HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 19話 20話 21話

19話 「フローネ、狩りに行く」

【物語】
 お父さんたちは毎日狩りに行きましたが、なかかな動物を捕まえる事はできません。フローネはお父さんとお兄さんの狩りについて行き、帰る途中で山羊を見つけました。お父さんは鉄砲で撃とうとしますがフローネが助けます。その後山羊はフローネの後をどこまでもついてくるので飼うことにします。こうしてロビンソン一家は新鮮なミルクに不自由しなくなるのでした。

【感想】
フローネ19-山羊を飼うことにしたので、ロビンソン一家は新鮮なミルクには困らなくなります。これでミルク確保に成功しましたね(^^
 今回フローネはお父さんたちと狩に出かけますが、撃たれそうな山羊を助けたりしました。
前に難破した船に残した動物に、気を遣ったりしたフローネなので当然ともいえます。

 このフローネの動物愛護精神は子供のとき見たとき甘い考えに見えました。
「食う為に獲っているんで仕方ない」というフランツの方が正しく感じましたしね。

 ただフローネの動物愛護精神は相当なもので、最後の最後までその動物愛護の考えを
貫いたりして、その辺はご立派! まぁ、この辺はそのt期話しますがね(^-^


20話 「船がみえる」

【物語】
 ある日フローネが見張り台で何気なく海を見ていると双眼鏡に船の姿が見えたのです。お母さんは見張り台に備えてある薪に火をつけてのろしを上げ、お父さんは鉄砲を持ってカヌーで珊瑚礁に向かい鉄砲を撃って音で知らせようとします。船は方向を変えるとどんどん遠ざかってしまいます。お父さんもお兄さんも鉄砲の弾が尽きるまで撃ち続けましたが船はとうとう見えなくなってしまいました。みんなその日の晩はがっかりでしたがお母さんはこれでこの近くを船が通る可能性があるのだと言ってみんなを励ますのでした。

【感想】
フローネ20-沖を航行する船に気がついてもらおうと、素っ裸になり服を振るフローネ・・・彼女の脱ぎっぷりは気持ちがいいですね~(^-^
 フランツは冒頭でこのまま無人島に居続け、年老いるて朽ち果てるなら泳いででも島を
脱出し死んだ方がマシと言っていますね。
普通そう考えるのが当然といえ、毎日無人島生活などやっていられませんしね。

 そんな時に島の近くを船が通りかかります!しかしロビンソン一家の努力むなしく船は
行ってしまいました・・・ロビンソン一家もそうですが、視聴者の落胆も大きいです。

 しかしお母さんはこの島の近くを、船が通る可能性がある事を示唆します。そう、今までは
自分たちで脱出するかしかなかった感じでしたが、お母さんの発言で近くを通る船に助けら
れる可能性が出てきました。

これによりロビンソン一家の無人島脱出の選択肢が増えたんですよね。

 船が行ってしまい落胆が大きい回ですが、反面ロビンソン一家や視聴者にも希望が出て
きた回ともいえます。そういう意味で作品の最初の山場といえる回といえるかもしえません。


21話 「亀の赤ちゃん」

【物語】

 熱帯夜で寝られないロビンソン一家は浜辺で涼む事にすると沖からウミガメがやって来て浜辺に卵を生みだしたのです。フローネたちはウミガメの卵がかえるまで見守る事にしました。お父さんお母さんは塩を作る事にし、塩をたくさん含んだ砂を樽に詰めて上から海水を流し濾過します。濾過した濃度の高い塩水を煮沸して塩を結晶として取り出すのでした。数日後、ウミガメが卵からかえり海に向かって歩き始めたのです。

【感想】
フローネ21-1-
 物作りが楽しい「ふしぎな島のフローネ」ですが、今回やはり出てきました「塩作り」
「塩」は人間にとって絶対必要なものですからその作り方が出てくるのは当然ですね。

それに塩の場合、海がありますから比較的簡単に作り出す事が出来ます。
まずは海水を砂浜の砂に撒き乾燥させ、「塩の付いた砂」にします。


フローネ21-2-
 塩水を砂に撒く→砂を乾燥させる→その砂を塩水で流し濃い塩水を作る→
それを煮詰めて塩の出来上がり!
樽に塩の付いた砂が詰まっていて、その砂を塩水で流しさらに濃い塩水を作っています。


フローネ21-2-
 濃い塩水を鍋でひたすら煮詰めて「塩」を作り上げたロビンソン一家!でも塩の作り方は
誰が知っていたのかな?当時の大人なら常識で知っていたのかな?
今までは物を作る時は、どこかで作り方をしっていたのでね、不思議に感じました(^-^


フローネ21-4
 それとフローネがウミガメの卵を狙う蛇を追い払おうとしますが、逆に追われます。
砂浜だからか・・・フローネが駆けているのに、蛇は追いつくかと思うほど早い!

 しかしそれ以上に凄かったのはお父さん!! 素早く動く小さな蛇を一発で
射抜きました!スナイパー級の腕前で相変わらず凄いお父さんでした(^-^



 

スポンサーサイト

| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FABER-CASTELL 水彩色鉛筆 丸缶36色

鉛筆1-1  

 【 FABER-CASTELL 水彩色鉛筆 丸缶36色 】

今回は前から気になっていた「水彩色鉛筆」を買ってみました。

この商品は前の「コピック」などと違い、安いです!
(36色で2千円以内!アマゾンなら送料無料!)

前回「コピック」が24色では足りなかったので、今回「水彩色鉛筆」は
36色にしました。
基本的に混ぜられないので、やはり36色は必要な気がします。


鉛筆1-3
「水彩色鉛筆」は平面のタイプと丸缶タイプがありますが、自分は
丸缶タイプを購入しました。
丸缶タイプなら置き場所に困りませんのでね。

中には鉛筆と筆が入っていて、缶の下のキャップが水入れになって
いるのでこれ1つあればどこでも絵は描けます。


鉛筆1-5
(上)普通に色鉛筆で描くと、こうなります。
(下)水をつけた筆で塗るとこんな感じになります。

色を塗っては筆で溶かす感じで、描いていきます。


セーラ絵001
まず色鉛筆の黒で下描きで「セーラ」です(^-^
セーラは暗めの色を使うので、描きやすいか?



セーラ絵006
早速「水彩色鉛筆」の色鉛筆で描いてみました。
分かりにくいですが、普通の色鉛筆で描いた絵と同じです。

「水彩色鉛筆」は色鉛筆で描いてその後、その色を水をつけた筆で
溶かして水彩画のようにするものです。

しかしそれで描いてみると色が均一に溶けるので濃淡のない
色合いになっしまうんですよね。。


セーラ絵009
この絵は色を溶かして乾かし再度、色鉛筆で描き足し濃淡や奥行きを
出しました。

色鉛筆なら薄い色から濃い色を重ねて描き奥行きとか表現します。
水彩絵の具なら筆のタッチで色をつけ陰影などを描き表現します。

しかし水彩色鉛筆は、重ねて色を塗るのが難しいんですね。

色を付けた絵の具を溶かし乾かし、再度その上から色をつけたりしますが思ったような感じに描けませんでした。

個人的な意見ですが色鉛筆とも違い、水彩絵の具とも違う、中途半端な感じの画材に感じました~

これなら色鉛筆で描くか、水彩絵の具で描くか、どちらか絞った方がいいような気もしますが?

というよりも自分にはこの「水彩色鉛筆」を使いこなす技術がないのだ
なと感じます(^-^;;



11_20110726000611.jpg
■ 水彩色鉛筆関連本

■ 水彩色鉛筆商品


| 雑記 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 16話 17話 18話

16話 「我家の日課」

【物語】
 無人島に上陸してから1ヵ月が経過し、ブラックバーンロック号から持ち出した食料もいよいよ底を尽き始め、自給自足しなければなりません。幸いな事にヤシの実や果物は豊富にあったので飢える事はありませんでしたが、動物性の食料を手に入れる為にお父さんとお兄さんは朝一番に狩りに出かけます。お母さんは開墾に種を植え、そして10日が過ぎた時畑に芽が出たのです。 しかしそれから数日後、畑が野生の猪に荒らされせっかく出て来た芽をすべて食べられてしまったのです。

【感想】
フローネ16-お父さんとフランツは鳥や動物を狩りに、無人島の森を探します。都会人の2人は狩などしたことがないでしょうから、大変でしょうね
 船から持ち出した食料も底を尽き、ロビンソン一家は自給自足しなければいけませんが
しかし食料がなくて飢えで死ぬ心配は殆どありません。
何故なら島にはヤシの実や果物が豊富にあり、最低限の食物は確保できるからです。

 「フランダースの犬」のネロは文明社会の村に住んでいたのに、生活の糧を失い
最後に天に召されたのとは対照的といえるかもしれませんね。

 普通に考えれば、こんな恵まれた漂流生活ありえません。リアルな漂流生活を描けば
日々の食料を得るだけで 精一杯で話が暗くなる一方。

だからアニメスタッフはリアルな漂流生活を描くつもりはなかったでしょう。
無人島を恵まれた環境設定にする事で、ロビンソン一家はある程度余裕を持って生活し
そのなかで起こる出来事を描きたかったのだと思いますね。


17話 「おかあさんの畑」

【物語】
 数日間、お母さんは決意を新たに再び畑に今度は柵を作りました。お父さんとお兄さんは無人島から脱出する為の船を作る事になりました。その後、畑は再び荒らされ柵を作ったのに今度は鳥に種を食べられてしまったのです。お父さんとお兄さんの作ったカヌーの進水式が行われましたが、カヌーはすぐに沈んでしまいました。生木でカヌーを作った為カヌーが割れてしまったのです。お母さんは再び気を取り直すと、フローネとジャックに浜辺で貝殻を拾ってきてもらい、それを紐で結んで鳥よけにしました。そんなお母さんに触発されたお兄さんも再びカヌー作りにチャレンジします。

【感想】
フローネ17-お父さんはカヌーを作ろうと大きな木を切り倒しますが、途中から裂けてしまいます。それを見たお母さんは傾いている側をある程度切り、その後反対側から切れば、裂けないと言います。思わずお母さん凄い!と思ってしまいます(^^
 お母さんの畑は空から鳥に種を食べられてしまいました!が、お母さんは貝殻を紐で
結んで鳥よけにして、鳥を追い払う事に成功しました。

 でもお母さん実家が農家なら、猪や鳥がすぐ狙いに来る事分かるはずなんで最初から
対策講じればよかったんですが・・・まぁそれでは話になりませんね(^^

 同じ頃お父さんたちが完成させたカヌーは生木を使った為、割れてしまい沈みます。
今度は固い木を乾燥させ火で焼いて焦げた部分を削り気の遠くなる作業を得て完成。

 ロビンソン一家は色々なものを作り、失敗しながら諦めないで次に進みます。
今回は「ふしぎな島のフローネ」が端的にどういう物語か分かる回ではないでしょうか。


18話 「メルクルを助けて!」

【物語】
 ようやくカヌーが完成し今度は割れる事なく無事に進水式を済ませます。今日はフランツがジャックを連れて魚取りに出かける事にしました。サンゴ礁に船をとめてフランツは潜って魚取り、ジャックは近くの貝を集めます。ところがメルクルがオールに乗ってサンゴ礁の外の外海に流されてしまったのです。双眼鏡でその様子を見ていたフローネとオールのない事に気づいたフランツは慌ててメルクルを救出しようとしますが間に合いそうにありません。すると一緒にいたジョンが崖から滑り降りると海に飛び込んでメルクルを助けるのでした。

【感想】
フローネ18-今回はメルクルが危険な目に会うお話です。 マスコットキャラのメルクルがピンチになるのはお約束w ほのぼのとした展開から緊迫感がある回がきて飽きずに観ることができますね。
 今まで「ふしごな島のフローネ」を観てくると、この作品は「物作り」がテーマといえ
ロビンソン一家が失敗を繰り返しさまざまな物を作り上げていく様子が描かれています。

 同じような事をしたのが「ペリーヌ物語」ですが、ペリーヌの下着や靴など作りなどは
そうまでして物を作る必然は少なかったです。作るより買ったほうが安上がりですから。

 しかし「ふしぎな島のフローネ」は無人島が舞台なのですべて作らなければいけません。
木の上の家も、狼対策を考えれば必要なのです。
無人島を舞台にする事で「物作り」の楽しさを正面から描く事が出来たといえるでしょう。

 でも「物作り」だけではダレてしまうので、今回のような緊迫感がある話も入ってきます。
構成という点でも「ふしぎの島のフローネ」は非常によくできていますね。






| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 13話 14話 15話

13話 「フランツの目」

【物語】
 お父さんはお母さんたちに探検の報告をしここは無人島と伝えます。そしてフランツが木陰で休む為、枝を折ろうとした時にカワスに触ってしまい、フランツは目をやられて見えなくなってしまいました。お父さんはフランツの目を治す為に、薬をあるだけ使って治療を試みますが、フランツの目は良くなりません。家族みなでフランツを看病しました。そして10日目にフランツが目覚めた時、目が見えるようになったのです。

【感想】
フローネ13-怪しげな虫の体液をかけられ、目をやられたフランツ。無人島はこういう毒虫も恐怖の対象といえます。
 お母さんやフランツはここが無人島だと知って以来やる気を失っていましたね。
誰もいない無人島・・・友人もいなければ、他人も居ない生きていくだけで精一杯の日々、
やる気失うのが当然で、フローネのように無人島で大喜びする方が変わっています。

 というよりフローネのような超楽天主義がないと話が重く苦しくなるのですよね。
リアルに無人島生活を描けば日々の糧を得るのに、肉体も精神も疲れ切ってしまいます。

 物語は暗くなる一方ですから、作劇的にそうならないようにする為にフローネは どこまでも
楽天的でお転婆な、明るい性格のキャラにしたんでしょうね。


14話 「貝殻の歌がきこえる」

【物語】
 ロビンソン一家は木の上に家を作って、そこで暮す事にしました。お父さんとフランツは木を切りだして木の上に床や屋根を作り始め、お母さんは木登りしないで済むようにロープを編んで縄梯子を作ります。フローネはジャックは見張りだったので、フローネは退屈のあまり夕食を作っておこうとマングローブに乗ってザリガニを捕りますが、気付かぬうちにマングローブは海に流されてしまい帰れなくなってしまいます。ジョンがお父さんに知らせに行き、フローネはお父さんに助けられるのでした。

【感想】
フローネ14-フローネはマングローブ共々、海に流されてしまいますが、すぐに波の向きが変わり元の場所に戻ります。危機だったが実は心配する事ではなかったという展開で、視聴者に安堵感を与えました。
 ロビンソン一家は狼に襲われる危険性があったので、木の上に家を作ることにしました。
ふしぎな島のフローネ」で有名な木の上の家ですが作る理由は、「狼」の危険から身を
守るためというものでした。・・・面白いから作った訳ではないです(^^;

 この「狼」くんたちですが、その後も登場して大いに活躍したりします。
・・・でもこんな小さな島にあんな数の「狼」がいるのが不思議。食物連鎖の頂点にいる
「狼」を食べさせるためには、相当の数の草食獣がいなけりゃいけないのですがね(^^;


15話 「木の上の家」

【物語】
 1月27日はお母さんの誕生日。4日後にお母さんの誕生日を前にしてフローネとジャックは貝殻のネックレスを、お父さんとお兄さんは縄梯子を恐がるお母さんの為に、木の中に倉庫を作っていました。そのお母さんの誕生日の前日に狼たちが襲って来たのです。お父さんは家族とロバを連れて慌てて木の上の家に移動しましたが、お母さんは縄梯子が恐くてなかなか登れません。するとフランツが木の中に入れる扉に案内し、そこからハシゴで家に登らせたのです。狼たちは木の上までは登れず、あきらめて帰ってしまいました。その後お母さんは家族全員が健康なのが、何よりもプレゼントだと言って喜ぶのでした。

【感想】
フローネ15-冷静に見ると木はかなりでかく家を作るために、こんな上に木材を運ぶのはかなり大変でしょう。まぁ、お父さんは疲れもみせずに、活躍するタフネスさを見せましたが(^^
 1月27日はお母さんアンナの誕生日で、今年37歳なのでしたね。
自分は1981年本放送をリアルタイムで観ていたので、当時はフローネくらいの年、
しかし今はお母さんと同じくらい・・・思わず月日を感じてしまいます。

 木の上の家は「トムソーヤーの冒険」でも出て来ましたが、スケールではこちらが上。
なにせロビンソン一家5人が住めるくらいの木の上の家ですから。

 「トム・ソーヤーの冒険」でハックも木の上の家に住んでいます。しかしあれは木の上で
ある必然は薄く、むしろ木の上の家という人の「ロマン」を形にした物といえます。

 対してこの作品では無人島の狼から身を守るため必要となっていて、ロマンを形にして
いますが、必然も同時に描いています。
無人島という環境が、木の上に家を建てるという行為を成立させていますね。



 

| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 49巻 感想

ガラス49-1

ガラスの仮面 49巻 感想

前巻「ガラスの仮面」48巻から約7ヶ月
2012年10月5日に発売された「ガラスの仮面」49巻を
コンビニで買い早速読んでみました。

ガラス49-20  

この巻はとにかく
、紫織さんに尽きます。

(左上)紫のバラをちぎりまくる。 (右上)看護婦さんを、ハサミで刺す。
(左下)紫のバラとマヤの写真を家の中で火をつけ燃やす。
(右下)紫のバラを持ち、池の中に入水・・・

キャラ、変わったな・・・紫織さん・・・

真澄を心から愛しているからの、行動なのか?

・・・いや、ここまでするのはある意味、図太い女性にも見えるけど・・・



ガラス49-5  
そんな孫娘の姿を見かねて、鷹宮会長は土下座をして
真澄に紫織と結婚してくれと頼みます。

紫織さんを助けるためとはいえ、孫娘をこんな目に
あわせた張本人に、何もここまでしなくても・・・

そんな鷹宮会長と詩織さんを見て、速水真澄はなんと
結婚破棄を取り消し、再度結婚することを決めます。

オイオイ!!それはそれで、まずいだろう??

これで解決したのかと思いきや、そんな偽りの気持ちで結婚するのは
よくないと秘書(サングラスの女性)の方や聖さんにまで言われ
なかなか踏ん切りがつかない、速水真澄・・・

・・・そこで、聖さんは・・・。

ガラス49-7

聖さん 「北島マヤはぼくが、いただきます」

・・・とまさかの聖さんのマヤへの告白!!

恋の三角関係に、聖さんが参加??

・・・・まぁ、実はこれ、真澄の気持ちを確かめる為の嘘でした。

しかしこれが真澄を刺激したんですよね・・・


そんな真澄は置いておいて、他のキャラのことも紹介。

ガラス49-6

「紅天女」の試演会場は駅の廃墟になりました。

目が不自由になった亜弓さんはその廃墟での
稽古に励みます。

相変わらずの稽古熱心の亜弓さん!今となっては
亜弓さんがこの作品の主役といえます (^-^!

・・・でも微妙にハミルさんがいるのが、気になりますがw



ガラス49-9

そしてマヤも前巻よりは、稽古していました!

そしてなにより、月影先生登場、お久しぶり!!

しかしせっかく登場した月影先生ですが、何だかんだで
マヤの恋の指南をすることになります。

月影先生は恋愛も芸の肥やしという考え方の人でしたが
しかしここは、月影先生からマヤにはっきりと

「マヤ!!今は恋愛より、稽古しなさい!!」

と言ってもらいたかった~(^-^

知らなかったとはいえ結果的に、月影先生はマヤに
真澄をプッシュをすることになっちゃうんですよね~


それよりも速水真澄の方ですが・・・
 

ガラス49-10

真澄 「おれはおれの、人生を生きる・・・!」


・・・ってか、また真実の愛の相手マヤにいくのか!?

それより、紫織さんはどーするんだよ?

紫織さんと結婚の約束→結婚の破棄→紫織さん乱心→
再度結婚の約束→真澄、真実の愛を選ぶ→またまた結婚破棄??

速水真澄とあろうものが・・・それでいいのか??


それより言いたいのは、速水真澄と北島マヤより・・・

「紅天女」を描いてくれ~~美内先生!!




11_20110726000611.jpg 

ガラスの仮面 48巻


ガラスの仮面 47巻 ガラスの仮面 46巻

ガラスの仮面 45巻 ガラスの仮面 44巻


ガラスの仮面 43巻 
ガラスの仮面 42巻


ガラスの仮面関連本 ■ガラスの仮面関連DVD

ガラスの仮面関連CD






| ガラスの仮面 46巻~ | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらいぐまラスカル 帆布ランチバック メダルキーリング

【 あらいぐまラスカル 帆布ランチバック 】





「あらいぐまラスカル 帆布ランチバック メダルキーリング」
「あらいぐまラスカル」の帆布ランチバックで
買い物袋にも使えそうです。
メダルはこのようなキャラクター商品の定番ですね。






■あらいぐまラスカル帆布ランチバック・メダルならココ■
↓ ↓
Birdist Bee Garden






| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 10話 11話 12話

10話 「かなしみの再会」

【物語】
 ジョンが浜辺で倒れている人を見つけるとそれは船長でした。。お父さんとお兄さんは丘の上にお墓を作って船長を埋葬しました。すると海の向こうでブラックバーンロック号が沈んでいくのが見えたのです。お父さんは付近の探検に出かける事にしました。お父さんとお兄さんは3日間かけて付近を探検して、ここは島なのかどうかを調べに行く事になりました。その後お父さんとお兄さんは木の上で寝ているところを狼の群れに襲われますが、間一髪助かるのでした。

【感想】
フローネ10-ジョンが浜辺で倒れている人を見つけると、それは船長でした。フランツは自分を助けてくれた船長に死に涙します。人の死というものが、この回でてきましたね。その後、墓穴を掘り船長を埋葬しました。
 船長が亡くなっていましたが、同時にブラックバーンロック号も沈んでしまいました。
でも「漂流」ものでは、船から、当面必要な物資を結構もち出せるのは定番です。
そしてその物資が少しづつ無くなるり、危機感をだし物語を盛り上げますね。

 お父さんとフランツは島の探検に出かけますが、木の上で寝ているところを狼の群れに
襲われ、間一髪助かります。
この島には狼がいたんですね、ではいずれフローネ達の所にも来るのでは?
そう危機がある事を暗示させて、物語は続きます。


11話 「おばけの木」

【物語】
 お母さんたちは近くを探検に出かけ、フローネは大きなふしぎな木を見つけます。登ってみるとその木の中ほどに大きな広いスペースがあったのです。フローネは嬉しくなってその上を走り回ろうとした時、足を踏み外して木の中に落ちてしまいました。お母さんは意を決すると木登りを始め、フローネを助けだすのでした。お父さんとお兄さんは探検を続け2日目の夕方に頂上にたどり着いたのですがそこから見える景色は周囲を海に囲まれた人の住んでいる気配のない無人島だったのです。

【感想】
フローネ11-1-フローネ達はとても大きな木を見つけました。「ふしぎの島のフローネ」では有名な木が登場。まさしく人が、住むにはあまりにもぴったりな木ですね(^-^
 フローネとお母さんは近くを色々と探検し、果物を見つけ食べますが美味しそう (^ー^
そうなんですよ、これだけ果物があれば、とりあえず飢えて死ぬ心配は無いんですよ。
無人島生活の一番の不安「食糧問題」を視聴者が感じないよう描いていますね。

そういえばお母さん、フローネのイタズラで芋虫の乗っている葉っぱを見せられ、驚いて
いましたね。そんなお母さんは農家出身だったりしますが(^-^;


12話 「おかあさんの活躍」

【物語】
 いよいよお父さんたちが探検に出かけて3日目の朝を迎えました。お兄さんとお父さんは途中で底なし沼にはまりますが何とか脱出します。夜中にジョンが突然吠えだしたので様子が変と思うと、夜中に再び狼が襲って来て柵の周りに集まって来ました。お母さんもフローネも震えていましたが、お母さんは意を決すると鉄砲を持って狼に立ち向かい追い払うことに成功しました。お父さんが帰ってくると倒れていたお母さんを助け起こすと、お母さんは安心しお父さんにしがみついて泣き続けるのでした。

【感想】
フローネ12-お父さんとフランツは底なし沼にはまってしまいますが、何とか 脱出。 こういう冒険のようなものに「底なし沼」も外せない要素ですね。
 お父さんたちはお母さんの所に帰る途中に、サトウキビが生えているのを 発見しました。
・・・でもこんなところにサトウキビが、たくさん生えているのはご都合主義では?

 そんなご都合主義はこの作品では多いですが、それが面白かったりするんですよね(^^

 そして予想通り、狼がお母さんのいる場所に襲ってきました!
今回はさすがのフローネも怯えるばかりですが、お母さん鉄砲を放つと狼たちは逃げて
いきます・・・ハラハラさせる展開で緊迫感がありました~

この狼も要所で出てきて物語を盛り上げる、重要なキャラといえるでしょうね(^-^;






| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |