HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「赤毛のアンの家」デアゴスティーニ

-赤毛のアンの家ディアゴスティーニ

2011年10月11日から発売
全100号 A2変形判 オールカラー 16ページ
創刊号790円 2号以降1490円(税込)




名作の舞台を再現する「赤毛のアンの家デアゴスティーニから登場。

週刊「赤毛のアンの家」は、小説『赤毛のアン』の世界観を
1/24スケールのドールズハウスとジオラマで再現するシリーズ。

毎号付属のパーツを組み立て、小説「赤毛のアン」に登場する
「アンの家(グリーン・ゲイブルズ)」のドールズハウスと、アヴォンリー村の
情景を凝縮したジオラマ(1/24スケール)を作り上げるもので
「赤毛のアン・ライセンス局」初の公認マガジンシリーズ。



毎号本に付録されている模型のパーツを揃え完成させるというのは
パートワーク(分冊出版)、週刊百科、ファイルマガジンとも呼ばれるものです。

1959年イタリアの出版社デアゴスティーニが百科事典を分冊・再編集・廉価化し
定期刊行したのが起源といわれています。
その為この出版社は今まで色々なシリーズ発売していましたね。

しかしこういうシリーズに最後まで付き合う人は少なく、むしろどんどん脱落する
人の方が多いので、売れば売るほど先細る、右肩下がりの販売方法。

つまり出版社は発売前からその右肩下がりを計算し、号が進むたびに
部数を減らしトータルでの儲けを考える変わった販売方法かもしれません。
 
そのデアゴスティーニから「赤毛のアンの家」が創刊されました。
創刊号はベットと玄関の一部で790円で買えますが、2号以降は1480円。

1ヶ月5920円 全号100巻となっているので、毎週発売でも2年かかり
全巻揃えると15万弱という計算になります・・・・。

1ヶ月5920円、全部で約15万円は高い!!

なによりこういうジオラマって場所取ってじゃまになるんだよね・・・(^-^;

地道に買って組み立てるか、発売終了後オークション等で買って済ませるか
難しい所かもしれません。




 



スポンサーサイト



| 赤毛のアンの関連記事 | 07:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |