HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ロミオの青い空レビュー 31話 32話 33話

31話 「本当の宝物」

【物語】

 ロミオたちはどうしてもサーカスが見たくなりみんなで行くには、あと20リラが必要です。しかしロミオはクリスチーナさんの屋敷の古くなった離れを掃除と修理する事で20リラもらう約束を取り付けました。明日が期限となった金曜日、ミカエルは露天商の前を通りかかった時、ふとしたはずみで高価な壷を割ってしまいました。露天商の主人のリドはミカエルに弁償させようとしましたが、ミカエルはお金を持ち合わせていなかったので、リドはミカエルの持っていたマリア様のペンダントを奪い取りました。 ロミオはミカエルの様子がおかしかった理由を悟り、ミカエルにマリア様のペンダントを手渡したのです。ミカエルはどうしてペンダントを取り返したのか尋ねると、ダンテは 「思わず買っちまったんだってさ、あの20リラで。でも俺たちみんなリーダーと同じ意見さ」と答えました。

【感想】

ロミオ・31ロミオ1人で20リラ稼げないです~ロミオが売られた時の契約料が25リラだった訳ですから(^^
 当初の放送予定が変更になり急遽追加で作られたのが、この31話と次回の
32話です。急遽作られたので前後の話に関係がない物語展開になりました。

 ロミオは皆でサーカスに行くように考えますが、あと20リラが必要です。ロミオは
クリスチーナさんの屋敷の古くなった離れを掃除と修理する事で20リラもらう約束
を取り付けました。

 でも今までの物語展開から、ロミオ1人で20リラなんて働いて稼げる額ではない
ですよね。ロミオが売られた時の契約料が25リラだった訳ですから・・・。

 ロミオ1人で20リラ稼げるのなら、今までこんな苦労しないだろうと(^^
この辺り急遽作られた話なんで仕方がないですがね。


32話 「素敵なクリスマスイブ」


【物語】

 ロミオはこの休みを利用して本を2冊読もうと決心していました。カセラ教授の予想に反してロミオはモディーディックの小説を読めるまでに読書力をつけていたのです。ロミオの提案でクリスマスの日にカセラ教授の為に人形劇を開き、自分たちの気持ちを人形に代弁してもらう事にしたのです。 クリスマスの日、カセラ教授はクリスマスプレゼントとしてロミオとビアンカの人形劇に招待されました。人形劇は男の子と女の子が教授に親切にしてもらうという、自分たちの実話のストーリーでした。

【感想】

ロミオ・32ロミオは先生、ビアンカは看護婦になると、お互い将来について語ります。
 当初の放送予定が変更になり急遽追加で作られたのが、前回とそして今回の
32話がそうですね。

 ロミオは煙突掃除の仕事中に屋根から落ち足の骨を折ってしまいます。足を折る
なんて治るまで何ヶ月もかかりますしそんなに休んでいられないでしょう。急遽作ら
れたとはいえ、せいぜい捻挫ぐらいでよかった気はしますね。

 人形劇をしてカセラ教授にお礼を言いロミオは先生でビアンカは看護婦になると
お互い将来について明確にします。というよりロミオはようやく将来何になるか明確
に分かりましたね。


33話 「空へ!自由の翼にのって」


【物語】

 ロミオは今日、ロッシ親方の家を出ていく事になりました。親方と別れたロミオはダンテたちと合流し、ミラノの町を歩きます。ロミオはニキータにアルフレドの墓を守ってほしいと言い、ニキータはそれを引き受けます。そこへ黒い兄弟の仲間と狼団のメンバーがやって来ました。ロミオはジョバンニに黒い兄弟と狼団が同盟を結んでほしいとお願いします。ロミオたちは故郷の近くまでカセラ教授の馬車でカセラ教授とビアンカに送ってもらえる事になりました。ロミオはとうとうソノーニョ村に帰って来ました。 そして10年後、働きながら学校を卒業したロミオは子供たちの先生になっていました。貧しい者、弱い者を導く小さな光となり、ロミオは夢に向かってその一歩を踏み出したのです。ロミオとビアンカは結婚し、2人の間に生まれた男の子にアルフレドと名前を付けたのです。そして今、子供たちが煙突掃除夫として売られていく事はなくなりました。

【感想】

ロミオ・33-2ルイニは子供たちを酒場に集めていました。原作ではルイニは警察に捕まるのですが、アニメでもそうして欲しかったです。
 今回でロミオは煙突掃除としての契約が切れ、ロッシ親方の家を出て行きます。
ロッシ親方もそうですがエッダも別れ際涙を流します・・・しかしアンゼルモは最後
まで改心しませんでしたが、でも彼らしい態度を貫きましたね。


ロミオ・33-1
 アルフレドの墓の前でニキータは、髪に花をかざしてアルフレドに報告していました。
二キータは作品を通して出続けた女の子でしたが、その彼女の心境の変化が上手く
描けた気はします。


ロミオ・33-4
 そしてロミオはとうとうソノーニョ村に帰って来ました。ここまで遠い道のりでしたが
ロミオはやり遂げましたね。


ロミオ・33-5
 ロミオの旅はついに終わりを告げ、そして10年後働きながら学校を卒業した
ロミオは子供たちの先生になっていました。

「ロミオが愛した青い空の下で子供たち
                 1人1人が貴く自由であると願ってやみません」

ナレーションでのこのセリフが、「ロミオの青い空」のすべてではないでしょうか。


ロミオ・33-6ロミオとビアンカと結婚して、生まれた息子にアルフレドと名づけました。


 


スポンサーサイト



| ロミオの青い空の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |