HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小公女 著者 フランシス・バーネット 

 バーネット-
フランシス・エリザ・ホジソン・
バーネット
(Frances eliza Hodgson Burnett)

1849年~1924年 
享年75歳  イギリス人

小公女
(A Little Princess)
1887年出版

【経歴】
1849年 イギリス生まれのアメリカ合衆国の小説家、劇作家。
バーネット夫人 (Mrs.Burnett) とも呼ばれる。

フランシス・イライザ・ホジソンはイギリスのマンチェスターに生まれたが、幼い頃に
父を亡くし、16歳で一家と共にアメリカのテネシー州ノックスヴィルへと移住。

1868年 女性向け月刊雑誌「ゴーディズ・レディース・ブック」物語を発表。

1873年 医者のスワン・バーネットとワシントンD.Cで結婚。

1886年 「小公子」(Little Lord Fauntleroy)を「セント・ニコラス」に発表。
主人公のロングカールの髪型とオスカー・ワイルドの正装を元にしたレースの襟が
ついたベルベットのスーツが大流行した。この本は、50万部を売り上げた。

1888年 「セーラ・クルー」(Sara Crewe)発表。

1890年代 イングランドに居住。

1905年 アメリカ合衆国の市民権を取得。
「セーラ・クルー」を「小公女」(A Little Princess)と改題修正され発表。

1909年 「秘密の花園」を発表。

1924年 ニューヨーク州プランドームで余生を送り、同地にて死去。



-小公女セーラ (竹書房文庫―世界名作劇場)

小公女関連本

小公女関連DVD

小公女関連CD

小公女(プリンセス)セーラ DVDメモリアルボックス


 

| 小公女セーラの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1985年 アニメ 小公女セーラ 感想

セーラ・00

【1985年アニメ「小公女セーラ感想

 世界名作劇場1985年第11作目それが「小公女セーラ」でした。しかしこれより
前の作品群では「南の虹のルーシー」1982年14.7%、「私のアンネット」1983年
13.1%と視聴率が低下して、前作「牧場の少女カトリ」1984年では11.9%と
打ち切り寸前までいった経緯がありました。

 そんな世界名作劇場シリーズの存亡をかけて制作されたのが、この「小公女セーラ
といえます。そして結果は平均視聴率16.3%を獲得して大成功でした。

 次回作「愛少女ポリアンナ物語」とともに世界名作劇場シリーズ中間辺りで高視
聴率を取ったので「世界名作劇場中興の祖」と言えるかも知れませんし、自分は
そう考えています。

 ミンチン女子学院に来た時はセーラは大金持の娘でした。物語途中に父親が破産
して亡くなってしまい、セーラは無一文になりどん底の生活を強いられます。

 セーラは父親が亡くなってメイドになってからはひたすらミンチン院長、ラビニア
モーリー、ジェームスにいじめられる毎日。これほど天国から地獄を味わった世界
名作劇場の主人公(特にヒロイン)はいないでしょう。

 このような展開になったのは前作の「牧場の少女カトリ」が作劇的に地味な事もあり
低視聴率だったので、この「小公女セーラ」は視聴率獲得の為に今までの世界名作劇場
とは違う新機軸を打ち出したためと思います。

 まずは有名な原作のアニメ化という点があげられます。「小公女セーラ」も有名な
小公女」が原作ですが、これ以降の世界名作劇場は有名どころ(パレアナ、若草物語
小公子、ピーターパン、あしながおじさんなど)の原作作品がアニメ化が続きます。

 そして今までは舞台となる場所は、どこか知らない国の田舎にある村とかでした。
しかし「小公女セーラ」では大英帝国時代イギリスのロンドンという世界の中心といえる
大都市のミンチン女学院という学校が舞台です。

 なにより主人公のセーラが最初から大金持ちというのも「小公女セーラ」が初めて。
今までの世界名作劇場とまったく違うターンで始まっているのが分かります。

 その上セーラはお金持から無一文になってしまいますので落差分、観ている方は
過酷な環境に陥ったと感じます。

「小公女セーラ」はその過酷な状況に置かれ運命に弄ばれる少女の物語でセーラはその
運命を呪うことなく耐え抜き見事、元のダイヤモンドプリンセスに戻ります。

 イジメが重ければ救われた時のカタルシスは大きくなるわけで、元のプリンセスに戻り
ミンチン院長が崩れ落ちるシーンが痛快になります。

 「南の虹のルーシー」は後半、物語がが停滞「わたしのアンネット」は後半、話数が余って
しまい、「牧場の少女カトリ」は前後半で作風が違いました。

 そう考えると「小公女セーラ」は視聴者の怒りを煽り、全46話の一貫性を持たせ最後
まで無駄な回なく見せ切った脚本家中西隆三氏は素晴らしいと思います。

 セーラはメイドに成り下がっても屈服せず人間としての誇りを貫き通しました。
だからこそ試練の日々を乗り越えられた訳でこれこそがセーラの強さです。

「小公女セーラ」が人気があるのはそのセーラのくじけない生き方に視聴者が魅了された
からかもしれません。




-小公女セーラ (竹書房文庫―世界名作劇場)

小公女関連本

小公女関連DVD

小公女関連CD

小公女(プリンセス)セーラ DVDメモリアルボックス


 

| 愛少女ポリアンナ物語の関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小公女セーラレビュー 45話 46話

45話 「ミンチン院長の後悔」

【物語】

 ミンチン院長がセーラを探しクリスフォードさんと面会しました。クリスフォードさんは「クリスフォードさんは亡くなられたセーラさんの父親、ラルフ・クルーさんの親友でインドで共同経営してきた世界有数のダイヤモンド鉱山の持ち主なのです。セーラさんを自分の後継ぎとして残りの全財産を彼女に渡す決意をし、先程この私の手で法律的に決定したのですよ。彼女は今や本当のダイヤモンドプリンセスとなったのです」すると階段から素晴らしいドレスを着たセーラが降りてきたのです。ミンチン院長はその場にへたり込んでしまいました。 お隣から帰ってきたミンチン院長は「私たちはせっかく手の中に掴んでいた宝石をそうとも知らずに手放してしまったのよ」と言って泣きました。しかしアメリアはこの時ばかりはお姉様がセーラをいじめ続けてきた事を罵るのでした。

【感想】

セーラ・45-1元のダイヤモンドプリンセスに戻ったセーラ!美しいドレスに身を固め
見事復活しましたね。
 今回は今までの鬱憤を晴らすかのような展開で、爽快感のある回ですね。
 ミンチン院長はクリスフォードさんと会い、セーラが本当のダイヤモンドプリンセスと
なったのを知りミンチン院長はその場にへたり込んでしまいました。

映像的にもミンチン院長の愕然とした様子が伝わってきます。
その姿を見れば視聴者も痛快ですよね。

セーラ・45-3自分の責任は棚上げし、姉ミンチンに逆ギレするアメリア先生でした。
「私たちはせっかく手の中に掴んでいた宝石を知らずに手放してしまったのよ」

 ミンチン院長はこう言いますが、セーラにした行為より金づる逃した事後悔している
感じです。その時アメリア先生はここぞとばかり姉ミンチンを責めます。

「セーラクルーはとってもいい子だったわだから
        もし親切にしてあげればちゃんとそれに報いてくれたはずなのよ」

 アメリア先生はこう、姉ミンチン院長を責めますが・・・でもミンチン先生の暴走を止め
なかったアメリア先生にも責任はあるのでね、時運の責任を棚に上げて一方的に
ミンチン先生ばかり責めるのはどうかと思いますね。

 原作ではセーラはミンチン学院を助けないので、姉妹ともども後悔先に立たずに
なりミンチン学院に暗雲立ち込め終了というラストでした。


46話 「また逢う日まで」


【物語】

 クリスフォードさんとカーマイケル弁護士、それにセーラがミンチン女子学院に訪ねて来ました。セーラはこの学院に10万ポンドを寄付をして2つばかりお願いをします。1つ目はベッキーを自分のメイドとして雇うこと。そして2つ目は再びこの学院の生徒として学ばせてほしいと言うのでした。他の生徒たちはそれを聞いて大喜びでした。その後楽しいクリスマスパーティーが開かれました。セーラにもクリスフォードさんからプレゼントでポニーのジャンプとオウムのポナパルトを見つけたのです。セーラはピーターの御者のもとクリスフォードさんと共に雪のロンドンを馬車に乗って走ります。そしてパン屋の前に馬車を止めたセーラはパン屋の女将さんにお礼を言いに行きます。そのパン屋にアンヌがいてあの日以来このパン屋さんで働くようになったのです。クリスフォードさんはこれから先お腹を空かせている子供達がいたら十分パンを食べさせてあげる、その代金は私が持とうと提案してくれたのでした。それからまもなくセーラはクリスフォードさんと共にベッキーを連れてインドに行く事になりました。セーラとベッキー、そしてクリスフォードさんを乗せた船が汽笛と共にインドへ旅立って行きます。

【感想】

セーラ・46-1原作にはないの、このミンチン学院に10万ポンドの寄付!ミンチン院長も驚きました!
 セーラがミンチン女子学院に訪ね、学院に10万ポンドを寄付するというのです。
原作にはないこのミンチン学院に10万ポンドの寄付というやつですが、これには
賛否両論があるのも確か、なんで寄付なんかするのかと?

 報復はしないまでも、原作通りミンチン院長とは馴れ合わないというのも考え
られたでしょう。ミンチン先生は後悔はしても改心はしていないので、セーラの行為が
いまいち理解できなくなってる気はします。

 これならミンチン院長が改心し、まっとうな学院に建て直そうとするのをセーラが
知り、それを手助けするため寄付をするという形の方が辻褄は合ったかもしれせん。


セーラ・46-3ついにラビニアはセーラを、屈服させる事はできませんでしたね。
 それとセーラはラビニアを、何事もなかったかのように許しますね。ラビニアは
何ヵ月もかけセーラをイジメましたが、ついに屈服させる事はできませんでした。
しかしセーラはラビニアを許すという行為で、ラビニアをいとも簡単に屈服させました。

「私、本当はこの学院に来た時から
        あなたと仲良しになりたいと思っていたのよ」

 セーラにこう言われ手をさし出されたら、その手を握り返すしかありません。
イジメのような陰惨な行為よりも、人を許す寛容さの方が強いという事でしょうね。


セーラ・46-4ある意味ラビニアより問題なジェシーとガートルードでしたね。
 それよりもジェシーとガートルード、冷静になると最初はラビニアについていたが
セーラの人気を見てセーラにつこうとして、その後セーラが落ち目になるとラビニア
と一緒にセーラをイジメ、セーラが復活するとセーラに擦り寄る・・・
もしかすると真の悪役はラビニアではなく、この2人かもしれませんね。


セーラ・46-5孤児のアンヌを引き取り育てる、女将さん立派な人物です。
 セーラはパン屋の女将さんにお礼を言いに行くと、あのアンヌが働いていました。
孤児のアンヌを引き取り育て働かせるなんて・・この女将さん立派な人物です。
正直、お金に物を言わせるクリスフォードさんより立派かも(^^

 セーラはメイドに成り下がっても、屈服せず人間としての誇りを貫き通しました。
だからこそ試練の日々を乗り越えられた訳で、これこそがセーラの強さです。

 「小公女セーラ」が人気があるのはそのセーラのくじけない生き方に視聴者が
魅了されたからかもしれません。


セーラ・46-6ある意味「小公女セーラ」はセーラ、ミンチン院長、ラビニアの3人が主人公だったのかもしれませんね。
 ラビニアのイジメという形をした愛情表現(というには歪んではいますが)は結局
セーラには届きませんでしたね。最後セーラはベッキーと結ばれたので、ラビニア
の初恋?は、失恋という形で幕を閉じました(^-^;





| 小公女セーラの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小公女セーラレビュー 43話 44話

43話 「幸せの素敵な小包」

【物語】

 セーラは雪の中をマッチを売って歩き続けますが、アメリア先生が来てセーラ連れ戻しに来たのでミンチン女子学院に戻るのでした。 ミンチン女子学院に戻ったセーラに小包が来ていました。ミンチン院長は小包を開けるように命じセーラが小包を開けると中には素敵なドレスが何着も入っていたのです。もしかするとセーラには今までわからなかった大金持の親類でもいたのではとアメリアはミンチン院長に言いました。それを知るとミンチン院長は急にセーラに優しくなりセーラは再び屋根裏部屋で暮すようになりました。そしてミンチン院長はセーラの部屋から取り上げたふかふかの毛布や豪華な食器、絨毯をセーラに返すようにモーリーやジェームスに命じたのです。

【感想】

セーラ・43-1小公女セーラ」においての有名な「マッチ売りの少女」マッチを売りをしながら曲が流れ雰囲気を盛り上げます。
 「小公女セーラ」においての有名な「マッチ売りの少女」がある回といえます。
ついにセーラはミンチン学園を放り出されて、雪の中をマッチ売りをします。

 マッチ売りをしながらテーマ曲が流れるのを聞くと、ついにここまで来たか~
という思いはありますね。

しかしそこにはアメリア先生が来て学院に戻るように言われセーラは帰ります。
ピーターの一家に迷惑になると考えたとはいえあっさりセーラは戻りますね。

一人で生きていくという覚悟で、啖呵を切って学院を飛び出したのはなんだった
んだと思うくらい。「マッチ売り」は事実上Aパートのみでしたね。


セーラ・43-2セーラに大金持の親類がいたのでは?ミンチン院長院は急にセーラに優しくなりますね。
 セーラには大金持の親類でもいたのでは?アメリア先生はミンチン院長に
言うとミンチン院長は急にセーラに優しくなり

「セーラさん、どうやらあなたにはとても親切にして下さる方がいるようですね。
とにかくあなたが今まで同様この学院で暮す事を許してあげましょう」

 いつの間にか「セーラさん」と「さん」付けになっていて、ミンチン先生の態度の
豹変振りがある意味ステキ過ぎますね(^-^;


44話 「おお、この子だ!」

【物語】

 セーラがスーリャを連れてクリスフォードさん宅を訪れたのです。セーラはラムダスにスーリャが逃げて来たと言ってスーリャを手渡すとクリスフォードさんにお礼が言いたいと言うのでした。ドナルドは自分の好きなマッチ売りの少女とクリスフォードさんの好きな屋根裏の少女が同一人物だったと報告し、おまけにその少女はインド語を知っていると言うのです。そしてセーラが部屋の中に入って来ました。クリスフォードはセーラをそばに呼んで手を取るとセーラの顔を見つめこう言ったのです。「カーマイケル君、私には聞けん、君が聞いてくれたまえ、この子の名前をだ」「君の名前は?」「セーラ、セーラ・クルーです」「こ、この子だ! この子がラルフ・クルーの娘だったのだ!」

【感想】

セーラ・44「セーラ、セーラ・クルーです」「こ、この子だ!この子がラルフ・クルーの娘だったのだ!」 クリスフォードさん思わず立ち上がって驚きますね。
 今回が「小公女セーラ」のクライマックス!でもクリスフォードさんセーラに服とか
贈り物するのにベッキーは眼中にない感じ。一応ベッキーもセーラと同じ境遇の
メイドなんですが・・・全然気にしていないのがクリスフォードさんですね(^-^;

 冷静になればこの方の加減を知らない施し「魔法」とかしたんでセーラは疑われ
馬小屋に住まわされたんですが・・・その意味でクリスフォードさんは困った紳士
といえるかもしれません、いやセーラが救われたからいいけど(^-^



| 小公女セーラの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小公女セーラレビュー 40話 41話 42話

40話 「アメリア先生の涙」

【物語】

 日曜日の礼拝の後、アメリア先生が生徒たちを連れてセントジェームズ公園へ散歩に行く事になりました。セーラとベッキーが昼食を持って公園に着くとアメリア先生は子犬に追い立てられ池の中に落ちてしまったのです。アメリア先生は腰を強く打っており立ち上がる事すらできません。セーラはアメリア先生を学院まで届けるとアメリアはセーラを不憫に思い話しかけます。「お姉様は。まだ小さな私を連れておばの家で働きながら慈善学校を卒業したの。それから住み込みの家庭教師をしながら私を学校にやってくれて苦労を重ねて、やっと今のこの学院を経営できるまでになったのよ。だからお姉様はこの学院の経営の事しか頭にない人になってしまったの。」ところがそこまで話したところで突然ミンチン院長が入って来てセーラに馬小屋に戻るように命令したのです。

【感想】
セーラ・40少女時代は意外に可愛らしかった、ミンチン院長だったりします。
今回はアメリア先生の回想で、ミンチン院長の過去が分かります。

「私たち姉妹は小さい時に両親を亡くしたの。小さな私を連れておばの家で働き
ながら慈善学校を卒業したの。それから住み込みの家庭教師をしながら私を学校
にやってくれて苦労を重ねて、やっと今のこの学院を経営できるまでになったのよ」

 メガネをかけ三つ編みの少女時代のミンチン院長が出てきます。意外に可愛らしい
姿で、苦学して妹のアメリア先生を学校に行かした過去が分かります。この話を
聞くとミンチン院長に同情はします、苦労したのだなぁと。

「だからあなたにあんなに辛くあたってしまうんだと思う、許してお姉様を・・・」

 謝るアメリア先生ですが、なら姉ミンチン院長の暴走を止めろという気もしますが・・
要はミンチン先生の暴走を見逃しているアメリア先生にもずいぶん問題があるの
ですが本人は気がついているかな?


41話 「妖精たちのパーティ」


【物語】

 ミンチン女子学院でもハロウィンのパーティーが開かれる事になりました。パーティーの準備の為、セーラとベッキーは2人で買物に出かけました。そんな事とは知らないセーラとベッキーは生徒の数だけカボチャを購入するとさっそくパーティーの準備に取り掛かりました。ハロウィンパーティーは楽しく開催されました。カボチャのランプで暗いところにいる妖精たちを探していたロッティは馬小屋でお化けに扮したラビニアたちに脅かされ、カボチャのランプを落として逃げ出してしまいました。しかしロウソクの火は藁に燃え移り馬小屋は火事になってしまったのです。しかしそれでもセーラはエミリーとお父様の写真を取りに馬小屋に飛び込むと、エミリーと写真をつかむと命からがら逃げ出して来ました。しかし火の勢いは強く馬小屋は全焼してしまうのでした。

【感想】
セーラ・41-1ハロウィンパーティーでドルシラとダイアナのキスシーンが、あったり無駄に盛り上がりますね。
 ミンチン女子学院でもハロウィンのパーティーが開かれる事になりました。
そこで胡桃にロウソクを乗せた、ハロウィンの占いをします。


セーラ・41-2ラビニアはセーラの胡桃に穴を開け沈めようとするとしますが、結果自分の胡桃を沈めてしまいます・・・アホですね。
 しかしラビニアはセーラの胡桃に穴を開けるという、またしょぼいイジメをします。
正直後半にいけばいくほど、ラビニアのイジメはしょぼくなるんですよね。

 そしてセーラの胡桃を沈めようとするとしますが、結果自分の胡桃を沈めてし
まいます・・・アホですね、セーラとベッキーの胡桃はくっついたまま。

 セーラに恋焦がれても、ラビニアとセーラは結ばれないという事で・・・
実際セーラとベッキーはこの占いと同じようになるのですがね。


セーラ・41-3そして今回は宇摩小屋が火事になるという、大惨事が起こります。


42話 「雪の日の追放」


【物語】

 ミンチン院長はセーラが火をつけたと決めつけ、突き飛ばします。セーラは起き上がるとミンチン院長に向かって言いました。「先生は私に親切だったことはありませんでした。それにここが私にとって家だった事もありません」それを聞いたミンチン院長は怒りを爆発させ「出ておいきっ! お前のような恩知らずは顔も見たくない。のたれ死にするがいい」そういわれセーラはロッティやアーメンガードに別れを告げエミリーとお父様の写真を抱きしめると学院を出ていったのです。セーラは1人でロンドンの町を行くあてもなく歩き続きました。事情を聞いたピーターはセーラを自分の家に招待します。そしてピーターの家に案内されたセーラはケガをしているお父さんや病気のお母さんを見ると働き口を教えてほしいと頼むのでした。ピーターの紹介でセーラはマッチを作っているマギーの作業場で働く事になりました。マギーはセーラをマッチ作りさせるにはもったいないと思い、町に出てマッチ売りをさせる事にしました。

【感想】

セーラ・42-1セーラが火をつけたと決めつける、相変わらず理不尽なミンチン院長。
 セーラが火をつけたと決めつける、相変わらず理不尽なミンチン院長。
個人的にはこの回「小公女セーラ」のクライマックスと思っているところあります。
今まで我慢してきたセーラがついに面と向かってミンチン院長に楯突くからです。

 
セーラ・42-2
そして胸ぐらを掴まれたセーラは、ミンチン院長に「セーラ睨み」をかまします。
 セーラがいくら火を付けていないと言ってもミンチン院長は聞く耳を持ちません。
そして胸ぐらを掴まれたセーラは、思いっきりミンチン院長に「セーラ睨み」
かまします。ミンチン先生は思わずキレて、セーラを突き飛ばします。

「いったいお前はこれまで誰のおかげで生きてこられたと思っているのです。
            お前をこの家に置いてやった私の親切のおかげなんですよ」

 堂々と「私の親切のおかげ」と言い切るミンチン院長も凄いですが、しかしさすがに
セーラは起き上がるとミンチン院長に向かってこう言いました。

「先生は私に親切だったことはありませんでした。
                それにここが私にとって家だった事もありません」

 さすがにセーラはミンチン院長に対して、こう言い切りました。個人的には
我慢に我慢を重ねていたセーラがついに、ミンチン院長を見限るこのシーンは
小公女セーラ」で一番好きだったりします。


セーラ・42-3最後にマッチ売りをするセーラ。さながら「マッチ売りの少女」ですね。
「お姉様、この学院を追い出した事がもし市長夫人の耳にでも入ったら・・」

とアメリア先生が言いますが、セーラの事を思っているのか?学院の事を考えて
いるのか?微妙なんだよな、このアメリア先生は・・・






| 小公女セーラの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小公女セーラレビュー 37話 38話 39話

37話 「屋根裏は大混乱」

【物語】

朝2人が起きると魔法は消えていませんでした。セーラが一晩であまりに元気になっていた事を不審に思ったモーリーはミンチン院長に「屋根裏部屋で盗み食いをしていた」と報告した為、ミンチン院長は屋根裏部屋に確認に行こうとします。扉を開けると魔法は消えており、いつものセーラの部屋があるだけでした。セーラとベッキーは仕事が終わった後、屋根裏部屋に戻ると魔法は消えていませんでした。暖炉には火がたかれテーブルにはおいしそうな料理が並び「屋根裏の少女へ、友より」と書かれていました。

【感想】
セーラ・37-1クラスメートたちは、ミンチン院長からセーラに話しかけてはいけませんと言われていますが、守られていませんね。
 そういえばクラスメートたちは、ミンチン院長からセーラに話しかけてはいけま
せんと言われていますが、殆ど守られていない感じです。
セーラに同情し心配しているので、そんな事守らなくなったのでしょうね。

 ミンチン院長が理不尽な行為をすればするほど、生徒たちはセーラの味方に
なりミンチン院長からは離れていっている感じです。金に目がくらみ感情で行動する
ミンチン先生が人望を得られないのも当然ですね。


セーラ・37-2セーラを心配して、ピーターが煙突掃除夫になり、ミンチン学院に忍び込んできました。


38話 「こわされた魔法」

【物語】

 セーラやベッキーが元気で顔色がいい事を不審に思ったミンチン院長はモーリーとジェームスを呼び出しセーラに必要以上に食事を与えていないか問い詰めます。ミンチン院長はセーラが市場へ買物に出かけた時にモーリーに後を尾行させます。その後セーラとベッキーが部屋に戻ると魔法が消えていなかったのです。その時、ミンチン院長が入って来てセーラを怒鳴ると、この仕掛けはセーラがピーターを使って盗んで来させたものだと言って、食器や毛布、絨毯などすべてを取り上げてしまったのです。そしてミンチン院長は「この屋根裏部屋に住まわせるわけにはいきません」と言うとセーラを馬小屋に連れて行ったのです。

【感想】
セーラ・38ミンチン先生がいきなりドアを開けて部屋に入ってくるのは、これで3回目でした。
 セーラやベッキーが元気で顔色がいい事を不審に思ったミンチン院長は、
モーリーにセーラに必要以上に食事を与えていないか問い詰めます。

 というか、セーラやベッキーが元気で顔色がいいのを不審がるなんて、どんだけ
飯を与えていないんだよと!あれだけ働かせているんならせめて飯ぐらい食べ
させろという気分ですがね、さすがに(^-^;;

 そしてセーラとベッキーが魔法を楽しんでいるとミンチン院長が入って来ました。
ミンチン院長は魔法をセーラがピーターを使って盗んで来させたものだと言って、
食器や毛布、絨毯などすべてを取り上げてしまいます。

 このような状況を目にすれば、怪しいと考えるのは分かりますが、でもいくらなんでも
セーラに弁明をさせずピーターを使って盗んだというのは可哀相。

「セーラ、お前はもうこの屋根裏部屋に住まわせるわけにはいきません」

とセーラを馬小屋に住まわせます。次回からセーラの過酷な状況が始まります。


39話 「馬小屋の寒い夜」


【物語】

 ベッキーからセーラの境遇を聞いたピーターはこっそりとミンチン女子学院に潜り込み、セーラに「お嬢様、俺の家に来て下さい。こんなところにいるよりよっぽどマシです」しかしセーラは断るのです。今夜は特に冷え込んでいました。ベッキーは馬小屋なんかで寝たらそれこそ死んでしまうと言ってセーラを心配します。ところがそれを見ていたモーリーはセーラとベッキーを引き離すとベッキーを屋根裏部屋に行かせ、セーラには馬小屋に行くように命じました。

【感想】
セーラ・39-1セーラは寒い馬小屋で生活させられています。さすがにミンチン院長やりすぎです!
 セーラは寒い馬小屋で生活させられています。でもここまですると生徒の口から
セーラに対する扱いが親に知られミンチン学園の評判が悪くなるのでは?
何より世間体を気にするミンチン院長が、この事に気が付いていないです。

 今回から残り8話になりましたからセーラに対する過酷な条件がヒートアップして
行きます。モーリーやジェームズもセーラたちの使っていた毛布や食器などを勝手に
使っていますが、ミンチン先生いわく盗んできたものなら盗品ですからね。

ミンチン院長も勝手に使わせるのは問題ありますし、この2人もいつの間にか悪逆さが
酷くなってきています。

セーラ・39-2「セーラが落ち目になったのにちっとも堪えたふりをしないからよ」ラビニアにはそれが許せないことでした。
 ピーターはセーラを励ましていましたが、それを見ていたラビニアの元へアーメン
ガードはがきて何故セーラを憎むのかを問いました。

「教えてあげましょうか、それはねセーラが落ち目になったのに、
             ちっとも堪えたふりをしないからよ、それが許せないのよ」

 確かにセーラ屈服しないですし、依然としてクラスメートに慕われていますから。
尚且つ学園の外にはピーターという男の子までいてセーラを助ける訳でラビニアの
いう落ち目になっても人が付いてくるという事は人間として魅力的なのですよね。
ラビニアもその事気がついているが認めたくないという事でしょうか。

 でももしセーラが凍死したらミンチン院長はどうするつもりだったのかな?学院の
評判に関わる事になると思うのですが・・・病気の時もセーラの身体より学院の評判を
気にしていたのに、ミンチン院長もセーラ憎しで後先考えていませんね。






| 小公女セーラの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小公女セーラレビュー 34話 35話 36話

34話 「嵐の中のつぐない」

【物語】

 セーラは体調が悪く暖炉で思わず眠るとラビニアたちがセーラが眠っているのを見つけます。その時いた猫のシーザーを追い出そうとラビニアは追い回しますが、インクビンを倒してラビニアの高級ドレスにかかってしまったのです。ラビニアはそれをセーラのせいにすると、ドレスを元どおりにできたら許してあげると言うのです。セーラはエミリー人形を頂いた洋服屋治してもらい帰るとミンチン院長の前に引きずり出されてなぜ帰りが遅くなったかを尋ねられました。
セーラはラビニアのドレスのシミ抜きをしていたと答えると、それを聞いていたラビニアは「セーラは私を妬んでわざとインクをこぼしたんです。それを私達に見つかって仕方なくシミ抜きに行っていたのです」それを聞いたミンチン院長はセーラを心のねじけているヤツと決め付けてモーリーにセーラをお仕置きするように命じるのでした。

【感想】
セーラ・34-1疲れで暖炉の前で寝ているセーラを見つけたラビニアと子分2人。
 セーラは嵐で雨に濡れたせいもあって体調を崩し暖炉の前で寝てしまいます。
この辺りで、セーラの病気というのが出てきますね。

それを見つけるとラビニアはセーラの石炭を入ったバケツを蹴飛ばします。


セーラ・34-2石炭の入ったバケツを蹴っ飛ばすラビニア・・・優しさのかけらもないですね。
 とても淑女とは思えない行動です・・・またしてもラビニアのバイオレンス行為
今までラビニアのイジメは真綿で締め上げるのが多かったんですが、ネタがなく
なってきたのか直線的な行動が多いです。


セーラ・34-5何とかドレスのシミを抜いてきたセーラだったが・・・
 学院に戻って来たセーラはミンチン院長の前に引きずり出されて、なぜ帰りが
遅くなったかを尋ねられました。

「セーラは私を妬んでわざとインクをこぼしたんです。
       それを私達に見つかって仕方なくシミ抜きに行っていたのです」

ラビニアはそう言い、ミンチン院長は「お前という人間は何故そんなに心がねじけて
いるんです」と言い、モーリーにセーラをお仕置きするように命じるのでした。

 ミンチン院長はラビニアにいい様に言いくるめられています。ラビニアはセーラを
イジメて喜んでいるだけだという事に気がついていません。教育者としてラビニアの
性格が分からないというのもアレですね。


35話 「消えそうないのち」

【物語】

セーラはベッドから起きあがれないほど高熱を出していたのです。ワイルド先生を呼ぶ事になり先生はセーラを診察すると、悪い伝染病にかかっており、もう手遅れだと言うのです。セーラの部屋には消毒薬がまかれ、できる限り人を遠ざけるようにしました。心配したアーメンガードはこっそりとセーラを見舞いましたが、セーラは熱が下がらないばかりか意識すら戻らないのでした。アーメンガードはイライザおばさんに頼んで熱を下げる薬を作ってもらおうと考えベッキーは一生懸命走りました。途中でピーターに出会い馬車でイライザおばさんの家まで送ってもらいます。ベッキーはイライザおばさんに作ってもらった薬をセーラの為を思って無理にでも薬を飲ませるのでした。

【感想】
セーラ・35セーラは病気になり部屋には消毒薬がまかれ、人が遠ざけられました。
 前回セーラの病気というのが出てきましたが、寒くなったこの時期雨の中買い物
に行かせられれば病気にもなります。

 アメリア先生は医者を呼ぼうとしますが、ミンチン院長はメイドに医者を呼ぶ事を
許しません。しかしアメリアは「悪い病気が生徒に広まったら学院の評判が落ちる」
と説得し、ミンチン院長は医者を呼びます。

 とにかくセーラの為ではなく「学園の評判が落ちる」という、世間体の方を見せ
ないとミンチン先生は動きません。

 病気の人間を助けるのは普通ですがそんなことも考えず、悪くなったら慈善病院に
やればいいとか慈悲のかけらもないですね。

 ワイルド先生を呼びセーラを診察すると悪い伝染病にかかっているといわれます。
これ時代とか考えると「コレラ」の事だと思います。その為セーラの部屋には消毒薬
がまかれ、できる限り人を遠ざけるようになりました。


36話 「魔法のはじまり」


【物語】

クリスフォードさんと召し使いのラムダスとが屋根裏部屋に住む女の子セーラの病気を確認し、消毒薬のまかれた部屋の様子、セーラの飲んでいる薬、ベッド、衣服を確認するとまた戻ってしまいました。そしてラムダスはクリスフォードさんに「あの少女に必要なのは暖かい部屋と暖かいベッド、暖かい食事、そして暖かい隣人からの愛の手だと…」ベッキーが眠ったのを見届けたラムダスはセーラの部屋に入り、部屋を掃除して床に絨毯を敷き、暖かい毛布に取り替え、暖炉に火をともし、テーブルの上には暖かい料理を用意して出て行きました。夜中にようやく目覚めたセーラは自分の目を疑います。輝く食器においしそうな料理、暖炉は明々と燃えており毛布はふかふかで暖かかったからです。セーラもベッキーも魔法が起ったのだと言って大喜びでご馳走を食べるのでした。

【感想】

セーラ・36目覚めたセーラの前に豪華な料理に毛布までありました。セーラやベッキーは魔法が起こったと喜びます。
 ラムダスさんがセーラの部屋を確認するとクリスフォードさんに報告します。
結果的にクリスフォードさんはセーラに食事や毛布などを提供しますが、現段階
ではセーラは彼にとっては何の関係もない人間なのにえらく熱心ですね。

 セーラをラルフの娘と重ね合わせているとはいえ思いつきの「あしながおじさん」的
行為のような気はしますが・・・

 目覚めたセーラの前に、豪華な料理に暖炉は明々毛布までありセーラとベッキー
は、魔法が起こったと喜びます。

 前回の病気という最悪の状況から、この魔法があり2人は救われるという落差が
ある展開、その分セーラやベッキーのが救われた感が伝わってきます。
この辺「小公女セーラ」は話数構成というかメリハリがうまいと感じますね。






| 小公女セーラの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT