HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 4話 5話 6話

4話 「新しい友達」

【物語】
 ネロはウナギを釣ろうとアントワープへにある運河で釣りをしているとジョルジュとその弟のポールと知り合いになりました。そこへハンスの馬車が通りかかり乗っていたアロアは一緒に釣りをすると言って馬車を降りてしまいます。皆で釣りをしているとポールが運河に落ちてしまったのです。それを見たネロはポールを助けようと泳げないのに自分も運河に飛び込み、ちょうど通りかかった船に助けられました。弟を助けようとしてくれたネロを見直し、ジョルジュとネロは親友になるのでした。

【感想】 
フラン・4-フランダースの犬」で一番嫌われているのは、二枚舌のハンスかも?
 ハンスはコゼツ旦那に少しでも取り入ろうと、息子アンドレとアロアを仲良くさせたかった
ようですね。 逆に自分の借家を借りてる貧乏人のネロとアロアが仲良くするのが気に入ら
ないのです、ハンスは。

 確かにハンスがネロを執拗にいじめる理由のようなものはきちんと描かれています。そういう
意味でハンスは人間味のある悪役といえるかも。

しかし生々しいリアリティありすぎの悪役ではありますが・・・ 
 

5話 「パトラッシュ」

【物語】
 ネロはジョルジュとポールに会い壊れかかった塔に登るとネロの目に金物屋とあの犬の姿が目に入ります。そこで犬がパトラッシュという名前である事を知ります。 ネロは喉の渇いたパトラッシュに水を飲ませてやりたいと思い金物屋が酒場で酒を飲んでいる隙にパトラッシュに水を飲ませてやるのですが金物屋にみつかり突き飛ばされます。ネロは村に戻ってからもパトラッシュの事ばかり考えていました。

【感想】
フランダース5-ネロに水をもらうパトラッシュ。その後ネロたちは金物屋に追い払われます。
 今回金物屋に連れられた犬が「パトラッシュ」という名前である事を知ります。
 
 冷静になるとネロが「パトラッシュ」と名づけた訳ではなく名付け親は「金物屋」(多分)だった
りしますが・・・原作は誰がパトラッシュと名付けたかは分かりません。

 それとネロやたらにパトラッシュに入れ込んでます。やはり助けているうちに情が湧いたのだと
思いますね。


6話 「がんばれパトラッシュ」

【物語】
 今日は月初めのセリ市なので、金物屋も屋台をパトラッシュに引かせてアントワープに向かいます。しかしとうとうパトラッシュは力尽きて倒れてしまいました。金物屋は倒れたパトラッシュを土手から突き落とし、自分で屋台を引いてその場を立ち去ってしまうのでした。ネロはパトラッシュを見つけるとおじいさんと二人でパトラッシュを荷車の荷台に乗せ家まで連れて帰るのでした。ネロはパトラッシュを納屋に移し一生懸命看病するのでした。

【感想】
フランダース6-ついに疲れ気って金物屋に捨てられるパトラッシュ。逆にこの後ネロとの出会いがあります。
 金物屋はパトラッシュを土手から突き落としますが「フランダースの犬」で一番の悪役は
この金物屋でしょう。最後まで改心せず天誅もなかったですし、しかもこの後も再度登場
しますから余計そう感じます。

 でもパトラッシュは小さい時から金物屋にずっと虐待されていたというのはなんともやりきれ
ません、多分10年近くですから・・・パトラッシュにとってもトラウマではすまない傷でしょう。



 

スポンサーサイト



| フランダースの犬の関連記事 | 16:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |