HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「くじらの親子」のくりた陸さん死去。

82・くじらの親子・1

【「くじらの親子」のくりた陸さん死去。】

82・くじらの親子・6   

 漫画家のくりた陸さんが2017年7月4日、乳がんのため亡くなりました。享年55歳。 下がそのネットニュース記事。

「「ゆめ色クッキング」など手がけた漫画家くりた陸さん死去 7月発売雑誌にはがん闘病漫画が掲載」

 くりた陸先生といえば自分は、「くじらの親子」(全10巻1999年~2002年)を思い出します。
この作品は同時期の「赤ちゃんと僕」の少女版とかいわれていました。

 「赤ちゃんと僕」は年の離れた兄弟でしたが、こちらは
母親を亡くした主人公「杏」(11歳)と年の離れた妹「桃」(2歳)とお父さんという家族構成。

 物語は杏が小学生の時、鮎川くんという男の子と付き合い(その後アメリカに転校)中学の時に関川くんという男の子に惹かれるという、三角関係メインのバリバリの恋愛少女漫画でした。

82・くじらの親子・4

 しかし自分としては主人公「杏」の恋愛物語がどうのより、むしろ番外編として掲載されている、杏のお父さんと死んだお母さんの若い頃の話がとてもいい。

 「くじらの親子 5巻」「くじらの親子 6巻」の番外編で、学生時代に両親が出会い、駆け落ち同然で結婚しその後の生活を描いた「あの日、僕は人魚を見た」。

 それと
「くじらの親子 7巻」の番外編で、苦難続きの若き両親がその苦生活の中で出会った少年との話「海に降る雪」。

 特に自分としては「海に降る雪」が、くりた陸先生の作品の中で最高傑作と感じるくらい好きでした。

 物語はお母さんが杏を身ごもり、お父さんと苦難の生活を続けていた時に出会った少年との交流なのですが、実は彼は母親からDVを受けていた子でした。

 実は杏のお母さんも幼少期、母親からDVを受けていたという事実がありました
(その辺は「あの日、僕は人魚を見た」で描かれています)

 当然物語は重く苦しく物語が安易にハッピーエンドにはなりません。むしろ最後は辛い現実がああるのですが、そんな中訪れる一筋の小さな希望が繊細に描かれます。

 この人間の心のひだをすくい取って描く力量は素晴らしく、くりた陸先生の最高傑作だったと今回の訃報を聞いてそう思いました。

 くりた陸先生のご冥福を、心からお祈りいたします。

スポンサーサイト

| 訃報 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Amazon アマゾン マーケットプレイス詐欺に遭った!

78・Amazonマーケットプレイス詐欺・5

Amazonマーケットプレイス詐欺に遭った!】

 最近ネットニュースなどで「Amazonマーケットプレイス詐欺」というのが話題になっています。下の記事が詳しいので、参考にしてください。

■Amazonマーケットプレイス詐欺が大量発生


…がなんと自分もその被害に遭いました…(´;ω;`)

 注文したのはこれも、ニュースなどで取り上げられている「
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)」という本。

 定価972円がAmazonマーケットプレイスだと、商品410円+送料257円=計667円だったので注文したんですよ。

…がしかし到着予定日になっても届かない!なのでAmazonレビューを確認すると、同じく商品が届かないと報告が多数!!

 そこで色々と調べると、初めて詐欺だったとわかった次第…。



78・Amazonマーケットプレイス詐欺・3  
 「Miyasaka」という名の出品者(今はアカウントが削除されている)でしたが、商品の「問合せ番号」を辿ると発送が中国!

商品そのものは神奈川県の郵便局に届いているんで、どうもダミーみたいです(なんでわざわざダミーなんか送るんだ?)



 78・Amazonマーケットプレイス詐欺・4

 最初どうすればいいか戸惑いましたがネットで調べ、Amazonは「マーケットプレイス保証」というのをしているのを知り、申請をしたらすぐに受理され全額返金されました。

 「Amazonマーケットプレイス詐欺」が横行していると話題になってがいましたが、まさか自分がまんまと引っかかるとは情けない…。

 皆様も引っかからないよう、
 「Amazonマーケットプレイス詐欺」の特徴を書いておきますね。


○極端に安い価格、もしくは通常よりも安い価格で販売。

○出品者が「新規出品者」、もしくは最近出品があまりない業者。

○「海外から発送」などで到着日が先に設定されている。

○国内の住所、電話番号であっても架空のもの。


 でもこの「Amazonマーケットプレイス詐欺」って詐欺をしても
購入者が気がついて、Amazonに「マーケットプレイス保証」をすれば購入者に返金され、犯人にはお金が入らないんですよね…

 そもそも自分の被害は667円なので、詐欺としては利幅が少なすぎる気が
(100人騙してもやっと6万くらいでしょ?)

 どうもダミーの商品が、中国から発送されているところからみると犯人は中国人なのかと思うんですが…

 詐欺のわりに旨味の少なさから、もしかすると中国人(学生とか)が好奇心半分でしているという気もするんですがどうだろうか。



あなたはこうしてだまされる 詐欺・悪徳商法100の手口

詐欺の心理学―どうだます?なぜだまされる? (ブルーバックス)

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)

迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ (文庫ぎんが堂)







| 雑記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |