HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ペリーヌ物語キャラクター紹介


 
ペリーヌ-ペリーヌ・パンダボアヌ(鶴ひろみ)
 今作「ペリーヌ物語」の主人公で、利発で賢くしっかりした13才の少女。自分の力を試すのが好きで狩猟小屋で木の実や野草、魚などを使い料理を作り、はては靴や下着も自作してしまう。 トロッコ押しから英語を駆使してビルフランの秘書にまで上り詰める。

マリ
マリ・パンダボアヌ(池田昌子)
 ペリーヌのお母さん。イギリス人であるがインドで生まれインドで育ち、おそらくインド人とイギリス人のハーフと思われる。体が弱く病気がちで旅の途中パリで亡くなる。娘ペリーヌに多大な影響を与えたお母さんである。

エドモンド

エドモン・パンダボアヌ
 ペリーヌのお父さん。優しいお父さんだったがインドからフランスへの旅の途中、ユーゴスラビアのボスニアで肺炎の為、亡くなってしまう。


ビルフラン
ビルフラン・パンダボアヌ(巌金四郎)
 ペリーヌの祖父でエドモンドはビルフランの息子である。病気で目が見えなくなってしまったが7000人以上の労働者を抱えるパンダボアヌ工場の経営をしている。その為、息子エドモンドの帰りを待ちわびている。

ロザリー
ロザリー(黒須薫)
 マロクールに来たオーレリイ(ペリーヌ)を気遣い泊めてあげたり仕事を世話してくれた優しい少女。ペリーヌにとってロザリーは親友といってよい。「いひひひひ」と笑うのが彼女の口癖。

ポール
ポール(小山渚)
 ロザリーの弟。ペリーヌが工場で働いている間、いつもバロンの相手をしている。

お父さん
セザール(石森達幸)
 ロザリーのお父さん。シャモニという名の食堂を経営している。ペリーヌにステーキをご馳走した優しい人物。

フランソワーズ
フランソワーズ(遠藤晴)
 ロザリーのおばあさん。エドモンの乳母をしていたのでペリーヌをどこかで見た事があると思っていた。「オーレリィ(ペリーヌ)はエドモンド様の子供の頃そっくり」とビルフランに言ったのが結果的にすべてを解決させた。

マルセユ
マルセル(岡村悦明)
 エトワールサーカス団の一員である両親を追ってイタリアから一人で旅をしている少年。途中の町でペリーヌ達と出会い、イタリアのミラノまで一緒に旅をする。子供一人で平然と旅をしたりかなり大雑把な性格。

ファブリ
ファブリ(村山明)
 パンダボアヌ工場で機械技師をしていて、とても親切な人。ペリーヌの事を親身になって相談に乗ってくれたので、後にペリーヌはファブリにだけ自分がビルフランの孫である事を打ち明ける。

タルエル
タルエル(丸山詠ニ)
 パンダボアヌ工場の工場長。経営者としての能力は優秀だが、労働者をこき使う。
パンダボアヌ工場の後継者の座を狙っている為、時には秘書になったペリーヌにすら取り入るタヌキな性格。

テオドール
テオドール(田中祟)
 ビルフランの甥。ペリーヌには叔父にあたる人物。経営者としての才能は皆無に等しく、ビルフランはテオドールにパンダボアヌ工場を継がせる気はない。

婦人
ブルトヌー夫人(京田尚子)
 テオドールの母親でビルフランの姉。テオドールをパンダボアヌ工場の後継ぎにしたがっている。秘書のペリーヌにテオドールを跡継ぎにするのに協力して欲しいと頼んできた。

シモン
シモンじいさん(永井一郎)
 パリの下町でアパートを経営しているおじいさん。いつも店子に家賃の請求をしているが、その後ペリーヌと触れ合ってからは親切になる。

フィリップ
フィリップ(吉沢久嘉)
 ビルフランに雇われてエドモンの行方を探しにインドまで行ってきた弁護士。その後、エドモンドの消息や実の孫ペリーヌを的確に探したりとかなり有能な弁護士である。

ルクリ
ルクリ(麻生美代子)
 パリでペリーヌからパリカールをわずか30フランで買い取ったおばさん。しかしペリーヌが夏の暑さで死に掛けそうになった所を助け、介抱してくれた優しいおばさんだった。

女将
マルガレータ(吉田理保子)
 ラ・シャペルの町のパン屋さん。ペリーヌの5フラン硬貨を贋金だと嘘をついて巻き上げた人物。「ペリーヌ物語」では珍しい分かりやすい悪人ともいえる。

ポンテン
アンナ・ボンテンペルリ(中西妙子)
 イタリアのトリエステに住むお金持ちの貴婦人。6年前に娘のジーナが行方不明になった為、ペリーヌの姿を見てジーナだと思い込む。

ロッコピエトロ

(左)ピエトロ・ファンファーニ(大木民夫)
 写真師をしているが、マリと比べその技量は落ちる。弱気な性格なので相棒ロッコに押し切られ泥棒行為をする。

(右)ロッコ(野本礼三)
 ピエトロと一緒に旅をして口上などをする。ペリーヌ達の写真機を盗み出そうとするが、見つかった所をマリに許され改心する。


ゴルジモフ
ゴルジモフ伯爵(安原義人)
 ユーゴスラビアのクロアチアの伯爵様でクロアチア独立運動をしている。それが原因でオーストリアの兵隊達に追われるがペリーヌたちに助けられる。

バロン
バロン
 ペリーヌの飼っている変な顔の犬。
とても気まぐれでほとんど役に立たないどころか、飼い主のペリーヌに迷惑をかけまくる。
しかし最後にその変な顔が役に立つ。










スポンサーサイト



| ペリーヌ物語の関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |