HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

レ・ミゼラブル 少女コゼット レビュー 43話 44話 45話

43話 「ガヴローシュの願い」

【物語】

 政府軍は大砲の次の斉射を準備しますが、それを邪魔する為、アンジョルラスは政府軍の兵士を狙撃しようとしますが、まだ自分と同じくらいの若い兵士にコンブフェールは止めさせます。アンジョルラスは砲撃を止めさせないとバリケードは突破されると言い張りますが、その時ジャン・ヴァルジャンは政府軍兵士の帽子を次々と打ち抜いていったので、狙撃の腕前に恐れをなした政府軍は撤退していきます。シャンブルリー通りのバリケードではアベセ友の会のメンバーと政府軍との銃撃戦が再び始まりました。しかしアベセ友の会は玉が残り少なく、鉄を溶かして弾を作りながらの銃撃戦となります。それを見ていたガヴローシュはバリケードを出ると、弾の飛び交う中を倒れた政府軍の兵士から弾を集めて回りました。ガヴローシュは政府軍に撃たれて倒れてしまったのです。

【感想】
レミゼ・43-1ジャン・ヴァルジャンは政府軍兵士の帽子を次々と打ち抜きますが、相変わらず何でもできますね。
 ジャン・ヴァルジャンは政府軍兵士の帽子を次々と打ち抜き、その狙撃の腕前に
恐れをなした政府軍は撤退していきます。ジャン・ヴァルジャンはスナイパー並の
腕前ですが、昔どこかで覚えたのかな?

 この辺の物語展開は原作と同じなのですが、死ぬ人物を死なせないようにアニメ
オリジナルのエピソードが描かれます。

 ガヴローシュは政府軍に撃たれますが、犬のシュシュに助けられます。原作では
ガブローシュは撃たれて死にますが、子供だからかアニメでは死にませんでしたね。
 

レミゼ・43-2しかしシュシュに助けられるというのもそうですが、こんな場所までコゼットがやってこれるのはさすがにご都合主義ですね。


44話 「未来へのともしび」

【物語】

 ロマルメ通りのアパートに運び込まれたガヴローシュは医者に治療してもらい、何とか一命を取り留めました。アベセ友の会のメンバーであるレーグルはプルーヴェールがいなくなった事に気付きました。あたりを探すとプルーヴェールは政府軍に捕まって縛られていたのです。アンジョルラスはすぐに捕らえていたジャヴェールと人質を交換しようとしますが、ジャヴェールを連れてくる前にプルーヴェールはアベセ友の会のメンバーの目の前で縛られたまま銃殺されてしまいました。激怒したメンバーは報復にジャヴェールを撃ち殺そうとしますが、ジャン・ヴァルジャンは私に任せてもらえないだろうかと申し出るのでした。拳銃を受け取ったジャン・ヴァルジャンはジャヴェールを誰も見ていない裏口に歩かせてバリケードを越えます。ジャヴェールを解放しジャン・ヴァルジャンは空に向かって拳銃を発砲すると「人は変わる事ができる。あなたは自由だ」そう言うとジャン・ヴァルジャンは帰って行きます。

【感想】
レミゼ・44-1
 ジャン・ヴァルジャンは空に向かって拳銃を発砲すると 「人は変わる事ができる。
あなたは自由だ」そう言うとジャベールを逃がします。

 原作ではこのジャヴェールが何故人は変らないかの理由がエピソードで語られ
ますが、アニメではセリフのみでした。

 少なくともジャヴェールは最初から出てきてジャン・ヴァルジャンを付け狙う重要
人物なのでこのエピソードは描くべきと思いましたね。

 政府軍の総攻撃が始まり、アンジョルラスとグランテールは政府軍の一斉射撃に
倒れてしまい、理想を掲げたアベセ友の会の革命は終わりを迎えました。

 人が死にまくりですが革命ですので仕方がないです。それでも描写は過激に
ならないように工夫されていますね。


レミゼ・44-2政府軍の総攻撃でアンジョルラスとグランテールは一斉射撃に倒れてしまい、アベセ友の会の革命は終わりを迎えました。



45話 「パリの下水道」

【物語】

 ついにすべてのバリケードが陥落し、理想を掲げて革命を起こした学生たちはみんな撃ち殺されてしまいました。れまで数多くの犯罪者が下水道に入りましたが、一人たりとも抜け出せたものはいませんでした。ジャン・ヴァルジャンは政府軍に撃たれたマリウスを担いで下水道の中を歩き回りました。ジャン・ヴァルジャンは下水の中を歩き続け、ようやく出口を見つけました。ところが出口の柵には鍵がかかっていて出る事ができません。するとそこへ一人の男がやって来てそれはテナルディエでした。テナルディエは下水道から出てきた男がジャン・ヴァルジャンだと気付かないまま、ジャン・ヴァルジャンが金目当てにマリウスを殺したと勝手に決めつけると、自分の身の上を勝手に話し始めました。テナルディエはその昔、ワーテルローの戦いの時、戦いが終わった後、戦場に転がる敵味方の死体から金目の物を盗んで回っていました。倒れていたポンメルシー将軍のポケットからも多くのお金の入った財布を盗みますが、ちょうどその時将軍は目を覚ましテナルディエは将軍を救った雄志とされたのです。戦争が終わった後テナルディエはその時盗んだお金でモンフェルメイユ村にワーテルロー亭という宿屋を建てたのです。

【感想】

レミゼ・45-1ガヴローシュはようやく意識を取り戻しました。アニメでは生きていましたが、原作ではコゼットに会うことはなく死んでしまいます。
 コゼットは町へマリウスジャン・ヴァルジャンを助け出そうとしますが無理な展開。
主役のコゼットが目立つように、無理矢理行動しているように見えます。

 警察に追われたジャン・ヴァルジャンは下水の中を歩き続け、ようやく出口を見つ
けました。ところが出口の柵には鍵がかかっていてテナルディエが現れました。
下水の出口の番人のような事して、金を稼いでいたんですね。

 そしてテナルディエは律儀にワーテルローの戦いの真相を明かします。やはりと
いうかテナルディエはポンメルシー将軍から盗んだお金でした。このワーテルロー
の真相は後半マリウスの行動に関わってきます。


 


スポンサーサイト



| レ・ミゼラブルの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |