HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あらいぐまラスカルレビュー 7話 8話 9話

第7話 「馬と自動車はどちらが速いか」

【物語】
 スターリングは釣りからの帰り途中で自転車がパンクしてしまいます。そこにコンウェイさんの荷馬車に出会ったので家まで送ってもらえました。ところが自動車嫌いのコンウェイさんと自動車に乗ったサーマンさんが道で出会ってしまいまた。2人は喧嘩をしついに馬車と自動車の競走が始まりました。サーマンさんの自動車は先に行ってしまいましたが、途中でエンジンが焼け切れてしまい、コンウェイさんの馬が勝利したのでした。

【感想】

ラスカル・7-当時の人たちは馬と車が、まだなんとか戦えると思えたんですね。
 今回はコンウェイさんの馬車とサーマンさんの自動車の競争です。1914年のアメリカの
田舎では自動車がまだ普及していなかったので自動車嫌いなんて人がでてきます。馬車から
自動車への転換期の時代ですね。

ちなみに今回の馬車と自動車の競争は、後に結果が描かれたりします。 

第8話 「蛙とボクシング」
 
【物語】
 ある日スラミーは蛙のジャンプ競争をオスカーに申し込み勝ったらラスカルを渡せとスターリングとオスカーに約束させます。しかしその後オスカーの蛙は死んでしまいスターリングとオスカーは新しい蛙お探しに行き捕まえます。その後スターリング家に着くとマーチンという有名な黒人ボクサーがいました。スターリングはマーチンからボクシングを学びます。そしてオスカーの蛙とスラミーの蛙とのジャンプ競走が行われ、オスカーの蛙が勝利します。それにスラミーは怒ってオスカーの蛙を足で踏みつぶしてしまいます。スターリングは我慢できなくなりスラミーと決着をつけようとし、昨日マーチンから教えられた通りのやり方でスラミーを見事に倒してしまうのでした。

【感想】
ラスカル8-スターリングは黒人ボクサーのマーチンから必殺パンチを教わります。「ケンカに勝つためにボクシングは教えられない」とかいう堅苦しいのはなかったですね(^^
 その後スラミーとオスカーのラスカルを賭けた蛙のジャンプ競争が始まります。結果はオスカー
の蛙が勝った為、ラスカルは助かりました!!

でもそれはいいのですが、それに怒ったスラミーはオスカー蛙を・・・

グチャッ!!・・・(>_<;;


ラスカル8-1-スラミーの右足の下に蛙が・・・しかもスラミーは靴でグリグリしていますので・・・間違いなく蛙はぐっちゃぐちゃ・・・
 スラミーは蛙を踏んづけました!子供は残酷といいますが、確かに(^-^;  
怒ったスターリングは黒人ボクサーから教わったパンチでスラミーを倒します。

 でもこれ少年時代なら誰でも憧れる格闘技をしている人から必殺技を習いそれでいじめっ子
を倒すという映画のような展開。「こんなことできたらいいだろうな・・・」という少年の夢を具現化
した回でしたね。

 まぁ、パンチ一発でいじめっ子に勝とうというのは虫がよすぎるけど・・・だから願望なんだが(^^


第9話 「お母さんの帰宅」

【物語】
 2ヶ月ぶりにお母さんがミルウォーキーから帰ってくる事になりました。スターリングは家に帰って来たお母さんにラスカルを紹介しお母さんもラスカルを気に入ったようでした。その後お母さんはどうせ死ぬのだったら生まれた町で死にたいと言います。お母さんはもし再発すればその時は命が危ない事を知っていたのでした。

【感想】
ラスカル・9-お母さんはブレーブスフォードに帰ってきましたが、覚悟の桔梗といった感じです。
 
 お母さんはブレーブスフォードの家に帰ってきましたが、死ぬのだったら生まれ育った故郷の
家がいいという理由からでしたね。なんというかお母さんの悟ったかのような発言です。

次回からスターリングとお母さんのつかの間の平穏が描かれます。





スポンサーサイト



| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |