HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

何故ジュリアが2人部屋にいたのか?

何故ジュリアが2人部屋にいたのか?


世界名作劇場メモリアルアメリカ&ワールド編」の「私のあしながおじさん
紹介ページにこんな事が書いてあります。

「サリーはともかく、何事にもこだわりを持つジュリアが
ふたり部屋に甘んじているのは謎。」


確かにこれ不思議ですよね、ジュリアあれ程部屋が狭いと文句を言っていた
のに、なにゆえ2人部屋に甘んじていたのでしょう?

これ原作「続あしながおじさん」を読めば簡単に分かります。
孤児院を運営しているサリーがジュディに宛てた手紙で臆病な孤児について
書いた文章の後に下の一文があります。

「大学時代、気取り屋のお嬢様も臆病だったのを
思い出しましたわ。あなたならな覚えているのではなくて。」


さらっと書いているんで見逃してしまいますけどこの「気取り屋のお嬢様」と
いうのはジュリアの事なのです。
あしながおじさん」を読めばサリーだけでなくジュディも知っている気取り屋の
お嬢様の該当者はジュリアだけですので。

ジュリアについてはこの一文のみ「続あしながおじさん」の物語的にはどうって
事はない話ですがね(^_^;
でもアニメでは続編のネタなどを本編に使うケースはよくあります。
(サディというのは「続あしなが」に出てくる少女の名前とか)
ジュリアが臆病?不思議に思いますが、簡単に言うと

「ジュリアは幽霊話が苦手」 というやつですw

幽霊話に怯えるジュリアを描く為サリーと同室になっているのです。
その証拠に3人が使っている301号室は設定段階から3室あったんですよ。
にもかかわらずサリーとジュリアが同室なのは、この「ジュリア幽霊話」ネタの
為の伏線だったといえるでしょう。

よくある学校の怪談的なものでリンカーン記念女子学園に伝わる怪談話とか
があり、それに怯えるジュリアとかの話があったと思われます。
怯えるジュリアを描くのは2人部屋の方が効果的です。
サリーに強がりを言いつつ、怖がるジュリアは可愛らしいですしね。

でも何故こんな伏線が必要だったのか?
それは野球放送中止などで、急遽お話しを作らなければいけない時の為の
オプションの一つとして考えていたと思われます。

しかしながらご存知の通り、この「ジュリア幽霊話」ネタが使われる
事はなく物語は終わり結果、伏線だけが残ったといえます。

「あしなが」にも色々な伏線があったことが分かります。
サリーとジュリアが同室なのには理由があったのでした。
こういう風に分析して物語を見るのも面白いかもしれませんね(^-^



必ず『続きを読む』をクリックしてね。


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

スポンサーサイト



| あしなが資料館 | 19:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |