https://blog-imgs-77.fc2.com/h/a/g/hagi0002/hagifavicon.ico アーカイブ :2013年02月 HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 43話 44話 45話

43話 「すれ違い」

【あらすじ】

 ルーシーメイがプリンストン家にやって来て、3日目を迎えましたが記憶は戻りません。プリンストンさんは新聞にルーシーメイの事をを尋ね人広告として出す事にしましたがシルビアはあまり気乗りしません。ベンはルーシーメイを探してもらおうと新聞の尋ね人の広告を出す事にしますがそれはプリンストンさんが尋ね人の広告を出した新聞社とまったく同じだったのですが、新聞社の受付の人が違った為、同一人物を探している事は気付きませんでした。

【感想】
ルーシー43-シルビアはルーシーメイを我が子のように可愛がります。その後この行動がエスカレートした感はあります。
 ルーシーメイがプリンストン家にやって来て3日目を迎え、プリンストンさんは
新聞に尋ね人広告を出すことにしました。

 なんというか回りくどいことしますね・・・ルーシーメイのことを、尋ね人広告
として新聞に出すくらいなら、すぐさま警察に行けばいいだけでは?

・・・相変わらず警察には行きません、プリンストンさん(^-^


44話 「リトル!リトル!」

【あらすじ】

 翌日プリンストンさんはヨーク侯爵の屋敷にルーシーメイを連れて行き馬車がアデレード橋にさしかかります。その時ルーシーメイは自分が倒れていた場所で馬車をとめてもらうと、リトルが吠えながら飛びついて来たのです。その瞬間ルーシーメイは記憶をすべてを思い出したのので、プリンストンさんに馬車でポップル家まで送り届けられました。そこでリンストンさんはお父さんに今度ぜひとも農業のお話しをうかがいたいと言って帰って行きました。

【感想】
ルーシー44-ルーシーメイはリトルと再会して、記憶を取り戻します。リトルの行動の賜物でした!
 ルーシーメイがいなくなってから、まだ3日しか経っていなかったのですね。
記憶喪失といっても、多分一時的な混乱からくる記憶喪失だったのでしょう。

 そのルーシーメイが居なくなってシルビアは泣きましたが、やはり我が子
同然と思っていたので、こうなるとシルビアも可哀想です。

 でもこの「シルビアの悲しみ」は、今後の伏線にはなっていたりします。
しかし記憶喪失編5話が終わっても、まだ残り6話もあるのが気になります(^^


45話 「トブが消えた」


【あらすじ】

 お父さんは鉱山で働く事を決め今住んでいる家を売って鉱山のそばの安いお金で借りられる会社の住宅に移り住み、できる限り給料を貯金すれば、5年もすれば自分の土地が買えるようになると考えたのです。数日後、ポップル一家は馬車を借りてパーカー山の鉱山と社宅も見て行きます。その後ルーシーメイとケイトとトブは野原でワラビーを追いかけて遊んでいます。ところがワラビーの子供を追いかけていたトブが突然姿を消したのです。

【感想】
ルーシー45-ワラビーですが猟をしている人に突然撃たれます。子供が近くにいるのに危ないですが、相変わらず動物が撃たれたり殺されたりの描写が多い・・・。
 プリンストンさんが再びポップル家にやって来て、ルーシーメイに買った
人形や洋服を届けに来ました。

 でもルーシーメイだけに、人形や服をあげてケイトやトブに何も無しとは・・・
プリンストンさんはあまり、配慮のない人物として描かれていますが、この性格が
後々に問題行動を起こすのですが・・・

 今回トブが初めて主役の回ですが、取り立てての話はなかったりします(^^
前半出番がなかったトブですが、後半に6歳になっても忘れられてる感じ・・。

 トブは末弟キャラにありがちな病気になったりとかのエピソードすらなかった
のでポップル家で一番存在感がなく可哀想でしたね(^-^;



 

スポンサーサイト

| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 40話 41話 42話

40話 「わたしは誰?」

【あらすじ】

 アデレード橋に馬車でさしかかったプリンストンさんは道端にルーシーメイが倒れているのを見かけました。ルーシーメイは意識がなく頭から血を流していたので、プリンストンさんは馬車で屋敷に連れて帰り、お医者さんに見せました。妻のシルビアは10年ほど前にエミリーという名の赤ちゃんを出産しましたが2歳の時に亡くなりルーシーメイが我が子のように思いました。夜になりルーシーメイは意識を取り戻しましたがショックで記憶喪失になっていたのでした。ポップル家ではルーシーメイが帰って来ないので心配になり、お父さんとジョンとリトルはルーシーメイを探しに行きました。

【感想】

ルーシー40-ルーシーメイは馬車に当たりアデレード橋で倒れたところを、プリンストンさんに助けられます。運命の出会いといえるのかな?
 今回ルーシーメイが、記憶喪失になった事が分かります・・・しかし何というか
世界名作劇場では初めての「記憶喪失」というのが起こりましたね。

 このような展開になるのは、原作とアニメが同時進行で制作されたからです。
そして原作は結局農地を手に入れられずに終わるので、アニメではオリジナル
の話をどうにか制作しなければいけない状況になったのです。

 そのような事情から「南の虹のルーシー」の後半(33話以降)は「探偵」や
「記憶喪失」などの物語が描かれてたようです・・・だからでしょうか?

スタッフの必死さのようなものが、伝わってきますね(^-^;


41話 「見知らぬ町・見知らぬ人」


【あらすじ】

 しかしシルビアはルーシーメイが来た事がとても嬉しかったので、喜んで世話をします。プリンストンさんとシルビアはルーシーメイを連れてアデレード橋に行きましたが、彼女は何も思い出せません。シルビアはルーシーメイが可愛くてたまらず、ルーシーメイをエミリーと呼ぶ事にしました。エミリーは8年ほど前に亡くなった赤ちゃんの名前だったのです。そしてシルビアはルーシーメイに自分の事をお母さんと呼ばせるのでした。

【感想】
ルーシー41-シルビアはルーシーメイに、死んだ娘エミリーを重ねていました。その為ルーシーメイをエミリーと呼びます。
 プリンストンさんはルーシーメイをアデレード橋に連れて行き記憶を取り
戻させようと考えます・・・でも意味不明な行動なんですよね、これ・・。

簡単にいうと、警察に行けばいいだろうと(^-^;;

 警察にいきクラーク警部に会えば、ルーシーメイ失踪事件は終わりますよねw
常識的に考えればプリンストンさんが、警察にいかないのおかしいですから。
まぁ、それをすると話が終わってしまいますから、仕方ないです(^-^;


42話 「エミリーと呼ばれる子」


【あらすじ】

 ペティウェルさんはお父さんがプリンストン農場を手に入れようとしていると勘違いしプリンストンさんから農場を買い取ろうとしました。ペティウェルさんは農場に1500ポンド払うと言いますが、プリンストンさんは断ります。ルーシーメイがいなくなって2日たちお父さんは誘拐されたのではないかと考え警察に届ける事にしました。しかし警察では脅迫状が来ていない事から、ルーシーメイは家出だと決めつけるので、お父さんたちは明日の朝から再びアデレードの町中を徹底的に探す事にしました。

【感想】
ルーシー42-ペティウェルさんはお父さんが、プリンストン農場を手に入れようとしていると思い込んでいましたね。この人もまだ物語に絡んできます。
 ルーシーメイがいなくなって2日たち、お父さんは誘拐されたのではないかと
考え警察に届けます・・・しかし遅いのでは?
8歳の娘が居なくなったら、その日にでも警察に届けると思うのですが・・・

 しかし警察は脅迫状が来ていないことから、家出と決めつけます。
でも前にルーシーメイは強盗団を捕まえる手伝いをしましたから、そいつらが
仕返しかなんかでルーシーメイをさらったと考えたりしないか?

 警察がまったく相手にしないのものもおかしな話で、クラーク警部なら真剣に
相手をしてくれるはずですよね。

・・・というか、クラーク警部はどこいったんだ!?






| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごろりんラスカル デラックス

【 ごろりんラスカル デラックス 】



『ごろりんラスカルデラックス』
光センサーが反応しかわいく鳴きさらに、鳴きながら
ごろごろ転がる愛らしいぬいぐるみ!
ラスカルの鳴き声はアニメと同じアニメオリジナル音声IC使用。
ということは野沢雅子さんなのかな?


『ごろりんラスカルデラックス』はココ。
↓ ↓
□ 
 アルクネット □





| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 37話 38話 39話

37話 「草原の強盗団」

【あらすじ】

ルーシーメイは木に登っていると下をペティウェルさんの召し使いのアダムと男が何やら良からぬ密談をしながら通り過ぎますす。ペティウェルさんと召し使いのアダムは召し使いのジョージを残して乗り合い馬車でアデレードまで戻ろうと乗り合い馬車に乗って来ました。アデレードが近づいて来た頃、突然乗り合い馬車は3人組みの強盗に襲われました。強盗は乗客全員から金品を奪いペティウェルさんの大金を詰まった鞄を奪っていきます。

【感想】
ルーシー37-
 ケイトとルーシーメイは初めてオーストラリアについた海辺で到着時のことを
思い出します。3年前は土地を手に入れて大きな農場を作る希望があったので
重労働だった家造りもどうって事のないことに思えます・・・それが今は・・・

 まぁ、過去をどういっても仕方がないですので話を見ましょう。
そういえば今回ルーシーメイが強盗団の犯人を目撃しそこから物語が始まり
ますが、なんかサスペンス風のお話が来ましたね。


38話 「ルーシーは名探偵」

【あらすじ】

 強盗の主犯はルーシーメイが木の上から見た人物アダムである事に気付いていたのです。ルーシーメイはアダムを見張っていればいつかは強盗犯と合流すると考えとケイトと交代で見張る事にしました。ローレンス川のそばの小屋の中に入り中には強盗団が隠れていたのです。その時クラーク警部がやって来てルーシーメイの証言からアダムが犯人の一味だとわかり、内偵を続けていたのです。そして強盗団はリトルの活躍もあり全員逮捕されました。ペティウェルさんはルーシーメイにお礼に100シリングを差し出しますがルーシーメイはお金の代わりにデイトン先生を追い出さないでほしいとお願いしました。しかし既にデイトン先生は家から追い出されレンガ造りの診療所は壊されていたのでした。

【感想】
ルーシー38-2-
 サブタイトル通り、ケイトとルーシーメイが探偵の真似事をする回です。
それより気になったのは、ルーシーメイがリトルを強盗に襲わせた事・・・
もちろん傷つける気はなかったでしょうが、これはまずいのでは?

ルーシーメイは動物が傷つくのも嫌ですが、リトルのような動物が人に危害を
加えるのも嫌だと思います。この辺は最初のリトルを飼う時の、お父さんとの
約束が曖昧になっているのが残念。

 それにしても後半もぺティウェル出ずっぱり、何だかすべての悪行から何から
何まで彼に押し付けている感じ・・・食傷気味です、さすがに(>_<;;


39話 「二つの別れ」


【あらすじ】

 ポップル一家はオーストラリアにやって来て3年以上もたつのに、いまだに土地を手に入れる事ができません。デイトン先生はゴーラの町に引っ越す事にしました。お父さんは働く決心をしてくれましたがポップル家はいよいよお金がなくなりスノーフレイクを売れば2ポンドにはなります。翌日ルーシーメイが遊びに出かけている間に、お父さんはスノーフレイクを競売場に連れて行ってしまったのです。ルーシーメイは悲しさのあまりアデレードの町をさまよいアデレード橋に差しかかります。その時、暴れ馬がルーシーメイに向かって突進し、跳ね飛ばされれ意識を失ってしまうのでした。

【感想】
ルーシー39-スノーフレークを売りに出してしまうお父さんですが、これがきっかけでルーシーメイに大変なことが起こります。
 お父さんが飲んだくれ中年になった為か、ポップル家はお金がないようです。
でもお父さんも働きに出ましたし、クララ、ベン、ジョンと家族8人中4人も働きに
出かけているのに生活ができなくなるほどお金がない?

 たぶんクララとジョンは結婚のため貯金しているので、実質お父さんとベンの
収入のみだからでしょう。

それより今回ルーシーメイの身にとんでもないことが起こり次回です。





| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 34話 35話 36話

34話 「リトルと学校」

【あらすじ】

 ルーシーメイは新しい家に引っ越してから学校にも通い始め、お父さんは石切りの仕事で、泊まり込みでマウントロフティーに行き土曜日にしか帰って来られません。ルーシーメイが学校に行くと、いつの間にかリトルも学校に来ていました。リトルは授業が終わるまで庭で待っていましたが、担任のマッケンジー先生に怒られるたびにリトルは吠えたてるので、授業はなかなか進みませんでした。一方、お父さんはマウントロフティーの石切り場で働いていたのですが、ダイナマイトを多用していたので現場で山崩れが起きたのです。パン屋で働くクララはそれを聞き夜になってもお父さんの消息はわからず、ポップル家は暗く沈んだまま夜を過ごすのでした。

【感想】

ルーシー34ルーシーメイが担任のマッケンジー先生に怒られるたびに、リトルはいじめられているものと吠えたてます。いつの間にか危ない犬になってますね(^-^
 ルーシーメイは学校へ行きますが、いつの間にかリトルもついてきていました。
それよりルーシーメイが担任のマッケンジー先生に怒られるたびに、リトルはいじめられ
ているものと思い吠えたてますが・・・お父さんがディンゴのリトルを飼う3つの条件

1・リトルが人間を襲う、 2・家畜を襲う、
3・ルーシーメイ1人の命令しか聞かなくなった場合は殺すか森へ追放

というのがあったんですが、マッケンジー先生に飛び掛りそうになっているんで守られて
いない気が・・・この辺り整合性を付けられずスタッフの苦労が伝わってきます(^-^;


35話 「対決」


【あらすじ】

 お母さんはお父さんの消息がわからないのでマウントロフティーまで馬車で出かける事にしました。そこへお父さんが現れたのですがケガをしていました。ルーシーメイとケイトはデイトン先生を呼びに行くと、先生の診療所の小屋から火が出ているのが見えました。ルーシーメイたちが慌てて駆けつけると地上げ屋がペティウェルさんの命令で、お父さんたちが建てた小屋に火を放っていたのです。ルーシーメイもケイトも、想い出深い小屋を燃やされてしまい、怒りに打ち震えていました。するとそこへペティウェルさんがシルバーを連れてここぞとばかりにリトルを噛み殺してしまうようにシルバーをけしかけました。

【感想】
ルーシー35-
ぺティウェルさん雇いの地上げ屋により放火された元の家。視聴者にとっても馴染みがあったので残念としかいえませんでした。
 ペティウェルさんですが、ポップル家の最初の家を燃やしたりルーシーメイのリトルに
ブルドックのシルバーをけしかけたりとやりたい放題。

 ルーシーメイとケイトは自分たちの元の家を燃やされ怒りに打ち震え、ケイトも正直
リトルにこう命令したかったようです。

「そんなブルドックなんか、徹底的に叩きのめしてしまいなさい!」

・・・う~ん、あの心優しかったケイトですらぺティウェル憎しで、こんな風な考え方する子に
なってしまったのか、少なくともブルドックのシルバーに罪はないのですが・・・

 嫌なキャラペティウェルですが、ここまで憎しみを感じさせる程のキャラクターにする
必要はあったのでしょうか?


36話 「巣の中の5シリング」


【あらすじ】

 デイトン先生は診察にやってきてお父さんの足のケガは思った以上に悪く、治るまでに1ヵ月はかかるので、その間お父さんは仕事に出られません。ルーシーメイは学校からの帰りに木の枝に鳥の巣に5シリング硬貨があるのを見つけました。ルーシーメイはそのお金で何を買おうと考えると、ジェーンさんのパン屋さんに行く町の通りでクララを見かけたのです。クララはこの店でウェディングドレスの生地を買う為に毎月少しずつのお金を払っており、あと5シリングで生地はクララの物になるところだったのです。それを聞いたルーシーメイはためらう事なく拾った5シリングを差し出すのでした。

【感想】

ルーシー36クララももうすぐ結婚という感じになってきました。色々と上手くいかないポップル家の中で、クララの結婚が唯一の華やいだ話題になっています。
 「南の虹のルーシー」は一応ルーシーメイが主役ですが、物語そのものはお父さんの
「夢=理想の農業」が軸で話が進んでいました。 しかし後半はそのお父さんの夢がなく
なったので、話が進まず物語が停滞しているように感じます。

 作劇もおかしな所が多くルーシーメイは、拾ったお金を「稼いだもの」とか言うけど
ルーシーメイはもう11歳ですからそんな風には思わないででょう。

 前回も元の家が燃えてるのに突然「きれい」と意図不明な発言しましたし、いい始めると
キリがないくらい変なところが多かったりします。




 

| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 31話 32話 33話

31話 「リトルと黒い犬」

【あらすじ】

 ポップル家ではスノーフレイクが庭で草を食べていたのですが、それをペティウェルさんの飼犬のハッピーがスノーフレイクの足に咬みついたのです。リトルはハッピーの喉元に咬みつきハッピーを組み伏せてしまいます。ハッピーはよろめきながら帰って行きましたがペティウェルさんの家の庭先で死んでしまいました。ハッピーがリトルに殺された事を知ったペティウェルさんはリトルを殺す為に銃を構えてポップル家に押しかけて来ました。しかしデイトン先生からハッピーがスノーフレイクとデイトン先生に咬みついたからリトルはハッピーに襲いかかったのだと言われ、ペティウェルさんは黙ってしまうのでした。

【感想】
ルーシー31-ペティウェルさんの飼犬ハッピーはデイトン先生などに咬みついたので、リトルが闘います。結果リトルが勝ちますが、ハッピーは咬まれたのが原因で死んでしまいます。物語の展開とはいえ可哀相な気もしました。
 お父さんは新しく買う農場を家族全員で見に行きます。31話かかりようやく農場が手に
入るのかと考えると感慨深いです。ようやくお父さんの理想の農業が見れると自分は
期待に胸躍らせましたが・・・しかしそうはいかないのがね・・・
 
 ペティウェルさんの飼犬ハッピーはデイトン先生などにまで咬みついたのでリトルとの
闘いがありましたが、結果はリトルが勝ちハッピーは死んでしまいます。
相変わらずこの作品は動物がかみ殺されたりを、結構平気で描きますよね。

 結果的にこれでペティウェルあんの恨みを買うことになり、ポップル一家の先行きに
暗雲が立ちこめ、そして次回で今までの期待を、無かった事にする展開が待っています。


32話 「虹の橋のたもと」

【あらすじ】

 お父さんとベンはウィルソンさんと売買契約を結ぶ為に農場へ再び向かいましたが、その前にウィルソンさんはペティウェルさんと売買契約を結んでしまっていたのです。ペティウェルさんはポップル家に嫌がらせをする為に、金に物を言わせてお父さんよりも500ポンドも余計に金を積んで農場を買い取ってしまったのです。悔しがるお父さんにお母さんは「私たちはいつかきっとあの虹の橋のたもとまで行く事ができるわ。」と言ってみんなを励ますのでした。その時、ジョンが弟のポールを連れてポップル家を訪ねて来てクララはジョンと1年ぶりに再会できて大喜びでした。

【感想】

ルーシー32-嫌われキャラとしては際立った存在感を示したぺティウェルさん。ここまで主役達に迷惑かけた人物も珍しい!
 ペティウェルは「南の虹のルーシー」では唯一の嫌われキャラなので、視聴者の反感を
一身に背負う人物です。嫌われキャラ自体を悪いとは思いませんが、ぺティウェルは
この作品で目立ちます。 というか際立っている感じ・・・。

 これまでの世界名作劇場でも嫌われキャラはいました。例えば「フランダースの犬」の
ハンス、コゼツ、金物屋とか・・・しかし嫌われキャラが3人なので視聴者の反感は分散され
1人頭の嫌悪感は1/3に軽減されたりします。

 対して「南の虹のルーシー」での嫌われキャラはペティウェルだけなので、視聴者の
反感は彼1人に集中することになり、その嫌悪感はハンスやコゼツの非ではないです。
だからぺティウェル1人が出てくるだけで、物語全体の雰囲気すら悪くなった気がします。

 その上、初回から出続けポップル一家に迷惑かけるだけでなく、今回のように金に物を
いわせ一家の生活そのものを脅かすのですからたまりません。
嫌われキャラを出すにはいいですが、もう少し考えてもらいたかったですね。


33話 「失われた夢」


【あらすじ】

 オーストラリアに来て3年が経過しましたが、いまだにお父さんは農場を手に入れる事はできません。ルーシーメイとケイトは以前住んでいた小屋の家を訪ねましたが、小屋は朽ち果てていてデイトン先生に様子を聞きました。この一帯の土地をペティウェルさんが買い占めて細かく区切って住宅を建てて売ろうとしていると言うのです。デイトン先生もペティウェルさんに立ち退きを迫られていましたが、立ち退くつもりはありませんでした。土地の値段が上がったのでお父さんは農場を買う事ができなくなってしまいました。クララはジェーンさんのパン屋さんで、ベンは港の税関で働いていますがお父さんは最近あまり働かなくなりました。いつかは必ず広い土地を手に入れ素晴らしい農場を作るのだとポップル家の家族は今でもそれを信じていましたが、実現までにはほど遠かったのです。

【感想】
ルーシー33-今回1840年10月でオーストラリアに着てからもう3年経ったんですが・・・まさかこんな展開になるとは予想できなかったですね。
 結局土地の値段が上がり、ポップル一家は農場を買う事ができませんでした。
ここまで33話かかりましたが、殆ど振り出しに戻ってしった感じ・・・。

 前半はお父さんが農地を求める目標があり、それなりに楽しく見れました。
でも物語後半は目標そのものがなくなり、物語がどこへ行くのか分かりません。

いや、どこへ向かうのか分からない方が、先の展開が読めず楽しみともいえますが・・・

 そういえばぺティウェルさんは、またポップル一家の近くに引っ越してきます。
・・またですか・・この先もペィウェルさんが出続けると思うと憂鬱としかいいようがない・・。
こんなにでしゃばる嫌われキャラも珍しい・・・スタッフのお気に入りだったのかな?





| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらいぐまラスカル アップリケ付き子供服(男の子)

【あらいぐまラスカル アップリケ付き子供服(男の子)】



■ ラスカルアップリケ付き子供服 ■
↓ ↓
 USキッズウェア楽天市場店 □



『あらいぐまラスカル アップリケ付き子供服(男の子)』
一応「あらいぐまラスカル」のラスカルのようですが・・・
ラスカルというより本物のアライグマのイラストの
ような気がしますが・・・
ラスカルは子供も服とかに似合いそうです(^-^;





■ ラスカルコスプレ服はココ ■
↓ ↓
 ShiningStar □




| あらいぐまラスカルの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT