HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第23話 「それぞれのクリスマス」の感想


【物語紹介】
 クリスマスの日にサリーの家でパーティーが開かれる事になりジュディとジュリアが招待される事になりました。クリスマスプレゼントとしてジュディとサリーは毛糸を買って手編みの手袋と帽子を作る事にしました。ジュリアは店で出来合いの品を探しますが、ジュディとサリーの編み物をしている姿を見て自分も手編みのマフラーを作ろうと決心します。ジュリアは1人でマフラーを 編み始め、うまくいかないとジュディに教えてもらいながら編み物を続け、クリスマス当日完成しました。しかしその時ジュリアのお母さんが迎えに来て社交界にジュリアを連れて一いてしまうのでした。サリーの家のクリスマスパーティーでジュディは手袋、サリーは帽子をそしてジュリアからマフラーをジミーにプレゼントをします。そしてパーティに連れていかれたジュリアは初めての社交界は楽しくないと思うのでした。


あしなが・23-2
サリーの兄ジミーの為に手編みのマフラーを編むジュリア・・・今までと別人ですね。

【感想】

 今まで「私のあしながおじさん」を観ていた人なら、ジュリアの豹変ぶりに驚くでしょう、 ジュリアってこんなに可愛い娘だったのかと(^-^;
 
 隠れて手編みのセーターを編み、顔を赤らめるジュリアの姿は可愛らしいの一言!

 高飛車な言動をしてた女の子が、一転可愛らしくなる状態を゛ツンデレ”といいますが

世界名作劇場の女の子でこういうツンデレキャラは初めてでは?…いや「ポリアンナ」のバレーおばさんとかいたけどw

 今回はジュリアの回であると同時に彼女のキャラクター性が完全にでき上がった瞬間ですし、この後は実質彼女が軸で話が進みます。

 高飛車で身勝手なお嬢様が、優しい人を思いやる令嬢に変身する。…「私のあしながおじさん」はジュリアの物語ともいえるかも知れません。

 その一方、本来の主役ジュディはすぐに成長すると話が終わってしまうので、同じ所をループさせられてしまいますが…

 結局この回の最後にジュリアのお母さんが現れて、社交界のパーティーに連れて行かれます。

 社交界こそすべてみたいなジュリアが、初めて社交界が楽しくないと感じた時でした。

 社交界の中身のなさを理解したジュリアの前に、同じく無理矢理パーティに招待されていたジャーヴィスが出てきて

「上流社会は家柄や地位を守る為に、
    自由を売らなければならない」


…なんかジャーヴィスからようやく重みのある言葉を聞けた気がしますがw

 ただこの言葉はこれからのジュリアを語る上で重要なセリフになっていたりします。




スポンサーサイト



| 私のあしながおじさん全40話レビュー | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セクシーに魅せる!女の子の人体パーツの描き方

女の子の人体パーツの描き方 (1)

【セクシーに魅せる!女の子の人体パーツの描き方】
出版年:2017年 著者:うめ丸/ぶんぼん


女の子の人体パーツの描き方 (2)

 女性のセクシーさを考察しながら、女性の身体の各パーツとポーズを事細かく解説しているイラスト技法書。

 人体の各部位の見え方、曲がり方、捻れ、重力による変形などを描くコツを分かりやすく教えてくれます。

 そう、女性をいかにセクシーに描くか!?を重点的に紹介している、そういう意味での専門書。

↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のあしながおじさんキャラクター紹介 ⑥


【私のあしながおじさんキャラクター紹介 ⑥】


118.jpg-
ジュディの想像したジャーヴィスおじさま。9話

98.jpg

パーラー主人(山下敬介)15話
ジミーが友人の代わりにバイトしていたパーラーの店主。

103.jpg


運転手(田中和実)20話
レオノラの荷物を運んできた運転手さん。

102.jpg

運転手20話
レオノラの荷物を運んできた作業員。

104.jpg
-
チェンバン家のお嬢様とフロイド家のジェームズ。25話

105.jpg-女性徒26話
 リンカーン記念女子学園卒業後、海軍将校との結婚が決まっている生徒。

94.jpg
運転手(佐藤正治)29話
 2年の夏休みにスローンさんを迎えに来た運転手。

95.jpg
郵便屋カーター(滝雅也)30話
 ロックゥイロー農園にジュディの小説が採用されたとの手紙を配達してきた郵便屋さん。

96.jpg
駅員(小林通孝)36話
 ジュリアが家出した時、出てきた駅員さん。

116.jpg
アインシュタイン?37話
 ペンデルトン家のクリスマスパーティに来ていた有名な物理学者。アインシュタインかと思われるが謎である。

97.jpg
運転手(田中和実)40話
 グリグスさんが車を運転してジュディを「あしながおじさん」のいる所に連れて行く途中に絡んできた男。

123.jpg
-
リンカーン記念女子学園の生徒達。

119.jpg
-ジュディの書いた小説の主人公 14話

120.jpg
ヘアトン 14話
ジュディの書いた小説の人物。

121.jpg
ヘンドリー 14話
ジュディの書いた小説の人物。

122.jpg
ヘンドリーの妻 14話
ジュディの書いた小説の人物。

117.jpg
ジュディの母親?
 エンディングに出てくる赤ん坊を抱えた女性。もしかするとジュディの母親と思われるが謎である。













| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作画添削教室 神技作画シリーズ

作画添削教室神技作画シリーズ (1)

【作画添削教室 神技作画シリーズ】
出版年:2019年 著者:押山清高

作画添削教室神技作画シリーズ (2)


【押山清高】
 1982年生れ、福島県出身のアニメーター、アニメ監督で株式会社ドリアン代表。アニメスタジオ・ジーベックにアニメーターとして入社後、2017年に永野優希とともにスタジオドリアンを設立する。2018年公開の新シリーズ映画「フリクリ2」「フリクリ3」では、メカニックデザインを手がける。


 アニメ監督である押山清高氏が、ウェブ上で行っていた「スタジオドリアン添削室」を書籍化した技法書です。

 タイトル通りこの本は「添削」がメインで、押山氏の考える、「どんなテーマやメッセージを持って絵を描いたか」を基本にすえて解説。

 要は「伝わる絵」をどうすれば描けるのかを、あらゆるジャンルの作例画を添削しながら説明する構成です。


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のあしながおじさんDVD 第8巻

d29.jpg 

d30.jpg 

【私のあしながおじさんDVD 第8巻】 
1990年フジテレビ日曜日の夜7:30に放送された世界名作劇場16作目「 私のあしながおじさん」 です。原作はJ・ウェブスターの「あしながおじさん」。ジュディ・アボットは 堀江美都子さんが演じています。


【DVD 第8巻タイトル】
 ・第29話「思い出がいっぱい」
 ・第30話「夏の日の恋」 
 ・第31話「花ざかり娘たち」
 ・第32話「黄昏の駅にて」




↓レーベルが一枚ついてきてプロデューサー松土隆二氏インタビュー【1】
設定資料が掲載されています。
d31.jpg
d32.jpg



| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イラスト解体新書

イラスト解体新書 (1)

イラスト解体新書 (2) 

【イラスト解体新書
出版年:2018年 著者:ダテナオト 弐藤 潔


【ダテナオト】
1977年福岡県生まれ。漫画家を経て、フリーの企業向けイラストレーター兼インターネットお絵描き講座の講師。

【弐藤潔】
東京在住の2D・3DCGデザイナー。アート制作スタジオにて原画代行、Production I.Gにて2Dアニメーター、大手ゲーム制作会社のデザイナーを経て、現在はコンセプトアートや3Dモデリングを担当。


 イラストの描き方を解説した技法書で「人物編」と「構図編」があり、人体デッサンから構図の取り方とイラストを描く上での技法を解説しています。

 「人物編」
では顔や腕や足などの人体パーツ、肩や脚などの可動の仕方、服のシワの描き方など人物の描き方を解説。

 「構図編」では奥行きのある室内の構図の取り方や、その背景構と人物のを合わせた構図の取り方などが説明されています。


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| イラスト・漫画の技法書 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のあしながおじさんキャラクター紹介 ⑤

 
【私のあしながおじさんキャラクター紹介 ⑤】

80.jpgマーゴット・フォスター(藤田淑子)
 ジュディの捨てられていたニューヨーク貧民街に住むブロードウェイの舞台に立つ女優。ジャーヴィスの友人で大女優になった後も出身を隠さず、今も貧民街に住み続けているが裁縫、料理は苦手。

81.jpg
-ベス(鈴木富子) 
 ニューヨークのベイスンアベニューに住むいたずら好きな女の子。登場時ジュディの帽子を取ったりした。

82.jpg
デラ(片岡富枝) 
 ベスのお母さん。クッキーを焼くのが得意。 いたずらした子供たちのお尻叩いたりして躾には厳しい。

83.jpg
-ニューヨークスラム街の子供達。 
ベスの友達でジュディをひやかしたりした。

84.jpg
-パターソン夫人(榊原良子)
 ジュディが家庭教師のアルバイトに行った先の奥様で夫とは不仲。それが原因で、子供たちにつらく当たってしまう。

85.jpg
ポール・パターソン(土師孝也)
 パターソン家の主人で、いつも仕事が忙しく家にいない。それを婦人に責められると「家族のためにしているのだ」と言い切る仕事人間。

86.jpg
カレン・パターソン(川村万梨子) 
 パターソン家の長女で10才の女の子。いつもわがままで家庭教師のジュディを困らせる。

87.jpg
シンディ・パターソン(西村久美子) 
 パターソン家の次女で8才の女の子。カレンと同じくわがままだがシンディの方が幼い分、喜怒哀楽が激しい。

88.jpg

エルザ(沼波輝枝) 
 パターソン家に働く女中。ジュディが盗みの疑いがかかった時、かばったりする優しい人物。

89.jpg
キャサリン(篠原恵美)
 シティバンク頭取の娘でジャーヴィスのお見合い相手。

90.jpg
頭取(仲本隆司)
 シティバンクの頭取でキャサリンの父。娘キャサリンとジャーヴィスの結婚を望む。

91.jpg
ペンデルトン会長(村松康雄)
 ペンデルトン一族の経営している会社の会長。キャサリンとジャーヴィスとの結婚の段取りをする。

92.jpg
警官(西村智道)3話
グリグスさんを泥棒と思い捕まえた警官。

93.jpg
泥棒(山口健)3話
ニューヨークでジュディのバックを盗んだ泥棒。

99.jpg
作業員の男(田中和実)5話
 ジュリアが自室の壁紙の色が気に食わないとワガママをいっていた所を、ジュディに助けられた為に部屋に机などの家具を運んだ。

100.jpg
-昔のクラスメートの男女 6話
 ジュディの回想で出てきたかつてのクラスメート。ジュディの名前は孤児院の院長がつけたんだろうと絡んできた二人。

101.jpg
-クラスメートの女の子 6話
 ジュディの回想に出てきたかつてのクラスメート。皆にジュディがいじめられるのを見て「ジュディは可哀相なのよ」とかばうもジュディに突き飛ばされ泣いてしまった。





| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT