HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

耳をすませば

51Io96NKz6L__SS500_.jpg 

耳をすませば 感想】

 ジブリの「耳をすませば」は自分も好きな作品ですので、原作本を買って
読んだくらいです。 その為かアニメと原作を比べると色々分かる事があります。

何より天沢君の描き方!!

 アニメでは雫はファンタジー小説が好きでしたが、原作では 天沢君も同じような
ファンタジー小説好きです。だから図書カードに天沢君の名前があったのでした。
原作の2人はファンタジー小説好きで知り合いそして親しくなります。

 しかしアニメではその設定がなくなり、天沢君が図書カードに名前を書いた
のは雫に自分の存在を知らせる為になりました。

これにより天沢君=ス○ーカーという結果に・・・(>_<;;


PICT0003_20100712194133.jpg-原作の天沢聖司君。微妙な行動から色々言われる男の子でもありますね(^^



 







それより気になるのが天沢君の夢「バイオリン職人」これプロ野球選手になり
たいより変わった夢としかいえません。でも何故か雫は聞きませんね・・・

「何故、天沢君はバイオリン職人になりたいの?」と・・。

自分なら「何でそんなのになりたいの?」と聞きますがね、原作の天沢君に
そんな夢はなく、代わりに絵を描きますがそれは自己表現の一つですから。

 スタッフは雫に興味あっても天沢君には興味なかったのかな?
最後のシーンも天沢君はいきなり雫に「結婚しよう!」ですから、原作では
普通に「好きだ」という告白ですからね。

 対してアニメの雫は「そうなれたらいいな・・」と微妙な反応。創作の大変さを
知った雫は成長して、天沢君越えてしまったように見えます。物をより客観視
して見られるようになった雫に対し、天沢君は目の前の雫しか見えない感じ。

 登場したときは、皮肉を言うクールで2枚目、雫より先を進んでいた感じだった
天沢君でしたが、いつの間にか幼く見えてしまいます。
まぁ、実際の恋愛はこんなものと言われればそれまでですが(笑

 それともう一つは生活臭が伝わるレベルの背景美術は素晴らしいですね。
観る度に惹きつけられますから、この辺りはやはりジブリ!!
あと雫が歌を歌うシーンはそこだけ必ず観ますので何回も再放送されると
嬉しいですw


PICT0004.jpg-原作の月島雫ちゃんは少女漫画のヒロインらしく天沢くんLoveでしたが、アニメでは成長率が凄かったです(^^


 









 
 











スポンサーサイト



| 名作系映画の感想 | 02:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |