HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ 抱きぐるみユキちゃん


アルプスの少女ハイジ 抱きぐるみユキちゃん
定番の山羊のユキちゃんのぬいぐるみ。
 ピッチーのぬいぐるみもあるけど、どのくらいの人が
覚えているのかな(^-^;







 

スポンサーサイト

| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ ミニフィギュア



『アルプスの少女ハイジ ミニフィギュア』
上はハイジ、おんじ、ペーターさんのセット。
下はハイジ、クララ、ロッテンマイヤーさんセット。
ロッテンマイヤーさんが入っているのは印象に残った
キャラだからでしょうか(^-^






 

| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 22話 23話 24話

22話 「イギリスからの贈り物」

【物語】
 ネロはアロアがイギリスに行こうとしていたのはイギリスの学校で勉強する為だとおじいさんから教えてもらいます。アロアはイギリスへは絶対行かないと言いますがネロはイギリスに行って勉強した方がいいよと言ってしまった為、アロアを怒らせてしまいました。 エリーナはネロがアロアのイギリス行きを薦めてくれたのを知りアロアとネロを早く仲直りさせます。アロアはネロと仲直りをすると明後日は自分の誕生日だから来てねと言うのでした。

【感想】
フランダース22-ソフィアから貰ったガラス玉をネロに上げます。子供のころはこんなものでも宝物でしたね(^^
 イギリスのソフィアから贈り物が届きアロアにはきれいなガラス玉が入っていました。
早速アロアは1つをネロにあげようと出て行きます。

 前から気になっているのが、アロアは何かやたらにネロに入れ込んで見えます。

とにかく「ネロ、ネロ」と言っていますが・・・ 

 恋愛感情があるわけないですし、どうやら純粋に友達としてネロが好きという感じかな?
それはいいのですが、ネロとパトラッシュの話は何処へ・・・(^-^;

そして次回から「アロア」シリーズの始まりです。


第23話 「アロアの誕生日」

【物語】
 ネロはアロアの誕生日に招待されプレゼントにアロアの一番好きな花を贈る事にしました。ネロはアロアに花を渡し食事が済むとネロとアロアは村の子供たちと一緒に家の中でかくれんぼを始めます。その時テーブルのコゼツ旦那が大事にしていた花瓶が落ちて割れてしまいコゼツ旦那は激怒してしまいます。ネロは花瓶を割った犯人にされてしまい、またもコゼツ旦那の気分を損ねてしまうのでした。

【感想】
フラン・23-今回ネロはコゼツの大事にしている花瓶をわります。ネロだけのせいではなかったのですが・・・
 今回の23話から27話までの5話のサブタイトルに「アロア」が入っています。

第23話「アロアの誕生日」 第24話「アロアの絵」  第25話「アロアがいない」 
第26話「さようならアロア」 第27話「アロアのいないクリスマス」

 「フランダースの犬」全体でも10話も入っています。自分は「フランダースの犬」はネロと
パトラッシュの物語と思っているんですが・・・ネロとアロアの物語のオマケにパトラッシュが
いる感じです(^^

 もちろんネロとパトラッシュのお話だけでは1年持たないのでアロアのお話しがあるのは
いいのですが多すぎな気も・・・まぁ、アロアは可愛いので嫌ではないですが(^-^


第24話 「アロアの絵」

【物語】
 今日は村人総出 の牧草刈りの日でした。牧草刈りは思いのほか辛い仕事でしたが、ネロは一生懸命働きました。コゼツ旦那が牧草刈りの様子を見にやって来ました。するとおじいさん一人が牧草の積み込みをしていたのです。ハンスはネロがアロアに草刈の手伝いまでさせたと言った為コゼツ旦那は怒って絵を描いているネロのところに行きました。コゼツはそこでネロの描いたアロアの絵を取り上げると1フラン渡そうとしましたがネロはそれを断ります。家に帰ったアロアはお父さんからイギリス行きの話を聞かされました。

【感想】
フランダース24-ネロの描いたアロアの絵を買い取ろうとするコゼツ。いくらなんでも子供の描いた絵を金で買おうというのもどうかと思いますね。
 ネロは、ジェハンじいさんの了解を得て牛乳運びをせずアロアの絵を描こうとしました。

ネロのこういうシーンも多いですよね(^^

 前も画用紙を買ってましたが、絵が好きなのは分かりますけど優先順位が違うのではと。

 パトラッシュという負担ができ生活は苦しくなっているの分かると思うんですが・・・

 コゼツが絵を描いているネロを怠けていると言いましたが 今までの状況を考えるとコゼツの
言っている事の方が正しい気がしますね。



 

| フランダースの犬の関連記事 | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 19話 20話 21話

19話 「金物屋が村に」

【物語】
 今日はおじいさんが金物屋にパトラッシュのお金を払う日だったのです。おじいさんは待ち合わせ場所の飲み屋に行きましたが金物屋とは一足違いで行き違いになってしまいました。その為、金物屋はネロの家に入り隠れていたパトラッシュをむりやり連れ去ってしまうのでした。ヌレットおばさんから聞きネロはパトラッシュを探しにアントワープへ走りだします。事情を聞いたおじいさんは悪い予感が当たったと思うのでした。

【感想】
フランダース19-金物屋がネロのいない隙にパトラッシュを取り戻しにきます。こうなるとこの金物や本当の悪党ですね。
 金物屋がまたでてきましたが、そうなんですよ、パトラッシュはまだネロのものではなく所有権
は金物屋が握っているんですよね。

 原作では金物屋はパトラッシュを捨てた後ケンカして死んでしまいますので、さほど重要な
人物ではないです。しかしアニメでは重要な人物になっているので執拗にでてきます。


20話 「どこまでも」

【物語】
 朝になってもネロはなかなかパトラッシュを 見つけることはできませんでした。その頃パトラッシュは 鞭で打たれてすっかり怯えていましたがしだいにネロの匂いが強くなって来るのを感じていました。パトラッシュはとうとう紐を引きちぎって金物屋のもとから逃げ出したのです。そしてネロはパトラッシュをみつけ抱き合って再会を喜びました。

【感想】
フランダース20-パトラッシュは多分初めて金物屋に逆らいネロの元へ行く行動をします。金物屋が何故パトラッシュを諦めたのかは謎ですが・・・
 ネロと一緒にジョルジュとポールもパトラッシュを探します。その頃パトラッシュは金物屋に鞭で
打たれていましたがネロが近づいているのを感じ紐を引きちぎり逃げだします。
 
・・・しかし金物屋はこれっきり出てきません。

 何故諦めたのか?しつこくたかってきそうな性格なのに?パトラッシュはネロを慕っていたので
「自分の意思」で逃げるという行為をしましたね。

 しかし作劇的には金物屋がパトラッシュを諦める描写がないので不自然な展開になっている
気がします。


第21話 「船で来たお客さま」

【物語】
 その日、コゼツ旦那の妹ソフィアとその娘アニーがイギリスからやって来てコゼツの家を訪れました。コゼツ旦那はアロアをイギリスの学校にやりそこで教育を受けさせようとします。ネロもアロアと別れるのは嫌でしたが、ネロにはアロアにイギリスに行くなとは言えません。アロアがイギリスに旅立って行く日ネロはパトラッシュの絵を贈りたかったのです。 しかしイギリス行きはアロアが猛反対したのでとりあえず今回のところは中止になったのです。

【感想】
フラン・21-アニーはネロの絵を見ても、さほど感心しませんでしたね。
 アロアはソフィアに満足に挨拶もできなかったですね。小さいというのを考えても確かに礼儀
がなっていないです。

お母さんのせい?お父さんのせい?

 ネロもイギリスに行くアロアを見送る気にはなれなかったですが、結局アロアから行かなかった
と聞かされます。確かに寂しいのは分かりますが、アロアに面と向かって「さよなうなら」もいえ
ないネロって・・・



 

| フランダースの犬の関連記事 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ タオル







アルプスの少女ハイジ タオル』
アルプスの少女ハイジ」のタオルです。
ユキちゃんが描かれ可愛らしいです。
動物のユキちゃんの方が絵になりますね(^^








 

| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルプスの少女ハイジ ハンカチ

アルプスの少女ハイジ ハンカチ
ハンカチもキャラクターグッズとしては定番。
手作り感覚のあるハンカチですね(^-^







| アルプスの少女ハイジの関連記事 | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 16話 17話 18話

16話 「10サンチームの写生帳」

【物語】
 ネロは分厚い帳簿もあっという間に絵を描きつくしてしまいまた紙がなくなってしまいます。おじいさんとネロがいつものようにアントワープに行った時ミッシェルおじさんに出会いました。ネロはお金が欲しくて、ミッシェルおじさんの手伝いをします。薪を詰み出し口まで運ぶの仕事を9日で終わらせたネロはミッシェルおじさんは感心し10サンチームを渡します。ネロはそのお金で店に入ると真新しい画用紙と鉛筆を買ったのです。

【感想】
フランダース16-とにかくネロは画用紙と鉛筆のために働きます。好きなもののためには頑張りますね。
おじいさんとパトラッシュが牛乳運びでアントワープに行った時、ネロは一人残り絵を描くの
優先するのはどうも・・・

 絵に対する情熱があるとはいえパトラッシュを飼って生活が更に苦しくなっている状況なのだが
・・・そもそもパトラッシュを飼おうとしたのはネロなので絵など描いている場合ではないのでは?

ミッシェルおじさんを手伝って10サンチームで画用紙を手に入れるのもそう感じます。

何故、絵画用具に拘るのかな?

 帳簿の裏でも絵は描けますからね。画用紙に絵を描きたいというのは分かりますが、今の生活を
度外視してまで買う理由が分からない。

 絵に対する情熱は画用紙に描きたいというのとは違う気がします。これが誰かに画用紙をプレ
ゼントされたというのなら分かるのですが・・・


第17話 「丘の上の木の下で」

【物語】
  ネロは画用紙に向かってパトラッシュの絵を描き始めました。パトラッシュの絵はその日の内に描けませんでしたが、アロアは明日のお昼の鐘が鳴るまでに完成させてほしいと言います。アロアはレース編みを完成させてネロに見せたかったのです。その夜、ネロはパトラッシュの絵を、アロアはレース編みをそれぞれの家で夜遅くまで続けるのでした。ネロもアロアも丘の上の木の下に行き、作品を見せ合いアロアも物を作る喜びを感じたのでした。

【感想】
フランダース17-ネロが初めて描いたのはやはりパトラッシュ。
確かに非常によく描けていますよね(^^
 やはり紙(画用紙)が貴重なのでしょう、ネロは中々絵が描けませんでしたね。  描き始める
のは大変でしたが、やはり初めて描いたのは

やはりパトラッシュでした(^-^

そしてアロアはレース編みをし生まれて初めて物を作り出す喜びを知りました。

 あとネロとパトラッシュの牛乳運びのエピソードあまりないですね。もう少しあってもいい気はし
ますが、どうでしょうか?


第18話 「いたずらっ子のクロ」

【物語】
 隣のヌレットおばさんのところに娘のミレーヌと主人のクロードがやって来ました。ミレーヌがやって来たのはヌレットおばさんに自分の家で暮らしてもらおうとしてでした。ミレーヌがヌレットおばさんを説得している間に、アヒルのクロが姿を消しネロはアロアと一緒に探しまわります。パトラッシュは岩場にはまったクロを発見します。事の一部始終を見ていた娘夫婦は、自分達のもとよりここの生活の方がおばさんにとって幸せだという事に気付き、そのままヌレットおばさんをそっとしておく事にして帰っていきます。

【感想】
フラン・18-数少ないネロの味方ヌレットおばさんですは、今回は引越しはしませんが・・・
 お隣のヌレットおばさんの下に娘夫婦が来て一緒に暮らそうと言いに来ます。

 今回はヌレットおばさんは帰りませんが、後半持病の為帰ってしまいます。今回はその為の伏線の
ような回といえます。ネロにとっての心強い人が段々いなくなるのを予感させるようなお話ですよね。

 同時にヌレットおばさんも、もう年というのもでてきます。ジェハンじいさんも同じですからこの辺り、
老いというものを「フランダースの犬」はリアルに描いています。



 

| フランダースの犬の関連記事 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT