HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ロミオの青い空レビュー 16話 17話 18話

16話 「ライバルはアルフレド!」

【物語】

 ロミオは黒い兄弟の仲間たちにからかわれながらも、仕事の合間に本を読み続けました。ロミオは字が読めなかったのですが、アルフレドに近づきたい一心で、一生懸命字を覚え、少しづつ読み続けました。ロミオは本を読み終えると、嬉しさのあまりに飛び上がって喜び、そのままアンジェレッタの部屋に駆け込みました。ロミオはアンジェレッタの部屋に他に本がある事を発見すると、その本も読みたいと思い、ページをめくるうちに眠くなり、アンジェレッタのベッドにもたれかかって眠ってしまうのでした。

【感想】

ロミオ・16カセラ教授はアルフレドを「神に特別に愛されている少年なのだ」といいますが、まさにそうですね~
 黒い兄弟の仲間たちはそれから秘密の会議を開き、狼団と戦う方法について
話し合いました。 煙突掃除夫の子供tちは皆で集まる余裕があるのかな?
でもアルフレドの活躍は郡を抜いていますね。

 アルフレドはカセラ教授からイタリアに自由と平等を教えた、ヴォルテールの本を
読みたいといいます。大学生が読むのも難しい本を凄いですね。

 さらに夜も外灯を利用し読み、燃えた部分を暗記していて書き出していました。
読むだけでなく内容も理解しているのですよね。

 カセラ教授は「神に特別に愛されている少年なのだ」といいますが、ここまでアルフ
レドが凄いと主役ロミオの立場ないよな~(^^  ロミオがいくら頑張っても読んでる
のは「ブレーメンの音楽隊」ですから、ライバルにもなっていません。


17話 「聖バビラ教会の決闘」


【物語】

 今度の木曜日に狼団と対決が行われることになりました。仲間を助けるためにも一度は狼団と対決しなければならない、アルフレドはそう考えていました。ロミオもまた同じ考えでした。仕事の合間をみての準備は大変でしたが、みんなは力を合わせるのでした。そして木曜日、狼団との対決の日がやって来ました。黒い兄弟の仲間は狼団との対決に勝利し、意気込みました。しかしアルフレドだけはジョバンニが来なかった事に不安を覚えるのでした。アルフレドはジョバンニを倒さなければ狼団を黙らせる事はできないと考えていました。ジョバンニがサソリ団のリーダー、クラウディオを倒し、サソリ団のメンバーを狼団に加えて帰って来た時、狼団が黒い兄弟にコテンパにやられたと聞いて激怒しました。そして黒い兄弟はアルフレドがすべて統率しているから、アルフレドがいなくなれば、みんなバラバラになるとニキータは考えたのです。

【感想】

ロミオ・17ニキータにグイグイ攻め込むアルフレド、さすがといえますw
 煙突掃除の少年たちの同盟「黒い兄弟」はアルフレドを中心に団結を固めて
いきました。そして狼団との対決の日に黒い兄弟が勝ちます。

 そういえばロミオや他の子供も、ニキータを女の子と分からなかったようです。
しかしアルフレドは気がついていたようで、さすがといえますw アルフレドは勝ち
気なニキータにビアンカの面影を感じていたのですね。

「もし君が髪に花を飾ったら、きっと似合うだろう」

 出ましたアルフレドのキザなセリフw 藤田淑子さんの声とあいまってアルフレド
の性格が分かります。 これでニキータはアルフレドに心をがっちり掴まれます。
意識して口説いているわけではないようなのでアルフレド天性の女ったらし?


18話 「朝日にとどけ!団結の歌」


【物語】

 ロミオは黒い兄弟のメンバーを集めて狼団との決闘に勝利し、アルフレドを取り戻そうと考えました。しかし黒い兄弟の仲間はアルフレドが連れ去られた途端に団結力を失い、狼団に対する恐怖心から決闘を嫌がります。戦いの日ロミオは1人でセンピオーネ公園へ向かうと途中から次々と黒い兄弟の仲間が加わり、センピオーネ公園に到着した時には黒い兄弟は全員そろっていたのです。煙突掃除の少年の集まりである黒い兄弟相手に、ケンカ慣れてしている狼団は有利に戦いを進めます。黒い兄弟からはロミオが、狼団からはタキオーニが選ばれ、一騎討ちが始まりました。ところがタキオーニはナイフを取り出してロミオに襲いかかり、ロミオに馬乗りになってナイフの奪い合いになります。ロミオはタキオーニを蹴飛ばして2人とも倒れてしまいました。ジョバンニはタキオーニが禁じられていたナイフを使って狼団に恥をかかせたとなじり、ジョバンニは決闘の負けを認めアルフレドを返したのです。

【感想】

ロミオ・18「いつか決着ははっきりつける。いい仲間を持ったな」 何か芝居がかかったセリフでしたが。かっこいいです~(^ー^;
 黒い兄弟はアルフレドが連れ去られた途端に、団結力を失い決闘を嫌がります。
アルフレドがなくなると極端に弱腰です、今まで散々世話になっているのにです。

 ロミオは皆を励ますが誰も乗ってきません。何かロミオの皆をまとめる力、統率力
のなさを感じます。しかしロミオはセンピオーネ公園へ向かいますが途中から次々と
黒い兄弟の仲間が駆けつけ盛り上がる展開といえます。

 最後の戦いで、黒い兄弟からロミオ、狼団からタキオーニが選ばれ戦いました。
タキオーニが禁手のナイフを使い恥をかかせたとなじり、ジョバンニは決闘の負けを
認めアルフレドを返します。

「アルフレド、いつか決着ははっきりつける。いい仲間を持ったな。あばよ」

カッコいいですが、ジョパン二も何か芝居がかかったセリフでしたね~(^ー^;






スポンサーサイト



| ロミオの青い空の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |