世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペリーヌ物語レビュー 16話 17話 18話

16話 「お母さんの決意」

【物語】
 お母さんが病に倒れて10日たちましたが良くなりません。ペリーヌはお母さんの代わりに写真の商売に出かけますが子供の為に誰も写真を撮らせてくれる人はいません。何日かたつと宿屋に払うお金もなくなってしまいました。ペリーヌにお金がない事を悟ったお母さんは、お父さんから貰った形見の指輪を宿屋の主人に売って217フランというお金を作りました。このお金がなくならないうちにお母さんは馬車に寝たままマロクール目指し出発します。 

【感想】
ペリーヌ16-お母さんはお父さんから貰った形見の指輪を売ります。これで何とかお金を作りましたが・・・
 今まではペリーヌが口上をしお母さんが撮影していましたが、今回はペリーヌ一人でお客を
呼ぼうとしますが子供なので誰もきません。完璧に見えたペリーヌも子供に過ぎないお母さん
の存在がいかに大きかったか分かります。

 お母さんは、お父さんの形見の指輪を売って217フランというお金を作りました。ついにお母
さんは旅をする為の最後の切り札を使った感じです。

 お母さんがこのお金が尽きないうちにマロクールに行こうとするのも分かります。これがペリーヌ
とお母さんのほぼ最後のお金になるんですので。


17話 「パリの宿」

【物語】
 旅の途中にお母さんに医者に診せたりしましたが病気よくならず、そしてペリーヌ達はパリの入口でマルセルに逢います。マルセルの紹介でペリーヌたちはお母さんの休養を兼ねて2~3日、パリの下町のシモン荘という所に馬車を置く事にしました。ペリーヌはおじいさんに手紙を書いておじいさんにパリまで迎えに来てもらおうとお母さんは反対するのでした。

【感想】
ペリーヌ・17-シモン荘のシモンじいさんはとにかくケチですが、ここが一番安い貸家といい切ります。
 シモン荘の管理人シモンじいさんは馬車、ロバを置く金も取り 細かく金を要求しますね。
ペリーヌ達の手元には10フランも残っていませんので、今後お金の心配をしながらの生活に
なります。

 ペリーヌはおじいさんに手紙を書いておじいさんにパリまで迎えに来てもらおうとお母さんに
提案しますが、やはりお母さんは反対しましたね。含みのある展開で、何かおじいさんと両親の
間に何かあったのかと思わせ引っ張ります。


18話 「シモンじいさん」

【物語】
 ペリーヌは医者にお母さんの病気を見てもらうのですがお母さんは入院しなければならないほど悪くなっていました。お医者様は入院できないのならシモンじいさんのアパートを借りる事を薦めるのでした。ペリーヌはお金がなく、処方通りの薬を買う事すらできませんでした。困ったペリーヌは馬車や写真機をシモンじいさんに売ってアパートを借りる事にしたのです。

【感想】
ペリーヌ18-シモン荘のシモンじいさんですがケチでがめついです。しかしその後はペリーヌに協力するようになったので根はいい人でした(^^
 今回辺りからお母さんの診察代等で所持金がどんどん減っていきますので 、ペリーヌが
お金の心配をするシーンが増えていきます。ペリーヌの現在の所持金は約10フラン位です。

1フラン=100サンチームといういうのが当時のフランスの通貨単位。

 お母さんの診察料3フラン、薬代3フラン50サンチームで合計6フラン50サンチーム。
アパート代が1日40サンチームで2フランで5日泊まれます。

 これで残金は約3フランほど・・・これでは何もできないので馬車、写真機、インド衣装をシモン
じいさんに売り28フランを得ましたが・・しかしこれでもキツイ状態・・。

 お金という分かりやすいものがでてきますので、所持金の減り具合で今後の状況が分かり
その為緊迫感がある物語展開が続きます。





スポンサーサイト

| ペリーヌ物語記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーシー・メイの家庭菜園日記! その9

畑10-1

ルーシー・メイの家庭菜園日記! その9

【撮影日2011年10月30日(日)】

世界名作劇場1982年作「南の虹のルーシー」の
主役ルーシー・メイによる家庭菜園日記紹介シリーズ。

前回2011年9月23日(日)から1週間経ちましたが
今回も収穫しようと思います。

というより収穫もそろそろひと段落です。


ルーシー・メイ
ルーシー1- 「おお!またしても収穫ね!!」
父アーサー
父1「トータルでは結構、たくさん採れたな


≫ Read More

| ルーシー・メイの家庭菜園日記! | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「赤毛のアンの家」デアゴスティーニ

-赤毛のアンの家ディアゴスティーニ

2011年10月11日から発売
全100号 A2変形判 オールカラー 16ページ
創刊号790円 2号以降1490円(税込)




名作の舞台を再現する「赤毛のアンの家デアゴスティーニから登場。

週刊「赤毛のアンの家」は、小説『赤毛のアン』の世界観を
1/24スケールのドールズハウスとジオラマで再現するシリーズ。

毎号付属のパーツを組み立て、小説「赤毛のアン」に登場する
「アンの家(グリーン・ゲイブルズ)」のドールズハウスと、アヴォンリー村の
情景を凝縮したジオラマ(1/24スケール)を作り上げるもので
「赤毛のアン・ライセンス局」初の公認マガジンシリーズ。



毎号本に付録されている模型のパーツを揃え完成させるというのは
パートワーク(分冊出版)、週刊百科、ファイルマガジンとも呼ばれるものです。

1959年イタリアの出版社デアゴスティーニが百科事典を分冊・再編集・廉価化し
定期刊行したのが起源といわれています。
その為この出版社は今まで色々なシリーズ発売していましたね。

しかしこういうシリーズに最後まで付き合う人は少なく、むしろどんどん脱落する
人の方が多いので、売れば売るほど先細る、右肩下がりの販売方法。

つまり出版社は発売前からその右肩下がりを計算し、号が進むたびに
部数を減らしトータルでの儲けを考える変わった販売方法かもしれません。
 
そのデアゴスティーニから「赤毛のアンの家」が創刊されました。
創刊号はベットと玄関の一部で790円で買えますが、2号以降は1480円。

1ヶ月5920円 全号100巻となっているので、毎週発売でも2年かかり
全巻揃えると15万弱という計算になります・・・・。

1ヶ月5920円、全部で約15万円は高い!!

なによりこういうジオラマって場所取ってじゃまになるんだよね・・・(^-^;

地道に買って組み立てるか、発売終了後オークション等で買って済ませるか
難しい所かもしれません。




 



| 赤毛のアン | 07:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年世界名作劇場 放送日と放送時間(関東)


2011年世界名作劇場
放送日放送時間関東


【東京メトロポリタンテレビジョン】

「小公女セーラ」
放送時間10月23日(日)17:00~17:30

第25話「一日だけのシンデレラ」

「楽しいムーミン一家」
放送時間6:30~7:00
10月31日(月)~11月4日(金)

「みなしごハッチ」
放送時間11月4日(金)17:30~18:00

「宝島」
放送時間11月5日(土)18:30~19:00

「家なき子」
放送時間11月5日(土)16:30~17:00


【とちぎテレビ】

「ジャングル大帝」
放送時間8:00~8:30
10月31日(月)~11月4日(金)


【千葉テレビ】

「ガンバの冒険」
放送時間11月1日(火)17:00~17:30

「フランダースの犬」
放送時間11月1日(火)19:00~20:00

第15話 「古い帳簿」

第16話 「10サンチームの写生帳」


【テレビ神奈川】

「ジャングル大帝」
放送時間8:00~8:30
10月31日(月)第28話~11月3日(木)第31話


【群馬テレビ】

「ジャングル大帝」
放送時間10月31日(月)19:30~20:00

「楽しいムーミン一家」
放送時間11月1日(火)19:00~19:30

「名探偵ホームズ」
放送時間11月2日(水)19:00~19:30




 




| 世界名作劇場放送日 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペリーヌ物語レビュー 13話 14話 15話

13話 「アルプス越え」

【物語】
 ペリーヌ親子はイタリアの国境近くの宿場でジョセフと知り合います。ジョセフは自分のお母さんに写真を送りたいので写真を撮ってもらいます。翌日ペリーヌはジョセフの実家を訪れますが留守だったので馬車を進めますが途中で車輪を溝に落としてしまいまいます。そこへジョセフのお父さんがやって来て馬車を引きあげアルプスの山越えを手伝ってくれるのでした。

【感想】
ペリーヌ・13-宿場で働くジョセフに写真を撮ってあげますが、これがペリーヌたちの身を助けます。
 今回アルプス越えですが歩くだけではなく、馬車を押したりして女性2人ではかなりきつそうな
旅なのが分かります。そして霧に包まれて車輪を溝に落としてしまいます。

 お母さんは馬車を捨ててパリカールに写真機と食料を積んで歩こうと提案します。何というか
お母さん捨て身の方法に出たのがわかり切羽詰った感じがよく分かります。

 そこへジョセフのお父さんがやってきてペリーヌ達のアルプス越えを助けてくれました。しかし
2人は疲れ切り村にたどり着いたのはそれから2日後なので、このアルプス越えがいかに過酷
だったのがよく伝わってきた回でしたね。


14話 「美しい国で」

【物語】
 アルプスを越えてスイスに入ったペリーヌとお母さんは疲れ切ってしまいます。お母さんの為に花を採ろうとしたペリーヌは、岩場から落ちて足をくじきます。お母さんはペリーヌを早く医者に見せようとしますが近くの村には医者がおらず、医者のいるシェールの町は遠くにあるのでした。翌日、ようやくペリーヌたちはシェールの町に到着し、ペリーヌは医者に見てもらい足の骨には異状のない事を確かめると、さっそく2人は写真の仕事を始めました。

【感想】
ペリーヌ14-ペリーヌは花を取ろうとして崖から落ちて怪我をしまいます。ペリーヌらしからぬ軽率な行動といえますがこの位なら大丈夫と思ったのかな?
 アルプスを越えてスイスに入りましたが、ペリーヌとお母さんは疲れ切ってしまいました。
特にお母さんは身体の調子が悪く、やはりアルプス越えは相当身体に堪えたようです。

 その後ペリーヌはお母さんの為に花を取ろうとして崖から落ちて怪我をしましたね。・・・何か
ペリーヌらしからぬ軽率な行動で、少し違和感を覚えましたが・・・。

 花を取るくらいなら何とかなると思ったのでしょうが、その後お母さんは動けないペリーヌに
代わり2人分の仕事をしなければならず、身体に多大の負担をかける結果を招きます。ペリーヌ
の軽率な行動の代償は大きかったという事になってしまいました。


15話 「フランス!フランス!」

【物語】
 ペリーヌはレマン湖の畔の町にたどり着きましたが、町で警官に写真の商売を禁止されその後ジュネーブへ行く途中道を間違え森へ迷い込んでしまいました。ペリーヌたちの乗った馬車は暗闇の森の中で狼の群れに襲われ、怯え切ったパリカールは走り続けました。朝ペリーヌが土地の人に場所を尋ねると、ここはフランスだったのです。ペリーヌは喜びますが、お母さんは疲れがもとで倒れてしまったのです。

【感想】
ペリーヌ15-狼に追われるペリーヌ達ですが、パリカールの怯えて猛スピードで逃げる姿が印象的。捕まったら食べられるので当然ですが・・(^^;
 この回はフランスに行ける喜びと、相反するようにお母さんの心労が描かれています。
10日間お母さんは歩き通しで疲れきっていて、その上元々身体が弱かったですから少しづつ
体力を削られた為、体調がすぐれず時々目眩いをするようになります。

 その後ペリーヌ達は森で狼の群れに襲われる危機を味わいますが、いつの間にかフランスに
着いていた為ペリーヌは喜ぶます。しかし極度の緊張から解き放たれたからか、お母さんが
ついに心労で倒れてしまいました。

 「ペリーヌ物語」のペリーヌとお母さんの旅のエピソードは結構ありそうですが、実質今回
15話までで1クールくらいしかありません。むしろこの作品を見ていてキツイのは旅より、
その後の物語展開だったりします・・・。





| ペリーヌ物語記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケイトの食虫植物日記 その3

ケイト4-1

ケイトの食虫植物日記 その3

 

このシリーズはルーシー・メイの家庭菜園日記!シリーズ
姉妹企画で同じような植物飼育日記!

育てる植物はタイトル通り食虫植物の「ハエトリソウ」です。

この企画シリーズは世界名作劇場1982年作「南の虹のルーシー」
のケイトが案内役!(ルーシー・メイはケイトの妹です)


ハエトリソウを育て始めて1ヶ月近く経ちましたが
なかなか育てるの面倒な植物だったりします。


ルーシー・メイ
ルーシー1- 「あっ!『食虫植物日記』とタイトル普通になった!」
-
父アーサー
父1「というかまだ食虫植物育て続けるのか?」
ケイト
ケイト1「というか食中食物育てるの大変だったりして・・」


≫ Read More

| ケイトの食虫植物日記! | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペリーヌ物語レビュー 10話 11話 12話

10話 「写真機どろぼう」
 
【物語】
 ロッコは写真を撮る腕はピエトロの方が、お母さんより上だと言い張ります。しかし2人の写真を比べるとピエトロの写真はピンボケで、お母さん写真はきちんと撮れているのが分かりお母さんの方が写真を撮る技術が上と認めざるを得ませんでした。恥をかかされた事を恨みに思ったロッコ達は、深夜に写真機を盗もうとしますがマルセルに捕まえられます。しかしお母さんはそんなロッコたちを助けたのです。お母さんの親切に助けられたロッコたちはペリーヌたちとは別の道を進むのでした。

【感想】
ペリーヌ10-お母さんは写真機を盗みに入ったロッコとピエトロを許します。お母さんの偉大さが分かるエピソード。
 ペリーヌですが写真勝負の時、ロッコに対して「勝負すればあんた達が恥をかくわよ」
とか言って結局やり込めます・・ペリーヌにもこんな時もあったんですね~(^-^;

 しかしペリーヌはその行動をお母さんに諌められます。ペリーヌは強くて賢いけれどそれを
「人をやり込める」事に使ってはいけないと。そしてこの「ペリーヌ物語」の最大のテーマとも
いえるセリフをお母さんマリが言います。

「人から愛されるには人を愛さなければ」

 「賢さと強さを人から愛される事に使って欲しい」と、お母さんのこの一言は重いです。何より
ペリーヌはこの言葉を心に刻みそれを実践していくのですから・・・。

 その後お母さんはロッシ達の泥棒行為を許す事で、その事をペリーヌに教えます。最初お母さん
頼りなかったけど、この回で母マリのキャラが出来上がった気がしますね。


11話 「バロンがんばる」

【物語】
 ペリーヌたちは旅の途中湖によりますが、その時マルセルが子鹿を捕まえます。マルセルは調教しようと考えますが、お母さんに放するように言われ子鹿を放します。翌日、バロンの後から2匹の猟犬が追いかけて来てペリーヌたちに吠えかかります。バロンが拾って来た小鳥は猟に来たプラマ男爵が撃ち落としたもので男爵は小鳥を盗みに来たと疑います。しかし違うとわかるとペリーヌ達に写真を撮ってもらう事にしたのです。

【感想】
ペリーヌ・11-バロンは小鳥を咥えてきたので、この土地を所有するプラマ男爵に泥棒と勘違いされます。
 サブタイトルから分かるように今回はバロンが頑張る回といえますが、あまり役に立って
ない気もしますが、どうでしょうか?むしろ騒ぎを起こしている張本人ではと・・・w

 ・・今回はマルセルも一緒に騒ぎを起こしているのでどっこいどっこいですがね。まぁ、誰かが
騒ぎを起こさないと物語にならないので仕方がないといえます。

今 回、間が空いてしまった回を埋めるかのようなエピソードだった気もします・・(^-^;


12話 「たった二人の観客」
 
【物語】
 ペリーヌたちはミラノの町の宿場に泊まりペリーヌ達は、どの道を通ってマロクールへ行くかを検討します。道は険しいけど近道のアルプス越えのルートを選びます。マルセルはミラノでエトワールサーカス一座を見つけ両親と再会します。その後ペリーヌたちはアルプスのある北を目指しますが、そこへマルセルのお父さんとお母さんのマルセルが世話になったお礼にとサーカスを見てもらおうと考えていました。公演は夜でペリーヌ達は見られないのですがエトワールサーカスの団長の計らいでペリーヌたちの為だけに昼間に特別なショーを開いてくれたのでした。

【感想】
ペリーヌ12-ペリーヌ達はサーカス観覧をして楽しみます。マルセユはここで一旦退場しますが、その後再登場してまたしてもペリーヌ達を助けます。
 ペリーヌはおじいさんの元に早く行きたいのと金銭的な理由で近道であるアルプス越えの
ルートでフランスに行くというかなりの強行軍を考えます。

 しかしこれが原因で身体の弱いお母さんは大ダメージを受けてしまいます。さすがのペリーヌ
もお母さんの身体にそこまで負担がかかるとは思ってもいない感じでした。

 ペリーヌもそしてお母さんもアルプスという自然の山の恐ろしさをやや軽視していたようです。
次回はペリーヌとお母さんの無謀ともいえるアルプス越えが始まります。



 

| ペリーヌ物語記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。