HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トム・ソーヤーの冒険 感想

トム本 

トム・ソーヤーの冒険 感想

 「トム・ソーヤーの冒険」はその名の通り、少年の冒険物語といえます。
この作品のまえがきで原作者マーク・トウェインは「この作品を読む時は子供
時代を思い出して読んで欲しい」と書いているのですが・・・そう、この作品は
子供時代の夢やロマンをそのまま形にしたような物語が描かれます。

 それを示すような話に、トムは海賊になろうと家族に黙って村を離れ無人島に
家出をします。しかし村人たちはトムが川で溺れ死んだと思い込み捜索し最後は
お葬式まであげますが、トムはそのお葬式の最中に帰ってきます。

 これなどは大人からすればやりすぎの行為にしかみえませんが、子供から
見れば自分の葬式に戻ってくるのは、英雄的行為なのですよね。
この作品は忠実に子供目線で書かれているのが分かります。

 そして作品にインパクトを与えたのがインジャン・ジョーの存在でしょう。
インジャンとはインディアンの蔑称で、当時の人たちのよそ者に対する嫌悪と
恐怖の象徴的人物として描かれ、作品に緊迫感を持たせています。

 この作品は19世紀半ばのアメリカのどこにもありふれた村で、自由と冒険を
追い求めた1人の少年を通して描いた作品として不朽の名作といえるでしょう。
当時の開拓民の生活が如実に描かれており、我々の実現不可能な冒険心を
満足させる、そんな作品ではないでしょうか。 





アマゾントムソーヤーの冒険関連本

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

トムソーヤーの冒険竹書房文庫

トム・ソーヤーの冒険 DVDメモリアルボックス

トム・ソーヤーの冒険DVD(アニメ)

トム・ソーヤーの冒険DVD(実写)







 








スポンサーサイト



| トム・ソーヤーの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |