HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トム・ソーヤーの冒険レビュー 16話 17話 18話

16話 「トム・ソーヤーの葬式」

【物語】
 翌日、ベンはホームシックにかかり村に帰ると言いだします。さらにハックまでもが村に帰ると言いだした為、トムは2人に提案しあと2日だけジョンストン島に残る事にしました。その提案とは3人のお葬式の最中にひょっこり帰るという奇想天外なアイディアでした。そして2日後、教会でトムとベン、そしてハックのお葬式が行われる事に なりました。トムたちはこっそりと教会に忍び込みそして牧師さんの追悼の言葉を聞いているうちに思わず泣いてしまい、みんなの前に姿を現わして喜びの再会を果たします。

【感想】
トム16-感動の再会??そういうのかは微妙ですが、トムの計画は大成功です。とにかく3人とも無事で皆安堵しましたね。
 今回トムは自分達3人のお葬式中に帰るというアイディアを考えその通り実行しました!
でも大人になって見ると親族や村人達に死ぬほどの心配をかけているのに平気でこう
いうことするって、イタズラの度が過ぎているのでは?と感じちゃいます(^^;

 しかし子供から見れば自分の葬式に現れるなんて「痛快!!」と感じるんですよね。
自分も子供時代このエピソード見てそう感じていました~♪

 これは原作者マーク・トウェンが一番理解していて「トム・ソーヤーの冒険」のまえがきで
「子供時代を思い出して読んでくれ」と書いています。

 要は子供目線で作品が書かれているので、子供だと非常に感情移入しやすい!
反面大人になってみるとトムの行動を理性的に見てしまうので共感しにくい・・・w
子供と大人のいつ観たかで「トム・ソーヤーの冒険」の評価は変わるかもしれませんね。


17話 「運の悪い日」

【物語】
 トムたちがジャクソン島から生きて帰って来た事から、トムたちは村の人たちから英雄のように扱われました。トムは学校でも友達にジャクソン島での出来事を話し英雄気取りです。チャーリーは英雄のようにちやほやされるトムが気に入らず、トムの教科書にインクを滴らしたのです。しかしその様子をベッキーはすべて、陰から見ていました。 トムは自分の教科書にインクを滴らしてあるのをドビンズ先生に見つかり鞭で打たれます。学校が終わった後、家に帰ったベッキーは部屋で泣きました。本当はチャーリーがインクを滴らしたのに本当の事を言わなかった自分が悲しかったのです。

【感想】 
トム17-辛気臭い嫌がらせをするチャーリー。しかしトムが家出行為を自慢げに話せばこういう事するチャーリーの気持ちも分からなくはないです(^^
 今回トム達の行動を大人達は英雄のように扱い寛容さを示しますのに違和感あります。
家出して皆に心配かけたし、トムたちを探すのにかなりの税金がかかったのに・・(^-^;

 しかも帰ってきてトム達が厳しく叱られたり深く反省する描写が殆どなかったりします。
こういうの見ると「トム・ソーヤーの冒険」は子供目線で作っていているのがよく分かります。

 子供のトムを叱り反省させ改心させるような教育的なものはなく、あくまでトムの活躍に焦点
を当てて作っているんですよね。

 子供のトムを活躍されるのがメインなので「トム・ソーヤーの冒険」では大人の存在感が薄く
話によっては子供だけで物語が進んでしまいます。

 ポリーおばさんはトムの保護者なのですが、何で生計立てているのか分からないのでその
存在感殆どないです。子供をメインに子供社会を描いているんでこの作品では大人は子供
の話を盛り上げる脇役にすぎません。

 その為大人の視聴者は作品に入はり込みにくい事になるのですが、本来アニメは子供が
楽しむものなのでその点まっとうな作りをしている作品といえますがねw


18話 「痛い仲直り」

【物語】
 ベッキーはチャーリーに会い話すとチャーリーは仕方なくトムに間違ってインクを滴らしたと謝るのでした。トベッキーが教室に戻った時教室には誰もおらず、教壇の引き出しにある医学書に見とれてしまいました。そこへトムが背後から近づいて来たためベッキーは慌てて本の解剖図のページを破ってしまいました。 授業が始まりドビンズ先生は医学書が破れている事に気付き犯人探しを始めました。 トムはそんなベッキーを見ていられなくなりと名乗り出たのです。怒りに燃えたドビンズ先生はトムのお尻を鞭で何十回も叩きました。放課後、ベッキーはトムに抱きついてお礼を言いました。

【感想】
トム18-トムはベッキーの身代わりになり鞭打ちを受けます。トムの勇敢さが分かるエピソードですね。
 ベッキーが教壇の本を読んでいるとトムに脅かされ破いてしまいます。ベッキーはトムを
責めますが、トムはベッキーが何をしているか知りませんでしたし、そもそも勝手に引き出し
を開け本を読んでいたベッキーに問題ありでは?

 結果トムはベッキー代わりにドビンズ先生の鞭を受けます。そういやベッキーはチャーリー
の濡れ衣行為を批判していたのに、自分がした行為を名乗り出ませんでしたね。

 ベッキーは自分の行為を恥ずかしく思いトムにキスし感謝もしました。でもドビンズ先生に
正直に名乗りだす事はしませんでした。トムは立派ですがベッキーは微妙ですねw



 

スポンサーサイト



| 母をたずねて三千里の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |