HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 51話 52話

51話 「二千フランの金貨」

【物語】
 ネロが最後の希望を賭けて出品したおじいさんの絵は落選してしまいました。その頃コゼツは銀行からおろしたばかりの2000フランを雪の中に落としてしまい慌てて探しますが見つかりません。そしてネロが雪の中歩いていると袋を見つけ中に2000フランもの 大金が入っていたのです。ネロは袋の縫い取りからコゼツのものと判断し家まで届けに行きました。ネロはコゼツの家でエリーナにお金を渡すと、エリーナの誘いを辞退し家に向かいます。家を出たネロは猛吹雪の中、おじいさんのお墓に立ち寄りお別れを 言うとまた歩き始めます。家に帰って来たコゼツは2000フランが家に届いている事を知りました。コゼツはネロの正直さを知りネロに償いをしようと決心しますが・・・そこへノエルじいさんがやって来るのです。

【感想】 
51_20110703105211.jpg「フランダースの犬」のラストは色々な意味で疑問が残ったのも確かです。
 アニメ「フランダースの犬」を見返すと殆どの人が疑問に思うのは何故ネロは死を
選んだのか?ということ。

 原作ではネロを助けてくれる人はいません。コンクールで一等を取れないのは即、
死に繋がります。その為コンクールでの落選はネロにとってすべてが終わった瞬間
です。

 それに対してアニメではコンクールに落選してもネロは木こりのミッシェルおじさん
の所に行けば助かりますし、生活にも困りません。

 しかしアニメのネロは落選したらすべてが終わったと考えているようです。ネロの
中から木こりのミッシェルおじさんの存在がいきなり消えてしまった感じです。 

 ネロはおじいさんのお墓に立ち寄り「もうダメなんだ」と言いますが視聴者には
何故ダメなのだ?と言う疑問の方が先にたちます。

 アニメではネロを助ける木こりのミッシェルおじさんの存在がある為物語に疑問が
出てしまっていますよね。
 
 まぁ、力の限り描いたおじいさんの絵が落選しそのショックで周りが見えなくなって
いたからかもしれませんが・・・


52話 「天使たちの絵」

【物語】

 ノエルじいさんはネロが風車小屋の放火犯ではないと真相を告げます。そしてコゼツとハンスはネロに謝る為、アロア、エリーナ、ノエルじいさんらとネロの家を訪れる事にしました。そこへジョルジュとポール、ミッシェル、ヌレットおばさんも訪れます。そこへヘンドリックというコンクールの審査員をした画家が訪れ彼はネロの才能を認めネロを引き取って絵の勉強をさせたいと言うのです。しかしネロは置手紙をして行方が分からない為村人全員で猛吹雪の中ネロの捜索が始まります。ネロは猛吹雪の中を歩き続けアントワープの大聖堂に入りルーベンスの2枚の絵が公開されている事に気付きます。ネロは夢にまで見たルーベンスの2枚の絵を見る事ができたのです。そこへパトラッシュがやって来てネロのもとに座ります。「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。何だかとても眠いんだ」ネロはそのまま倒れ込み再び目を開ける事はありませんでした。やがて大聖堂の天井から光がさし込み天使たち がネロとパトラッシュを取り囲み2人は天国へ召されたのです。

【感想】
52_20110703112620.jpg

 「フランダースの犬」の最終回は世界名作劇場のみならずアニメ史の中でも屈指の
名場面と言われています。

 しかしながらとにかくこの回慌しいのは確かです。まずコゼツの家にノエルじいさんが
やってきます。

 そしてネロの家にヌレットおばさん、ミッシェルおじさんが来てそこへアロアやコゼツ、
エリーナ、ハンスノエルじいさんも駆けつけます。それだけでなくジョルジュとポール、
そしてヘンドリックというコンクールの審査員をした画家まで訪れます。

ネロが生きていれば幸せが一杯あったと言わんばかりにネロの家に人が押し寄せます。
しかしながら・・・ 


52-1.jpg  
 ネロは大聖堂で夢にまで見たルーベンスの2枚の絵を見てパトラッシュとともに
天に召されます。


52-3.jpg 
 美しいラストシーンで何度見ても泣けます・・・しかし個人的にはアニメのネロは助かる
可能性があったにもかかわらず、それを投げ捨てて死を選んでしまった感があります。

 何というかネロの死が、後ろ向きな気がしてどうにかできなかったかと・・・

 アニメ「フランダースの犬」の黒田監督も分かっていたのか劇場版ではこの辺り整理して
物語を制作していましたね。

 でも「フランダースの犬」はバッドエンドのラストがゆえに人々に強烈な印象を与えた
傑作といえるのは確かでしょう。



 


スポンサーサイト



| フランダースの犬の関連記事 | 12:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランダースの犬レビュー 49話 50話

49話 「描けたよおじいさん」

【物語】
 ついにネロの絵ができあがり、おじいさんに絵を見せに教会の墓地へ行きました。そしてネロは途中で出会ったポールと一緒にアントワープの公会堂に行きおじいさんの絵をコンクールに応募します。家に着くとミッシェルおじさんが来ていて自分ところで暮らす事にしようと言います。でもネロはコンクールの発表のあるクリスマスの日まで待ってほしいと言いそれまでこの家で暮らす事にするのです。

【感想】
49_20110702210404.jpg-アニメではおじいさんの絵ですが、原作ではミッシェルおじさんです(^^
 ついにネロはおじいさんとパトラッシュの絵を描きおえ、ネロにとっての渾身の作品。
原作ではおじいさんとパトラッシュの絵ではなくミッシェルおじさんだったりしますが(^^

 そしてネロは発表のあるクリスマスの日まで家で暮らす事にします。何故木こりの
ミッシェルおじさんの家に行かなかったのかな?何せ発表まで3週間以上もあるんでね。

まぁ・・・ラストに向け家にいなければならない為なんですが・・・


50話 「発表の日」

【物語】
 ハンスがネロの家にやって来て、ネロを自分の借家に住まわせていると村人から白い目で見られてしまうので家から出ていけと言うのです。しかしネロはハンスにお願いしてクリスマスまで出て行くのを待ってもらうように頼みました。そし運命のコンクールの発表の日ネロはパトラッシュとアントワープの公会堂に行きました。そこで審査結果が発表されましたがネロの絵は落選してしまったのです。

【感想】 
50_20110702213524.jpg-コンクールの審査では、ヘンドリックという審査員がネロの絵を強く推しますが・・・。
 そういえばネロはミッシェルおじさんが置いていったお金を美術館でルーベンスの
絵を見るために使ってしまいます。

 何故ネロはそんなことに全財産を使ったのかな?ネロが絵を見るとパトラッシュも
犠牲になるんですが・・・結果パトラッシュが空腹で倒れてしまいます。

 いうまでもなくネロがお金を持っていると食べ物買えますから話が成立しないので
無理矢理使わせた感じです。 

 その後コンクールの審査でヘンドリックという審査員の一人はネロの絵を強く推しますが、
結果はネロの絵は落選してしまいます。



 

| フランダースの犬の関連記事 | 05:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |