HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

七つの海のティコレビュー 19話 20話 21話

19話 「北海油田大パニック海鳥を守れ!」

【物語】
 とうとう海底の岩が落下してパイプラインに穴があき、原油が海に漏れ始めました。その時ネプチューン1では操業1周年記念のパーティーが開かれており、体面を気にしたフィリップは操業を停止する事なく操業を続けさせるのです。パーティーの観客が真っ黒な海面に気付き、パーティー会場は大騒ぎとなります。ペペロンチーノ号はオイルフェンスを張ろうとして何とか北海の自然は守られるのでした。

【感想】

ティコ・19ティコがオイルフェンス張ったり頑張ったおかげで、なんとか原油流失を止められました。

 海底の岩が落下してパイプラインに穴があき、原油が海に漏れ始めて、やっぱり
の展開・・・体面を気にしたフィリップは操業を停止する事なく操業を続けさせ結果
大騒ぎとなります。

 お父さんはフィリップを責めますが、こんな問題ありの人物を見抜けないとはそれは
それで情けない気はしますね。

 オイルフェンスを張ろうとするといきなりシェリルやお父さんがモーターボートでに
乗り手伝おうとしたりしますが、はっきり言って邪魔。かえって迷惑になるとかそんな
事全然考えていません。というか意味のない時間稼ぎの行動が多いな・・・。


20話 「ジュニアはナナミがきらいなの!?」


【物語】

 こうしてペペロンチーノ号はグリーンランドの南の外れまでやって来ましたが、ナナミは寒さに負けず、まだ海に潜っていました。ナナミはティコジュニアと仲良くなる為にティコを桟橋に残したまま、ティコジュニアと1日過ごす事にしました。ところがナナミが見つけた沈没船で遊んでいるうちにティコジュニアが船室に閉じ込められてしまったのです。ティコジュニアはティコを呼びに行きティコ沈没船に体当たりしてナナミを助け出し、その甲斐あってなんとかナナミも脱出できるのでした。この一件でナナミとティコジュニアはすっかりと仲良しになりました。

【感想】

ティコ・20グリーンランドの海で、防寒具を着て潜るナナミ・・・危険すぎじゃないか?
 そういえばナナミはグリーンランドの海で、泳いでますが、防寒具などをいくら
着込んでも、こんな寒い海で泳ぐのは危険すぎじゃないか?

 巣潜り100メートルのスーパー少女ナナミですが、凄すぎて海に潜るのがいかに
危険な行為か分からなくなっています。

 海に潜ると普通の人間は窒息の恐怖を感じますが、ナナミがそれと感じさせる
シーンは出てきません。寒い海で潜るのは数分が限界とかいうのもなし、潜水病
については初回にセリフであっただけ・・・

 「七つの海のティコ」ではナナミと同じように海に潜る、普通の人間が出てきません。
比較対照物がない状態では視聴者は、ナナミの潜水能力の凄さを理解しにくく海に
潜る危険性も分かりません。

 これではナナミが極寒の海の沈没船からナナミがティコジュニアを助け出しても、
緊迫感がでるはずもないですね。


21話 「光る氷山!北極海のオーロラ伝説」


【物語】

 老人はヒカリクジラの髭をGMCに奪われており、今度もまた奪いに来たのだと思い込んでいたのです。スコットとナナミとトーマスの3人で犬ぞりに乗って光る氷山を探しに出かけます。しかししだいに天候が悪化し、ナナミたちはブリザードに見舞われました。トゥピアは狩猟用のかまくらでブリザードを避けると再び光る氷山を目指して出発します。ブリザードが去った後、ゴロワは爆薬を使って氷を割る事にして、作業を進めていました。氷山にも亀裂が入って割れ始めその時スコットは氷の裂け目が光り輝くのを目撃しました。

【感想】

ティコ・21トゥピアは実は女の子でした。ナナミは気がついていたようですが・・・
 老人はヒカリクジラの髭をGMCに奪われており人間不信です。それにしても光る
氷山など胡散臭い設定目白押しですね(^^

「北極の厳しい自然じゃ、1人がしくじればみんなの命が危くなるんだ」


 イヌイットのトゥピアはトーマスにこう言います。というならトーマスを連れてこない
方がいいのでは?言っていることとやっている事が違いすぎます。

 そんなトゥピアは実は女の子でした。ナナミは気がついていたようですが何気に
女の子と分かったらトゥピアは可愛らしくなりましたね。





スポンサーサイト



| 七つの海のティコの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |