世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第26話 「明日に架ける橋」 レビュー

あしなが・26-1

第26話 「明日に架ける橋


【物語】

 2年生も終わりに近づきジュリアはサラローレンス大学を受験する事にしサリーも大学に行こうと決心します。ジュディは「あしながおじさん」のお世話になるわけにはいかないと悩んでいると、スローンさんから大学の奨学金の話を聞きます。ジュディは奨学金で大学に行って勉強しようと決めたのです。早速「あしながおじさん」に手紙で報告しようとしますが、奨学金を受けられるまでは内緒にしておく事にしました。奨学金を受けられれば大学に行く事ができますが、その為には生活費が必要だという事に気がつき家庭教師のアルバイトを始めようとします。その事を「あしながおじさん」に手紙で報告しますが、返事はアルバイトをする事を望んでいない、お小遣いが足りないのならと30ドルが入っていたのです。ジュディは自分の真意があしながおじさんに伝わらなかった事を悲しみました。そしてジュディは家庭教師の面接に行き門を入ったところでパターソン家の子供達のいたずらにあいますが、家庭教師を引き受ける事ができました。翌日ジュディはさっそく家庭教師のアルバイトに出かけますが子供のカレンやシンディはわざと財布を落としてジュディに拾わせ、ジュディが財布を盗んだと言い張るのでした。

【感想】
あしなが・26-2コメディキャラのスローンさんですが、事情があって奨学金で大学に通ったようです。

 今回は前々から「あしながおじさん」の行動はどうよ?と考えている人にとって
はぬぐいがたい形で彼の行動が目に付いてきます。

 今回も30ドル送ってくるんですが、相変わらず金で何とかしようとはね・・・。
「あしながおじさん」=ジャービスですが、彼はジュディに会っていますよね?
なら彼女がどんな子か分かりそうですが、どうも人を見る眼がないみたいで・・・

 まだこの頃はいいんですが後に彼の露骨にジュディをどうにかしようとする
行動が出てきてアレなんだが、でもこの段階では「学生は学業が本分」というのが
ありまだ「あしながおじさん」の考えも分からなくはないんですがね。

 ジュディはスローンさんから奨学金の話を聞き、自分も受けようと考えます。
スローンさんがようやくコメディではない活躍したという感じ。

 前も書きましたがスローンさんはコメディキャラになり過ぎた気はします。
ジュディ達は学生なのでまだ外の社会と接点がないので、この1920年代の
世界観や空気のようなものを伝えきれないんですよね。

 でも大人の女性のスローンさんなら1920年代の常識や価値観などの
空気を伝えられるキャラになれたと思うのですが・・・スローンさんが奨学金を
受けて大学に通ったというのを語るだけでもそれはできたのではないかなと。

 もう少し踏み込んで大人の女性のスローンさんが、ジュディに助言を与える
シーンを見たかった気もします。


あしながおじさん関連本 ■あしながおじさん関連DVD

あしながおじさん関連CD ■あしながおじさん関連商品






スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしのあしながおじさん(下)学研

12_20100602173910.jpg 

【わたしのあしながおじさん(下) 】

学研*ひとりよみ名作 52ページ
文・田中文子 絵・木村光雄 


ジャーヴィス登場からジュディとの結婚までを描いた、下巻です。
下巻なのですがお話しの分量が多すぎるのでかなりカットしてあります。
サリー、ジュリアの出番は殆どないです。

ジャーヴィスのお相手をし、1年の夏休み
ロックウィロー農園で過ごします。
そして小説が出版社に採用され作家を目指すため勉強をします。

その後「それから数年たち」で話が飛び、いきなり
ジュディの卒業式になります。
そこへ赤いバラの花束と共に

「ぼくとけっこんしてください」

と言うジャーヴィスが出てくるので驚きます。
ここでプロポーズを断りますが

「さっかになってあしながおじさんにごおんがえしをしなければ」

と動機がアニメとは違います。
そして悩みを「あしながおじさん」に言うと彼に呼ばれ
ジャーヴィスと分かります。
ラストに髪を下ろしたジュディがでてくるのが必見!
でも姿は前半のジュディですがね。



↓(左)あしながおじさんの元へ向かうジュディ。
(右)ジャーヴィスの「ぼくとけっこんしてください」ですw
13_20100602173917.jpg 


↓髪を下ろしたジュディですね。
14_20100602173923.jpg 



私のあしながおじさんについての本はこちらから!○



 

| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 22:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしのあしながおじさん(上)学研

9_20100602173559.jpg 

【わたしのあしながおじさん(上)】

学研*ひとりよみ名作 52ページ
文・田中文子絵・木村光雄


第1話「運命を変えた月曜日」~第8話「屑篭に捨てられた手紙」
辺りまでのお話をまとめた絵本、上巻です。

物語は第1話~第8話までを書簡形式でうまく
まとめてあると思います。
この絵本カラーページで木村光雄さんの描かれた
オリジナルの絵があります。
最初のページにキャラ紹介がありリペット院長
37歳だったんですね。
ドレスアップした3人やアニメではなかった
ジュディの制服姿が見られます。



↓孤児院のジュディと制服のジュディ。
10_20100602173606.jpg 


↓ドレスを見たジュディ、秋風のジュディ。
11_20100602173612.jpg 



私のあしながおじさんについての本はこちらから!○





| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第25話 「ふるさと・ニューヨーク」 レビュー

あしなが・26-1

第25話 「ふるさと・ニューヨーク


【物語】

 ジュディはニューヨークにやってきて1人でベイスンアベニューを訪れます。ジュディはベイスンアベニューの教会の前に捨てられていたのですがそこはニューヨークのスラムでした。ジュディは教会の前に立っているとベスという女の子が帽子を奪っていき、追いかけますが途中マーゴットという女性に出会います。スカートを破いてしまったので縫ってあげると言って家まで案内されます。マーゴットはベスの母親、デラに出会うとジュディの破れたスカートを縫ってもらいそのまま分かれました。そして3人はジャーヴィスと合流し貴賓席から「お気に召すまま」を見ます。お芝居が終わった後、ジャーヴィスおじさまの案内で3人は楽屋に行き主演女優に会うと、その女優はさっき会ったばかりのマーゴットさんだったのです。マーゴットさんは一流の女優でありながらスラムに生まれた事を隠そうともせず、今でも堂々とスラムに住んでいるのです。ジュディはマーゴットさんの生き方にとても勇気づけられるのでした。

【感想】
あしなが・25-2一流の女優ながらスラムに住んでいたマーゴットさん、自立した女性でした。

 こう言っては何だけど今回、隙間を埋めるような1話完結のお話で今まで少し
ジュリアに力点が行き過ぎたので、主役ジュディのお話が必要といった感じで
しょうか。劇を見るため劇観にいくのは原作にありますが、ジュディが生まれた
教会を探すのはアニメオリジナルですね。

 ニューヨークにやってきてマーゴットさんという人に会い実は彼女は一流の
女優でありながらスラムに住んでいる女性と知ります。

 出自を隠さないというのは立派な人物ですが、それがどれほど凄い行為
なのか何となくとしか分かりませんね。

 1話だけしか出てこないキャラに人間的厚みを持たせるのは大変なので
仕方ない気もしますがどうにかできなかったかな?

 ジュディはマーゴットさんの生き方に勇気づけられますが、出自を隠さない
生き方を改めてジュディに感じさせる為に登場したキャラともいえます。その為
レオノラやランバート先生と比べると印象度が低い、マーゴットさんでした。

それよりジュディが「あしながおじさん」に宛てた手紙の一文の、

「ジュリアみたいに値段の事などお構いなく気に入ったを帽子を好きなだけ
買うなんて、人生にこれにすぐる喜びってないんじゃないかしら」

というの真に受けて50ドル送るのは何というか・・・いや、まぁ原作がそうなので
仕方ないんですけど・・・でも分かっていないです(^^;


あしながおじさん関連本 ■あしながおじさん関連DVD

あしながおじさん関連CD ■あしながおじさん関連商品






| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のあしながおじさん 朝日ソノラマ

22_20100602173239.jpg 

【世界名作ものがたり47】
【私のあしながおじさん 朝日ソノラマ】

文・桂真佐喜 絵・木村光雄 158ページ

アニメのキャラが使われていますが内容は
原作を児童向けにした本です。
その為原作通り舞台は高校ではなく大学ですね。
内容は原作を損なわず結構よくまとめていると思います。
児童向けの本としては楽しめる内容といえます。

絵もアニメに近いので入り易いかもしれません。
しかしアニメ前半のキャラ絵なので皆大学生には見えません。
ジュリアはむしろアニメより子供っぽくなっていますね(^^
挿絵がたくさんで、ファンには楽しめる一冊の気がします。


↓キャラ紹介やリボンをしたジュディ。
23_20100602173246.jpg 

↓3人とあしながおじさんとの出会い。
24_20100602173251.jpg 



私のあしながおじさんについての本はこちらから!○



 

| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のあしながおじさん・読む世界名作劇場

27_20100602173033_20100725230240.jpg 

【私のあしながおじさん・読む世界名作劇場

文/藤本信行文128P


アニメの脚本を書かれた藤本信行さんが物語を再構築
された絵本です。
今までの絵本などは殆どジャーヴィスとの恋愛話を中心
に据えた構成なのですが、この本はきちんとジュディの
成長物語としてあります。

ジョングリア孤児院も描かれサリーとジュリア、
ジャーヴィスとの出会い。
ロックウィロー農園のお話後、作文の宿題「家族について」
の事を書き落ち込んでいるとこの本では、ジャーヴィス
が校門の前のにいてアドバイスします。

何より感謝祭の話がちゃんと入っています。
最後ジュディがランバート先生と話しをした後、
ジュリアはジュディを見直し友達になる感じです

ロックウィローでジャーヴィスとのロマンスがあり、
パーティーでジュリアのお母さんの妨害工作(^^
この後ジュリアは心配し

「こうなったら駆け落ちでも何でもさせてあげる」

とアニメよりもかなり積極的な行動をします。
一応ジュディとジャーヴィスを会わせますが、
ジュディはプロポーズを断ります。最後の答辞も

「弱虫なジュディ・アボットから卒業してみせる」

と自ら考え皆の前で生い立ちを語ります。
そして卒業式が終わった後、陽が落ち車がとまり
足の長い紳士のシルエットが降り立ち「あしながおじさん
がジャーヴィスと分かった瞬間でもありました。

作品としてまとまっており無理のない展開になっています。
ただ絵がアニメ本編のを使用しているのでその点が残念。


28_20100602173044.jpg

29_20100602173051.jpg 



「読む世界名作劇場」シリーズについての本はこちらから!○



 

| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のあしながおじさん小学館テレビ絵本

40_20100602172755.jpg 

【私のあしながおじさん(1)】

小学館のテレビ絵本 17ページ

10巻シリーズの1巻のみ持っています。
ジョングリア孤児院からリンカーン記念女子学園
に行く所までです。
ジョングリア孤児院でエミリーが出てくるのは
いいとしても、ピートがでてくるのは驚きます。
表紙にもいるんですがね。
リンカーン女子学園に行くまでうまくまとめています。


41_20100602172823.jpg

42_20100602172830.jpg 



私のあしながおじさんについての本はこちらから!○



 

| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。