_<;


 ただしその死やそこまでの過程はアニメとは全然違うので、アニメと同じ感覚で読むと違和感ありまくり…。

 この「機動戦士ガンダム」小説版はよくあるノベライズと思わず、富野氏の「オリジナルガンダム」として読むのがいいのかもしれませんね。




機動戦士ガンダム小説関連本

機動戦士Zガンダム小説関連本

機動戦士ZZガンダム小説関連本

機動戦士ガンダム逆襲のシャア小説関連本





| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムの常識 一年戦争編

  ガンダムの常識1年戦争・1

【ガンダムの常識 一年戦争編】
出版年:2010年


ガンダムの常識1年戦争・2 

 この本はいわゆる「コンビ二」などに、定価500円ほどで売られている「コンビニ本」という書籍です。

 そしてそんな「コンビニ本」で扱われる定番作品が「機動戦士ガンダム」であり、その雑学を集めたのがこの一冊。

 扱うのは「機動戦士ガンダム」で最も人気のある、通称「ファーストガンダム(1979年制作)」!!

 本ではその「ファーストガンダム」のモビルスーツ、キャラ、世界観、あれこれ、について4つに分けて解説しています。


ガンダムの常識1年戦争・4

 自分はうす~い「ガンダム」ファンですがw この本を読むと知らないことも、ちらほらあったり~

 上の画像にある「八丈志麻」という女性(ネーミングの由来は「八丈島」)は
絵まで描かれたたが使われなかったキャラ(紫電改→カイ・シデンのようなもじり名前が「ガンダム」には多いですね~)

 この本を読む限り具体的な役割はわからないですが、見た目からしてゴージャスな感じのキャラがいたんですね~


 内容は「ガンダム」ファンの方にはおさらいですし、最近ガンダムに興味を持った方には丁度よいガイドブックといえます。

 この「
機動戦士ガンダムの常識 一年戦争編ガンダムの常識 一年戦争篇(2)(仮) (双葉V文庫)ガンダムの常識 一年戦争篇(3) (双葉V文庫)の全計3冊発行されていますので、興味のある方はそちらを買って読むことをおすすめしますね。







| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |