HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「赤毛のアン」のアンとダイアナのおままごとを見て

【「赤毛のアン」のアンとダイアナのおままごとを見て】

アン00

世界名作劇場1979年作「赤毛のアン」を去年2011年から見返し
「赤毛のアンレビュー」などを書いていました。

作品を見ていて印象に残ったのがアンとダイアナのおままごと。
女の子の遊びだな~と思いつつ、同時に懐かしい感覚に陥りました。

このおままごと遊びどこかで自分も味わったような気が・・・??

そうだ!思い返すと子供時代、小学3年生の頃に近所の
女の子と自分もしていた、おままごと遊び!!

その時自分と一緒におままごと遊びしていたのが隣に住んでいた
2歳上の ゛たいちゃん゛という女の子。


坂本・01
 
左からたいちゃん(小5) たいちゃんの弟よう君(幼稚園) 自分(小3)
近所に住んでた女の子で名前は失念w(小2) よう君の友達?

家の前の空き地にゴザを引きダンボール机とお菓子を並べそして
カセットデッキのマイクを使い歌っているところです。 


坂本・00 
(左)カセットデッキですが、この頃のはデカイですね~(^^
(右)小学3年生の自分。後ろに旗とか首にメダルとかかけています。

要はこの日たいちゃんたちとミニ運動会を開いているところですね。
写真からご近所の子供同士で仲良く遊んでいる雰囲気が伝わると思います。


いつもは自分、たいちゃん、よう君、女の子とこの4人でよく遊んでいました。
でも女の子2人いるんでしていた遊びは、お人形等を使ったおままごとでした。

お人形やぬいぐるみを使い、おもちゃの食器でするおままごと遊び・・・

そうアンとダイアナのおままごとみて懐かしい感覚があったけど、自分も
子供時代に女の子とおままごと遊びしていたんだな~と(^-^

こういうの子供の頃女の子と遊んだり、女の兄弟がいる男性の方なら
同じ経験あるのではないでしょうか? 


坂本・02  

しかしこんな風にたいちゃんたちと仲良く遊んだのも小学3年生頃まで・・。
小学4年生頃になると男という自我に目覚めてくるので、女の子と
お人形さん遊びに抵抗を感じてきたのを覚えています。

気がつけばたいちゃんとの遊びより男友達との付き合いを優先させてました。
まぁ、たいちゃんも年下の自分より、同級生との付き合いを優先させて
いたはずなのでお互いさまなのだけども(^^

そして自分が小学4年生の夏ごろたいちゃんは引っ越してしまいました。
その後は年賀状のやり取りしていたけど、自分が中学に上がる時にはぷっつり・・・


でもこうやってたいちゃんの事書いているけど、顔も思い出せなかったり・・
いや写真があるから顔は覚えているけど、どんなおままごと遊びしたとか
どういう会話したとか全然覚えていないです~
小学3年生9歳の頃のことを覚えているわけがないのですがね。

まさかアンとダイアナのおままごと遊び見て自分の子供時代を
思い出すとは思わなかった~


まぁそんな話を記事にしようと、たいちゃんとの写真を見ていたんですが

よ~く見てみると・・・気がついたことが・・・


 バロン・1
写真を見ていたら気がついたんだけどダンボール机の上の
この黄土色の犬どこかで見たことが・・・

・・・拡大すると・・・



バロン・2 

「ペリーヌ物語」のバロンじゃん!!

というかお前もう、この時から自分のそばに居たんかい~!!
写真を見返してびっくりしたよ~





 


スポンサーサイト



| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |