HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あらいぐまラスカルレビュー 51話 52話

51話 「残された一週間」
 
【物語】

 スターリングとオスカーとアリスの3人は自転車でスターリングの知っている秘密の釣り場所へ向かいました。スターリングはラスカルをウェントワースの森ではなくコシュコノング湖の向こう岸に放すつもりだと言います。 ウェントワースの森に放すと人間に慣れたラスカルは再び町に出て来て人間に鉄砲で撃たれる可能性があったからです。アリスはラスカルを放す時、一緒について行きたいと言いますが、スターリングは1人で行きたいと言い断ってしまいます。

【感想】
ラスカル51-3人で釣りをしたりして残された一週間を過ごします。アリスが大物を釣り上げましたね。
 そういえばアリスはスターリングがラスカルを放す時、一緒に行きたいと言いますがスターリ
ングはラスカルとの別れを1人でやり遂げたかったので断わりますね。

 それとラスカルとの別れの時、泣いてしまうと思い、その泣き顔を女の子のアリスに見られる
のが恥ずかしいからというのもありました。

 女の子に泣き顔を見られたくないというのは男としては当然考える事で、逆にいえばラスカル
の別れで泣くのは確実という事ですね(^-^


52話 「別れと出発の時」

【物語】
 スターリングはラスカルを森へ帰す日を迎えます。アリスはラスカルに最後のお別れを言う為にスターリングの家までやって来ました。アリスと別れた後、スターリングは自分で作ったカヌーに乗って川をさかのぼります。岸に近づくとするとメスのあらいぐまがやって来たのです。「僕らの別れる時がとうとう来たんだ、行ってお前の幸せをつかめ。行けラスカル」スターリングは泣きながら最後の別れの場所から離れるのでした。次の日、駅にはオスカーやアリス、クラリッサおばあさんも見送りに来ておりスターリングは別れを惜しみながらも夏休みに再会を約束します。そして汽車はミルウォーキーを目指し走り始めるのでした。

【感想】
ラスカル52-1-スターリングは半年かけて作り上げたカヌーにラスカルを乗せ森へ返そうとします。
 スターリングはカヌーでラスカルを森へ帰しに行きます。カヌーを漕ぎながらラスカルと出会った
時の事、スリーレイクスでラスカルと別れられなかった時の事など思い出します。

 まず最初はスターリングとラスカルとの別れが描かれ話が進みます。岸に近づくとメスのあら
いぐまが現れ、それを見てラスカルは泳いで岸に向かいます。


ラスカル52-2-左がメスのあらいぐま。
ラスカルはスターリングを振り向いて見ますが切ない別れのシーンですね。
 第26話スリーレイクスの別れではラスカルはスターリングを追いかけてきたんですが、今回
はラスカルの方から別れていきますね。

 スターリングとラスカルの別れですが、第26話のスリーレイクスの方がドラマチックであの時
は別れられないという感情があったので結果ドラマチックなものになりました。

 しかし今回はラスカルとの別れを淡々とした描写にする事でスターリングの決意と成長を描い
たのだと思います。

 そういやスラミーまた出て未だにラスカルを自分の物にしようとしています。ラスカルから卒業
したスターリングとまだ卒業できないスラミー。 スラミーの子供っぽさとスターリングの成長がより
鮮明に分かるシーンでした(^^

そしてラスカルとの別れが終了した後はオスカー、アリスとの別れが描かれます。


ラスカル52-3-スターリングの乗る汽車はミルウォーキーを目指し走ります。スターリングの胸には万感の想いがあったでしょうね。

「ラスカル、いつまでも元気で暮せよ。さようならオスカー、さようならアリス。
        みんないつまでもお元気でまた会いましょう。僕も元気で頑張ります、みなさん。」

 少年時代の思い出が詰まっているブレールスフォードを離れ汽車はミルウォーキー目指して
走り続けるのでした。こうしてスターリングの少年時代は終わりを告げたのです。



 

スポンサーサイト



| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |