HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ガンダムセンチネル

34・ガンダムセンチネル・1

【ガンダムセンチネル】
出版年:1989年


 34・Sガンダム・1

 この「ガンダムセンチネル」は、1987年~1990年にかけて模型雑誌「モデルグラフィックス」にて掲載された企画のひとつでした。

 企画の意図は要するに「俺ガンダムを作る!」というものwしかしながらそこに、様々なクリエイター諸氏が集まりました。

 
カトキハジメ氏、高橋昌也氏、あさのまさひこ氏などなど、今となっては「ガンダム」になくてはならない人たちw

 でもこの「センチネル」は当時は本家「バンダイ」から無視された存在だったんですよ。

 …まぁ、模型誌が勝手に始めた企画というのもありますし、色々とゴタゴタがあったのもそうですしねw

 しかしこの企画で生まれた「Sガンダム」「ゼータプラス」などは人気のガンダムにのし上がりました(「ゼータプラス」は「ガンダムUC」にも出演しましたしw)

 なんというか、当時の「俺ガンダム熱!」が凄かったな~

 逆に今は「ガンダムA」という雑誌があるように「俺ガンダム!」が溢れすぎてしまったので、この頃のような熱気はもう戻ることはないでしょうね~う~ん、残念w




 ちなみに「Ex‐Sガンダム」のプラモデルは、作るのが大変で有名です(パーツの数が尋常じゃないくらいに多いから)

 自分はそれにもめげず、昔この「1/144 HGUC
Ex‐Sガンダムガンダム」 に挑戦しましたよ、おもいきって…

…が箱を開けてパーツを見て、ソッコーで押入れに封印しましたけどね(^ー^;



スポンサーサイト

| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム 小説 富野由悠季

ガンダム小説  

【機動戦士ガンダム】
出版年:1979年~1981年 著者:
富野由悠季


【著者のデータ】
【富野由悠季とみの よしゆき1941年11月5日~】
日本のアニメ監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家。日本で最初の連続テレビアニメ番組「鉄腕アトム」の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその草創期から知る人物。代表作は「機動戦士ガンダム」などのガンダムシリーズなどが有名。


 自分の小学生時代に大ヒットしたアニメ「機動戦士ガンダム(1979年)」、その総監督富野由悠季氏が書いた小説版。

 内容がアニメとかなり違うことが話題になった小説版ですが、なによりも特徴的なのはエロいということw

 なにせアムロとセイラが肉体関係を持っているんですから、中学生の時に読んだら、
そりゃ、驚きますよ(^ー^

 ただ読み進めるとエロ描写とかそんなことより、そのアニメと全く違う内容に驚く!というかついて行けなかったw

 正直アニメと共通しているのはキャラの名前くらい、はっきりいえば「ガンダムキャラ」の名前を使った別作品といえる。

 それと小説とアニメの違いは先のアムロ×セイラが大人(肉体)もありますが、それ以上に有名なのが「アムロの死」!

そう、主人公のアムロは死んじゃいます。

意外にあっさりと…(>_<;


 ただしその死やそこまでの過程はアニメとは全然違うので、アニメと同じ感覚で読むと違和感ありまくり…。

 この「機動戦士ガンダム」小説版はよくあるノベライズと思わず、富野氏の「オリジナルガンダム」として読むのがいいのかもしれませんね。




機動戦士ガンダム小説関連本

機動戦士Zガンダム小説関連本

機動戦士ZZガンダム小説関連本

機動戦士ガンダム逆襲のシャア小説関連本






| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムの常識 一年戦争編

  ガンダムの常識1年戦争・1

【ガンダムの常識 一年戦争編】
出版年:2010年


ガンダムの常識1年戦争・2 

 この本はいわゆる「コンビ二」などに、定価500円ほどで売られている「コンビニ本」という書籍です。

 そしてそんな「コンビニ本」で扱われる定番作品が「機動戦士ガンダム」であり、その雑学を集めたのがこの一冊。

 扱うのは「機動戦士ガンダム」で最も人気のある、通称「ファーストガンダム(1979年制作)」!!

 本ではその「ファーストガンダム」のモビルスーツ、キャラ、世界観、あれこれ、について4つに分けて解説しています。


ガンダムの常識1年戦争・4

 自分はうす~い「ガンダム」ファンですがw この本を読むと知らないことも、ちらほらあったり~

 上の画像にある「八丈志麻」という女性(ネーミングの由来は「八丈島」)は
絵まで描かれたたが使われなかったキャラ(紫電改→カイ・シデンのようなもじり名前が「ガンダム」には多いですね~)

 この本を読む限り具体的な役割はわからないですが、見た目からしてゴージャスな感じのキャラがいたんですね~


 内容は「ガンダム」ファンの方にはおさらいですし、最近ガンダムに興味を持った方には丁度よいガイドブックといえます。

 この「
機動戦士ガンダムの常識 一年戦争編ガンダムの常識 一年戦争篇(2)(仮) (双葉V文庫)ガンダムの常識 一年戦争篇(3) (双葉V文庫)の全計3冊発行されていますので、興味のある方はそちらを買って読むことをおすすめしますね。






| ガンダム関連の書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |