HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 37話 38話 39話

第37話 「あらたな漂流者」

【物語】

 この前の嵐で遭難した人がいたのではないかと考え付近を捜索しました。そしてお母さんとフローネとジャックが畑を見に行くと、赤い髪をした黒人の少年が畑を荒らしていたのです。フローネとお母さんが話しかけると少年は少しづつ語り始め少年の名前はタムタムといい、先日の嵐で乗っていた船が沈没し1人モートンさんと一緒に遭難した事を語りました。タムタムは家族を連れモートンさんの住む洞穴にやって来ました。モートンさんは足を怪我して膿んでおり、ロビンソン一家の住む洞窟まで運んで手術するのでした。

【感想】
フローネ37-フローネ達にとっては漂流してから1年ぶりに会う 家族以外の人間。視聴者にとっても無人島で回想以外で初めて会う人間ですね。
 ロビンソン一家がこの無人島で暮らすようになって、もう1年になるんですね。
その家族が漂流してから1年ぶりに会う家族以外の人間で、視聴者にとっても回想
以外で初めて会う人間、そそ黒人少年の名は「タムタム」といいました。

 先日お父さん達が作った船が沈みましたが、あの時嵐でタムタムの乗っていた
船が沈没したのです。あの嵐はこの回の伏線だったんだと、気がつきましたw

 その後、タムタムとともに漂着したモートンさんと出会い、足の怪我を手術します。
ここでようやくお父さんの医者としての実力が発揮されますが、麻酔無しの手術は
痛そうで、フローネが目を回すのも分かります~(>_<;



38話「男の子と女の子」


【物語】

 タムタムはロビンソン一家に打ち解けてきましたが、ある朝お父さんが自分たちはオーストラリアに行く途中に遭難したと言うと、タムタムは突然家を飛び出してしまったのです。タムタムはオーストラリアの原住民でしたが、オーストラリアに移住してきた白人によって両親を殺されていたのです。以来、タムタムはオーストラリアにやってくる白人にロクな人間はいないと思い込むようになり、モートンさんのもとで見習い水夫として働いていたのでした。タムタムにフローネはお父さんはお医者さんでオーストラリアで病気で苦しむ人を助ける為にやって来たのだと言い、それを聞きタムタムは再び洞窟の家で暮すようになるのでした。

【感想】

フローネ38-テレビでもよく見かける、縄を使ってヤシの木を登る方法で、タムタムはさすが運動神経抜群!物語が進むと、より頼りになる少年というがよく分かります。
 タムタムはオーストラリアの原住民で、白人によって両親を殺されていました。
その為オーストラリアに行く予定だった、ロビンソン一家に警戒心を持ちます。

 ここでオーストラリアの実情が出てはきますが、物語が重くなるからか深くは掘り下げ
られなかった感じはします(タムタムはアボリジニー?かも分かりません)

 そのタムタムもフローネと接して、警戒心のようなものがなくなっていきます。
今までフローネの裏表がない明るさを見てきているんで、説得力がありましたね。

今回はこれからの物語展開に向け回想をはさんで今までのおさらいをした感じです。
 

39話 「ひねくれ者モートン」

【物語】

 タムタムはロビンソン一家とすっかり仲良しになりましたが、モートンさんは相変わらず。モートンさんは洞窟の家に戻るとお父さんの鞄を勝手に持ち出し、消毒用のアルコールを飲み始め完全に酔っぱらってしまいます。その後モートンさんはタバコの葉を見つけると、自分で葉巻を作りますが、なんとジャックに葉巻を薦めようとしたのです。すぐにお母さんが発見しやめさせましたが、それ以来お母さんはモートンさんが大嫌いになってしまいます。お父さんは、お母さんを説得し、モートンさんと再び一緒に暮すのでした。

【感想】

フローネ39-1
 新たな漂流者のタムタムはまだいいのですが、問題はモートンさん・・・
お父さんの鞄を見て消毒用のアルコールを飲み酔っ払ったり、タバコの葉を見つけ
葉巻を作り吸ったりと、未成年には禁止の趣向品が大好き・・(^-^;

 今まで無人島に必要のない酒タバコは出てこなかったんで、それらを飲む吸う
モートンさんがとてつもない異物ように感じ、家族の動揺が伝わります。


フローネ39-2
 そんなモートンさんは、ジャックにまで葉巻を薦めようとします!上の絵のようにジャック
が吸いそうになるので、ある意味緊迫感があるシーンでしたね。吸う寸前でお母さんに
止められ事なきを得ますが、こんなシーンを昔は描けたんだなぁと・・・(^-^;;

 その後お母さんは「ジャックがモートンさんに、悪い事教えられたら、どうしよう!」
とパニくってしまいますが、しかしお父さんは冷静沈着に

「スイスの町にいた時も、酒飲みタバコ飲みはいたので普通の事だ」

とお母さんを納得させます。お父さんこういう点も理性的で感心してしまいます(^^






スポンサーサイト

| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「母をたずねて三千里」に挑戦! その16

三千里挑戦0


【 「母をたずねて三千里」に挑戦! その16】


去年2011年1月1日から健康の為に始めたウォーキング。
どうせなら何か目標を持って歩こうと決め世界名作劇場
1976年作「母を訪ねて三千里」にちなみマルコの歩いた
三千里を目標にして歩こうという企画。
マルコの旅の工程は約6598里、計25910キロです。



【2012年9月10月の走破距離】

 9月 計100.76 キロ
10月 計123.05キロ

9,10月合計 223.81キロ

【2011年1月1日~2012年10月31日】
【1年10ヶ月間の走破距離】

合計2350.95キロ 


■_____________________■


猛暑の夏がだいぶ前に過ぎ、涼しくなったので、
最近は歩きやすくなりました。

でも9,10月は秋でしたが、その秋の雰囲気が
ないまま冬になった気もしますね~

もうスポーツの秋は終わった感じです・・・(>_<;


■_____________________■



↓ ↓ 自分が使っている万歩計です。
1100_20110120222331.jpg

『PIP HEALTH 歩数計 あとなんぽ 多機能タイプ』

ちなみに歩数距離を設定すれば切り替えで
歩数、距離、カロリーが表示されます。

(左) 「多機能タイプ」は歩数、距離、カロリー表示がされます。
(右) 「大型表示タイプ」歩数表示のみです。

 
解説書によると1歩の距離を割り出すのは

身長-100cm=歩数距離

なので歩数さえ分かれば距離を割り出す事はできます。
その場合は1000円位の万歩計があれば十分ともいえますね。



↑ 楽天ショップでの歩数計を見ることができます。 



地中海00  
地中海を出て大西洋に出ましたが、まず南下して
一路アフリカのダカールを目指しています~




11_20110131071314.jpg 


母をたずねて三千里に挑戦シリーズ

母をたずねて三千里のマルコの旅の行程

歩数計についての記事→歩数計 





| 母をたずねて三千里の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界名作劇場 カレンダー 2013年








世界名作劇場カレンダー2013年
毎年この季節になると紹介する2013年度の
世界名作劇場カレンダーです。

1月「小公女セーラ」 2月「あらいぐまラスカル」
3月「レミゼラブル」 4月「ロミオの青い空」
5月「ピーターパンの冒険」 6月「私のあしながおじさん」
7月「七つの海のティコ」 8月「ふしぎな島のフローネ」
9月「赤毛のアン」 10月「フランダースの犬」
11月「母をたずねて三千里」 12月「全員集合イラスト」

2013年度版はこのようなラインナップでした!!





「あらいぐまラスカル」カレンダー2013年はココ。
↓ ↓





| 世界名作劇場の関連商品 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンスエドワード島 菜の花油

【プリンスエドワード島 菜の花油】


プリンスエドワード島菜の花油はココ。
↓ ↓
PURE・HEART自然館



『プリンスエドワード島 菜の花油』

遺伝子組換えをせずに栽培され、化学溶剤を使用しない
昔ながらの圧搾製法で製造されたようです。
下のコーヒースティックともどもプリンスエドワード島と
いうのは
、いかにも自然で健康的な感じに見えますね(^^;




プリンスエドワード島コーヒーステック。
↓ ↓
健康食品の店 宇(そら)








| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 34話 35話 36話

34話 「洞窟をさがせ!」

【物語】
 雨は毎日降り続き屋根が腐って、木の上の家はひどい雨もりです。お父さんが洞窟でもあればいいのにと言った時、フローネは洞窟を見つけた事を思いだしました。 ところが迷子になっていた時に見つけたのでフローネにはそれがどこにあるのかわかりません。 その頃ジョンは毎日どこかに出かけ、食事になると帰ってきます。不思議に思ったフローネはこっそりとジョンの後をついて行くとジョンは 洞窟に入って行ったのです。フローネは洞窟を見つけ嬉しくなってお父さんたちを連れて再び戻ってきました。

【感想】
フローネ34犬のジョンが、ティーカップを咥えてきました。無人島なのにこのティーカップはいったい??思わせぶりの展開で次回に引っ張ります。
 前回からの大雨続き・・・熱帯の島なので雨季に入ったのか、さすがの木の上の家も
雨漏りだらけでどうにもならなくなりました。
だからお父さんは、洞窟のような場所に引っ越したいと言うのですが・・・

 そんな時フローネが犬のジョンが、ティーカップを咥えてきたのを見つけます。
いったいなんでティーカップがこの無人島にあるのか?まさか人がいるのか・・・??
思わせぶりの展開で、次回に向け引っ張ります~(^-^;;


35話 「洞窟の秘密」

【物語】
 洞窟の中はとても広く洞窟の中にいくつも洞窟があります。そのうちの1つからジョンが出てきてコーヒーカップのかけらをくわえていました。お父さんたちはジョンが出てきた穴を調べると、その奥には白骨死体がありました。調べると白骨死体は若い男のようで、日記があり持ち主はエリック・ベイスという名前で、ロビンソン一家と同じようにクリスマス近くにこの無人島に打ち上げられていたと書かれていました。お父さんたちはエリックさんの白骨を運び出すと、船長のお墓の隣にお墓を作って手厚く葬りました。その後雨のあがった隙を見て洞窟に引っ越しが始まりました。

【感想】
フローネ35洞窟には白骨死体があり、何年か前にこの無人島に漂着したエリック・ベイツという男性でした。その後ベイツさんは前亡くなった、船長さんの隣に葬られます。
 洞窟で見つかった白骨遺体は、数年前に漂着したエリック・ベイツという男性でした。
不幸な漂流者の遺体を発見しロビンソン一家は、無人島生活の現実を再認識します。
・・と同時に視聴者も本来、無人島生活は過酷だと思わざるを得ません。

 今回は今後の物語後半に向けての、伏線になる回ともいえますよね。
漂流者の遺体があったということは、他にも人間が流れ着く可能性があるのですから。
もしかして他にも漂流者がいるかも??そんな可能性を提示し次回へ・・・。


36話 「幽霊が出る!」

【物語】
 フローネは洞窟の続きがある事を発見し中に小川があるのを知ります。その為に水汲み係はフローネになったので1日に何度も洞窟の中の小川まで往復します。するとある日、フローネは小川の中で人のような陰を見かけました。フローネはお父さんやお母さんに相談しましたが、無人島で人がいるはずがないと言って誰も信じようとしません。雨があがった時にフローネとジャックは木の上の家に鍋を取りに 行きました。ところが木の上の家は明らかに誰かに荒らされた形跡があったのです。

【感想】
フローネ36フローネは洞窟の奥を走り去る人影を目撃しました。常識で考えれば無人島に人がいるなんて考えないですから、その分、インパクトがありますね。
 フローネは洞窟でロウソクを置くと、天井からの水滴で火は消えてしまい真っ暗な
洞窟を引き返す事ができません・・・それを助けたのは犬のジョンでした。

 この作品はお父さんが凄すぎるのですが、この犬のジョンも番犬になったり見張りや
人探しなどなど、何が起こるかわからない無人島では非常に役に立っています。

世界名作劇場の中でもトップクラスの役立つ犬だとは思うのですが、地味な印象で
目立たないのが残念としかいえません・・・(>_<;;

 その後ついにロビンソン一家は、自分たち以外の人間の存在を発見します。
フローネは洞窟の中で人影を見つけ、木の上の家は荒らされていました。

「まさか、この無人島に人がいるのか!?」
 

この34話36話は後半に向けての新展開が多く、ここから大きく物語が動き出します。



 


| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤毛のアン ボブスタイルウィッグ

【赤毛のアンボブスタイルウィッグ】




『赤毛のアン ボブスタイルウィッグ』
赤毛のアンをモチーフにしたかつらとコスチューム!
仮装する機会がある女性なら必需品??
着こなすにはかなりの技量が必要な気はしますね(^^






赤毛のアンボブスタイルウィッグはココ。
↓ ↓

大きいサイズレディースRoizoBlue






| 赤毛のアンの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 31話 32話 33話

31話 「わたしはのけもの?」

【物語】
 今日は9月13日フローネの誕生日で、お父さんお母さんはフローネを喜ばせようと本人に内緒で誕生日のプレゼントを用意する事にしました。ところがフローネはみんな何か隠し事をしている事に気付き、すっかり気を悪くしてしまいます。仕方なくフランツはフローネの誕生日である事を説明し、豪華な料理のあるパーティーに招待され、家族みんなからプレゼントを受け取りました。フローネは今日から11歳になったのでした。

【感想】
フローネ31家族からプレゼントを貰い大泣きするフローネ。前回尻叩きというお仕置きされたんで、今回はフローネの喜ぶイベントがあり良かったですね。
 今回フローネの誕生日と年齢が、はっきり分かります。1880年代頃?9月13日は
フローネの誕生日、11歳になり現在なら小学5年生になりました。

 前はお父さんとお母さんの20周年の結婚記念日を祝いましたが、今回はフローネの
誕生日を祝う回です。世界名作劇場作品で、こう頻繁に誕生日イベントがあるのは珍しい。

 記念日を祝うイベントが頻繁にあるのは、無人島なのでこういうイベント入れないと
物語が持たないからというのが、大きいでしょうね~(^-^;


32話 「船ができた!」

【物語】
 船の製作を始めて2ヶ月、いよいよとうとう帆を張った双胴のカヌーは完成しました。お父さんとフランツはカヌーの進水式を済ませると、試運転を始めました。ところがその夜激しい嵐に襲われ、船は波に洗われて危険な状態でした。お父さんたちは必死で船を陸にあげようとしましたが波の為にうまくいかず、とうとう船は大波にさらわれバラバラになって沈んでしまうのでした。

【感想】
フローネ32-1お父さんとフランツは、無人島から脱出する為に船を作り上げます。前に描かれた通り、木を焼いては削りの繰り返し作業です・・・が、よく2艘も作りましたね(^-^;
 お父さんとフランツで作り上げた船・・・ですがフランツはこんな小さな船での航海に不安
を感じ、このまま無人島で暮らした方が良いのでは?といいますが、お父さんは・・・

「人間が生きていくという事は生命を維持する事だけではない。他人との交流を持って
人類が築いてきた文化の恩恵を受け、新たな文化を我々が付け加えていくという、それが
本当に生きるという事だ。この無人島に留まっていてはそういう生き方はできない!」

・・・と力強くフランツを説得します。こういうのを見るとお父さんは肉体的な仕事だけで
なく精神的な部分でも家族の支柱になっているのが分かりますね。


33話 「雨、雨ふれふれ」

【物語】
 島に何日も雨が降り続き、ロビンソン一家は雨が止むまで家でじっと待ちます。しかし外では炊事ができないので、お父さんとフランツは家の中にかまどを作って家の中で食事が作れるようにします。ようやく雨のあがったある日、お母さんが畑の様子を見に行くと、畑は水びたしで麦は倒れていました。お父さんとお兄さんはさっそく畑に排水路を作って水を引かせ、畑を元どおりにします。そしてお母さんはトウモロコシを潰してケーキを作り、家族全員で味わうのでした。

【感想】
フローネ33南国の無人島なので家族全員(母は除く)は裸で夕食後の一家団欒をしていますね。ちなみにこの頃になると、フローネの裸を見るのも慣れますね(^-^
 前回2ヶ月かけて作った船が沈み絶望する物語展開なのですが、この作品ではその辺り
暗く描きませんね。 上の絵のように家の中でチェスをして本を読んだり、炊事をしたり
トウモロコシを潰してケーキを作ったりと、まるで落ち込んだ様子がないです。

 というか主人公のフローネもそうですが、ロビンソン一家が非常に前向き人たちなので
湿っぽい展開にならず、南国特有のあっけらかんとした明るさがありますね、この作品。
やはり南国の無人島が舞台からかな? 北国だとこうはいかない気が・・・(笑



 


| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT