HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第20話 「年上の同級生」の感想

あしなが・20-1

第20話 「年上の同級生


【物語紹介】
 ジュディのクラスに一年間休学していた年上の同級生レオノラ・フェントンが編入してきました。レオノラも詩を書くので校内誌に何度も掲載されていたのを知ったジュディはお友達になろうとします。しかしレオノラはジュディの書いた作品が自分の孤独感に甘えすぎていると言って批判します。その後レオノラはジュディ達と同じ部屋で暮らす事になりました。ジュディ、ジュリア、サリーのはレオノラがどんな詩を書いていたのか知りたかったので、図書館で昔の校内誌を探します。レオノラの詩を読んでジュディは素晴らしい詩だと理解しました。校庭でジュディはレオノラと話し仲良くなると、バスケットをします。そして昔バスケットの選手をしていたのでバスケットの腕前は超一流でしたがその途中レオノラは口から血を吐いて倒れてしまったのです。

あしなが・20-2
転校してきた年上の同級生レオノラ・フェントン・・・薄幸の美少女タイプですね。

【感想】

 今回は1年間休学していた「レオノラ・フェントン」という、年上の転校生が登場しましたね。

 そのレオノラはいきなり、ジュディの詩を「自分の孤独感に甘えすぎてる」と批評します!

 これにジュディが怒るのは分かりますが、面白いのはレオノラを快く思わないジュリアが「ジュディの詩は素敵よ」と擁護するシーンでしょう。

 レオノラという共通の敵が現れいつの間にかジュリアがジュディの味方になるのですが、この20話~話22話の3話でジュディとジュリアは急接近していきます。

 そういう意味ではこのレオノラ編(ということにしますw)の3話は重要な回で、それでいて物語の分岐点になるでしょう。

 まぁ、それと物語も中盤になり中だるみしてくる時期、前回ランバート先生の教えに触れジュディの孤児としての葛藤や理解もそれなりにやって慈善にも一定の理解を示しました。

 ジュディはジャービス、ランバート先生、他の人の影響を受けてある程度成長したといえるでしょう。

 その為ここいらでジュディの影響で変わる人を見せる、それはジュディの成長を 明確に見せたかった気がします。

 しかしレオノラをライバル視するジュリアがジュディの味方になる描写が増え2人は急接近するという、結果になるとは~

 スタッフがどこまで考えていたかは分かりませんが、この後ジュディとジュリアが自然と仲良くなっていくのは、レオノラのおかげです( ´∀` )

 そうい意味においては「私のあしながおじさん」ではレオノラ登場は、ジュディ&ジュリアにとってターニングポイント的な回になりましたね。






スポンサーサイト

| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |