世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 16話 17話 18話

16話 「朝まで討論会!」

【物語】

 キャサリンの家で飼われていた捨て犬のビンクスが、逃げ出したという知らせがとびこんできました。その後ビンクスはクレア学院に現れ1年生の間では学院に戻ったビンクスをどうするかで話し合いが行われました。そんな折、先学期にケネディ先生に代講を頼んでいたルイス先生が戻って来たのです。ルイス先生は校則で動物は飼ってはいけないと主張し生徒たちとの討論を始めます。

【感想】

おちゃめ・16-1ルイス先生は校則をたてに、動物を飼うことは許されないと主張、対して反論する生徒たち、朝まで生討論の始まりでした(^^
 キャサリンの家で飼われていた、あの捨て犬ビンクスが逃げ出したというのを
クラスメートたちは電話で知らされます。

 そこへケネディ先生に代講を頼んでいた、ルイス先生が帰って来ました。でも
生徒に間違われるほど、若々しいルイス先生。

 そのルイス先生は校則をたてに、動物を飼うことは許されないと主張します。
これに対して反論する生徒たち、、、ルイス先生はこのことで生徒と朝まで討論
するなんてバイタリティが溢れていますね~

 最後は生徒がペットを買うのは校則で禁止ですが、先生が飼うのは禁止されて
いないからと、ルイス先生がビンクスを飼うことで丸く収めます。

 ルイス先生は活動的で、ケネディ先生とは正反対の女性でした。それに今回の
エピソードで明るく逞しくそして機転が利く先生と分かり、途中参加なのに非常に
キャラが立っているのが凄いですよね(^^


17話 「誕生日に大ゲンカ!」

【物語】

 イザベルとパットもいよいよ誕生日を迎えることになりました。でも、よりによってその誕生日のことがきっかけでイザベルとパットは周囲を巻き込んで大ゲンカをしてしまいます。その後は授業中や休み時間、食事の時も顔を合わせればケンカをする2人、周りのクラスメートたちもやきもきして見守るのですが・・・。

【感想】

おちゃめ・17-1イザベルとパットは誕生日のことがきっかけで、周囲を巻き込んでの大ゲンカをしてしまいます。
 イザベルとパットは誕生日を迎えますが、よりにもよってその誕生日のことが
きっかけで、周囲を巻き込んでの大ゲンカをしてしまいます。物語始まって以来の
イザベルとパットのケンカで、お互い自我がぶつかります。

 そのイザベルとパットと一緒に苗を植えることになった院長が、誕生日が騒ぐだけ
の口実に使われるのが、問題と言います。

 両親があなたたちをこの世に送り出してくれた日が誕生日と語ります。お母さんに
とっては母親になった記念日、お父さんにとって父親になった記念日・・・

 そういう重要な日だと院長は語ります、、こういうの見ると院長は教育者として
優れているのが分かりますね。

 イザベルとパットの兄弟ゲンカから、最後はこのようにうまくまとめるのがこの作品
の素晴らしい所ですね。


おちゃめ・17-2ジャネットはイザベルとパットを見ながら、ケンカしても双子だから同じ動作をすることがおかしかったです。


18話 「タロット占い大流行!」

【物語】

 ふとしたことでタロット占いに凝り始めたジャネット。周囲の1年生もすっかりジャネットの占いを信じてしまい、占いにふりまわされてしまいます。そんなジャネットとみんなの様子に腹を立てるパットは、ジャネットの占いで「三日以内に災いがふりかかる」と宣告されてしまいます。その三日後の夜、学院の馬小屋が落雷により火事になってしまうのでした。

【感想】

おちゃめ・18-1怪しげなマーゴットのタロット占いですが、あのベリンダも信じていましたね。
  ジャネットですがあのサーカスのジミーに、手紙を12通も出していました。
イザベル、パット、キャサリンの3人はすっかり忘れていたのに、意外にジャネット
はジミー対して一途でしたね。

 そして5年生のマーゴットのタロット占いが出てきますが、あのベリンダも信じて
いるのがこちらも意外!やはり彼女も、こういうのが好きなんでしょうね。

 それに感化されジャネットもタロット占いに凝り始め、周囲もすっかりジャネットの
占いを信じてしまい、ふりまわされてしまいます。

 ジャネットがパットに「3日以内に災いがふりかかる」と宣告!その3日後本当に
学院の馬小屋が落雷により火事になりました。
 「正夢」ならず、「正占い」というのかな?ある意味人騒がせなジャネットでした。

おちゃめ・18-3馬を助ける為に納屋に飛び込無パット!よく無事だしたが、緊迫感溢れる物語展開でした。



 


スポンサーサイト

| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 13話 14話 15話

13話 「さようなら、ケネディ先生」

【物語】

 素晴らしい論文を仕上げ、オックスフォード大学へ名誉教授として着任することになったケネディ先生。先生を慕うイザベルとパットは心から別れを悲しみます。そしてケネディ先生の最後の授業の最中に、離島から自分達の教師になってくれる人を捜しに来たメアリーという子供たちが乱入してきます。その後どもたちに嘆願され結局、ケネディ先生は離島へ行きメアリーたちの先生となる道を選ぶのでした。

【感想】
おちゃめ・13ケネディ先生は離島の先生になり、教師としての生きがいを見つけましたね。
 素晴らしい論文を仕上げ、オックスフォード大学へ名誉教授として着任することに
なったケネディ先生は、運が開けてきた感じです。そう気弱なケネディ先生はあく
までルイス先生の代講だったんですよね。


 そこへ離島から自分たちの、教師になってくれる人を捜しに来たメアリーと子供
たちがきます。でもこの子供達も行き当たりばったりの行動、、先生を探しにいき
なりクレア学院に来たりケネディ先生の論文を持って逃げ出したり。

 結局、ケネディ先生は離島へ行きメアリーたちの先生となる道を選びます。先生
は自分を導いてくれた、かつてに恩師マーブル先生を思い出したからでした。

 離島教師になるという形で、うまく代講のケネディ先生を退場させましたね。


14話 「宿題を燃やしちゃった!」

【物語】

 新学期が始まり、イザベラとパットの従姉妹のアリスンが新入生としてクレアの1年生のクラスに入ってきました。わがままでマイペースなアリスンに頭を痛めるイザベラとパットたち。アリスンはついに自分を呼び出した上級生リタの作文を誤って燃やしてしまうという失敗をやらかしますが、イザベラとパットの協力でどうにか切りぬけるのでした。

【感想】

おちゃめ・14-1アリスンはクレア学院の決まりに従おうとしない、マイペースでわがままな少女でした。
 新学期が始まりイザベルとパットの従姉妹のアリスンが、新入生としてクレア学院
の1年生のクラスに入ってきました。

 ついに問題児アリスンが登場!クレア学院の決まりに従おうとしないアリスンは
かつてのイザベルとパットですよね。

 わがままで尚且つマイペースなアリスンに頭を痛める、イザベルとパットはやはり
かつての自分たちを見ている思いでしょう(^^

 アリスンは自分を呼び出した上級生リタの作文を、誤って燃やしてしまうという
失敗をします。予想通りいきなり失敗をやらかしますね。


おちゃめ・14-3リタはキャサリンにお金を盗まれそうになったり、アリスンに作文を燃やされ散々です(^^
 作文を燃やされたリサは、このまま提出できないと留年です。イザベルとパットや
はマドモアゼルに事情を説明し延期してくれるように頼みますが例外は認められま
せんでした。

 マドモアゼルは「クレアにはクレア学院魂というのがある」といいます。そして最後
はアリスンの協力でリタはどうにか切りぬけます。
 
 リタはマドモアゼルのいう通り「クレア学院魂」というの見せつけました。でもこの
リタは前にキャサリンにお金を盗まれそうになったりして、災難続きでした(^ー^;


15話 「素敵なロバート先生」

【物語】

 秀才ジョーンは勉強は得意ですが運動は苦手。ラクロスのクラス対抗試合に出たくないばかりに、わざと平均台から落ちて怪我をしてしまいます。そんな逃げ腰なジョーンをみたロバート先生は自らラクロスのラケットをとり、スポーツの喜びを教えます。そしてジェーンはクラス対抗試合に出場するのでした。

【感想】

おちゃめ・15ロバート先生と、ラクロスの練習を始めたジェーンでした。
 秀才ジョーンは勉強は得意ですが運動は苦手。・・・ちょっと太めのジェーンの
ような子にまでエピソードがあるのが、この作品のいい所です(^ー^;

 ラクロスの対抗試合に出たくないばかりに、わざと平均台から落ちて怪我をして
しまいます。う~ん、誰しもやったことありそうな話w

 
 そんな逃げ腰なジョーンに、寮母先生はフェリシアの話をします。かつてクレア
学院の生徒だったフェシリアも、体育の日はよく休んでいました。

 その時クラスメートで足の不自由なジュディがラクロスの練習をしているのを見て
「丈夫な体があるのに、それを使わないのは恥ずかしいこと」だと気がつきます。

 その後フェリシアは、練習をしてラクロスがうまくなったのです・・ちなみにラクロス
の練習をしたフェシリアは、スリムになったということです(^ー^;

 その話を聞いたジェーンはロバート先生と一緒に練習することにします。その後
のラクロスの試合は負けてしまいましたが、ジェーンは満ち足りていました。

 勿論フェリシアが、実はロバート先生だというオチですが、この辺りきちっと話を
見せているのが分かります。





| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 10話 11話 12話

10話 「みんなで校則破っちゃえ!」

【物語】
 怪我をした子犬を拾ったイザベルとパット、キャサリンは、学院につれこんでこっそりこの犬の面倒をみることにしました。 犬を飼うのは校則で禁止されていますが、他のクラスメートたちも 協力してくれます。でも、耳の良いマドモアゼルは敏感に犬の声を聞き分けてしまいます。イザベルとパット、キャサリン、ヒラリーの機転で一度は危機を脱した1年生たちですが・・・。

【感想】
 
おちゃめ・10-2キャサリンは犬のために、足にめり込んだ弾丸をピンセットで取り出します。
 猟師に間違って撃たれ怪我をした子犬を拾ったイザベル、パット、キャサリンは
学院に連れて行き面倒をみることにしました。
 
 そういえばキャサリンは動物好きだったんですね~キャサリンは獣医になりたいと
言い、犬の犬種についてのうんちくまで披露します。

 キャサリンの動物好きは、犬を飼う為のいきなりの設定に感じましたが(^^;
犬を飼うのは校則で禁止されていますが、クラスメートたちも協力してくれます。

 結果犬は見つかってしまいますが、院長は飼う事を許してくれます。院長は校則
厳守ではなく特別措置を許した上で、適切な行動しましたね。


11話 「イザベルがカンニング!?」

【物語】

 学期末試験が近づいてきました。たとえ1教科でもトップをとろうとはりきるイザベルとパットですが、なかなか上手く行きません。数学などの教科で惨敗だったふたごたちは、せめて地理の試験でがんばろうとします。しかしふと魔が差したイザベルは夜の教室で地理の問題用紙の内容を見てしまうのでした・・・。

【感想】

おちゃめ・11思わず答案を見てしまった、イザベルでしたが・・・
 今回は誰しもが覚えのある、懐かしの試験の話がでてきますね。学園物の基本
といえますが、ここでイザベルとパットの努力が描かれます。

 両親の為に1教科でもトップをとろうとはりきるイザベルとパットは数学など他の
教科で惨敗だったので、最後の地理の試験でがんばろうとします。

 しかしイザベルは編み物の本を取りに夜の教室に行くと地理の問題用紙の内容
を見てしまうのでした。その事をイザベルは正直に先生に告白しようと決意します。

 凄く緊迫感のある話で、イザベルは正直にいうのか緊張感を持って見るとその
答案は2年生のもので、イザベルの見たものではなかったのでした~

 ハラハラさせておいてラストでほっとする展開。この辺うまく作ってありイザベル
パットの潔癖さが描かれていますね。


12話 「大ピンチ!代役は誰に」

【物語】

 パットとイザベルたちは、ヒラリーたちと一緒にケネディ先生のもとで歴史劇をやることになりました。役にあぶれていじけていたシェイラもともに歴史劇に加わり、猛烈にやる気をみせます。しかし、いざ本番と言うときにヒロイン役のヴェラが足をくじき、劇に出られなくなるアクシデントが!その時セリフを覚えていたシェイラに白羽の矢が立ちます。

【感想】

おちゃめ・12歴史劇で主役予定だったヴェラは残念ながら、おいしいところをシェイラに取られましたね(^ー^;
 クラスで歴史劇をやる事になりました。パットとイザベルたちは、ヒラリーたちと
一緒に練習をしますが、シェイラは役にあぶれてしまいました。

 今回はまたしてもシェイラが主役!前回素直ないい子になったシェイラですが
歴史劇の役にあぶれて何かしたくても中々いい出せない状態です。

 そんなシェイラの心情を察するのはジァネットでしたね。そして役のないシェイラは
クロンプターになりました(セリフを忘れた役者にセリフを教える役目)

 いざ本番という時ヒロイン役のヴェラが足をくじき、劇に出られなくなるアクシデント
が起こります。 そこでいうまでもなくシェイラはセリフを覚えていますので代役に出て
無事やり遂げました!

 またしても主役エピソードのシェイラの活躍がいいですね。しかい2度もおいしい
役回りが来て運のいいキャラですね(^ー^;





| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 7話 8話 9話

7話 「がんばれ、ケネディ先生!」

【物語】

 気の弱いケネディ先生をいじめる2年生たちに腹を立てるイザベルとパットの1年生たち。そんなケネディ先生はイザベルとパットやキャサリン、マドモアゼルに励まされてがんばろうと努力します。しかしある日2年生たちがケネディ先生の大の苦手の猫を大量にけしかけれらているのを見た、心無い2年生たちに1年生たちは激怒するのです。

【感想】

おちゃめ・7-12年生たちはケネディ先生の苦手な猫を、大量に用意していました!
 気の弱いケネディ先生をいじめる2年生たちに、腹を立てる1年生たち。そんな
ケネディ先生をイザベルとパット、キャサリン、マドモアゼルが励まします。

 皆でケネディ先生を応援しますが、それほど先生としては頼りないのです(^^
ケネディ先生は2年生たちに、大の苦手の猫を大量にしかけられますが・・・でも
2年生はこんな大量の猫を、どこから集めてきたのかな?

その時止めに入ったキャサリンに対して、2年生のテシーが

「なによ、あんたなんか泥棒じゃない」

 その言葉にショックを受けたキャサリンですが、その時テシーにケネディ先生が
頬を叩きます。

「今すぐに恥知らずな言葉を、取り消しなさい!」

 そういってテシーの発言を諌めます。この辺り頼りないケネディ先生だからこそ、
この毅然とした行動に感動できるのですよね。この作品な中でも秀逸な回でした。

おちゃめ・7-2気弱な泣き虫ケネディ先生ですが、最後は先生らしくふるまいました。


8話 「4つのプレゼント」


【物語】

 街にサーカスがやってきて浮かれるイザベルとパットなどの1年生たち。サーカスには空中ブランコのジミーという好青年もいました。しかし、石が飛んできて教室の窓ガラスが割れた事件をきっかけでサーカスに行けなくなってしまいます。業を煮やしたイザベルとパット、ジャネット、それにキャサリンは夜中にこっそり抜け出してサーカスを見に行きます。

【感想】

おちゃめ・84人は好青年ジミーに一目惚れですが、後々まで覚えていたのはジャネットだけです。
 街にサーカスがやってきますが、名作系の話にはサーカスよく出てきます。
イザベル、パット、ジャネット、キャサリンの4人は、サーカスに行き空中ブランコ
乗りのジミーという好青年に会います。

 女子高で男に免疫がないのか、4人はジミーに一目惚れ状態でした(^-^

 しかし教室の窓ガラスが割れた事件が、きっかけとなって1年生はサーカスに行け
なくなってしまいます。

 その為イザベルとパット、ジャネットそしてキャサリンまで夜中にこっそり抜け出し
サーカスを見に行きます。

 しかし翌日窓ガラスを割った犯人が名乗り出て、1年生は行ける事になりますが
4人は夜雨に打たれたため風邪を引いて行けなくなります。

 ズルをすれば後日必ず、報いを受けるという話でしたw まぁ、男の子の話が初めて
出てきましたね。 でもそのジミーを覚えていたのはジャネットだけなんですがね。


 9話 「シェイラの秘密」

【物語】

 中間休暇も近づき、1年生たちは両親に会える日を心待ちにしています。そんなみんなの中でクラスメートの嫌われ者の高慢なシェイラがいました。富豪の出身の彼女は家族の自慢話ばかりしてクラスメートから嫌な顔をされます。しかし、実は彼女の両親は元は庭師でそこから財を成した人物でした。シェイラは本当の自分の姿がみんなに暴露され笑われるのが怖かっただけなのでした。

【感想】

おちゃめ・9-2ここぞとばかりシェイラを攻撃する、直情型のジャネット!

 今まではクラスメートの1人という感じのシェイラでしたが今回の主役です。
高慢なシェイラは自分が金持ちであることや、富豪出身であることをことさら自慢
する嫌われ者でした。

 そんなシェイラ態度にジャネットがキレます。さばけたジャネットのような性格なら、
シェイラのような取り澄ましたような態度の子は嫌いだろうからね~(^ー^

 何よりジャネットはシェイラの言葉使いやテーブルマナーができていないのを見て
根っからの金持ちではないこと見抜きます。

「人のことをどうこうの言うのは、首筋の洗い方、
          髪のとかし方、きちんとした食事の取り方を覚えてからにしたら!」

 シェイラの最も気にしている事を思いっきり攻撃するジャネット。彼女がどんな子か
よく分かるエピソードでもあります。

 最後は生徒会長ウィにフレッドやクラスメートたちの励ましで、シェイラは心を改め
素直になります。でもそのシェイラに話しかけ、素直になるきっかけを作ったジャネット
は手荒いですが優しい子ですね。




| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 4話 5話 6話

4話 「いたずらジャネット」

【物語】

 ルイス先生の代講として学院で教鞭をとっている気の弱いケネディ先生を、1年生たちはジャネットを中心に悪質な悪戯でいじめます。イザベルとパットはそんな行動をやりすぎと思い見ていました。そしてケネディ先生にいたずらをやめないのを見てイザベルとパットはクラスメートに言います。そのイザベルの一喝とパットの勇敢さに心を打たれ、クラスメートは悪戯を反省し、イザベルとパットはを初めて心から自分達の級友と認めるのでした。

【感想】

おちゃめ・4ケネディ先生の授業中に、か勝手に席を立ち話し出すジャネット。
 さばけた感じのジャネットですが、それとは裏腹にケネディ先生に対する、悪戯
はかなり過激なのが多いですね。

 何よりルイス先生の代講として教鞭をとっている、気の弱いケネディ先生・・・
そんなケネディ先生をジャネットやパットを中心に悪質な悪戯でいじめます。
でも昔こんな気の弱い先生いましたよね(^ー^

 最後はケネディ先生を思いやるイザベルが、皆に問いかけクラスメートたちは
反省します。 そしてパットはジャネットと先生に悪戯した事を謝りに行きます。

 パットの行動を見た他の生クラスメートたちは心打たれ、イザベルとパットを心から
認めあいます。なんというかソツがない作りだよな~(^ー^


5話 「真夜中のパーティー!」

【物語】

 もうすぐジャネットの誕生日でした。パットの提案で、真夜中に秘密のパーティーを開くことになりました。そして真夜中のパーティが開催され盛り上がります。そして普段は「ケチ」と呼ばれていた気の弱いキャサリンも、ジャネットの為にケーキやプレゼントを大奮発してみんなを喜ばせるのでした。

【感想】

おちゃめ・5盛大に行われた真夜中のパーティ!!確かに夜中に何かするって楽しいですよね(^ー^
 今回は原作にもあるエピソード真夜中のパーティー!しかしそれ以上に重要な
のがキャサリンでもあります・・・。

 キャサリン気弱でおどおどしている為、ジャネットから苛められているようです。
キャサリンは今までイザベラとパットに協力して、頼りがいのある子に見えましたが
そうではないようです。

 気弱なキャサリンには実は、色々な事情があるのですが・・

お金が盗まれる事件が頻発し、イザベラはキャサリンの不審な行動に疑惑を持ち
ます。 泥棒騒ぎは疑心暗鬼を生むので、見ていて辛い展開ではあります。


6話 「かわいそうなキャサリン」

【物語】

 イザベルとパットはベリンダにラクロスの選手に選ばれ、試合で勝利をおさめ学院は喜びに包まれます。しかし、1年生の間では真夜中のパーティー前後から次々と生徒のお金が紛失する事件が頻発し、イザベルとパットそしてクラスメートはみな疑心暗鬼にかられます。そしてあるときイザベルがキャサリンがお金を盗むのを目撃したのです。そう泥棒の正体とはなんとキャサリンでした。

【感想】

おちゃめ・6キャサリンを預かっている叔母が、必要最低限度のお小遣いもくれずその為盗みをしてしまったのです。
 キャサリンですが、気弱ゆえの問題行動を起こします。真夜中のパーティー前後
から次々と生徒のお金が紛失する事件がありましたが、その泥棒の正体はやはり
キャサリンでした。

 泥棒をした理由はキャサリンを預かっている叔母が、必要最低限度のお小遣いも
くれずその為お金に困っていたのです。

 しかもキャサリンは上級生のリタからお金を盗み、見つかってしまいます。その
ことは院長も知るところになり、当然ながら退学の危機に陥ります。

 そんなキャサリンの為にイザベルとパットは必死で院長に理由を話し何とか丸く
収まります。 イザベルとパットの活躍でキャサリンは心を入れ替えます。
 

 イザベルとパットそしてキャサリンなどが友情を築いていく過程がよくできています。





| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 1話 2話 3話

1話 「クレア学院って大嫌い」

【物語】

 贅沢なお嬢様レッドルーフス学院でわがままに育てられてきたふたごのイザベルとパット(パトリシア)は、心配した両親に厳格なクレア学院に入学させられます。2人は自分たちをクレア学院に入れた両親に猛反発。入学後も、クレア学院になじむものかと意地を張りつづけます。そんなふたごのイザベルとパットに、級友も教師も呆れるのでした。

【感想】
おちゃめ・1-1
大甘なレッドルーフス学院ではトップだった、イザベルとパトリシア(パット)

 今回は世界名作劇場作品ではなく、1990年日本テレビにて放送されていた
おちゃめなふたごクレア学院物語~」取り上げたいと思います。

 制作は日本アニメーションではなく東京ムービー新社です。名作系の作品ですが
DVD化はされておらず(VHSのみ)現在は事実上、観る事は出来ません。

 レッドルーフス学院にたふたごの兄弟イザベルとパトリシア(パット)ですが、この
学院はボタン付けまでメイドがやって くれる大甘な学校!

 そんな学院で甘やかされたからこそ、両親はクレア学院に双子を入れさせます。
大胆なことする両親ですが、そうなると何故レッドルーフス学園に 入学させたのが
気になりますが(^^

 しかしふたごの両親は子供にとってレッドルーフス学院にいると天狗になるだけと
判断するとすぐさまクレア学院に転入させるとは、非常に優れた親ですね

おちゃめ・1-2
この回はふたごが何とか、クレア学院に反発する様が描かれ痛々しくはあります。


2話 「見て、私のラクロス!」

【物語】

 クレア学院では先輩の命令は絶対です。先輩に用事を言いつけられると従わなくてはいけません。そして先輩のベリンダに用事をいわれたことにイザベルとパットは反抗します。特にパットはベリンダのいうことを頑として聞こうとしません。そんなパットですが、自分をラクロスの選手に選んでくれたベリンダの公平な人柄にふれ、態度を改めることななります。

【感想】

おちゃめ・2イザベルとパット13歳(中一)でベリンダ17歳(高二)なので、体格差はこんなにあります(^ー^
 クレアでは上級生が下級生に、ストーブの火を入れたりトーストを焼いたりします。
それにイザベルとパットは反発しますが、命じられたジャネットは平気です。

「私たちも上級生になったら、下級生を使う立場になれるんですもの」

 キャサリンはこう言いますが、ある意味まともな意見、下級生が上級生の理不尽
な要求に、我慢するのはこれですからね(^ー^;

 執拗にベリンダに反抗するイザベルとパット。しかし最後は自分をラクロスの選手
に選んでくれた、ベリンダの公平な人柄に触れ態度を改めます。

 この辺りイザベルとパットの心情の変化や、ベリンダの人間性が上手く描けて
いますね。


3話 「嘆きのマドモアゼル」

【物語】

 フランス語の授業で、マドモアゼルに作文の課題の再提出を命じられるイザベラとパットたちですが、言いつけを無視して映画にいってしまいます。しかしイザベルとパットは映画を見ても楽しくは感じません。そんな彼女たちもフランス語の補講を通してマドモアゼルの熱心さに心を動かされ、フランス語の作文も懸命に上達してみせるのでした。

【感想】

おちゃめ・3マドモアゼルは厳しくも優しく、そしてユーモアにあふれた女性でした。
 フランス語の授業でマドモアゼルに作文の課題の再提出を命じられるイザベルと
パットたち。しかし課題を後回しにして映画に行ってしまいます。

 未だに頑ななイザベルとパットですが、普通に見ればただの我侭な子供にしか
見えませんね。この辺り2人は反発をひたすら繰り返す行動をし続けます。

 そんなイザベルとパットはデオ・ボールド院長に呼び出され反省するんですが、
この作品において院長は重要人物で後々も物語に関係していきます。

 そしてイザベルとパットはフランス語の補習を通してマドモアゼルの熱心さに心を
動かされます。フランス語の作文も懸命に上達し丸く収まりますね。





| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 スタッフキャスト紹介

おちゃめ・0

おちゃめなふたご クレア学院物語
スタッフキャスト紹介

作品名 おちゃめなふたご クレア学園物語
原作名 St.Clare’s(1941年)
原作者 イーニッド・ブライトン(Enid Blyton)
イギリス人(1897年~1968年)享年71歳
訳書名 「おちゃめなふたご
舞台 イギリス
物語の期間 20世紀半ば
主人公 パトリシア・サリバン/イザベル・サリバン(13歳)
製作 東京ムービー新社(現トムス・エンタテインメント)
放送期間 1991年1月5日~11月2日 全26話

【スタッフ】
総作画監督 平山智/美術監督 水谷利春/音楽監督 鈴木清司
脚本 山崎晴哉、島田満、翁妙子/キャラクター・デザイン 関修一

【キャスト】
パトリシア・サリバン(日高のり子)イザベル・サリバン(原えりこ)
サリバン氏(キートン山田)サリバン夫人(弘中くみ子)

【物語】

サリバン家のふたご、パットとイザベル。贅沢なお嬢さま暮らしから離れて、クレア学院に入学した2人。新しい学院……、新しい寮生活……、新しい仲間たち……。はじめはクレア学院の校風に反発していたふたごも、自らの経験や仲間との交流を通して、一歩一歩成長していく。





| おちゃめふたご記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。