HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高畑勲監督のご冥福をお祈りします。

 高畑勲監督追悼

 2018年4月5日(木)に、あの高畑勲監督が肺がんでお亡くなりになりました。享年82歳だったそうです。

 高畑監督といえばジブリの「火垂るの墓(88年)」「おもひでぽろぽろ(91年)」「平成狸合戦ぽんぽこ(94年)」「かぐや姫の物語(13年)」があまりに有名。

 しかし自分は世界名作劇場ファンですので、高畑監督といえば「アルプスの少女ハイジ(74年)」「母をたずねて三千里(76年)」「赤毛のアン(79年)」になります。

 正直言ってしまうと自分は、高畑監督の全盛期は(「じゃりン子チエ(81年)」を含め)これらの作品を制作した時期だと思う。


■1974年アルプスの少女ハイジ記事一覧


■1976年母をたずねて三千里記事一覧

■1979年赤毛のアン記事一覧


 なんせ「アルプスの少女ハイジ」は40年以上も前のアニメなのに、未だに色々な企業や商品のCMに使われるんだから。


その中でも自分が、高畑監督の最高傑作と思うのは

「母をたずねて三千里」!!

 この作品の原作は「クオーレ」といって、子供に語って聞かせる昔話的なものであらすじしかありません。なので物語の殆どは、アニメオリジナルだったりします。

 そのアニメオリジナルのストーリーをハイレベルの水準で維持しながら、毎週制作していたその力量は凄いの一言。

「母をたずねて三千里」を見ずに、高畑勲監督を語るなかれ!!

なんて傲慢なことを言いたくなるほどw

 高畑勲監督のご冥福をお祈りします。今まで素晴らしい作品で、自分たちを楽しませてくれてありがとうございました。






スポンサーサイト

| 訃報 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |