HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

愛少女ポリアンナレビュー 31話 32話 33話

31話 「チップマックがいない!」

【物語】

 病院に行こうと玄関に出たポリアンナが気がつくとチップマックはどこにいません。ポリアンナはボストンの公園を探し通りかかる人にシマリスを見かけなかったか尋ねますが、誰も 相手にしてくれません。ポリアンナが黙って家を出ていった為、カリウ家では大騒ぎになっていました。その頃、夢中でチップマックを探すうちに道に迷ったポリアンナはボストンの北の外れにあるイタリア街に迷い込んでしまいました。見た事もない町、さっぱり通じない言葉、空腹と足の痛みと例えようもない不安がポリアンナを襲うのでした。

【感想】

ポリ・31ボストンの町の人は知らない人とは口を聞きません。「良かった探し」が成立するのは田舎町レベルなのかもしれませんね。
 今回はいなくなったチップマックを探す回で、世界名作劇場ではよくある動物が
主人公に迷惑かけるパターン、前は病気になりましたので今回で2回目。

 ポリアンナはチップマックを探すためにカリウ家を抜け出しますが、こんな事すれば
家の人たちに迷惑が掛かるとは思わなかったのかなポリアンナは?

 ポリアンナが怪我をしたとき周りの人達は皆心配しました。その事はポリアンナ
自身も知っているはずですので こんな身勝手な行動するのか分かりません。
まぁ、子供だからといわれればそれまでですが(^^


32話 「迷子のポリアンナ」

【物語】

迷子になったポリアンナはベンチに座り込むと泣き出すとそこへ新聞売りの少年ミッキーが見かねて声をかけてくれました。ポリアンナは足を痛めたのでミッキーに背負われカリウ家に帰ってきました。怒ったカリウ夫人は今回の事に懲りたのかポリアンナを病院に通う以外は一切外出禁止にしてしまいます。 カリウ夫人はポリアンナが1人で退屈するといけないと思って、お隣のサディという娘を連れてきました。ところがポリアンナはチップマックが心配でサディと遊ぶどころか食事も喉を通りません。ポリアンナを心配したカリウ夫人はとうとうメアリと一緒にポリアンナをチップマック探しに出かける事を許可するのでした。そして5日ほどたったある日、車椅子に座ったジェームスという名の少年がチップマックと遊んでいたのです。

【感想】

ポリ・32-1新聞売りの少年ミッキーが
ポリアンナを見かねて、声をかけ背負われてカリウ家に帰ってきます。

 ポリアンナは言葉が通じないイタリア街を抜けるとそこへ新聞売りの少年ミッキーが
ポリアンナを見かねて声をかけカリウ家に帰ってきます。

 カリウ夫人はポリアンナにあなたの為にどれだけ心配したかと言って怒りますが

「そんなに心配してくれるなんって。おば様は本当に優しい人なのね。私、おば様に
お会いできて本当に良かったと思うわ、ありがとうおば様」

 何だかポリアンナ悪い事したのに、抱きついて誤魔化したみたいに見えるw
謝って反省するのが普通なのですが、ポリアンナにはその辺りがないです。

ポリ・32-2カリウ夫人はお隣のサディという娘を連れてきました。ポリアンナの女友達になったりします。


33話 「チップマックはどこ?」


【物語】

 数日前からジェームスはシマリスに餌をあげていました。しかしそのシマリスはチップマックなのでポリアンナが事情を話して返してもらいます。その後1人で公園に出かけたポリアンナは、そこで以前迷子になった時に助けてもらったミッキーとチップマックを助けてくれたジェームスに出会います。ところがミッキーの昼食はドーナツ1個で、しかも食べられるだけましで、一生懸命働いても何も食べられない日もあると聞いてポリアンナは胸が痛みました。ジェームスは治る見込がないまま一日中車椅子で生活しており、どうにも気が滅入って仕方なかったので、ほんの少しでも嬉しかった事をノートに書き出すようになりそれが喜びの本でした。それを聞いたポリアンナはジェームスが良かった探しの天才だと言って喜ぶのでした。

【感想】

ポリ・33車椅子のジェームスの登場ですが、今後この似たような名前が出てきて混乱します。
 車椅子のジェームスはチップマックを自分のものだと言いましたが、ポリアンナ
から事情を聞き返します。 車椅子の少年ジェームスが登場ですね。

 ジェームスの昼食はドーナツ1個で、しかも食べられるだけましというのです。
ここで貧しさというのが「愛少女ポリアンナ物語」にも出てきます。

「でも時々ひもじい思いをするのもいいものなんですよ。そうでなきゃ、じゃがいもや
牛乳がどんなにおいしいかわかりませんからね。」

 ジェームスの「良かった探し」と言えますが、しかし彼のは切羽詰っています。
ポリアンアのように生活に困らない立場での「良かった探し」は癒しと見ることも
できますが、このジェームズのは生きるためですからね。


 



スポンサーサイト



| 愛少女ポリアンナ物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛少女ポリアンナレビュー 28話 29話 30話

28話 「忍びよる影」

【物語】

 パレーおば様とチルトン先生は結婚し、とうとうポリアンナはベルディングスビルに帰って来る事になりました。今日からハリントン家でパレーおば様とチルトン先生と 一緒に暮す事ができるのです。パレーおば様は昼間、チルトン先生の診療所のお手伝いをしています。1週間が過ぎてポリアンナは検査とリハビリテーションの為、再びパレーおば様と一緒に ボストンへ向かいました。5時間を越える旅の後の検査や訓練はポリアンナにとって想像以上に苦しいものでした。しかしそれ以上に慣れない診療所の仕事で疲れの重なっているパレーには骨の折れる事だったのです。

【感想】

ポリ・28ポリアンナのリハビリでボストンへ5時間を
越える移動、チルトン先生の診療所の手伝いとパレーおばさんの疲労はピークに達していました。

 今回から「愛少女ポリアンナ物語」の第2部が始まりますが、第1部との違いと
いっても特になくて、物語的な区切りもないですし、成長したポリアンアが登場する
訳ではありません・・・何故1部2部に分かれているのか分からない所はあります。

 ベルディングスビル帰ってきて、パレーおばさんはチルトン先生の診療所の手伝い
をしています。いつの間にかパレーおば様は、柔和になり女っぽくなりました。

 リハビリの為にパレーおばさんとポリアンナはボストンへ通います。しかし5時間を
越える移動の後、検査や訓練はポリアンナにとって想像以上に苦しくパレーおばさん
にもかなりの負担になっていました。


29話 「さよなら!ベルディングスビル」

【物語】

 休暇を取ったデラがチルトン先生の診療所を訪ねてきて、ポリアンナを貸してくれと言うのです。デラにはポストンに1人で住む姉がいて暗く不幸せな毎日を送っている姉の為にポリアンナと一緒に病院に通う2~3ヶ月の間だけ、姉と一緒に住んでもらって、そこから病院に通ってもらおうと考えたのです。パレーおば様は反対でしたが次に検査の為にボストンに行こうとした時、パレーおば様は疲労の為、倒れてしまったのです。パレーおば様はポリアンナとカリウ夫人の為にポリアンナを病院に通う間だけカリウ夫人の家で預かってもらう事に決心したのです。

【感想】

ポリ・29デラは姉カリウの為にポリアンナを貸してくれと頼みに来ます。でもどう考えても「それはどうよ?」というお願いですよね。
 ボストン病院で看護婦だったデラが不幸せな日々を送る姉カリウの為にポリアンナ
を貸してくれと頼みに来ます。エームス先生の手紙にもカリウ夫人の為にポリアンナ
を貸してあげてほしいと書かれていました。

 でもこれどうみても微妙な展開、いい年した大人の為に子どものポリアンナを
使おうとは・・・この辺冒頭から、第2部の物語展開は強引です。

「まるでポリアンナを、薬かなんぞのように」

 パレーおばさんは言いますが、これ原作でも言っていますね。お医者さんや看護婦
が子供 を薬のように使うなと言いたいですが・・・。

 強引な展開なのですが、これは原作がそうなので仕方がないですが・・・第一部の
原作は「少女パレアナ」で、第二部の原作は続編「パレアナの青春」です。でもこの
「パレアナの青春」は、できがいいかといわれると微妙なんですが・・・


30話 「大都会ボストンの生活」

【物語】

 カリウ夫人はお金持ちでポリアンナは宮殿と見間違うばかりの豪華な建物や部屋に大喜びです。 ところがカリウ夫人はデラを呼び出すと、エームス先生が頼むから仕方なく預かるが少しでも面倒を起こしたらすぐに追い出しますからねと言うのです。 ポリアンナは衣装部屋で何十着もある素敵なドレスを見ると感激して、その中の一番素敵なパーティー用のドレスを取り出すとカリウ夫人に着てくれるようにお願いするのでした。すっかりとポリアンナのペースに乗せられ頭を抱え当惑しながらも渋々ドレスを着てあきれ顔でカリウ夫人はポリアンナを眺めるのでした。

【感想】

ポリ・30-1やはりというか、カリウ夫人に対しても抱きつき攻撃です!
  ボストンのカリウ夫人は大金持ちで、ポリアンナの事は話してあったんですが
やはり嫌がります。というか身の知らずの子供を預かるわけですから当然です。

 でもこのカリウ夫人自分の事を不幸な人間とか言っていますが、そんな自分に
酔っているだけではないかな?

 自分が孤独で不幸と分かってもそれをおくびに出さず、義務と責任を全うした
パレーおばさんとは全然違います。

 ポリアンアは一番綺麗なパーティードレスを取り出すとカリウ夫人に着てくれる
ようにお願いします。カリウ夫人は渋々ドレスを着るのですが、こんなに簡単に着る
人なら さほどの心の病気ではないのでは?疑問だらけのカリウ夫人です(^ー^;

ポリ・30-2パーティドレスを着てまんざらでもないカリウ夫人、う~んさほど不幸には見えないなぁ~(^^;


 


| 愛少女ポリアンナ物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |