HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ガラスの仮面 46巻 美内すずえ


【ガラスの仮面 46巻】
出版年:2010年 著者:美内すずえ

 ガラスの仮面46巻 (2)

 この46巻で目の見えない亜弓さんは、母親の歌子さんと目に頼らない演技の稽古を開始します。

 ローソクを倒さないように演技するなど、目は見えなくても音、匂い、空気などの五感で演技しようとする亜弓さん。

 さすが努力家の亜弓さん稽古一筋ですね!この稽古のおかげで亜弓さん紅天女を掴みかけたようですが…

 そんな亜弓さんに対してのマヤですが…この巻でもたいして稽古していない、相変わらず真澄の事ばかり…。


ガラスの仮面46巻 (3)

 しかし驚いたのは、この46巻での主役は詩織さん!上の画像を見て分かる通り、ウエディングドレスの仮縫いなど真澄との結婚が近づいています。
 
 そして皆が予想していた通り、その紫織さんの黒化が始まり本格的に動き出しますw


ガラスの仮面46巻・4

 ウエディングドレスを着ている時に、マヤに飲み物持たせわざとこぼさせこのような事に…。

 結婚指輪をマヤが盗んだように言ったり、紫のバラの人に成りすましマヤがプレゼントした舞台写真を破いて絶縁の手紙を送ったり…

 確かに紫織さん黒化していますが、この程度では歴戦の勇者であるwマヤにはなんともないのでは?

 正直紫織さんのやっている程度の嫌がらせなんて、かつての乙部のりえに比べれば屁でもない(^ー^;

 というより恋愛や詩織さんの黒化などいらないので早く紅天女を描いて欲しいです、頼みます、美内先生!!




_









スポンサーサイト



| ガラスの仮面関連書籍 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |