HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジレビュー 22話 23話 24話

第22話 「遠いアルム」

【物語】 
 ハイジは山が見たくて高い教会の塔へ行きます。そこでハイジは教会の堂守に頼み塔のてっぺんに上りますがどこを見ても石造りの建物ばかりでした。ハイジの望んでいた山や草や木はどこにも見えなかったのでした。

【感想】
ハイジ22-アコーディオン弾きの少年に一番高い塔の場所を聞きます。無愛想ですがそれなりに優しい少年でした。
 ハイジは教会の塔の上から町を見渡すと・・・一面建物ばかり・・・見渡す限りの
建物でハイジの絶望感が伝わってきます。

 フランクフルトに来たハイジをみると彼女にとっていかにアルムの山の大自然が
すべてかというのが分かります。

 簡単にいうとアルムの山とフランクフルト、
大自然と大都会ある意味分かり
やすい構図で描いていますよね。

 自由だったアルムの山と違い大都会のフランクフルトは行き詰る物語展開が続く
ので緊張感を持って見ることが出来ます。



23話 「大騒動」


【物語】
 ハイジは教会から小猫1匹を持ち帰りミーちゃんと名つけクララと飼う事にします。翌日教会の堂守がハイジが持ち帰りそびれた小猫の残りをバスケットに入れて持って来たのです。それを見たロッテンマイヤーさんは逃げ気絶してしまいます。小猫達は捨てられてしまいましたが、ミーちゃんだけは無事だったのです。

【感想】
ハイジ24-バスケットから猫があふれて叫ぶロッテンマイヤーさん。ここまでいくとやや可哀相です(^
 クララって今まで一度も動物を抱いた事すらないみたいです。オルガン引きの少年が来た時も
自分を訪ねてきた、初めての客という発言もしていましたし・・・

クララって学校へ行っていないのか?

 どうも勉強も礼儀作法もすべて家の中、ハイジも元々クララの遊び相手ですし、すべて自給
自足というか室内で済ませますね。クララの置かれた環境がよく分かります。


24話 「捨てられたミーちゃん」

【物語】
 ロッテンマイヤーさんに子猫のミーちゃんが見つかり捨てられてしまいました。その為ハイジはアルムの山に帰ろうとしますが、汽車に乗るにはお金がいると聞かされ帰れない事を悟ります。ハイジが途方に暮れているところをロッテンマイヤーさんに見つかりハイジをむりやり馬車に押し込め屋敷に連れ戻されます。落ち込むハイジにセバスチャンは子猫のみーちゃんは知り合いの家に預かってもらったと告げ、ハイジは元気を出すのでした。

【感想】

ハイジ・24-バスケットから猫があふれて叫ぶロッテンマイヤーさん。ここまでいくとやや可哀相です(^
 ロッテンマイヤーさんに子猫のみーちゃんが見つかりました。でもロッテンマイヤーさん
何故ネコを飼ってはいけないのか理論的にクララに説明しますね。

猫はバイ菌を持っているので体の弱いクララには良くない。

・・理路整然と説明されクララは反論できません。

 ハイジはアルムの山に帰ろうとしますが、ロッテンマイヤーさんに連れ戻されます。

「私ね、ハイジがもう帰ってきてくれないと思って、
         わぁわぁ泣いてたの。ハイジ、もう帰ったりしないでね」

 ・・・クララあまりハイジの事気にしている様子がないです。ハイジがクララのことを想ってフラン
クフルトに残っているんですがね・・・



 

スポンサーサイト



| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 01:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |