HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 34話 35話 36話

34話 「汽笛が聞こえる?幽霊機関車を探せ!」

【物語】
 ウェンディの語るロンドンの様子でルナが気になった物は汽車でした。その夜、マイケルは夜中に汽車の音を聞きました。ところが汽車が走っていたはずの森の中には汽車がないばかりか、レールすらないのです。その頃、フック船長も汽車の音を聞いており、海賊の手下どもが汽車を捕まえ、汽車をおとりにピーターパンを捕まえようと考えていたのです。翌日、汽車の走っていたあたりを捜索に出かけたそれは汽車ではなく、スチームバードという汽車そっくりの鳥だったのです。スチームバードはロープで縛られており、待ち構えていた海賊の手下にルナは捕らえられ、海賊船に連れて行かれてしまいました。フック船長は黒マントの男たちにルナを引き渡そうと考えていましたが、フック船長はルナから黒い鏡の鍵の話を聞くと、白い鏡のありかを知っているからと嘘ぶいて、黒い鏡があるというダークネスの城までルナに案内してもらう事にしました。

【感想】
ピーター・34スチームバードという汽車
そっくりの鳥でした。ネバーランドなので変な生き物盛りだくさんです(^ー^

 黒マントたちはフック船長と手を組んでルナを捕まえる事にしました。黒マント
の男たちも余程困ったのか海賊に助けを求めます。

 でも結局フック船長にいい様にやられ、黒マントの男たちは捨てられてしまい
ました。黒マントの男たち役に立たないな~少なくともこいつらよりフック船長の
海賊達の方が余程、役に立ちますね。

 マイケルは夜中に汽車の音を聞きましたがそれはスチームバードという汽車
そっくりの鳥だったのです。汽車の招待は簡単にこの鳥と分かりました。やはり
ネバーランドなので変な生き物盛りだくさんw


35話 「強敵!手を組んだフックとダークネス」

【物語】
 海賊船はダークネス城に通じる黒雲谷に入り、ルナを脅して秘密の抜け道を通り抜けました。しかしピーターパンたちは黒雲谷の抜け道を知りませんでした。フック船長はルナを人質に取ってダークネスを脅し、ルナを解放して黒い鏡の鍵を持っているというラスカルを連れてくる代わりに妖精を追い払う松明を貰うのでした。フック船長はダークネスから貰った松明をともして妖精の森に入って来たのです。海賊の手下どもはラスカルを奪う為、シンデレラ2世号に襲いかかり、ピーターパンの活躍もむなしくラスカルはフック船長に奪い去られてしまうのでした。フック船長はラスカルのどこを調べても黒い鏡の鍵など持っていないので、ラスカルをダークネス城まで連れて行きました。そしてフック船長はダークネスを脅しますが、逆に魔法で時計ワニを出され、フック船長は逃げ帰ってしまうのでした。

【感想】

ピーター・35フック船長とダークネスとの初対決ですが、魔法使い相手に果敢に攻めます。

 この辺りになると完全な冒険活劇ファンタジーですよね。フック船長はダーク
ネス城 に大砲を撃ちますが、弾はダークネスの魔法で跳ね返され海賊船に
命中します。

 フック船長はルナを人質に取ってダークネスを脅し黒い鏡の鍵を持っていると
いうラスカルを連れてくる代わりに妖精を追い払う松明を貰います。

 フック船長力任せではなくダークネスと取引したりして頭も使い駆け引きとか
します。「ダークネス編」でもフック船長は活躍し物語にうまく溶け込んでいますね。
悪役なりの見せ場作るし、脚本がうまくできています。

 フック船長は黒い鏡の鍵があるのか聞き出そうとしますが、逆に魔法で時計
ワニを出され、フック船長は逃げ帰ります。相変わらず時計ワニはフック船長を
追い出すのに使われますね


36話 「冒険中止!みんなの胸がドキドキ痛い」

【物語】
 ピーターパンとウェンディはダークネス城へ行こうとしますが、どうしても黒雲谷を抜ける事ができません。しかしウェンディが谷底に落ちそうになったのをピーターパンが助けようとして、偶然にもダークネス城に通じる抜け道を見つける事ができたのです。その時、フック船長の海賊船が襲ってきてウェンディは谷底に落ちてしまうのでした。ルナとラスカル、そしてティンカーベルまでさらわれ、そしてウェンディまで戻って来ないので子供たちは心配し、とうとうジョンとトートルズは冒険をやめようと言い出しました。ウェンディは「海賊に捕まっているルナやティンカーベルを心配してあげて」子供たちは再び白い鏡を求めて冒険に出発するのでした。

【感想】

ピーター・36ジョンが黒い鏡の鍵を海賊たちに渡したと聞いたカーリーは、ジョンが弱虫だと言って喧嘩を始めてしまいます。

 ダークネスは海賊たちに黒い鏡の鍵を取り戻させ、持ってきたところを奪い
取った方が懸命だと考えます。この辺りもダークネスも頭使いますが、まぁ
フック船長の海賊たちもそうですがダークネス側も人員不足は深刻ですからw

 ジョンが黒い鏡の鍵を海賊たちに渡したと聞いたカーリーはジョンが弱虫だと
言って喧嘩を始めてしまいました。

 こういう取っ組み合いのケンカは始めてみますね。前半は皆で何かをやり
遂げる展開がなかったですからこういうの見ると人間っぽくて安心します。

ジョンはみんなで冒険をやめる事にしたと言いますがそれを聞いてウェンディは

「恐いわ。だけど、引き返す方がもっと恐いわ。これからずっと何年も、
      ティンクやルナを助けなかった事を後悔して胸が痛くなるからよ」

ウェンディはこの「ダークネス編」の主役ですから、キャラ立っています。



スポンサーサイト



| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |