HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

赤毛のアンレビュー 4話 5話 6話

4話 「アン、生い立ちを語る」

【物語】
 ホワイトサンドのスペンサー夫人の家へ向かう馬車の上で、アンは身の上を語ります。
アンはボーリングブローク高校のウォルター・シャーリーとバーサ という先生の娘でしたが
2人ともすぐに亡くなります。 赤ん坊だったアンはお手伝いに来ていたトマスのおばさんが
引き取る事になりました。しかしトマスのおばさんの家はとても貧乏で、大酒飲みの旦那さん
がいましたが酔っぱらって汽車にひかれて亡くなってしまいます。
 その後アンはハモンドさんの家に引き取られ2年暮らしますが、旦那さんが亡くなり
ハモンド夫人はアンを孤児院に送ります。アンは孤児院で半年暮らした後スペンサー夫人
に 引き取られグリーンゲイブルズへ来たのです。

【感想】
アン4-アンとトマス家の子供たちの回想シーン。
赤毛のアン」1979年の放送から30年経ちこのアンの過去(トマス家、ハモンド家、孤児院)を描いた「こんにちはアン」が2009年世界名作劇場として放送されようとはこの時、誰も思いつかないですよね(^^
 サブタイトル通りグリーンゲイブルズに来る前のアンの過去が、この回で分かります。
しかし知れば知るほど辛い過去・・・しかもこれほど辛い幼少期を過ごしながらアン自身
トラウマになっている様子がなく、それどころか驚くほど明るいのも冷静になれば不思議。

 これは原作者のモンゴメリーが、さほどアンの過去を深く考えていないからでしょう。
モンゴメリーは「赤毛のアン」を1作限りと思っていたので、アンの過去と現在との整合性は
あまり考えず、アンという突飛な女の子が巻き起こす騒動を書きたかったんだと思います。
アンが孤児というのも過去に対する呪縛がない人物で描き易かったからかもしれませんね。

 
5話 「マリラ、決心する」

【物語】
 アンとマリラを乗せた馬車はスペンサー夫人の家に到着しました。マリラが女の子では
なく男の子が欲しかったと言うとスペンサー夫人は行き違いにただ戸惑ってしまいます。
ところがスペンサー夫人はブルエット夫人が手伝いの女の子を欲しがっているから孤児院
に送り返す必要はないと言います。ブルエット夫人が来るとアンを品定めするような態度に
マリラはあの子を引き取らないとはっきり 決めたわけじゃないといいます。
アンはグリーンゲイブルズに置いてもらえるかもしれないという事が嬉しくてたまりません。

【感想】
アン5-ブルエット夫人が来るとまるで怯える子猫のような表情をするアンがなんともいえません。
今までの世界名作劇場作品と違いキャラクターの感情表現が豊かです。
 スペンサー夫人は困った人でもありましたが、結果はマリラ、マシュウに幸せを運んで
きた人になりました。ブルエット夫人のアンを品定めするような態度を見てマリラはアンを
引き取ると決めました。視聴者も思わずよかった!と思う瞬間ですしマリラの心情の変化が
よく描かれていましたね。

 その後アンはブルエット夫人を「キリみたいな人!」と言いあからさまに嫌悪します。
マリラにたしなめられますが、この時アンの癇癪の片鱗が描かれていました。

 マリラはアンを引きとる覚悟を決めた瞬間、つぶやくように自分に言い聞かせるセリフを
言います。サブタイトルの 「マリラ、決心する」とはこのセリフに現れていましたね。

「世の中を渡ってゆくにはには、それぞれ苦労を分けあわなくちゃならないけど、これまで
気楽にやってきた私にとうとう番が回ってきたようです」


6話 「グリーン・ゲイブルズのアン」

【物語】
 マリラはアンに次から次へと色々な用事を言い付け、働いている間、その仕事ぶりを注意
深く見守っていました。マリラはアンにグリーンゲイブルズに置く事を決めたといいます。
アンは喜びこのアボンリーで心の友が持てるかどうかをマリラに尋ねます。
グリーンゲイブルズに置いてもらえるといマリラは向かいの丘にダイアナ・バリーという名の
アンと同い年くらいのとってもいい女の子がいると言います。
それでもアンはまだ見ぬダイアナに、自分の心の友になってくれるよう願うのでした。

【感想】
アン6-グリーンゲイブルズに居られるようになったことを「雪の女王様」(画面に映っている木と花)に報告します(^^;

白い並木道を「喜びの白い道」、バリーの池を「きらめきの湖」、庭の木を「雪の女王様」・・ ・

 原作は小説なのでこれらのセリフをアンが話しても、文章なので客観視して読めます。
しかしアニメの場合はアンが、いかにも少女チック過ぎるセリフを声に出してしゃべるので
大の男には聞いてて、こっ恥ずかしいというのが本音・・(^-^;

 反面、女性にはその少女チックなセリフが楽しめるのかもしれません(多分)
たとえば自分もそんなセリフ言った事がある、もしくは言う気持ちは分かる、もしくはそんな
子がいた、という風に・・・多分だけどw

 それと今回アンの語る本棚の鏡に映った友人ケティ・モーリス。鏡に映った自分(アン)を
「ケティ」と名づけ友達となるエピソードですが、ここまでしなければ辛い現実から逃げられ
なかった思うと複雑。でもこの過去を背負ったアンと現在のアンは結びつかないです~
原作者モンゴメリーは過去と現在のアンの整合性を気にしていないと書きましたが、だから
こそこんな強烈な過去エピソードが書けたのでしょうね(^^









スポンサーサイト



| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |