HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジレビュー 37話 38話 39話

37話 「山羊のあかちゃん」

【物語】
 おんじはハイジを学校に行かせようと決心します。翌日おんじはデルフリ村に行き、家を借りる交渉をします。 おんじは子山羊を売って冬の間、家を借りようとしますが、それを聞いたハイジが悲しんだためおんじは諦めます。 その代わりにおじいさんはデルフリ村で建築途中で長い間放置された大きな家を見つけます。おんじは手を加えれば住む事ができると考えるのでした。

【感想】

ハイジ36-放置された大きな屋敷跡を見つけそこを改造し住もうとします。長い間放置されたようでこのように屋根などはなかったですね。
 クララから手紙がきてハイジが読むのを見ておんじ、ペーターは驚きます。

ハイジは字が読めるように なっていました!

 それを見ておんじはハイジを学校に行かせようと決心しましたね。フランクフルトでもハイジは
ずっとおんじの事を想っていました。そんなハイジを見ておんじはその頑なだった心を開きます。

 原作ではハイジがキリスト教の教えをおんじに語って聞かせ、頑なな心を開くのですがね。


38話 「新しい家で」

【物語】
 冬の間おじいさんとハイジはデルフリ村の古い家で過ごす事にしました。短い秋は過ぎ去り、いよいよ新しい家に移ります。ハイジはボロボロの大きな家を見て驚きますが、中に入るととても大きくて素敵な家でした。そしてハイジは学校に行きますが、授業が始まってもペーターは現れません。2時間目の授業中にようやくペーターは戻って来たのでした。

【感想】

ハイジ・38-屋敷に大な暖炉がありました!おんじはあちち修理し住めるようにします。
 おんじはようやく冬の間だけ山を降ります。そしてハイジはボロボロの大きな家を見て驚き
ますが中は以外に立派で素敵な家でした。

 でもこういういいボロ家を直して住める家にするのは楽しいイメージあります。子供にとっては
ワクワクするシュチュエーションであり視聴者も何か楽しく感じますよね。

 ・・・まぁ・・・現実はそんなに甘くはないでしょうが(^^



39話 「がんばれペーター」

【物語】
 ペーターはハイジの家に行った時、おんじの木工仕事に興味を持ちました。デルフリ村の学校でソリ滑り競争が行われますがペーターには競争用のソリがありません。その為ペーターはおんじに教えてもらい競争用のソリを自分で作り上げたのです。そしてソリ競争の日、ペーターのソリは一等となってハイジやおんじを喜ばせたのでした。

【感想】

ハイジ38-ペーターの活躍が見られるので、貴重な回でもあります(^ー^;
 今回はペーターの回といえますが、全52話ありますから脇キャラのペーターにエピソードが
あります。それよりペーターを見ると感じるのは、ペーターってアニメキャラだよね(^ー^;

 ペーターがハイジを好きというの恋愛感情とは無関係だった
ハイジとクララは住む
世界が違うとかもスルー・・・

 ペーターくらいの年ならそういうの分かりそうだけどそういう話とかは無し。ペーターをアニメ然
としたキャラにすることで複雑な話をスルーした感じはしますね。



 


スポンサーサイト



| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 08:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |