世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 47巻 感想

ガラス47 

【ガラスの仮面 47巻 美内すずえ】

 前46巻が2010年10月の発売ですので、9ヶ月ぶりの「ガラスの仮面」47巻が
2011年7月26日に発売されたので買いました。

 早速読んでみましたが、今回は北島マヤと速水真澄の船上デートがありましたね。
というかこの47巻の半分以上が船上デートで占められています。
その船上でマヤと真澄がパーティーなどに出たりしますが・・・

ガラス47-1-←マヤのドレス姿に真澄は見とれます。

このドレス、今の流行のデザイン??
自分には微妙なデザインに感じますが・・・
どうなのでしょう・・・??

それにマヤは「ふたりの王女」の アルディス
を美しく演じて真澄はそれを見ているんで
この程度のドレス姿では驚かないのでは?

まぁ、アルディスは舞台の上での姿で
プライベートのマヤのドレス姿とは違うの
かもしれませんが・・・

それに真澄はマヤを見て「いつの間にか大人っぽくなってる」とか「まぶしく感じる」とか言ってるけど・・・ 今更そんな事・・・

その後も2人は船上デートを楽しみます・・・要するに進展しない恋愛話が続くんですが・・・
さすがにマヤと真澄の恋愛話はもういいのではと・・・紅天女は何処へ???

「11も歳下でちびちゃんだし何の取り柄もないけど・・」 とマヤは言っていますが・・・

11歳も年下というけどマヤはもう20歳 だし
真澄は31歳なのでたいした歳の差ではないのでは?

ちびちゃんと言っても女性で156センチ
なら気にする程でもないのでは?

何の取り柄もないって・・・「紅天女」候補で
今はもう大女優でしょうがあんた!!
-ガラス47-2

 冷静になればマヤは速水真澄、桜小路優、真島良、 里美茂と色々なイケメンたちに
好かれていて、 作中で一番もてている女性だったりします(^-^

ガラス47-3それと桜小路君がバイク事故を起こして
大怪我を負いました。

「紅天女」の一真役のためとはいえ みんな
満身創痍です。

桜小路君は怪我を押して紅天女の稽古を
しますが、一真の役を掴めるのか?

そして最後でやっと亜弓さんが登場しますが・・・ここで終了!!

この47巻では亜弓さんはほとんど出番がない・・・(>_<;

亜弓さんが見たい、というか
紅天女の稽古が見たいです。


というかマヤ、紅天女の
稽古しろよと!!

早く続きを描いて下さい!
美内先生!!
ガラス47-5
 



11_20110726000611.jpg 

ガラスの仮面 46巻

ガラスの仮面 45巻 ガラスの仮面 44巻


ガラスの仮面 43巻 
ガラスの仮面 42巻


ガラスの仮面関連本 ■ガラスの仮面関連DVD

ガラスの仮面関連CD







スポンサーサイト

| ガラスの仮面 | 01:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母をたずねて三千里レビュー 16話 17話 18話

16話 「ちいさなコック長」
 
【物語】

 フォルゴーレ号で一路ブラジルへ向かったマルコは炊事係の一員として元気よく働きます。マルコは自分がブラジルまで船に乗せてもらいロッキーや他の船乗り達と航海の話を聞いているうちに緊張も和らぎ、航海を楽しみます。そうしてマルコはロッキーや愉快な船乗りに囲まれて船の旅を楽しむのでした。

【感想】
三千里17-人の良いコック長でマルコの勤勉ぶりを高く評価します。
 フォルゴーレ号のマルコは大変とういより楽しそうな雰囲気です。コック長には気に入ら
れていますし、ロッキーや他の船員とも親しくなります。

こんな船旅してみたいと思わせる、フォルゴーレ号での航海!

 マルコが船員達と馴染んでいく過程が楽しく見られますし、船という限られたスペースで
マルコも走り回りますしロッキーは踊る(^^  マルコの旅は順風満帆としかいえません。


17話 「赤道まつり」
 
【物語】
 フォルゴーレ号では赤道を通る時に赤道祭りの盛大なパーティーが行われる事になりました。フォルゴーレ号は赤道を通過し、赤道祭りが盛大に始まりました。マルコはお母さんの後ろ姿を見ましたがそれはコックのチェザーレの変装でしたがマルコは怒ります。赤道祭りではちょっとした冗談が許される事になっているのです。マルコはコック長やロッキーに説得され気を取り直し、再び赤道祭りを楽しむのでした。

【感想】
三千里16-マルコが釣った魚料理。無駄に旨そうなのが良いですよね~(^^
 マルコの船旅も大体の事は前回でやっていますので今回は赤道祭りというイベントを
入れてきましたね。

 赤道祭りではコックのチェザーレがお母さんに変装したのでマルコが怒りますね。しかし
変装と分かっても「僕のお母さんだ」と言い抱きつきます。

 騙されたと分かりつつ拗ねたような行動をし、怒りと拗ねの行動をし寂しさのような感情
をうまく表現しています。


18話 「リオの移民船」
 
【物語】

 やがてフォルゴーレ号はリオデジャネイロに到着しました。ところがマルコが乗り換えるはずのエドワード号が座礁して修理に十日ほどかかると言うのです。しかしフォルゴーレ号は3日後には出港してしまいます。コック長とロッキーはリオデジャネイロの港でブエノスアイレス行きの船を探し続けました。ブエノスアイレスへの移民船がリオデジャネイロに停泊しているのを見つけました。その船は、あと15分で出港する為、マルコは大慌てで身仕度して、コック長にたくさん食べ物を分けてもらい、出港寸前のところでマルコはブエノスアイレス行きの移民船に飛び乗るのでした。

【感想】
三千里18-鞄や袋にいっぱいの食べ物を入れてくれて本当にいい人です。
 そして乗り換えのエドワード号が座礁して修理に10日かかる為コック長とロッキーは
ブエノスアイレス行きの船を探しだしてくれました。

 コック長食べ物をたくさん持たせたり本当にいい人だぁ。それとブエノスアイレス行きの
船に行く時アメデオがいなくて探し回るのもじれったくてハラハラする展開でいいですね。

 マルコはブエノスアイレス行きの移民船に飛び乗るのですが、慌しいためコック長や
ロッキーとの別れが湿っぽくならないのが返っていいです。

さぁブエノスアイレスへ向け出発!!そう思わせていきなり暗い移民船。
落差つけて次回へ引っ張りとは面白いはずです。



 


| 母をたずねて三千里記事 | 06:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年世界名作劇場 放送日と放送時間(関東)

2011年世界名作劇場
放送日放送時間関東

【東京メトロポリタンテレビジョン】

「小公女セーラ」
放送時間7月31日(日)17:00~17:30

第14話「深夜のお客さま」

「みなしごハッチ」
放送時間8月12日(金)17:30~18:00

「宝島」
放送時間8月13日(土)18:30~19:00


【千葉テレビ】

「小公女セーラ」
放送時間8月9日(火)19:00~20:00

第45話「ミンチン院長の後悔」

第46話「また逢う日まで」 


【テレビ神奈川】

「トムソーヤーの冒険」
放送時間8:00~8:30
8月8日(月)第33話~8月11日(木)第36話


【とちぎテレビ】

「家なき子」
放送時間17:30~18:00
8月8日(月)第49話~8月11日(木)第52話


【群馬テレビ】

「ジャングル大帝」
放送時間8月8日(月)19:30~20:00

「楽しいムーミン一家」
放送時間8月9日(火)19:00~19:30

「名探偵ホームズ」
放送時間8月10日(水)19:00~19:30



 



| 世界名作劇場放送日 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母をたずねて三千里レビュー 13話 14話 15話

13話 「さよならフィオリーナ」
 
【物語】

 マルコはエミリオからレナートが姿をくらませたと言われます。飲み屋で探し待ち伏せしてレナートを捕まえ、 喧嘩の末にマルコの移民船に乗る為のお金を取り戻すのでした。マルコは移民船に乗るのは無理でも、せめてフィオリーナを見送りに行こうと港へ駆け出します。波止場でペッピーノ一家はマルコが手紙を持ってくるのを待ちその時マルコはやって来たのです。マルコはお母さんへの手紙を渡しフィオリーナの乗る移民船をいつまでも見送るのでした。

【感想】
三千里13-2-レナートを見つけ掴みかかるエミリオ。相変らずエミリオ頼りになりますね(^^
 マルコやエミリオは待ち伏せしてレナートを倒しましたね。

子供2人で、よくこんな大人を倒したものです(^-^

 その後フィオリーナがアルゼンチンに行くのでマルコも行きたがります。しかしお父さんから
アルゼンチン行きを止められます。

 止められると逆にマルコのアルゼンチンへ行きたい欲求を強めるのでマルコの熱意が
伝わってきます。

こういう積み重ねが子供がアルゼンチン行く説得力を 持たせているんでしょう。 


14話 「マルコの決意」
 
【物語】

 トニオ兄さんが帰って来てミラノの機関車学校の本科生に合格し2年後には機関士となります。その為トニオは今までのように家に帰れません。トニオが帰った後、定期船のダ・ビンチ号が港に入って来ました。マルコとお父さんは港に駆けつけますがお母さんの手紙は届いていません。お父さんは診療所を休んでアルゼンチンに行けるかどうか仲間に問いますが、1ヵ月待ってほしいと頼まれます。マルコは明日ブラジルに向かって出港する快速船フォルゴーレ号の船員ロッキーと知り合います。そしてマルコは密航 しようと決心し荷物をまとめると暗くなるのを待ってフォルゴーレ号に潜り込んだのです。

【感想】
三千里14-マルコついにアルゼンチンに行く為に密航を企てます。そのバイタリティは凄いの一言!
 トニオ兄さんはミラノの機関車学校に合格しミラノに旅立ちます。お父さんも経営する
診療所を休んでアルゼンチンに行きたかったですが仲間に1ヵ月待ってほしいと言われ
行けません。

 こうして子供のマルコがアルゼンチンに行かなければ
ならない理由ができました(^^

 何よりマルコによると夏休みの2ヶ月間を利用してアルゼンチンに行ってお母さんに
会い元気な姿を見れば直ぐに戻ってくる。最初はこのくらいの感覚だったんですよね。

 何よりマルコのお母さんに会いたい、アルゼンチンに行きたい欲求が強烈です。
その欲求に皆が説得させられてしまうんですがね。


15話 「すすめフォルゴーレ号」
 
【物語】

 マルコの置き手紙を見つけお父さんはマルコがアルゼンチンに行こうとしている事を悟りました。フォルゴーレ号で一夜を明かしたマルコは船のコック長レオナルドに見つかってしまいます。フォルゴーレ号で密航者が見つかったと聞きにお父さんがマルコを引き取りに来ました。しかしお父さんはマルコの決意を知り、ダ・ビンチ号でマルコがアルゼンチンへ行けるよう手配してくれていたのです。マルコはお母さんのいるアルゼンチンに行ける事になり船はマルコを乗せてジェノバを旅立つのでした。

【感想】
三千里15-フォルゴーレ号の船員のロッキーは、頼りになる兄貴ですね。
 「母をたずねて三千里」は子供1人を外国のアルゼンチンに行かせる無理があるんです
けど、順序だててクリアしてるのが分かります。

 お父さんもお兄さんもイタリアを離れられない、その為マルコが行きますが夏休み2ヶ月間
でアルゼンチンに行きお母さんの様子を見たら帰ってくる。

 これでもまだ無理があるんでマルコが乗るフォルゴーレ号の船員達はもの凄くいい人たち
ばかり。お父さんもそうですが視聴者もこれなら大丈夫と思ってしまいますよね。

 あとマルコがお母さんに会いたいという強い意志。マルコはお母さん好きなのでマザコン
とか言われちゃいますが、マザコンと思われるくらいのキャラじゃないとアルゼンチンに行く
説得力がでないんです。

 リアルで考えたら9,10歳の子供一人を外国に行かせるわけないのですが説得力に積み
重ねでありえる話にしていますね。



 


| 母をたずねて三千里記事 | 02:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたの街のあらいぐまラスカル

ゲオ1 

「あなたの街のあらいぐまラスカル

自分の街の「あらいぐまラスカル」を見つけましたので紹介します。
見つけたのはレンタルビデオショップのGEO ゲオ

自分の街の「ゲオ」はアミューズメントパークを
兼ねているのですぐに見つけられました。

≫ Read More

| あらいぐまラスカル | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 わたしたちの好きなアルプスの少女ハイジ

ハイジ00



別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ

別冊宝島のわたしたちの好きなシリーズの「アルプスの少女ハイジ」です。
一冊すべて「アルプスの少女ハイジ」なので読み応えはあります。


1_20110703143200.jpg 

カラーページでキャラクターについて色々書かれてあり楽しめますね。 
その代わり設定資料とかはないので絵が好きな人には残念としかいえません。


 2_20110703143206.jpg

「アルプスの少女ハイジ」グッズなども紹介してあります。
さすがハイジ、たくさんのグッズが未だに売られています。


3_20110703143211.jpg 

インタビューは監督の高畑勲さん、ハイジに対しての「愛」を語っています。
当時の制作模様や裏話などが読めて面白かったです。

まぁファンからすれば高畑監督のハイジに対してのインタビューは色々な本などで
読んでいるので、ここで掲載されたインタビューもどこかで読んだ内容ですがね(^-^

他の声優さんとかのインタビューがなかったのがやや残念かな。

一応原作についての話やアニメと原作の違いなどがあり「アルプスの少女ハイジ」
の入門書としてはちょうどいい内容だと思いました。





11_20110726000611.jpg 


アルプスの少女ハイジ商品記事

アルプスの少女ハイジ記事一覧






| 世界名作劇場関連本 | 05:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母をたずねて三千里レビュー 10話 11話 12話

10話 「かあさんのブエノスアイレス」

【物語】
 コンチエッタは冷たい雨に打たれ、とうとう風邪をこじらせますマルコは急いでお母さんが使っていた薬を上げますが熱と咳をとめる事はできません。マルコは診療所に行くとロンバルディーニ先生に診てもらうよう来てもらえる事になりました。ロンバルディーニ先生はコンチェッタとペッピーノ2人を安静にさせ2人を診察します。先生は無理をしなければ大丈夫だと言って帰って行くのでした。

【感想】
三千里10-1-お医者さんの適切な処置でコンチエッタは助かります。
 コンチエッタの風邪を診てもらおうとマルコはお父さんの診療所のお医者さんの所に
行きます。その時先生はマルコに

「いつから?どんな風に咳を?」とか容態を詳しく聞いていました。

 二人のやり取りだけでいかにもお医者さんらしく描かれているし病状がどんなものか
危機感のようなものがよく伝わります。

三千里10-ペッピーノの風邪に対するおまじないは笑えましたねw


11話 「おかあさんの手紙」

【物語】
 病気で療養中のペッピーノとコンチエッタ、興行ができないのでフィオリーナは1人で街角にて人形劇を始める事にしました。フィオリーナの人形劇に観客は集まらず、そこへやってきたマルコに励まされながら賢明に人形を操ると周りに見物人が集まってきて大盛況になりました。マルコは家に帰るとお母さんからの手紙が届いていました。手紙には体を壊して2~3日寝込んでいると書かれてあり、2ヶ月分の100リラ送りますと書かれているにもかかわらず、お金は入っていませんでした。マルコはお母さんの事が心配になるのでした。

【感想】

三千里11-フィオリーナの一人舞台は大盛況でした!
 フィオリーナは影があるだけではなく、自分にも自信がないという世界名作劇場でも
珍しいタイプのキャラです。

 というより他の世界名作劇場の女の子は聡明とか、お転婆とか立派すぎる子ばかり
なので余計そう思います。逆に感情を表現するマルコとの対比が明確にでてお互いが
際立って見えますね。

 フィオリーナは広場で操り人形を披露するシーンは前半の名シーンかも?

 マルコの能動的な行動がフィオリーナに明るさを与える。子供のマルコが影響を与える
のはフィオリーナのような同い年の子供のみ。

 子供に影響を受ける大人はあまりいないですから、当たり前のことを普通に描いている
のがいいですね。


12話 「ひこう船のとぶ日」
 
【物語】
 街はジェノバ一周に飛び立つ飛行船の事でもちきりでした。そんなマルコのもとにエミリオが海上の埋立地でアイスクリームを売ろうと訪ねてきました。会場には飛行船が飛び上がるのを見るため人が大勢来ておりアイスクリームは飛ぶような勢いで売れました。そしてエミリオは今日の売り上げでアルゼンチンに行ける移民船レナートをマルコに紹介してくれました。マルコにはアルゼンチンに行ける嬉しさで一杯でした。

【感想】  
三千里12-頼りになる相棒エミリオ!彼のおかげでアイスクリームはよく売れました(^ー^
 マルコはお母さんの事が心配とはいえ訪ねてきたフィオリーナに冷たく当たるのは可哀想
・・・その後、謝まりましたが。

 マルコの家にエミリオがアイスクリームを売ろうと訪ねてきました。マルコはフィオリーナには
つらく当たるもエミリオには簡単に気を許します。

 マルコは9、10歳なので小学4年生くらい、年齢から 女の子を意識するちょっと前の年齢
といえます。

 この年齢の子供らしく異性のフィオリーナより同姓のエミリオの方を優先させという当たりの
行動をとります。当然ながら、マルコがフィオリーナを異性と意識する事はないです。

その後はマルコ、エミリオ、フィオリーナの3人で仲良くアイスを売りました(^-^



 


| 母をたずねて三千里記事 | 05:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。