HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

赤毛のアンレビュー 19話 20話 21話

19話 「ダイアナの誕生日」

【物語】
 アンとダイアナは討論クラブ主催のコンサートに行き、そのままバリー家に泊まります。アンとダイアナはどちらが先にベッドに着くか競争し、二人でベッドに飛び込むとベッドの中には先客がいました。 ダイアナはベッドに入っていたのがジョセフィンおばさんだと気付いたので笑い出してしまいます。しかしアンが帰った後、ジョセフィンおばさんは昨夜の事をカンカンになって怒り、ダイアナに音楽を習わせる為の授業料を払わないと言い出す始末でした。アンはダイアナだけに責任を押しつける事ができず、ジョセフィンおばさんに謝りに行きます。ジョセフィンおばさんはアンにたいそう興味を持ち、もしアンが時々やって来て話を聞かせてくれるなら許すと言ってくれたのです。

【感想】
アン19-ジョセフィンおばさんは怖そうな感じでしたが根はいい人でした。かなりの頻度で登場する意外に重要な人物でしたね。
 アンは討論クラブ主催のコンサートに行きます。プリシーの詩の朗読やフィリップス先生
の劇など意外なものも見られましたね!でもギルバートの詩の朗読をアンは無視状態と
いうのは相変わらず。嫌いすぎて逆に猛烈に意識している証拠です、これってw

 今回ジョセフィンおばさんが登場、怒らせますがアンが謝り事なきを得ました。
さすがアン、相変わらずの謝り上手ですよね、彼女・・(^^


20話 「再び春が来て」
 

【物語】
 アンが勉強の為自分の部屋に戻り、ちょうど1年前自分がグリーンゲイブルズに来た日の事を思い出していました。その後マシュウはアンにブライトリバーまで馬車でドライしないかと誘います。マシュウとアンは1年前と同じようにリンゴの花が咲き誇る喜びの白い道を馬車でドライブするのでした。

【感想】
アン20-回想シーンのアンの

カスバートさん! 
カスバートさん!! 
カスバートさん!!!

改めて聞くとこれ印象に残ります。最初はぎこちなく感じたけど山田さんの演技とアンが完全に一致して心地よいです(^^
 アンがグリーンゲイブルズに来て1年になるというお話で回想シーンがあるので基本的に
今までのあらすじ紹介になっています。アンが来てもう1年になったんですね。

 でもマリラとマシュウはアンが来る前まで自分達がどんな生活をしていたか思い出せない
とか言っていましたが、視聴者も2人がどういう生活していたのか想像できません(^-^;

 マリラは1年前、アンがグリーンゲイブルズへやって来た日の事を思い出し、アンの
「コーデリアと呼んで」というのに吹き出していました。この頃はまだマリラは笑えたのですが
次回このシーンを回想する時はそうはいかなかったりします。


21話 「新しい牧師夫妻」

【物語】
 フィリップス先生が6月で学校を辞めてしまいます。皆フィリップス先生との別れを喜び別れの時が来てもみんな涙を流す事はないと言うのでした。だからアンも皆と同様平気なはずでしたが、しかしフィリップスの別れの挨拶を聞くと皆が泣き出すのでした。アンとダイアナが学校からの帰り新しい牧師夫妻を見かけ牧師夫妻をレイチェル夫人の家まで送り届けます。 そして日曜学校ではアラン夫人のこれまた楽しいお話や歌が子供達の間にセンセーショナルを巻き起こした。

【感想】
アン21-フィリップス先生との別れを想い出しとにかく泣く女の子たち。ひたすら泣きまくるのである意味、声優さんたちの泣き演技を堪能できます(^^
  フィリップス先生が学校を辞めるので女の子たちは先生との別れを喜び、涙を流す事は
ないと言ってました・・・しかし先生が別れを口にした途端女の子達は泣き始めますw

 ルビー・ギリスが泣きはじめたら他の女の子たちもつられて泣き始めるって・・もう完全に
悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい状態で笑えますね(^^

 アンは男の子は泣かなかったと言ってますが、女の子たちの泣きを見て引いたんだと思う。
というより男の子からすればフィリップス先生嫌いって言ってただろうと・・(^-^;

こういうシーンとか見ると「赤毛のアン」は女の子の話だと思いますね。

 「赤毛のアン」は基本的にアンやマリラなど女性中心でお話が進むので男性は蚊帳の外。
ギルバートは登場すぐ退場、フィリップス先生も今回で終わり、アラン牧師の出番は殆ど無く
ミセス・アランがメイン。男性キャラはマシュウくらいしか出てこなくなります。

冷静に見れば男性キャラは周到に物語から外されていくのが分かりますね。


 

スポンサーサイト



| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |