HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銀河漂流バイファム ぼくたち13人

15・ばくたち13人・1

【銀河漂流バイファム ぼくたち13人】
出版年:1986年


15・ばくたち13人・2

 1983年に放送された日本サンライズのアニメ、「銀河漂流バイファム」を自分はよく見てハマっていました(^^。
なので当時の関連本もよく持っていましたが、、今回紹介するのはその中の一冊。

 内容は「銀河漂流バイファム」を見ていた世代に向けた関連本では、これが最後に出たものといえるでしょう(その後、設定資料集とかは発売されました)

 文庫サイズで手軽に読め、当時の1980年代の雰囲気に触れることが出来ることうけあいw内容を抜粋すると

ACT.1 「ぼくたち13人の思い出ノート」
13人のそれぞれについて、他の誰かが語るという形式。

ACT.・「イラスト・ギャラリー」
 キャラクターデザインの芦田豊雄さん、その他の方々のイラストが多数掲載されています。

ACT.・「MY ROUND VERNIAN」
作品に登場したロボットRV(ラウンドバーニアン)の紹介。

「シド・ミューラァ物語 怒濤の男」みんだ☆なお
みんだ☆なお先生のパロディ漫画は、この時代必須ですw

「Spaceルチーナにおまかせ!!」作:星山博之 絵:小林智子
みんな大好き!ルチーナが主役の小説でした~

ACT.・「シャロンBridal」作:かがみ聖
 シャロンを主人公にした、少女漫画テイスト溢れる作品でした。
今おやじの自分が読むと、こっ恥ずかしくもありますが、シャロンの優しさあふれる作品ではあります。

 でも作者のかがみ聖(しょう)先生は、今何をしているのでしょうか?(検索しても、分かりませんでした)ちなみに、下がその作品の画像です。


15・ばくたち13人・3





銀河漂流バイファム関連商品

銀河漂流バイファム BEST HIT SERIES ROUND VERNIAN VIFAM GRAFFITI

銀河漂流バイファム コンプリートアートワークス (エンターテイメント・アーカイブ・シリーズ)

ROBOT魂 [SIDE RV]バイファム







スポンサーサイト

| バイファム関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若草物語 ルイザ・メイ・オルコットの世界

25・若草物語・1

【若草物語 ルイザ・メイ・オルコットの世界】
出版年:1992年



【著者のデータ】
ルイザ・メイ・オルコット
若草物語(Little Women)」は1868年にルイザ・メイ・オルコット(1832年11月29日~1888年3月6日)によって書かれた自伝的小説。続篇として「続 若草物語(Little Women Marriedor Good Wives)」「第三若草物語(Little Men)」「第四若草物語(JO's  Boy s )」の3作品がある。


25・若草物語・2

 自分は前のブログで「世界名作劇場雑記」を運営していたんで、それ繋がりで購入した本(「名劇関連記事」→「世界名作劇場記事一覧」

 「若草物語」とは19世紀後半、南北戦争時代のアメリカを舞台に、マーチ家の四人姉妹と母親そしてその隣人を描いた家族の物語です。

 この本はその古典的小説である「若草物語」の世界を、多数の写真とともに解説しています。



25・若草物語・3

 ルイザ・メイ・オルコットの父ブロンソン、母アッパの紹介、その後のルイザを含む四姉妹の生まれとその経過などが掲載されています。

 ルイザの父親ブロンソンは教師で、子供を自然の中で育てその個性を活かした教育を実践しましたが、当時は受け入れられず相当苦労したようです。

 その影響を娘のルイザも受け「第三若草物語」で主人公ジョオが理想の学校プラムフィールドを運営していくのも、ルイザが父親の挫折した理想を物語の中で叶えてあげたかったからでしょう。

 そんなイザ・メイ・コットの描いた「若草物語」の世界に、どっぷりと浸れる一冊でしたね。


25・若草物語・4








| 世界名作劇場の関連書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 48巻 美内すずえ


【ガラスの仮面 48巻】
出版年:2012年 著者:美内すずえ
 
ガラスの仮面48巻・2

 「ガラスの仮面」48巻は2012年2月25日に発売されました。前47巻と違いこの48巻は亜弓さんの出番が多く、その点に関しては良かった気がします。

 その亜弓さんですが失明しかかっているにもかかわらず稽古に励み、逆に目が見えないことで紅天女に近づいているような感じ。

 相変わらず努力家の亜弓さんですが、今回はそれだけではなかったです。


 ガラスの仮面48巻 (3)  

 かなり昔から出てきているカメラマンのハミルさんですがここにきて亜弓さんと急接近のようですが…というか亜弓さんとハミルさんの恋の始まり?

 でもなんというか天才努力家超美人でお嬢様の亜弓さんのお相手が、ハミルという外国人なのが前々から気になっていました。

 なんというか日本人の男では物足りないので、外国人男性がお相手という分かり易すぎる「外国人幻想」が時代を感じる(^-^;


 
 それに対し日本男児である桜小路君は、怪我をおしてなお稽古に励みます!とにかくひたすら頑張り続ける桜小路くん!

 マヤとの恋が集成するとは思えないので、この先に何か悲劇がある気もしますが、とりあえず頑張ってもらいたい!!


ガラスの仮面48巻・5

 それより物語が動いたといえば真澄と詩織さん。前々から嫌な予感は何となくししていましたが…まさか真澄は詩織さんをふるとは…!!


ガラスの仮面48巻 (6)

 その真澄の行動に悲観した詩織さんは上の画像のようなことを…婚約して結婚式直前までいった挙句、破談になればそりゃショック受けるだろ。

 そもそも何を思ってこんな行動をした速水真澄!?仕事一筋できたのに、この期に及んでマヤとの真実の愛に目覚めたのか?詩織さんに対して

「ぼくではあなた(詩織さん)を幸せにはできない」

…今更それはないだろう、仕事と思って素直に詩織さんと結婚しろよ。

 桜小路君が恋人の舞ちゃんをふったのとは、色々な意味でレベルが違うんだぞ!速水真澄とあろうものがそれでいいのかと!!


ガラスの仮面48巻 (7)

 その後、詩織さんはショックで紫のバラをちぎっては捨てという行動を繰り返す日々…これはこれでキャラ変わりすぎな気もするけど…(>_<;

 それと肝心の主役の北島マヤだけど…紅天女の稽古は下の画像にあるページで描かれたくらいしかない…


ガラスの仮面48巻 (8)

北島マヤ!どうでもいいから「紅天女」の稽古しろ!!

…それとなにより、月影先生はどこに…???







| ガラスの仮面関連書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謎解き超常現象 ASIOS(アシオス)

16・謎解き超常現象・1  

【謎解き超常現象】
出版年:2009年 著者:
ASIOS


【著者のデータ】
【ASIOS(アシオス)】
 2007年に発足した、超常現象を懐疑的に調査していく団体。超超現象、オカルト、オーパーツ、偽史、UFO、陰謀論などを扱った書籍を多数出版してます。


16・謎解き超常現象・2

 ASIOS(アシオス)は2007年に発足した、超常現象やオカルトなどを科学的に調査検証する団体。

 そのメンバーはASIOS(アシオス)発起人でWEBサイト
「超常現象の謎解き」の運営者本城達也氏をはじめ、偽史古代史研究家原田実氏、元と学会会長、SF作家山本弘氏などなど…

 オカルトに懐疑的な人たちなら、この方々の名前は聞いたことがあるでしょう。 自分のように超常現象に懐疑的で、昔からこの手の本を読んでいる人間ならまさに信頼できるメンバーですなw

 内容は大都市上空に飛来したUFO、記念写真に写った不気味な顔、天から降り注ぐ魚の雨…本書では42の「超常現象」を取り上げ、懐疑的に検証しています。

 自分のようにこの手の本が好きな人間から、最近超常現象の怪しさに気がついた人まで、幅広い層に受け入れられやすいように分かりやすく解説しています。

 なかでも目を引くのがテレビのバラエティ番組で放送される、「FBI超能力捜査官」などの捜査系番組の真相。

 要は超能力者の発言を都合よく編集したり、意図的に事実の一部を隠したり、表現を少し変えたりとあたかも超能力者の透視が事実かのように見せていること。

 「バラエティ番組なんだから多少の嘘はいいじゃないか」というレベルを超えていることをテレビはしているんだと、やはり自覚しておかないといけないと思いますね。




謎解き超常現象関連本

謎解き超常現象 II

謎解き超常現象3

謎解き超常現象DX






| 超常現象関連の書籍 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 47巻 美内すずえ

ガラスの仮面47巻 (1) 

【ガラスの仮面 47巻】
出版年:2011年 著者:美内すずえ
 
 47巻が2011年7月26日に発売され早速読んでみましたが、今回は北島マヤと速水真澄の船上デートがありましたね。

 というかこの47巻の半分以上が船上デートで占められており、その船上パーティなどにマヤと真澄が出たりしますが…

ガラスの仮面47巻 (2) 
←マヤのドレス姿に真澄は見とれますが…このドレス、今の流行のデザイン??

 そのマヤの美しさに真澄も見とれますが、でもマヤは「ふたりの王女」で アルディスを演じているので、この程度では驚かないのでは?

 まぁ、アルディスは舞台の上での姿で、プライベートとは違うのかもしれませんが…

 その後も2人は船上デートを楽しみまが…要するに進展しない恋愛話が続くんですけど。さすがにマヤと真澄の恋愛話はもういいのではと?紅天女は何処へ??

 「11も歳下でちびちゃんだし、何の取り柄もないけど・・」 とマヤは言っていますが…

 11歳も年下というけどマヤはもう20歳 だし、真澄は31歳なのでたいした歳の差ではないのでは?

 チビちゃんと言ってもマヤは156cmで女性なら気にする程でもないのでは?
 
ガラスの仮面47巻 (3)

 それになんの取り柄もないって…あんた「紅天女」候補で、今はもう、立派な大女優ですがな!

 冷静になればマヤは速水真澄、桜小路優、真島良、 里美茂と色々なイケメンたちに好かれていて、 作中で一番もてている女性だったりします(^-^

ガラスの仮面47巻 (4) 
 れと桜小路君がバイク事故を起こして、大怪我を負いました。

 「紅天女」の一真役のためとはいえ みんな満身創痍、桜小路君は一真の役を掴めるのか?

 正直当て馬気味の桜小路君ですが、これからなんとか頑張ってもらいたい。

 それとこの47巻では、亜弓さんの出番はほとんどないです…(>_<;

 なんというか最後の最後で、亜弓さんを出してみましたという感じ。

 もっと亜弓さんが見たい、というか紅天女の稽古が見たいです!

というかマヤ、紅天女の稽古しろよと!!

早く続きを描いて下さい!美内先生!!

 
 
ガラスの仮面47巻 (5)







| ガラスの仮面関連書籍 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジ絵の便利帖 (100%ムックシリーズ)

  
98・デジ絵の便利帖・1  

【デジ絵の便利帖 (100%ムックシリーズ)】
出版年:2015年


98・デジ絵の便利帖・3  

 今回は2015年に購入したイラスト技法書「デジ絵」シリーズの「デジ絵の便利帖 」の紹介!!

 前に同系の
「デジ絵イラスト完全ガイド―無料ソフトを活用してpixivデビュー!」を紹介しましたね。

 これと同じく現在(2015年当時)人気の絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説している本です。

 基本的に
色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説していません。

98・デジ絵の便利帖・4

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になりました。

 画像を見れば分かるでしょうが、結構細かく説明されていてデジタル彩色の大まかな流れがわかります。

98・デジ絵の便利帖・5

 画像を見ればわかると思いますが、全てデジタルでの彩色の仕方のみ解説されているので、デジタル彩色をより詳しく知りたい方にはオススメの本といえるでしょう。

98・デジ絵の便利帖・6

 この手のデジタル彩色の難しいところは、その彩色の仕方を理解するのが非常に大変ということ。

 何せ塗りだけでもペンの選び方、レイヤーの使い方、水彩塗り、アニメ塗り、厚塗りと多岐にわたるので、読んでもそのすべてを把握するのは無理w

 個人的に気に入った絵師さんの描き方をそのまま真似して、そこから自分流の描き方を編み出すのがうまくなる方法でしょうね。

 その点では複数の絵師さんのデジタル彩色が分かるこの本はオススメかな(あと値段が安いのも助かりますしねw)



___前に紹介した「デジ絵の描き方の本」の記事___■

■「touch(タッチ)Vol.4(100%ムックシリーズ)」






| デジ絵100%ムックシリーズ | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 46巻 美内すずえ


【ガラスの仮面 46巻】
出版年:2010年 著者:美内すずえ

 ガラスの仮面46巻 (2)

 この46巻で目の見えない亜弓さんは、母親の歌子さんと目に頼らない演技の稽古を開始します。

 ローソクを倒さないように演技するなど、目は見えなくても音、匂い、空気などの五感で演技しようとする亜弓さん。

 さすが努力家の亜弓さん稽古一筋ですね!この稽古のおかげで亜弓さん紅天女を掴みかけたようですが…

 そんな亜弓さんに対してのマヤですが…この巻でもたいして稽古していない、相変わらず真澄の事ばかり…。


ガラスの仮面46巻 (3)

 しかし驚いたのは、この46巻での主役は詩織さん!上の画像を見て分かる通り、ウエディングドレスの仮縫いなど真澄との結婚が近づいています。
 
 そして皆が予想していた通り、その紫織さんの黒化が始まり本格的に動き出しますw


ガラスの仮面46巻・4

 ウエディングドレスを着ている時に、マヤに飲み物持たせわざとこぼさせこのような事に…。

 結婚指輪をマヤが盗んだように言ったり、紫のバラの人に成りすましマヤがプレゼントした舞台写真を破いて絶縁の手紙を送ったり…

 確かに紫織さん黒化していますが、この程度では歴戦の勇者であるwマヤにはなんともないのでは?

 正直紫織さんのやっている程度の嫌がらせなんて、かつての乙部のりえに比べれば屁でもない(^ー^;

 というより恋愛や詩織さんの黒化などいらないので早く紅天女を描いて欲しいです、頼みます、美内先生!!




_




| ガラスの仮面関連書籍 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT