HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ レビュー 31話 32話 33話

31話 「さようならおばあさま」

【物語】
 おばあさまがフランクフルトを去る日が間近になりました。そこでおばあさまハイジとクララとお嫁さんごっこを始めます。 しかしそのパーティの最中、おばあさまはこっそりと抜け出し、馬車でフランクフルトに帰ってしまいます。楽しいパーティーは既に終わり、屋敷の雰囲気は変わりハイジやクララもおばあさんと分かれて泣いてしまうのでした。

【感想】

ハイジ・31-ハイジとクララは、パーティーで楽しく踊ります。
 おばあさまとハイジ、クララが楽しくパーティをしている時それをじっと見つめる
ロッテンマイヤーさん。

 おばあさまは身内だしたまに来るからこんな楽しい事ばかり出来ますが、ロッテン
マイヤーさんは立場上そうはいきません。

 おいしい所だけ持っていくおばあさまをみるロッテンマイヤーさんの嫉妬とも取れる
微妙な感情が描かれていますよね。

ロッテンマイヤーさんは大人になって見ると味のあるキャラです(^^


32話 「あらしの夜」

【物語】
 ハイジはおばあさまが帰って以来、元気がありません。クララはハイジに山へ帰らないでほしいとお願い します。その為ロッテンマイヤーさんはクララが悲しむからハイジに二度とアルムの山の事を考えてはいけないと注意するのです。その夜、嵐に見舞われたゼーゼマン家で不思議な事が起こりました。それは夜中にチネッテが白い人影を見たと言って騒ぎ出したのです。

【感想】
ハイジ・32-意外に思いやりとかがないクララで、少し引きますよね。
 ハイジはおばあさまが帰って元気をなくしますが、クララはそんな事を気にする様子
もなく ・・・「お人形遊びしましょうよ」 と・・・

 その後もハイジの気を引こうと自分のドレスをあげると言い物で相手を釣ろうという
行動もするので結構引きます。

 クララの友達のハイジを失いたくないという思いがハイジを追い詰めているのにまっ
たく気がつきませんね。

 お嬢様で優しい少女というイメージが強いクララですがフランクフルトでは意外とそう
でもないことが分かります。 逆に言えば後半に向けてクララの変わる様子も見所とい
えます。

33話 「ゆうれい騒動」

【物語】
 ゼーゼマン家に夜ごとに出る怪しい人影の正体はハイジだったのです。ゼーゼマンさんはハイジを山に帰す事にするのでした。クララはハイジが山に帰る事に反対しますが、ハイジのためとお父さんに説得され承知せざるをえませんでした。お父さんも来年の春には必ずクララを山に連れて行くと言って約束するのでした。

【感想】

snapshot20110613170622.jpg-ハイジは生気がなく、トレードマークの赤いほっぺがなくなっていますね。
 ゼーゼマン家に出る怪しい人影はやはりハイジでした。その前からハイジは生気
がなく赤いほっぺたもないですしね。

 もはや限界を超えてしまった感じで無感覚になっているのが分かり痛々しいです。

 お医者さんはハイジを山へ返すようにいいますが、ゼーゼマンさんは病気のまま
帰すわけにはいかないといいます。

 ハイジに厳しく当たったロッテンマイヤーさんに対しても怒ります。でもゼーゼマン
さんがもっと気を配っていればこんな事にはならなかったのでは?

ゼーゼマンさんも、大人になって見返すと微妙な人だ・・・





スポンサーサイト

| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 17:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |