HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第7話 「金貨の上手な使い道」 の感想

あしなが・7-1

【物語紹介】
 リンカーン記念女子学園はもうすぐクリスマス休暇を迎えます。休暇の前に教会の人がファーゲッセン寮にやって来て慈善箱を置いていきました。 しかしジュディは慈善箱が大嫌いでした。ジョングリア孤児院にいた頃、慈善箱に入っていた服しか着る事ができずそれを着て学校に行ったジュディはクラスメイトからからかわれていたからです。慈善箱へ何も入れようとしないジュディを見てジュリアは不審を抱きもしかすると孤児院出身と思い、ハイスクールの学生課に行って学生名簿を見てジュディの身元を調べますが、項目には名前の他は何も記載されていません。ファーゲッセン寮は冬休みは閉鎖されるので、ジュディには行く所がなく寮に残りジュリア達にはおじさまは忙しいからと嘘を言います。それを見たジュリアはプレゼントを見せ合う約束をするのでした。ジュディにはプレゼントを届けてくれる親戚などいません。その後学生課に手紙を取りに行くといつものお小遣いの他にクリスマスプレゼントととして金貨が5枚も入っていたのです。金貨でクリスマスプレゼントを買って持ち帰り、それを見たジュリアもジュディが孤児院出身ではないと認めざるをえないのでした。


あしなが・7-2あしながおじさんから貰った5枚の金貨をすべて使い、プレゼントを買ったジュディでした!

【感想】
 前の第1話「運命を変えた月曜日」でジュディはお金持ちを嫌っていましたが、今回は何故そのお金持ちを嫌うのか理由が分かる回。

 クリスマスの体育祭に慈善箱が回ってきて、ジュディは孤児院時代の忌まわしき過去を思い出します。

 金持ちにサイズの合わない服を押し付けられ、その服を着て学校に行きクラスメートから「あれ私のお下がり…」とからかいと哀れみの目で見られた過去のトラウマ…。

 今回はそのトラウマが少し描かれるのみでです、今後はより踏み込んでいきます…キツイですがw

 それとこの回にジュリアはジュディの出自を怪しみプレゼントを見せ合う約束をしたりと、典型的ないじめっ子タイプに描かれていました。

 でもこの回の印象が強いのですが、ジュリアのジュディに対しての露骨な攻撃は今回のみだったりします。

 最後は「あしながおじさん」からの金貨を貰い難をしのぎますが、買った物の量から高校生にしては上げすぎなのでは?

 そのお金をすべて使い切ってしまうジュディもアレですが、「あしながおじさん」の金貨をあげて相手を喜ばせようとする行為はさらにアレかもしれませんねw

あしなが・7-3絹の靴下を履いて、うっとりするジュディが可愛らしいです。




スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |