HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1991年 アニメ トラップ一家物語 感想

トラップ・0

【1991年アニメ「トラップ一家物語感想

 世界名作劇場1991年第17作目「トラップ一家物語」です。このアニメは映画や
ミュージカルとして有名な「サウンドオブミュージック」が原作です。

 前回「私のあしながおじさん」の主人公は14歳の高校生でしたが、この「トラップ
一家物語」では18歳のマリアが主人公です。世界名作劇場でここまで年齢が高い
主人公はマリアが初めてです。

 そのマリアが結婚し、その後の結婚生活まで描かれるのが「トラップ一家物語」の
更に特異な点といえます。 そういう意味では視聴者対象がやや上の作品なのかも
しれません。

 物語はマリアがトラップ家の家庭教師になり子供達と親密になり、その後トラップ
男爵と結婚し幸せな庭生活が続きます。しかし男爵破産し更にドイツ軍が侵攻して
オーストリアは併合され、最後一家はアメリカに亡命し物語は終わります。

 世界名作劇場でも波乱万丈な、旅などした人たちが出てきましたがトラップ一家ほど
歴史の波に翻弄された人たちが描かれたのも初めてです。前半の家族の個人的な
交流話から後半のドイツによるオーストリア併合と歴史に翻弄されたのが分かります。

 でもこの作品の基本はマリアと子供達の交流物語でしょう。その道具として使われた
のが音楽です。前作「私のあしながおじさん」でもミュージカル的な要素はありましたが
トラップ一家物語」はそれをより強く出した作品でもあります。

 マリアはトラップ一家に家庭教師として派遣されてからも歌で子供たちの心を掴んで
いきます。マリアの歌を通じて子供たちも心を開き、やがて家族の心が一つになる。
 「トラップ一家物語」というタイトルが現すとおり家族の素晴らしさを描いた作品です。

 そんなトラップ一家ですが、アメリカでは更なる多難な出来事がまっています。
その辺は「サウンドオブミュージックアメリカ編」で詳しく書かれていますので、一読
してみてはいかがでしょうか。





サウンド・オブ・ミュージック関連本

トラップ一家物語 (竹書房文庫―世界名作劇場)

マリア・フォン・トラップ (学習漫画 世界の伝記NEXT) (学習漫画世界の伝記NEXT)

トラップ一家物語DVD

サウンド・オブ・ミュージックDVD


 

スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |