HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

赤毛のアンレビュー 10話 11話 12話

10話 「アン、心の友と遊ぶ」

【物語】
 今日はアンはダイアナとままごとで遊ぶ日です。アンとダイアナはままごとに使う壊れた瀬戸物を用意し二人はそこでままごとを始めます。その後、気絶に憧れていたアンはダイアナと気絶の真似をしたりして遊びました。そしてダイアナはこれからは自分がクラスメートにアンの事を紹介すると言ってくれます。それを聞いたアンはダイアナが心の友になってくれとても嬉しく思うのでした。

【感想】
アン10-この回はアンとダイアナの遊び、おままごとが延々描かれます。そんなアンとダイアナがした遊び「気絶ごっこ」・・女性は気絶に憧れるのでしょうか??
 「あらいぐまラスカル」でスターリングたちのする遊びは時代の差はありますが男なら
共感できるのが多いです。カヌー作りや蛙飛び競争、ビリーザキッドごっことか。

 対してアンは11歳の女の子、そのおままごと遊びといわれても男には共感しようがなく・・
それよりその遊びの中でアンが目を潤ませながら

「わたし気絶に憧れるわ~」といのだけども・・・気絶に憧れる!?

 気絶する女性というのは映画、ドラマではよく見かけますが女性は憧れるのでしょうか?
ダイアナも「気絶ごっこ」をしているんでアンだけが、憧れているわけではないと思うし・・ 
 
 女性は気絶するほど「弱々しい自分」というのに酔えるということでいいのかな?
男は「気絶=情けない奴」になるので気絶に憧れることはないですよね・・・(^^;


11話 「マリラ、ブローチをなくす」

【物語】
 マリラは紫水晶のブローチがなくなったと言い出しました。アンは昨日針刺しに刺さっているのを見て手に取って胸に付けてみたと正直に言います。アンは確かに針山に返しましたが、マリラはアンがブローチを戻さなかったのではないかと疑われてしまいます。マリラは部屋中ブローチを探しますが見つかりません。アンはブローチを部屋から持ち出さなかったと言いますが、マリラには信じてもらえず、アンは自分から持ち出したと白状するまで部屋から出るなと言われてしまいます。部屋に閉じ込められるとアンはあれだけ楽しみにしていたピクニックに行けなくなるのです。

【感想】
アン11-マリラの紫水晶のブローチを胸に付けてみます。確かにこういうものがあれば付けたくなりますよね。
 マリラの紫水晶ブローチの紛失事件が今回と次回の2回続けて描かれます。
アンが盗んだのか? ブローチは何処へ行ったのか? アンの告白は一体?

 先の読めない展開で、マリラがアンに対して微妙に不信感が芽生えるために緊迫感があり
結構ハラハラしながら観られるミステリー的な話です。

そういや原作者モンゴメリーは「可愛いエミリー」でもミステリー的な話を入れていましたね。

 マリラはアンが嘘をついていると思い不信感を感じ嫌な気分になります。
この話はマリラ目線で物語が作ってありますので、視聴者もマリラ目線でものを見るので
マリラと同じようにアンへの不信感が出て嫌な気分になり、そして次回へ続きます。


12話 「アン、告白する」
 
【物語】
 アンはマリラにアイドルワイルドに行く途中もう一度ブローチをよく見ようとを外した時に湖の中に落としてしまったと白状しました。アンは白状してお仕置きを受ければピクニックに行かせてもらえると思っていたのです。 マリラは罰を与えなければならないと考えマリラはアンをピクニックに行かせるつもりはありませんでした。その後マリラは繕い物をしようとトランクを開けると、そこに湖に沈んでいるはずの紫水晶のブローチがあったのです。マリラはアンにどうして嘘をついたのか問いただすとアンはどうしてもピクニックに行きたかったから告白する事にしたと言います。マリラは謝りアンをピクニックにいかせるのでした。

【感想】
アン12-マリラはアンがなくしたはずの紫水晶のブローチを見つけます。服に付けてそのままトランクにしまったのを忘れていました。簡単に言うとうっかりミスでしたね。
 結局アンはブローチをなくしたこと告白します。やっぱりアンがやったのかと誰しも思い
マリラ同様に視聴者もショック受ける告白です!!

 それとピクニックには行かせないとマリラから言われたアンの大泣きはマリラは気が変に
なってしまったのではないかと思うほどで、山田さんの演技とあいまってインパクトあります。
赤毛のアン」においてのアン役の山田さんの演技の凄さを再認識。

 その後マリラがトランクを開けると、そこにはブローチがあり、アンに問うとピクニックに
行きたかったからしてもいないことを告白したと言います。
やっぱりアンはしていなかったんだとマリラも視聴者も安心した瞬間!

 このブローチ紛失事件はミステリー仕立てになっているので謎がすべて解けた時の
開放感のよさがあるんで印象に残るエピソードになりました。

 でも今回の話は冷静に考えれば理不尽な話。アンは一方的にブローチをなくしたと決め付け
られてた訳なのでマリラがアンに不信感持ったように、アンもマリラに不信感持ってもいい筈。
しかいそうアン(視聴者)に思わせないならないようマリラ視点に固定したのでしょうね。





スポンサーサイト



| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |