HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

小公子セディレビュー 28話 29話 30話

28話 「プレイボール!伯爵対セディ!」

【物語】

 朝から雨が降り続きセディはボールを作って馬小屋で投球練習を始めます。イギリスでは野球はほとんど知られておらずセディは2人に野球のルールを教え、3人で馬小屋の中で野球を始めます。しかしセディはどうしても本当の野球がしたくなり、屋敷の人間を集めてグローブとバットを作り始めました。セディとウィルキンスは木材を切りだしてバットを作り、メイドたちはグローブを作ります。バットとグローブができたところで屋敷の使用人やメイドを集めて野球の練習が始まりました。その様子を見ていたドリンコート伯爵も参加する事になりました。

【感想】

セディ・28気難しく頑固なドリンコート伯爵までバッターボックスに立ち、ホームランを打ったりして情緒のようなものはないです。
 今回セディがニューヨークと同じように野球をやりますが、勿論原作にはない
エピソードです1890年ではイギリスでは野球は行われていませんしね。

 これは日本人に向けたサービス、本来イギリスならクリケットをするでしょう。
でもクリケットだと日本人には理解できないです、だから野球になったと・・・

 前作「愛の若草物語」でも思いましたが、原作にある情感のようなものがなくなって
いるのが残念です。


29話 「伯爵が怒った!ニューイックを呼べ!!」

【物語】

 セディはウィルキンスと一緒に馬でコートロッジのお母さんの所まで出かけます。その後、セディは足をケガしたハートルという名の少年に出会いました。ハートルの家はとてもボロい長屋でそこら中、雨もりしてきました。セディはなぜ雨もりを直さないのか尋ねますが、ハートルの両親は領地の管理人であるニューイックさんに何度もお願いに行ったけど、全然聞いてくれないと言うのです。セディはニューイックさんがなぜ屋根を直さないのか不思議に思いました。そしてドリンコート伯爵にハートルの家の雨もりのひどさを説明し、ニューイックさんに手紙を書いてくれるようお願いします。

【感想】
セディ・29肌で領民の暮らしを知るセディですが、伯爵に改善の手紙を書く彼の優しさが光りますね。
 セディはアールスコートのハートルの家までお見舞いに薬を持ってでかけますが
雨が降りハートルの長屋はそこら中、雨もりしてきます。

 この辺りでようやくセディは貧しい領民の暮らしを知ります。セディの生まれつきも
あるのですがやはり自由の国アメリカ生まれなのでこういう事するのでしょう。
セディもアメリカではただの一市民だったのでね。


30話 「母さんの病気はぼくがなおす!」

【物語】

 翌日ニューイックは屋敷に呼び出されドリンコート伯爵から領地の管理がなっていないと厳しく注意されます。セディはそれからも何度かアールスコートに通いますが、屋根はいっこうに直りません。アニーは雨の日も風の日もモーダントと一緒にアールスコートの貧しい人々の家を訪ねて歩きました。アニーは病気のルシルの看病をしていたのです。アニーの帰りが遅いのでアニーのまかないをしているケティおばあさんが迎えに行こうとした時、アニーはふらふらと帰ってきました。しかしアニーは朝から体調が悪かったにもかかわらずルシルの看病で夜遅くまで無理をしすぎた為、とうとう玄関先で倒れてしまったのです。

【感想】

セディ・30ニューイックは長屋を直せと言われても、金を出さないくせにと陰口をいいます。伯爵の怠惰を見てきているので当然の言い分ですよね。

 ニューイックはドリンコート伯爵から領地の管理がなっていないと厳しく注意され
ます。どうやらニューイックはこの作品では悪役みたいです。原作ではこんな悪人
ではなく、むしろ悪いのはドリンコート伯爵なのですがね。

 ニューイックは長屋を直せと言われても、金を出さないくせにと陰口をいいます。
ドリンコート伯爵は長屋を直す資金とかどう考えているのかな?ニューイックさんは
思いつきの行動と言いますが今までの伯爵の怠惰を考えれば当然ですよね。

 原作はドリンコート伯爵の傲慢さが、すべての元凶ですがアニメではその辺り
分散されています。


 


スポンサーサイト



| 小公子セディの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |