HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

小公子セディレビュー 34話 35話 36話

34話 「コッキー危ない!崩れ落ちたレンガ!!」

【物語】

 セディはアールスコートへ毎日出かけ、村の子供たちと一緒に建設現場で木材やレンガを運んで仕事を手伝います。貴族院の議会が始まるのでドリンコート伯爵はしばらく屋敷を留守にしてロンドンに行く事になりました。アールスコートの建設現場では急ピッチで新しい家が建てられていましたが、建築資材が遅れがちで建築ができなくなりそうになっていました。実はニューイックさんがハーリントンと手を組んで建築資材を横流ししてそのお金を懐に入れようとしていたのです。

【感想】
セディ・34伯爵はアールスコートの改築費がかなりかかるのに驚いていました。しかし領主とは何をするのが仕事なのな?
 貴族院の議会が始まるのでドリンコート伯爵は、しばらく屋敷を留守にしてロンドン
に行く事になりました。でも貴族院の会議って何をするんだ?相変わらず貴族社会が
どんなものかよく分かりません。

 ドリンコート伯爵アールスコートの改築費がかなりかかるのに驚いていました。
それはそうなんですがドリンコート家は金銭的には大丈夫なのかな?この辺りも深く
突っ込んで語られることはなかったです。

「わしは横暴な人間だ。わしは自分勝手で思いやりなどというものは今まで一度も
持った事がなかった。アールスコートなどわしには関係ないと思っておった。それを
あの子は…今までにこのような事があったか?」

 ドリンコート伯爵はハヴィシャムさんと一緒にロンドンへ行く途中、自分の今までの
行為を、セディによって恥じその真情を吐露した発言といえます。


35話 「助けてセディ!消えたコッキーのなぞ!」


【物語】

 ニューイックさんとハーリントンが資材を盗みだす相談をしているのをアールスコートの子供たちがこっそりと聞いてしまいました。コッキーはみんなより一足先に資材置き場に来ると、ニューイックたちは既に資材の積み込みを始めていました。セディたちは小屋に近づき中をのぞくとコッキーが捕まっていたのです。干し草小屋ではセディがコッキーを救出しようとしますがその途中に見つかってしまい、セディはコッキーを逃がすとニューイックに立ち向かいます。ところがそこへウィルキンスさんが駆けつけセディを助けてくれたのです。村人たちが駆けつけた事を知ったニューイックやハーリントンは尻尾を巻いて逃げ出すのでした。

【感想】

セディ・35ニューイックサンは原作ではアールスコートの酷さを、伯爵に提言していた人物でしたが・・・
 ニューイックさんはアニメでは完全な悪人ですね。そのニューイックさんが資材
泥棒をする回で、子供達がニューイックのような大人を捕まえようとする無理が
ありますが、活劇を入れて話を盛り上げています。

 セディとニューイックがもみ合いになりかなり危険でしたが、そこへウィルキンス
が駆けつけ助けてくれました。

 でもニューイックさんは原作ではアールスコートの酷さを、ドリンコート伯爵に
提言していた人物だったのに、アニメでは泥棒にされて可哀相です(^ー^;;


36話 「サーカスにつれてって!村の収穫祭」


【物語】

 アールスコートの建て替えはすべて完了し、建物は見違えるほどきれいになっていました。収穫祭にはサーカスや移動遊園地も来ると聞いてセディは収穫祭が待ち遠しくてたまりませんでした。しかしアールスコートの子供たちはお小遣いをもらっていないのでサーカスを見る事ができないのです。お母さんは自分たちで何かを作って、それを教会のバザーに出品して、その売り上げを子供たちのお小遣いにすればいいと言うのです。さっそくバットとグローブと ボールを作り始めます。村ではサーカスが開かれます。教会のバザーは押すな押すなの大盛況で、刺繍やバットは飛ぶように売れていき、子供たちはお小遣いをもらって遊園地で遊んだりサーカスを見て楽しむのでした。

【感想】

セディ・36-1ニューイックさんを許してと、お願いするセディですが・・・
 ドリンコート伯爵はニューイックを見つけて、償いをさせてやるとと言いますが、
セディは許すようにお願いします。 でもニューイックは罪を犯したので罰受けるのは
当然で、野放しにしてはいけませんし、捕まえなければいけません。

 セディがニューイックをかばう気持ちはわかりますが、この辺の事をドリンコート
伯爵はきちんと説明できませんね・・・

セディ・36-2バット、ボール、グローブの
野球用具はイギリスでは売れないのでは?

 収穫祭にサーカスや移動遊園地も来ますが、アールスコートの人たちはお金が
ないのでバザーをして資金を集めます。

 バザーをしてお金を得ようというのは分かりますがバット、ボール、グローブの
野球用具を作ってもイギリスでは売れないでしょう。

 それにアールスコートの人達は貧しく、バザーなんかやる暇ないのでは?
こういうところは安易で、物語が軽く感じるんですが・・・。





スポンサーサイト



| 小公子セディの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |